注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうことはよくあります。

夜のオムツ卒業に必要なこと、ママが出来ることとはなんでしょう。

まずは、子供には個人差がありますので焦らない気持ちが大切です。

そこで先輩ママの貴重な意見や、対策方法を紹介します。

安心して下さい。夜のオムツは遅かれ早かれ卒業するものです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

生後5ヶ月のお昼寝の寝かしつけで困った時の対処法

赤ちゃんは生後5ヶ月頃にもなると決まった時間帯にお昼寝をするようになりますが、お昼寝の悩みで多いのが...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

赤ちゃんがリモコンを好きな理由とはリモコンを守る方法

赤ちゃんはリモコンが大好き!そんなにリモコンに触っているつもりはなくとも、興味津々な赤ちゃんは多いも...

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

出張の多い旦那さんのお宅の生活とはストレスをためない暮らし方

出張が多い旦那さんだと、暮らしやすい?子どもがいない夫婦や子育てが落ち着いた夫婦は旦那さんが出張だと...

お米5キロは一人暮らしだと何日もつか検証!安いのは断然自炊

一人暮らしで食費を節約したい!そんな時に思うのが、お米は何キロ買ったらいいの?5キロあったら何日...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

1歳半の寝かしつけに音楽をかけるならこんな音楽!曲やかけ方

なかなか寝てくれない1歳半頃の赤ちゃんの寝かしつけに毎日困っていませんか?すーっと寝てくれたらど...

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか...

スポンサーリンク

夜のオムツがなかなか卒業できなくても焦らないで!

夜のオムツ卒業がなかなかできないと焦るお母さんはたくさんいます。
オムツをはずしてみてもおねしょをされて朝からの洗濯が大変でなかなかオムツをはずせないという方も多いでしょう。

お母さんの焦りが子供にも伝わるとオムツ卒業は遠のいているのかもしれません。
焦らずに対策がないか考えてみてください。

  • 寝る前の水分量を気をつける
  • 寝る前にトイレに行く
  • 夜中にトイレに起こす
  • オシッコシーツの使用

この対策をしても失敗することは多々あります。
まずオムツをずっと履かせていても子供が安心しきりおねしょに対して何も思わなくなる傾向にありますし、パンツにすると感覚が掴めず失敗の可能性があります。

子供の成長具合には目安はありますが、目安ばかり気にしているとお母さんが育児に対して疲れてしまいます。

中には自然にオムツがとれたという意見や、小学校の高学年までおねしょをしていたけど、いつのまにかしなくなったというパターンもあり、成長はまさに十人十色です。

子供の性格、成長を見定めながら対応していきましょう。

夜のオムツ卒業が本当の卒業?先輩ママの意見

オムツ卒業って昼オムツ卒業できたら?夜もできてないとダメ?
これは考え方によって様々です。

昼と夜のオムツ卒業、卒業を2回に分けてあげることは子供にとってもやる気につながる方法です。
夜も意識しつつ、まずは昼のオムツ完全卒業を目指しましょう。
昼が完璧じゃないと、夜のオムツ卒業は難しいでしょう。
昼を完全卒業することで、子供も自信がつき夜のパンツトレーニングがしやすいでしょう。

親の焦る気持ちが先走り、子供があまり意識しないと、あまり成功にはつながらないでしょう。
子供のやる気や自信をつけてあげることもパンツトレーニングの1つといえるでしょう。
親の気持ちがなかなか子供に伝わらないと、イライラして子供に怒りがちになってしまう傾向にありますが、あまり良いとは言えませんので、大きな心を持って成長を見守っていきましょうね。

夜のオムツ卒業の為にやることを紹介

今からパンツを履いてねようと話してからオムツを卒業しよう

オムツからいきなりパンツにかえると子供も混乱してしまいます。
オムツ卒業にむけて夜のパンツトレーニングをすることを子供に話しましょう。
こうすることで、オシッコ=トイレと認識させていきます。

夜にオムツを卒業するために寝る前にトイレにいきましょう

さっきオシッコしたからという油断は禁物です。
寝る前は必ずトイレに行かせてオシッコがでなくても、習慣づけさせることで、おねしょの失敗も減ります。

オムツを卒業するなら夜中のトイレも大切です

夜中に起こすのはとても可哀想なんですが、夜中にトイレを行くとオシッコがでることがほとんどです。
毎日となると親も子も大変ですので、週1~2回程度で起こしてあげましょう。
子供もおねしょをしないことで自信がつく、夜のオムツ完全卒業が近くなるかもしれません。

オムツの卒業を考える期間の目安とは

子供は3~4歳頃になるとオシッコを溜められるくらい膀胱が発達し同時に抗利尿ホルモンも発達しますので、オシッコの量が減り、朝までオシッコを溜められるようになります。
この時期にトイレトレーニングを始める子が多く、オムツからパンツにするタイミングは、トイレトレーニングを始めて10日間ほどオムツを濡らさずに成功したらパンツを履かせてみましょう。

子供はオムツのパンツの感覚に戸惑い失敗することがあります。
おねしょシートの使用、寝る前の水分量、寝る前のトイレを気をつけてあげると安心です。
最初のうちは夜中に起こしてトイレに誘導してあげてもいいですね。
子供は新たな環境に立つといつもできていることができなくなったりします。
失敗をしたら怒らずに「大丈夫だよ」と声をかけてあげてくださいね。

昼間のオムツに比べて夜のオムツ卒業は時間がかかる事が多いです。
何度も失敗しを繰り返してしまうこともあるでしょう。

イライラいてしまうかもしれませんが、子供の気持ちに寄り添って見守ってあげることが大切です。

おねしょ対策のポイントも紹介します!

夜、おねしょをせずに朝を迎えても、子供は目覚めと同時にオシッコをもらしてしまう事がよくあります。
これはけっこうな割合で多く、お母さんはあまり気がつかずに夜のおねしょと思ってしまっています。

お母さんが子供を起きる時間より少し早くに子供を起こしてあげてトイレに連れてくことで、子供も感覚を覚え、お母さんもおねしょの処理も避けられます。
これをするだけでもおねしょの回数はグンと減りますよ。

また、お母さんがおねしょをされたら洗濯など大変だからという理由で子供にオムツを履かせている家庭が多いです。
これでは子供は安心しきり、おねしょをしても大丈夫と緊張を薄れさせていることも原因があります。

おしっこシーツ、寝る前のトイレなどを対策をばっちり整え、思い切ってパンツを履かせましょう。
良い緊張を持たせることもおねしょ対策の1つですよ。