注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんはタオルが大好き!寝るときに役立つタオル活用方法

赤ちゃんが寝るときにはどんなものがあったら便利なのでしょうか?とくにおすすめなのがタオルです。寝かしつけにも使えますし、夏の時期には布団の代わりにもなります。

赤ちゃんを寝かしつけるときの、トントン技とは?

タオルは、色々な大きさがありますし薄さも選ぶことができます。ぜひ、お気に入りの一枚を探してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年少児が幼稚園でストレスを感じてしまう原因と対処法

子供が毎日幼稚園に楽しく通ってくれると親は安心するものです。でも、年少さんはちょっと違います。...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね?...

カレーの甘口を子供が食べれるのは何歳?カレーレシピをご紹介

子供に市販のカレー(甘口)をあげてもいいのは何歳?幼児用のカレーであれば、心配はないですが家族と同じ...

七五三の三歳の着付けを自分でやってみよう!意外と簡単です!

三歳の女の子の七五三が近づいてくると「着物をレンタルして美容室を予約しなくちゃ。」と考えるママも多い...

庭を遊び場にDIYする時に参考にしてほしいアイデア特集

殺風景な家の庭を、子供が喜ぶような遊び場にDIYで変身させたい!そんな方も多いのではないでしょうか。...

赤ちゃんがリモコンを好きな理由とはリモコンを守る方法

赤ちゃんはリモコンが大好き!そんなにリモコンに触っているつもりはなくとも、興味津々な赤ちゃんは多いも...

ミートソースはレトルトでもおいしくする方法で絶品になるコツ

安いレトルトのミートソースを使って、パスタをおいしくする方法があるのをご存知でしょうか?では...

入籍の手続きをしても別居婚!婚姻届提出や住民票・扶養について

好きな人と入籍をして夫婦になるとき、同居して結婚生活をスタートさせるのではなく、別居をして別居婚をス...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

大学入学式の髪型は?女子はきっちりしすぎないことも大切です

大学の入学式を前に、どんな髪型で参加しようかと悩んでしまいませんか?髪型に決まりはありませんが、...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

赤ちゃんはなぜ抱っこすると泣き止む?その理由と効果的な方法

赤ちゃんは抱っこされることが大好きですよね。そして今まで泣いていても泣き止むことが多いのではないでし...

子供が欲しい妻と欲しくない夫、離婚前にできることはあるのか

結婚したらすぐに子供が欲しい妻とこの先も子供は欲しくないという夫。実はこの「子供が欲しい、欲しく...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

スポンサーリンク

赤ちゃんはタオルでくるんでトントンしてあげると寝る!

赤ちゃんを寝かしつけるときは、タオルでくるんでトントンしてあげると寝ることが多い

赤ちゃんをバスタオルで体をくるんであげると安心感を感じてリラックス効果が高くなり、眠りにつきやすくなります。
くるんだ状態で抱っこしながら背中やおしりなどをトントンしてあげると良いです。

また、月齢が低い赤ちゃんや横抱きが好きな赤ちゃんは体を包み込むように横抱きし、背中を優しくトントンしてあげると眠りにつきます。

首が座った赤ちゃんは縦抱きでおしりをトントンしてあげると心地良い眠気を誘います

 

抱っこしながら眠った赤ちゃんを仰向けの状態で布団におろした後、おへその下あたりを優しくトントンしてあげると深い眠りにつきますよ!

抱っこの状態から布団におろしたときはまだ眠りが浅いので、おろしたときの少しの刺激で再び起きてしまう赤ちゃんもいます。
そのようなときに仰向けの状態でトントンしてあげると再び眠りにつくことができるのです。

赤ちゃんが寝るベビーベッドにタオルをかけるのはNG!

