注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

妊娠中の食事制限が辛い!おすすめの調理法と上手に乗り切る方法

妊娠中の食事制限で辛い思いをしている人もいますよね。食べることを我慢するのは妊婦さんでなくても辛いものです。

妊娠中の食事制限では、どのような調理法がおすすめなのでしょうか。食事制限が大切な理由って一体何?

そこで今回は、妊娠中の辛い食事制限を乗り切る方法と、どうしても甘いものを食べたくなった時の対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊婦検診の頻度が少なくて不安?妊婦が抱える不安とかかる費用

妊娠が判明したばかりの頃や、妊娠に対して不安があるとき、妊婦検診の頻度が少なくて不安に感じてしまう妊...

旦那は「子供いらない」と言っても説得する方法はあります

結婚したら子供を作って家族になる…。そう思っている人が多い反面、必ずしもそう考えていない人もいます。...

妊娠中の体調不良を旦那に理解してもらえないのは

妊娠中の体調不良といえば『つわり』ですよね?旦那さんは、彼氏の頃って頼りがいがありましたか?...

出産のタイミングは赤ちゃんが決める?産まれてくる前兆とは

赤ちゃんを出産するときにはどんな兆候があるのでしょうか?出産のタイミングは赤ちゃんが決めていた?...

彼女の生理こない!一週間ないのは妊娠?生理がこない原因と対策

彼女から「一週間生理こないの」と言われたとき、男性のあなたはどんなふうに思いますか?驚いてしてどうし...

産後に退院するときにはお化粧をしたほうがいい?出産のお悩み

産後に退院するときには、お化粧をするものなのでしょうか?産院に入院しているときにはお母さんの顔色から...

12wでつわりがぶり返したときのつわりを乗り切る方法と対処法

妊娠12wになってやっとつわりが落ち着いて着たと思ったら、またつわりがぶり返してしまったというママも...

男性は出産の痛みに耐えられない?痛みの例えと夫にできること

「男性は出産の痛みに耐えられない」という話を耳にしますが、実際に男性が陣痛を経験すると本当に耐えられ...

つわりの時は冷製パスタ!トマトを使ったレシピをご紹介します

つわりの時って「赤ちゃんのためにもきちんと食べなくちゃ。」とは思うものの、食欲もなくなるし辛いですよ...

産後入院中の服装は何がいいの?服装選びのポイントと注意点

産後の入院日数はママの状況によって差がありますが、早くて5~6日間、長くても10日前後です。...

8週で胎嚢の大きさが小さいのは異常?大きさには個人差がある

妊娠したことがわかって喜んでいたのもつかの間、妊娠8週で胎嚢の大きさが小さいと言われてしまったら、お...

未婚で出産の場合でも会社に産休・育休申請できます

未婚で出産でも、既婚で出産でも、産休や育休を取得することはできます。未婚でも既婚でも会社で申...

つわりでお風呂がしんどいのはなぜ?原因とつわりの時の入浴方法

赤ちゃんを妊娠した喜びもつかの間、辛いつわりの症状に悩まされることもあります。つわりの症状は人ぞれぞ...

22週は性別がわかる確率も上がる!赤ちゃんの性別がわかる時期

妊娠22週頃になると、赤ちゃんの性別がわかることも多くなります。性別を判断できる確率も上がってきます...

妊娠中に内職を考える。保育園に行っている時間を有効活用

保育園に通う子供がいるママさんで、現在妊娠中という方。妊娠中は体調に急な変化があったり、今まで通...

スポンサーリンク

妊娠中の辛い食事制限におすすめの調理法は?

妊娠中は、普段よりバランスの良い食事を取るようにということをよく言われますよね。
妊娠中に必要な栄養素がバランス良く入っている食事は、「和食」です。

和食の基本スタイルは、一汁三菜といい、汁ものが1品に副菜が3品の形式が一般的です。

和食は、洋食や中華料理に比べると、油をあまり使わないので、妊娠中には最適の食事と言っても良いでしょう。

汁ものは、和食の場合、おもに味噌汁ですが、この具材に野菜をたっぷり入れ、副菜にはタンパク質やミネラルが摂取できるおかずにすると、バランスの良い食事になります。

和食の基本の味は、旨味(うまみ)です。

旨味は、日本人が生み出した第6の味覚と言われています。

旨味の代表的な例が、出汁です。

出汁の基本となる材料は、昆布や鰹節、煮干しなど。

これらの魚をつかった出汁というのは、脳にも良い刺激を与えたり、疲労を回復したり、やる気を与えるという力が備わっています。

この中でも、妊娠期間中、お腹の中の子どもの骨の形成に大切な栄養素のカルシウムが豊富な煮干しはおすすめです。
カルシウムの吸収を手助けするビタミンDも豊富に含まれています。

辛い思いをしてまで妊娠中の食事制限が大事な理由は?

