注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうことはよくあります。

夜のオムツ卒業に必要なこと、ママが出来ることとはなんでしょう。

まずは、子供には個人差がありますので焦らない気持ちが大切です。

そこで先輩ママの貴重な意見や、対策方法を紹介します。

安心して下さい。夜のオムツは遅かれ早かれ卒業するものです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後5ヶ月のお昼寝の寝かしつけで困った時の対処法

赤ちゃんは生後5ヶ月頃にもなると決まった時間帯にお昼寝をするようになりますが、お昼寝の悩みで多いのが...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

公認会計士は独学で合格可能?不可能ではないがお勧めしない理由

公認会計士試験は資格の中でもかなり難しく、その難易度は最高クラス。独学で合格する人ももちろん...

昼寝の時間が30分!赤ちゃんのお昼寝が短い理由と寝かせる方法

「赤ちゃんが昼寝をしている間に家事を済ませたいけど、お昼寝をしても30分で起きてしまうという」という...

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。子供に優しく、時には厳しく叱って...

幼稚園に途中入園する時のママ友の作り方!好印象を与える方法

これまで通っていた幼稚園から別の幼稚園に転園する・途中から幼稚園に入園するという途中入園の場合、ママ...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

2歳8ヶ月で言葉をオウム返しするのはどうして?会話の練習方法

2歳8ヶ月で言葉のオウム返しをするのは、発達が遅れているかもしれない?なかなか会話にならなか...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないの...

離乳食の7倍粥を炊飯器で焚く方法と驚きの時短の裏技を紹介

離乳食で7倍粥だと離乳食も中期のころですね。赤ちゃんの7倍粥はどんな方法で作っていますか?...

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?...

1歳半の子どもがご飯を噛まないで食べてしまう時の原因や対処法

子供がご飯を噛まないで丸呑みをしている?1歳半になってからも、噛まずにご飯を食べているなら、もしかし...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。気持ちはありがたいけれど、正直結構です。「気...

スポンサーリンク

夜のオムツがなかなか卒業できなくても焦らないで!

夜のオムツ卒業がなかなかできないと焦るお母さんはたくさんいます。
オムツをはずしてみてもおねしょをされて朝からの洗濯が大変でなかなかオムツをはずせないという方も多いでしょう。

お母さんの焦りが子供にも伝わるとオムツ卒業は遠のいているのかもしれません。
焦らずに対策がないか考えてみてください。

  • 寝る前の水分量を気をつける
  • 寝る前にトイレに行く
  • 夜中にトイレに起こす
  • オシッコシーツの使用

この対策をしても失敗することは多々あります。
まずオムツをずっと履かせていても子供が安心しきりおねしょに対して何も思わなくなる傾向にありますし、パンツにすると感覚が掴めず失敗の可能性があります。

子供の成長具合には目安はありますが、目安ばかり気にしているとお母さんが育児に対して疲れてしまいます。

中には自然にオムツがとれたという意見や、小学校の高学年までおねしょをしていたけど、いつのまにかしなくなったというパターンもあり、成長はまさに十人十色です。

子供の性格、成長を見定めながら対応していきましょう。

夜のオムツ卒業が本当の卒業?先輩ママの意見

オムツ卒業って昼オムツ卒業できたら?夜もできてないとダメ?
これは考え方によって様々です。

昼と夜のオムツ卒業、卒業を2回に分けてあげることは子供にとってもやる気につながる方法です。
夜も意識しつつ、まずは昼のオムツ完全卒業を目指しましょう。
昼が完璧じゃないと、夜のオムツ卒業は難しいでしょう。
昼を完全卒業することで、子供も自信がつき夜のパンツトレーニングがしやすいでしょう。

親の焦る気持ちが先走り、子供があまり意識しないと、あまり成功にはつながらないでしょう。
子供のやる気や自信をつけてあげることもパンツトレーニングの1つといえるでしょう。
親の気持ちがなかなか子供に伝わらないと、イライラして子供に怒りがちになってしまう傾向にありますが、あまり良いとは言えませんので、大きな心を持って成長を見守っていきましょうね。

夜のオムツ卒業の為にやることを紹介

今からパンツを履いてねようと話してからオムツを卒業しよう

オムツからいきなりパンツにかえると子供も混乱してしまいます。
オムツ卒業にむけて夜のパンツトレーニングをすることを子供に話しましょう。
こうすることで、オシッコ=トイレと認識させていきます。

夜にオムツを卒業するために寝る前にトイレにいきましょう

さっきオシッコしたからという油断は禁物です。
寝る前は必ずトイレに行かせてオシッコがでなくても、習慣づけさせることで、おねしょの失敗も減ります。

オムツを卒業するなら夜中のトイレも大切です

夜中に起こすのはとても可哀想なんですが、夜中にトイレを行くとオシッコがでることがほとんどです。
毎日となると親も子も大変ですので、週1~2回程度で起こしてあげましょう。
子供もおねしょをしないことで自信がつく、夜のオムツ完全卒業が近くなるかもしれません。

オムツの卒業を考える期間の目安とは

子供は3~4歳頃になるとオシッコを溜められるくらい膀胱が発達し同時に抗利尿ホルモンも発達しますので、オシッコの量が減り、朝までオシッコを溜められるようになります。
この時期にトイレトレーニングを始める子が多く、オムツからパンツにするタイミングは、トイレトレーニングを始めて10日間ほどオムツを濡らさずに成功したらパンツを履かせてみましょう。

子供はオムツのパンツの感覚に戸惑い失敗することがあります。
おねしょシートの使用、寝る前の水分量、寝る前のトイレを気をつけてあげると安心です。
最初のうちは夜中に起こしてトイレに誘導してあげてもいいですね。
子供は新たな環境に立つといつもできていることができなくなったりします。
失敗をしたら怒らずに「大丈夫だよ」と声をかけてあげてくださいね。

昼間のオムツに比べて夜のオムツ卒業は時間がかかる事が多いです。
何度も失敗しを繰り返してしまうこともあるでしょう。

イライラいてしまうかもしれませんが、子供の気持ちに寄り添って見守ってあげることが大切です。

おねしょ対策のポイントも紹介します!

夜、おねしょをせずに朝を迎えても、子供は目覚めと同時にオシッコをもらしてしまう事がよくあります。
これはけっこうな割合で多く、お母さんはあまり気がつかずに夜のおねしょと思ってしまっています。

お母さんが子供を起きる時間より少し早くに子供を起こしてあげてトイレに連れてくことで、子供も感覚を覚え、お母さんもおねしょの処理も避けられます。
これをするだけでもおねしょの回数はグンと減りますよ。

また、お母さんがおねしょをされたら洗濯など大変だからという理由で子供にオムツを履かせている家庭が多いです。
これでは子供は安心しきり、おねしょをしても大丈夫と緊張を薄れさせていることも原因があります。

おしっこシーツ、寝る前のトイレなどを対策をばっちり整え、思い切ってパンツを履かせましょう。
良い緊張を持たせることもおねしょ対策の1つですよ。