注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよね。

では、新生児の赤ちゃんの寝床をリビングに作るには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?オススメな方法とは?

また、リビングには赤ちゃんグッズの収納や物干しスペースもあると便利ですよ!

そこで、新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんが泣き止む音って?泣いている赤ちゃんに聞かせたい音

泣いている赤ちゃんをなんとかして泣き止ませてあげたい、赤ちゃんが泣いた時に泣き止む方法を知りたいとい...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥が換羽期になると、体の羽が抜けて体力も失われてしまいます。この時期は飼い主さんがしっかりと栄養面...

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んで...

子供の名前をキラキラネームにすると後悔する?デメリットとは

子供が生まれるとわかったら、どんな名前にしようかと画数などをいろいろ調べて考えますよね。その...

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っ...

新生児一ヶ月で外出禁止とされている期間中の過ごし方と注意点

生まれてまだ日が浅い新生児一ヶ月頃までは外出禁止にした方がいいとされています。赤ちゃんが体調...

昼寝が長い時は起こすのが正解?寝続ける赤ちゃんの起こし方とは

昼寝が長いんだけど、起こしたほうがいいの?すやすや、気持ちよさそうに、まさに天使の寝顔で寝て...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

サッカー選手を引退後の収入源、引退後成功するために必要な事は

プロサッカー選手として活躍できる期間がどのくらいか知っていますか?平均在籍年数は2~3年と言われ...

脳のリミッターを外す?決めない思考で自分の潜在能力を引出す

脳のリミッターを外すってきいたことありますか?できないできない、ダメダメと思っていては、でき...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

猫が驚くとこんなにジャンプするものなのか。猫の行動について

猫の動画は猫好きもそうじゃなくても人気がありますね。中には話題になるほどの動画もあります。癒...

大学で浪人がバレる瞬間は?先にカミングアウトした方がいいかも

浪人生活を経て晴れて大学入学!でも嬉しい反面、浪人したことがバレるのは嫌だなという気持ちになるか...

合宿の持ち物を紹介!テニス合宿の必需品とあると便利なモノとは

高校や大学などテニスの合宿がある場合は、どんな物を持っていけばいい? また何があると便利?テ...

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんのリビングでの寝床を用意しよう!

新生児の赤ちゃんは、いつも目の届くところにいるのが安心です。その為、一日の大半をママが過ごす場所に赤ちゃんの寝床を用意するのが、ママにとっても赤ちゃんのお世話をしやすくなります。

その為、新生児の昼間の寝床はリビングに置く方が多いんです。

新生児のうちは寝返りもうたず、動く事が少ないので、寝室でも大丈夫では?と思いがちですが、赤ちゃんは日に日に成長していって、あっという間に足の力も出てきます。気がつくと足で蹴りあがり、柵に頭が押し付けられていることも!これは我が家の実話です。

どんな事が赤ちゃんに起こるか想像がつかないこともあるので、やっぱり日中もママの目の届く場所に赤ちゃんがいるのが一番ですよ。

リビングは上の子が走り回ったり、ペットがいるから赤ちゃんの寝床としては向かないかも。そんな方にオススメなのがベビーベッドです。

高さがあるので、目が届きやすく、上の子が走り回っても安全です。もちろん、ベビーベッドに寝ていても予想を反することもありますので、柵をしっかりとあげておくなど、赤ちゃんの安全を確保することを忘れないでくださいね。

新生児の赤ちゃんの寝床をリビングに作るには?

夜は寝室に、昼間はリビングにと新生児の赤ちゃんの寝床は昼と夜とで移動させると、目が届いてよいという話をしました。

リビングにも寝床を作る時には、寝室にある布団を移動させる?そこも気になるところですよね。

このような場合は2つ布団を用意すると便利ですよ。また夜寝る時はベビー布団で、昼間はリビングにあるベビーベッドを利用してというように、どちらかをベビーベッドにする方法もあります。

また布団が二組あることで、どちらかが汚れても昼間の間に洗濯を済ます事が出来て便利ですよ。

赤ちゃんは代謝がよいので、動かないのに意外と汚れるものです。またミルクを吐いてしまったり、よだれが布団についてしまうのもよくあることですよね。

そんな時も布団が二組あるなら、焦らずに対処する事が出来ます。

リビングでの新生児の寝床は持ち運べるのが便利!

赤ちゃんの寝床、布団などをママと一緒ではなく、別々のものにするメリットとしては持ち運びが手軽に出来る点もあげられます。

赤ちゃんのベビー布団はとっても軽くて、小さいので持ち運びが便利、実家に帰省する場合や旅行先にも持っていく事が出来ます。いつも使っているものがあるということは赤ちゃんにとっても、ママにとっても安心ですよね。

またベビーベットも新生児の赤ちゃんの寝床が確立されているので便利です。

夜と昼間の寝床を別々にする場合にも役立ちますよ。

しかし注意する点もあります。

まず柵は必ず上げておくこと。赤ちゃんは昨日まで出来なかったことも、今日できるようになるものです。成長が著しいので動かないからと安心は出来ません。必ず柵は上げておきましょう。

またこの柵やベッドの隅に移動してしまうこともあるので、ヘッドガードなどの安全グッズを利用して赤ちゃんが安心して過ごせるように、注意をすることを忘れないでくださいね。

そもそも新生児にはベビー布団やベビーベッドは必要?

ママのベッドや布団で赤ちゃんと一緒に寝るという方法もありますよね。そうなるとベビー布団やベビーベットは必要なのか?ということになります。

まず考えるのは赤ちゃんの安全、これが一番です。寝返りをうったときなど、赤ちゃんのスペースまで行き過ぎてしまったりしませんか?

また柔らかいマットの場合は、大人が寝ると沈み込んでしまうために、赤ちゃんが安定しなくなってしまう可能性もあります。

このような事が心配な場合は、赤ちゃんが新生児のうちや大きくなるまでは、赤ちゃん専用の布団やベビーベッドを利用したほうが、お互いにぐっすりと眠る事ができますよね。

その他にも大人の掛け布団が赤ちゃんに覆ってしまわないかも心配なところです。

このような理由から我が家の場合はベビー布団やベビーベットを、ある程度大きくなるまで使用していました。

赤ちゃんが大きくなっていく、その過程にあわせて寝床を変えると、安心して眠る事が出来ましたよ。

リビングに赤ちゃんグッズの収納や物干しスペースもあると便利!

昼と夜で寝床が移動する赤ちゃんは、その都度お世話グッズをとりに行くのは面倒ですよね。

いつもいる場所に必要なものが置いてあると、ママも無駄な動きをせずにすみます。オムツやお尻ふき、綿棒などのお世話グッズはひとまとめにしておいて、持ち運びができるようにして置くと、赤ちゃんのいる場所でもすぐにお世話をする事が出来ます。

また実家に帰省する場合やお出かけする時も必需品が一目で分かるので、持ち忘れを防止することも出来ます。

そして赤ちゃんのうちは、衣類も汚れやすく、いつも洗濯をしなくてはいけません。雨だから洗濯をしないというわけには、なかなかいきませんよね。

そんな時のために洗濯物を干すスペースが家の中にあると便利です。赤ちゃんの衣類はとっても小さくて乾きやすいので、大きな物干しスペースを確保しなくても大丈夫です。

日当たりの良い風の通りやすい場所を、物干しスペースとして少し確保して置いてくださいね。