出産する時には、赤ちゃんを押し出すために体の筋肉を使います。

そのため、漠然と食べ物を好きなだけ食べて動かないでいると、筋肉が衰えてしまうため、赤ちゃんを押し出すことが大変で出産に時間がかかってしまうのです。

妊婦さんも大変ですが、なかなか出てこれない赤ちゃんも大変です。

時間がかかりすぎると赤ちゃんが酸素不足に陥ってしまうなどして、危険な状態で生まれるというリスクがあります。

あまりにも、体重制限のことばかり考えるというのも心には良くないですが、このようなリスクがあるということも踏まえ、自分自身を管理するということも大切です。

妊娠中に、増えすぎてしまった体重は、赤ちゃんが生まれたら自然と落ちるという考えの人もいますが、多くの人は、増えすぎた体重が元に戻らずに苦労することがあります。

産後は、赤ちゃんのお世話や家の中のこともしていかなくてはいけませんので、自分の時間を取ることも今までのようにはいきません。

育児はずっと続くので、育児と家事に追われて、時間に余裕がなく、ダイエットをする時間がとれないということになるのです。

このようなことも考えて、体重の管理もしっかりしておくことが大切です。

妊娠中の食事制限が辛い!運動をして体を動かそう

妊娠中に食事制限をする場合は、家にいると食べ物が目に付きやすいので誘惑に負けそうになることもあります。

それなら、外で運動することが断然おすすめです。

外に行くと、食べ物の誘惑から逃れることができ、気分転換にもなります。

妊娠中は適度な運動をすることが良いとされているので、運動も出来て一石二鳥です。

おすすめの運動は、「ウォーキング」です。

歩く運動なので、体にかかる負荷が少なく、自分の体調によって時間も調整することができます。

お腹が大きくなってくると、いつ生まれるかもわかりませんので、ウォーキングをする場合でもすぐに対応できるように自宅の周辺を歩くのが良いでしょう。

決して無理はしないようにしましょう。

ゆっくり歩くだけでも効果が得られます。

妊娠中の食事制限が辛い時は赤ちゃんを迎える準備で気を紛らわせて!

食事制限されると、頭の中が食べ物のことでいっぱいになってしまうこともありますよね。

こんな時は、気を紛らわせるためにも、生まれてくる赤ちゃんのことを考えると良いのではないでしょうか。

産後は、赤ちゃんもママもしばらくは外出が難しく、家でゆっくり過ごすことが多いものです。

赤ちゃんのことをあれこれ考えて準備できるのも今のうちと考え、赤ちゃんの服を作ってみたり、お部屋を作ったり、必要な赤ちゃん用グッズを買ったりということをして過ごすと、食事制限のことから頭が離れ、気分転換にもなります。

また、赤ちゃんだけではなく、ママの準備も必要です。

出産するのに、平均1週間前後は入院することが一般的です。

出産のための入院なので、用意する下着や服なども妊産婦用のものを準備しておく必要があります。

デザインの可愛いものもありますので、自分好みのものを選ぶということも、気を紛らわせることになります。

食事制限中にどうしても甘いものが食べたくなった時は?

食事制限をしていると、どうしても甘いものが食べたくなってくることもあります。

妊娠の経過に問題がなく、体重増加や血圧などが正常値に収まっているのなら、たまに食べるのは問題ないのですが、医者からこれ以上体重を増やさないように、などと言われている人は食べたくても食べられなくてかなりストレスを感じる人もいるでしょう。

妊娠前は、そんなに甘いもの食べなかったのに、妊娠中は無性に甘いものばかり食べたくなるなど、特定のものを食べたくなる妊婦さんは多いです。

お菓子を手作りしたことがある人は、ケーキやクッキーを作る時に入れる砂糖の量にびっくりしたという経験はないでしょうか。

出来上がってしまえば、外からは見えませんが、驚くほどの砂糖が含まれているお菓子がほとんどなのです。
市販のものであれば、なおさらです。

それでも、甘いものがどうしても食べたい場合は、白砂糖の代用としてはちみつやメープルシロップ、黒糖などを使って、お菓子を手作りしてみるのも良いでしょう。

また甘味で言えば、フルーツでも代用できます。

加熱することで甘みが増すので、フルーツタルトやアップルパイなども普通のケーキに比べると低カロリーのケーキです。