注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方や困ったときの対処法とは

赤ちゃんのオムツ替えをするとき、足を突っ張ねたり、バタバタさせるときはどうしたらいいのでしょうか?

では、赤ちゃんのオムツ替えで正しい足の持ち上げ方とは?足を持ち上げる時の注意点とは?

また、赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方などで困ったときの対処法とはどんなこと?すぐにできる対策とは?

そこで、赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方や困ったときの対処法などについてご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園のコップ袋を手作りしよう!紐付きコップ袋の作り方

幼稚園に入園するお子さんがいるママたちの中には、幼稚園で使うコップ袋を手作りしてあげたいと考えている...

産後里帰りなしで心配な食事の支度のコツと利用したいサービス

里帰り出産をし産後は実家にお世話になるという方もいれば、里帰りなしを選択する方もいます。里帰...

ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツとは

体育の授業でもソフトボールをすることがありますが、どんな練習メニューをするといいのでしょうか?...

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

パスタの名前の中でもおしゃれなものを大特集!その意味も解説

イタリア語自体がそうなのかもしれませんが、パスタの名前ってどれもおしゃれに聞こえますよね。そ...

手の大きさを比べるのはあなたに好意があるから?男性心理を解説

男性から手の大きさを比べるように促された経験がある女性もいますよね。もしも自分が好意のある男性からこ...

フットサルの基本的な動き方とは?初心者が覚えておくべきコツ

コートもゴールも狭いフットサル。そのためサッカーとは違う動き方を覚えておくことも大切になりますよね。...

サッカー選手を引退後の収入源、引退後成功するために必要な事は

プロサッカー選手として活躍できる期間がどのくらいか知っていますか?平均在籍年数は2~3年と言われ...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

転勤族の子供はかわいそうというのはウソ?子供に与える影響とは

夫が転勤族だと、自分だけではなく子供にも負担がかかりますよね。「転勤することは子供にとってか...

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?...

子どもが幼稚園に行っている専業主婦は暇?何をしているは禁句

子どもが幼稚園に行っている間、専業主婦は暇をしている?子どもが幼稚園に行ってからは、家事をこなしてる...

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

スポンサーリンク

赤ちゃんのオムツ替えで正しい足の持ち上げ方とは

初めての赤ちゃんだと、戸惑いますよね。
特に新生児はとても小さくて、どう扱ったらよいのか、はじめての時は本当に不安になります。

親切に説明してもらえる場合もありますが、そうではない場合もありますよね。

新生児のオムツ替えは注意する事があります。
新生児は簡単に股関節脱臼してしまうので、ムリに引っ張ったり、持ち上げたりするのは止めましょう。

新生児の足はM字になっていますよね。

オムツを替えるときには、ムリに伸ばしたりせず、M字の形のまま、脚の膝裏あたりを持って優しくお腹側へ近づけましょう。
持ち上げるというよりは、寄せる感じです。
片手で足を寄せて、もう片手におしりふきを持って、優しく拭いてあげましょう。

足先だけを持つと脱臼しやすいので、手を添える場所に注意しましょう。
絶対に足先だけを持って引っ張ってはいけません。

赤ちゃんがオムツ替えで足を突っ張るときは?

赤ちゃんがオムツ替えのときに、足を突っ張ることは良くあることです。

だからといって片足だけで持ち上げたり、足を上に伸ばして引っ張ってしまったりすると、股関節脱臼を起こしてしまうかもしれません。

あまりに暴れるようであれば、少し待ってみましょう。
何とかお尻を拭けたとしても、オムツのテープが上手く留めれずに隙間が出来てしまうかもしれません。
おもちゃなどをみせて気を引くのも良いでしょう。

オムツ交換はお尻を清潔にするだけではなく、赤ちゃんとのコミュニケーションの時間でもあります。
あまり焦らずに、楽しく話しかけながら替えると良いでしょう。

オムツを新しいものに替えるときには、テープの位置に気をつけましょう。
締めすぎると、赤ちゃんは呼吸が苦しくなってしまうかもしれません。

上手にオムツを替えて、楽しいコミュニケーションの時間にしましょう。

赤ちゃんのオムツ替えで足をバタバタさせるときの対処法

オムツ替えを楽しいコミュニケーションの時間にしたいと思っていても、あまりに暴れられるとママはイライラもしてきてしまうかもしれません。

そんな時には、他のものに興味を持ってもらいましょう。
赤ちゃんが興味を持ちそうな鏡やおもちゃなどを紐に通して、ネックレスのようにママが首に掛けてみましょう。
ゆらゆらと揺れるので赤ちゃんの興味をそそる事が出来ます。

赤ちゃんが興味を示して触ろうとしている時には、足のバタつきも少しおさまるはずです。
その隙にパパッと交換します。

もし、パパなど第3者が手伝ってくれるなら、頭の方に座ってもらうのも良いでしょう。
その位置から赤ちゃんをのぞいてもらいます。
すると、赤ちゃんには上下反対の顔が見えることになります。

急にいつもと反対の顔が現れたら、赤ちゃんは少しの間ビックリするはずです。
ママはその隙に、オムツ替えをしてしまいましょう。

どんな方法でもよいですが、ポイントは「他のものに赤ちゃんの興味が移ること」です。違うものに興味が行った時が替え時です。

足バタバタ!赤ちゃんのオムツ替えやオムツかぶれ対策

赤ちゃんがオムツ替えの時に、足をバタバタとさせるとなかなか交換できませんよね。
格闘しているママはだんだんと疲れてきてしまいます。

それにも少しずつ慣れてくるので、大丈夫です。
だんだんと赤ちゃんの事もわかってくるので、上手に交換できるようになります。

ですが、普段と違う事が起こると慌ててしまいますよね。
私が最もどうしたらよいのか慌てたのは、背中まで流れてしまった大便です。
お尻を上げるにも限界がありますよね。

そんな時は、片側だけ先に綺麗に拭いて、横向きにすると拭きやすかったです。
それでもどうしようもない時は、シャワーで流してしまいましょう。
手間のようですが、その方が早かったりもします。
赤ちゃんもスッキリしますしね。

拭き忘れがあるとオムツかぶれの原因にもなります。
皮膚が赤くなってしまっているときには、特に流してしまう方法がおすすめです。
お尻拭きで擦るよりも刺激も少ない気がします。

オムツ替えも慣れてしまえば簡単!

新生児のうちはオムツ替えに苦労するかもしれませんが、赤ちゃんがオムツ替えは気持ちいい事だと理解したら、意外と協力的になってくれるかもしれません。

ただし、それは赤ちゃん次第でもあります。

うちの上の子は、汚れているオムツは温かいから気持ちが良いのか、全然協力的ではありませんでした。
オムツが汚れて泣く事も無かったです。

しかし、下の子は反対で、汚れいるのは嫌だったのか、かなり協力的だったように思います。
オムツが汚れたら、すぐに泣いて知らせてきました。

子供によって差はありますが、ママの方もそれなりに慣れてくるので心配いりません。

どちらにしても、オムツ替えタイムは楽しい時間だと赤ちゃんに思ってもらえた方が、後々楽になるような気はします。

1歳近くになったらだんだんと赤ちゃんも理解してきますよね。
1歳半くらいなら、自分で足を開いたり、腰を浮かせてくれたりもします。
でも、オムツ替えが嫌いだったら、協力してもらえないでしょう。

ですから、オムツ替えは出来るだけ楽しい時間にするのがおすすめです。