赤ちゃんが寝るベビーベッドにタオルやぬいぐるみなどを置くのはやめましょう。

赤ちゃんが寂しくないように、ベビーベッドにぬいぐるみを置くママがいるかと思いますが、赤ちゃんの顔周りにぬいぐるみを置いてしまうと倒れて赤ちゃんの口を塞いでしまい、窒息事故に繋がってしまう恐れがあります。
ぬいぐるみだけではなく、タオルや衣服も同じです。
赤ちゃんは自分の手で退けることができないので、思わぬ事故に繋がってしまいます。

掛け布団は調節のきく大きすぎないサイズのものを使いましょう。
大きすぎるものを赤ちゃんにかけてしまうと顔にかかってしまいます。
バスタオルを二つ折りにしたサイズで十分です。
赤ちゃんは手を上げた姿勢で眠りますが、手が布団から出ていても風邪は引きません。
お腹を隠してあげるようにかけてあげましょう。

ベビーベッドの中だけではなく、ベビーベッドのまわりにも危険なものが無いか確認してください。
ベッドの上に掛け時計などがあると、落ちたとき赤ちゃんに怪我をさせてしまう可能性が高いので気をつけましょう。

赤ちゃんが寝るときには布団ではなくタオルがおすすめ

赤ちゃんは大人よりも暑がりで汗をたくさんかきます。

大人が寒いと思って布団を2枚かけているとしたら、赤ちゃんは1枚でちょうどいいくらいなのです。
1日のほとんどを寝てすごしている赤ちゃんにとって睡眠は大切な仕事です。
快適な睡眠を取れるように、工夫してあげましょう。

赤ちゃんは気温18度~24度、湿度60パーセントが快適だといわれています。
この気温や湿度を目安にして、エアコンや布団で調節してあげましょう。

赤ちゃんが寝ている間も身動きが取れるように、布団は軽いものをふんわりとかけてあげることが大切です。
寒そうなら布団を重ねてあげると良いです。

重い布団は赤ちゃんが身動きが取りづらく、不快になって目を覚ましてしまうので避けましょう。

薄くて身動きが取りやすいものだと、タオルがオススメです。
大きくも無く重くも無く、赤ちゃんにとっては使いやすいものですね。
赤ちゃんに快適な睡眠を取ってもらうために、部屋の気温などにも気をつけたいものです。

赤ちゃんが寝るときにはタオルを枕にしよう!

赤ちゃん用の枕は専門店以外ではなかなか販売されていないことが多いので、探すのも大変ですよね。

しかし、赤ちゃん専用の枕を買わなくても、タオルを重ねて枕として使うこともできます。
新生児の頃は夜中に授乳することがあり、ゲップをしないで眠りに付き吐き戻してしまうことが多いので、布団の上にタオルを敷いておくとタオルだけ洗えばよいので楽です。
枕を何個買っても赤ちゃんの吐き戻して汚すスピードには追いつけないですよね。
そんな時タオルは何枚もあるので足りないということはありません。

気温がぐっと下がる秋から冬は、赤ちゃんは寝ている間に布団を剥いでしまうことがほとんどなので厚手のパジャマを用意しておくと安心です。

赤ちゃんは寝ているといつの間にかズボンからシャツが出てしまって寒いのにお腹を出して冷やしてしまっていた…ということもあるので、上のパジャマをズボンの中にいれ、お腹が出ないようにしてあげると良いです。

さらに腹巻もあるとお腹を冷やすことは無いです。

赤ちゃんがタオルに包まれて寝たときにはそのままおろそう!

赤ちゃんがなかなか寝ないので抱っこをして寝かしつけるママも多いですよね。
やっと寝たのに、布団におろすとパチッと目が開いてぎゃんぎゃん泣いてしまう赤ちゃん。
また抱っこしながら寝かしつけて布団におろして起きて…の繰り返しに泣いたママもたくさんいることでしょう。

赤ちゃんをおろしたときに泣いてしまって困っているママは、赤ちゃんをタオルやおくるみで包んで眠るまで抱っこし、眠りに付いたらタオルやおくるみにくるまれている状態のまま静かに布団におろしましょう。

このときのポイントは、赤ちゃんがお腹の中にいたときと同じような体勢になるようにくるみましょう。
布団におろしたときにおくるみがはだけてしまわないようにしっかりと包んでから赤ちゃんを抱っこしましょう。

おくるみやバスタオルは赤ちゃんの肌に優しく、季節に合った素材のものを選んでくださいね。