注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよね。

では、新生児の赤ちゃんの寝床をリビングに作るには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?オススメな方法とは?

また、リビングには赤ちゃんグッズの収納や物干しスペースもあると便利ですよ!

そこで、新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供の寝かしつけ方法!生後6ヶ月で1人寝出来るようになるコツ

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけにはどのような方法があるのでしょう?では、生後6ヶ月の赤ちゃ...

大学入学式の髪型は?女子はきっちりしすぎないことも大切です

大学の入学式を前に、どんな髪型で参加しようかと悩んでしまいませんか?髪型に決まりはありませんが、...

お米5キロは一人暮らしだと何日もつか検証!安いのは断然自炊

一人暮らしで食費を節約したい!そんな時に思うのが、お米は何キロ買ったらいいの?5キロあったら何日...

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるマ...

【机のDIY】使う場所に合わせた塗装の種類と選び方

机をDIYした場合には、塗装はどのように行えば良いのでしょうか?塗装する前に気を付けたいのが、水を使...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

漢字検定準一級は勉強時間どのくらいで合格できる?勉強のコツも

漢字検定の準一級を目指して勉強をしている方も多いと思いますが、実際どのくらいの勉強時間で合格できるの...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

教育実習の服装〔女性編〕服装の選び方と注意点

教員免許を取る時に経験する教育実習ですが、女性は特にどんな服装にすべきか悩みます。スーツがベ...

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

母親でいるの疲れた。やめたいならやめちゃおう!

母親でいるの疲れた。もう、やめたい…。わかるわかるわかる!わかりますよ!24...

フットサルの基本的な動き方とは?初心者が覚えておくべきコツ

コートもゴールも狭いフットサル。そのためサッカーとは違う動き方を覚えておくことも大切になりますよね。...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。またどんな物をどれだけ準備した...

腕が短い人の洋服選びのポイント~おすすめの袖のタイプ

洋服を買っても、いつも袖が余ってしまうとか、シルエットがキレイに出ないとお悩みの方はいませんか?...

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんのリビングでの寝床を用意しよう!

新生児の赤ちゃんは、いつも目の届くところにいるのが安心です。その為、一日の大半をママが過ごす場所に赤ちゃんの寝床を用意するのが、ママにとっても赤ちゃんのお世話をしやすくなります。

その為、新生児の昼間の寝床はリビングに置く方が多いんです。

新生児のうちは寝返りもうたず、動く事が少ないので、寝室でも大丈夫では?と思いがちですが、赤ちゃんは日に日に成長していって、あっという間に足の力も出てきます。気がつくと足で蹴りあがり、柵に頭が押し付けられていることも!これは我が家の実話です。

どんな事が赤ちゃんに起こるか想像がつかないこともあるので、やっぱり日中もママの目の届く場所に赤ちゃんがいるのが一番ですよ。

リビングは上の子が走り回ったり、ペットがいるから赤ちゃんの寝床としては向かないかも。そんな方にオススメなのがベビーベッドです。

高さがあるので、目が届きやすく、上の子が走り回っても安全です。もちろん、ベビーベッドに寝ていても予想を反することもありますので、柵をしっかりとあげておくなど、赤ちゃんの安全を確保することを忘れないでくださいね。

新生児の赤ちゃんの寝床をリビングに作るには?

夜は寝室に、昼間はリビングにと新生児の赤ちゃんの寝床は昼と夜とで移動させると、目が届いてよいという話をしました。

リビングにも寝床を作る時には、寝室にある布団を移動させる?そこも気になるところですよね。

このような場合は2つ布団を用意すると便利ですよ。また夜寝る時はベビー布団で、昼間はリビングにあるベビーベッドを利用してというように、どちらかをベビーベッドにする方法もあります。

また布団が二組あることで、どちらかが汚れても昼間の間に洗濯を済ます事が出来て便利ですよ。

赤ちゃんは代謝がよいので、動かないのに意外と汚れるものです。またミルクを吐いてしまったり、よだれが布団についてしまうのもよくあることですよね。

そんな時も布団が二組あるなら、焦らずに対処する事が出来ます。

リビングでの新生児の寝床は持ち運べるのが便利!

赤ちゃんの寝床、布団などをママと一緒ではなく、別々のものにするメリットとしては持ち運びが手軽に出来る点もあげられます。

赤ちゃんのベビー布団はとっても軽くて、小さいので持ち運びが便利、実家に帰省する場合や旅行先にも持っていく事が出来ます。いつも使っているものがあるということは赤ちゃんにとっても、ママにとっても安心ですよね。

またベビーベットも新生児の赤ちゃんの寝床が確立されているので便利です。

夜と昼間の寝床を別々にする場合にも役立ちますよ。

しかし注意する点もあります。

まず柵は必ず上げておくこと。赤ちゃんは昨日まで出来なかったことも、今日できるようになるものです。成長が著しいので動かないからと安心は出来ません。必ず柵は上げておきましょう。

またこの柵やベッドの隅に移動してしまうこともあるので、ヘッドガードなどの安全グッズを利用して赤ちゃんが安心して過ごせるように、注意をすることを忘れないでくださいね。

そもそも新生児にはベビー布団やベビーベッドは必要?

ママのベッドや布団で赤ちゃんと一緒に寝るという方法もありますよね。そうなるとベビー布団やベビーベットは必要なのか?ということになります。

まず考えるのは赤ちゃんの安全、これが一番です。寝返りをうったときなど、赤ちゃんのスペースまで行き過ぎてしまったりしませんか?

また柔らかいマットの場合は、大人が寝ると沈み込んでしまうために、赤ちゃんが安定しなくなってしまう可能性もあります。

このような事が心配な場合は、赤ちゃんが新生児のうちや大きくなるまでは、赤ちゃん専用の布団やベビーベッドを利用したほうが、お互いにぐっすりと眠る事ができますよね。

その他にも大人の掛け布団が赤ちゃんに覆ってしまわないかも心配なところです。

このような理由から我が家の場合はベビー布団やベビーベットを、ある程度大きくなるまで使用していました。

赤ちゃんが大きくなっていく、その過程にあわせて寝床を変えると、安心して眠る事が出来ましたよ。

リビングに赤ちゃんグッズの収納や物干しスペースもあると便利!

昼と夜で寝床が移動する赤ちゃんは、その都度お世話グッズをとりに行くのは面倒ですよね。

いつもいる場所に必要なものが置いてあると、ママも無駄な動きをせずにすみます。オムツやお尻ふき、綿棒などのお世話グッズはひとまとめにしておいて、持ち運びができるようにして置くと、赤ちゃんのいる場所でもすぐにお世話をする事が出来ます。

また実家に帰省する場合やお出かけする時も必需品が一目で分かるので、持ち忘れを防止することも出来ます。

そして赤ちゃんのうちは、衣類も汚れやすく、いつも洗濯をしなくてはいけません。雨だから洗濯をしないというわけには、なかなかいきませんよね。

そんな時のために洗濯物を干すスペースが家の中にあると便利です。赤ちゃんの衣類はとっても小さくて乾きやすいので、大きな物干しスペースを確保しなくても大丈夫です。

日当たりの良い風の通りやすい場所を、物干しスペースとして少し確保して置いてくださいね。