注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

バスのベビーカーでの乗り降りのコツやマナーと注意点とは

バスにベビーカーも一緒に乗り降りすることは、周りへの迷惑を考えたり、赤ちゃんのことも気にしながら、お母さんはとても大変な思いをされているでしょう。

では、ベビーカーでバスの乗り降りするときあどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?マナーとは?

また、ベビーカーでバスに乗るときは、コンパクトなベビーカーを選んだり、抱っこ紐もあると便利ですよ!

そこで、バスのベビーカーでの乗り降りのコツやマナーと注意点などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんはタオルが大好き!寝るときに役立つタオル活用方法

赤ちゃんが寝るときにはどんなものがあったら便利なのでしょうか?とくにおすすめなのがタオルです。寝かし...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

オカヤドカリが脱皮にかかる期間はどのくらい?飼育方法をご紹介

オカヤドカリは脱皮をどのくらいの期間で行うのでしょうか?また、脱皮をする前にはどんな行動をとるのでし...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

癇癪への対応で大切なのはあわてないこと。4歳の幼児への対応

癇癪への対応で一番に大切なのは『かんしゃくを恐れないこと』4歳の幼児は心と身体と知能のバラン...

赤ちゃんが3ヶ月くらい時期の寝かしつけで悩んでいる時の解決法

新生児のころはよく寝ていたのに赤ちゃんが3ヶ月頃になるとなかなか寝ない、夜泣きで起きてしまってその後...

血液型が!ありえない組み合わせの子供が産まれたら?何が違うの

血液型よりも遺伝子ですよね?たまに、両親の血液型からでは絶対に産まれない血液型の子供が産まれ...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

人間同士の距離感。不快に感じるパーソナルスペースは人それぞれ

人間の距離について。人はそれぞれ自分の『パーソナルスペース』を持っています。不快に感...

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んで...

カレーの具材を炒める理由と美味しく作るためのコツとは

カレーを作るときに具材を先に炒める理由についてご存知でしょうか?カレーを美味しく作るためには...

スポンサーリンク

ベビーカーでバスの乗り降りするときのマナーとは

赤ちゃんをベビーカーに乗せてバスに乗らないと行けない場合ありますよね。バスの乗り降りで注意することはどのようなことがあるのでしょう。

乗り降りする時はベビーカーは畳む

ベビーカーに赤ちゃんを乗せたままバスの乗り降りをすると、ステップがあるので時間がかかってしまいます。そうすると後ろに並んでいるひとだけでなく、バスに乗っている人にも印象がわるくなるのです。

バスの乗り降りでは赤ちゃんを抱っこ

手にはベビーカーを持っているのでとても危険です、バスには段差があるので、赤ちゃんと一緒にバスに乗る場合は、最後に乗る、最後に降りるようにしましょう。

朝夕の通勤時間にベビーカーを乗せることはとても迷惑なことです。もし抱っこしていたとしても通勤時間は混雑しているので出来るだけ時間を避けて乗るようにしましょう。

バスにはコンパクトなベビーカーなら乗り降りが楽

ベビーカーマークの着いているバスの場合

ほとんど問題なく畳まないで乗ることができます。しかし朝夕のラッシュ時間やベビーカーがすでに2台乗っている、二人乗せベビーカーが乗っている、車椅子を利用している乗客がいる場合は、ベビーカーを畳むようにしましょう。

ベビーカーよりも車椅子の方が優先

ママたちが大変なのは理解できますが、もし車椅子を利用している人が後から乗車した場合は協力をしてほしいと思います。畳んでしまうと乗り降りが大変なことはわかりますが、優先順位は車椅子の方が上だからです。

2人乗せのベビーカーも乗り降りに時間がかかってしまいますし、通路も塞がれてしまうので畳むようになっています。バスに乗る場合は、1人用のベビーカーで抱っこするなどの工夫が必要になるのです。バスはスペースが狭いので場所をとってしまうベビーカーは乗車する時に制限があるのです。

どうしてもバスに乗らないと行けない時は、コンパクトなベビーカーでお出かけすることをオススメします。

バスでの乗り降りでこんなときはベビーカーをたたもう

ベビーカーに荷物を乗せている時

畳むようにしましょう。ベビーカーを畳まないで乗車出来るのは、ベビーカーに赤ちゃんが乗っている場合です。赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしている場合は折りたたんでから乗車するようになっています。

又通路をふさぐ大型のベビーカーは、乗車すること自体を運転手さんに断られることもあります。そんな時はベビーカーマークがついているバスに乗るようにしましょう。双子の場合は大型になってしまいます。一般的なベビーカーでもバスの通路では思っているよりも場所を取ってしまいます。バスに乗ることが多いママは、コンパクトなベビーカーを1台用意しておくと便利です。

ベビーカーはすでに2台乗っている場合はベビーカーを固定するベルトはないため、折りたたむ必要があるのです。

ベビーカーでバスに乗るコツ!抱っこひももあると便利

バスにはベビーカーを折りたたみ、抱っこヒモを使って乗車します。乗車の時は抱っこヒモにして畳んで乗り、まだ新生児なのでバスが混んでいない時間帯を調べて乗るようにしています。混んでいると周りの乗客も迷惑だと思うからです。

バスを利用することが多いです。外出先でベビーカーは絶対に必要なのでベビーカーも持ってバスに乗ります。ベビーカーでの乗車は他の人のこともあるので、抱っこヒモで子供を抱いて、ベビーカーは手で持ってバスに乗っています。私はベビーカーを購入する時に出来るだけ軽い物を選びました。

ベビーカーで乗車すると場所を取ります。そしてイヤな顔をする人もいるので、抱っこひもをしてベビーカーは畳んで乗っています。畳んでいる場合そんなに場所も取らないからです。抱っこヒモを使うことでもしも、ベビーカーが転倒してもすぐ動けるので、バスにのるなら抱っこひもを使うことをオススメします。

ベビーカーをたたまないでバスに乗るときは?

時間帯やベビーカーを考慮すれば畳まず乗車可能

そのまま乗車する場合は、周りの人の迷惑がかからない状況なのか確認しましょう。しかし乗ったバスが徐々の混雑してきたらすぐに畳むように、状況のよって対応するようにしましょう。

又ベビーカーを開いたままバスに乗っていいか運転手さんに確認してみることです。指定された場所に乗り、進行方向とは逆に向き、座席を並行に置くようにします。必ずストッパーをして、ベビーカーのシートベルトはしましょう。もしもバスに乗っている時に赤ちゃんがぐずってしまった時に抱き上げる場合、危険なこともあるので注意が必要です。乗る時から抱っこヒモを利用しているとぐずっても安心です。

そしてベビーカーの左右に荷物をかけるなどして必要以上に幅を取らないようにします。停留所でたくさんの人が降りて、通行の邪魔になる場合は、一度畳んで発車する前に開くようにしましょう。

赤ちゃんと一緒にベビーカーでバスい乗ることは周りの人の気を使います。バスにベビーカーで乗り降りする時のコツやマナーなどを知っておくことです。