注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。
親として、何とか上達させたい!将来はプロサッカー選手!と意気込んでしまいます。

上達させたい気持ちもわかりますが、幼稚園世代はとにかくサッカーを楽しむことがメインです。それを基本に練習メニューを考えることが大切です。

幼稚園でサッカーが上達するために今何が必要なのか。
練習メニューや親の心構えについてまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

幼稚園の夏休みの思い出の作り方や子供と有意義に過ごすポイント

幼稚園の夏休みには、思い出作りを子供とたくさんしたいですよね。せっかくだから思い出作りに家族...

実家で同居。生活費は一人あたりいくら?参考価格を知りたい!

実家で同居をする時、みんなはどのくらいの生活費を負担しているのでしょうか?独身で実家から通勤...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることはできる?注意点と方法

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。ですが、メダカと金魚を同じ水槽で飼う...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

漢字検定準一級は勉強時間どのくらいで合格できる?勉強のコツも

漢字検定の準一級を目指して勉強をしている方も多いと思いますが、実際どのくらいの勉強時間で合格できるの...

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。午前中に1回、午後に1...

大学入学式の髪型は?女子はきっちりしすぎないことも大切です

大学の入学式を前に、どんな髪型で参加しようかと悩んでしまいませんか?髪型に決まりはありませんが、...

子供が泣くとイライラしてしまう。イライラしない方法とは

子供が泣くとイライラしてしまう。子供が泣くのには理由がある。それもわかってる。でもイライラする。母親...

スーパーの惣菜が余った!冷凍保存出来るかどうかのポイント

タイムセールや閉店間際にスーパーに行くと惣菜や弁当が半額や割引されていますよね。安いのでつい買うつも...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

スポンサーリンク

幼稚園でもサッカーが上達する練習メニューは?

幼稚園児のうちは、遊びの要素をたくさん取り入れて、サッカーの楽しさを教えることが上達への基本

いきなりボールを蹴ることはハードルが高いので、まずは手を使ってボールと戯れることからスタートしましょう。向かい合って近い距離からお互いにボールを投げあい、キャッチすることから始め、慣れてきたら相手が投げてからキャッチするまでに手を叩いたり、すばやくしゃがんで立ち上がったりさせることで、色々とバリエーションをつけられます。

サッカーを遊びに取り入れるには、鬼ごっこと絡めるやり方も良いでしょう。鬼ごっこを通してたくさん走らせることで、サッカーに必要な脚力や体力もつきます。
この際、逃げる人はドリブルしながら逃げるなどのルールにしておけば、遊びながら上達することが出来ますし、先生も一緒に楽しむことが出来ますね。

幼稚園でサッカーが上達するために必要なことは?

ある程度ボールを蹴ることに慣れてきたら、徐々にサッカーをする際に必要な技術も教えていきます。

同じように練習させていても、子どもたちを見ていると、一人一人どんなプレーが得意なのかが次第にわかってきますよね。
例えば、ドリブルが得意だけれどボールを持ったら自分ひとりでゴールに持ち込もうとするような子であれば、積極的にパスを出すことを学ばせます。ドリブルの最中で意識的にパスを出す練習をさせることで、自分だけでゴールを目指すのではなく、誰かにパスを回すという選択肢があることを学ばせるのです。

得意なことだけを磨いたほうが、上達は早いかもしれません。ですが、その他の選択肢を与えてあげることで、プレーの幅が広がりますし、チームプレーにおいての自分の役割を学ぶことにも繋がります。

サッカーが上達する幼稚園世代のトレーニングポイントは?

相手が幼稚園児ともなれば、まだまだサッカーの複雑なルールを覚えるには早すぎる年頃ですよね。最初からチームに分かれて競いあうよりも、敵味方どちらも関係なく、今はただ単純にゴールを目指すだけで十分。サッカーの楽しさを体感することを優先させて良いでしょう。

ゲーム感覚でボールと親しむことと同様に、足腰を鍛えるトレーニングにも遊びの要素を取り入れてみてはいかがでしょうか?
ただし、ルールがあまり複雑すぎると、単純に楽しめなくなってしまいますので、あくまでルールはシンプルに。楽しみながら走ったり飛んだりするうちに、ボールコントロールに重要な脚力が鍛えられます。

また、サッカーにこだわらず、他のスポーツの要素も取り入れると、飽きずに練習を続けることが出来ます。この年代の子供たちはまだまだ興味のあること以外には飽きっぽいので、色々なスポーツを体験させながら上手に身体全体を鍛えるのも良い方法です。

天候や季節によっては、屋外でのトレーニングが出来ない場合もあります。室内での練習だと、ボールが不規則な動きをすることも少ないので、ボールコントロールをメインとした練習にも適しています。

サッカーが上達しない子供に対して親がしてはいけないこととは?

子供の練習する姿を見ていると、ついつい口出しをしてしまいたくなるものですよね。ですがそれは、親がこの時期にやってはいけない行動でもあります。

学生時代に自分もサッカーをしていた経験があったり、もとからサッカー観戦が好きな人であれば、子供のプレーに対していちいち口を出したくなってしまうのもわかります。ですが、サッカーはあくまで、自分で考えながら行うスポーツです。
「こんなプレーはダメだ!」だとか「なんでそんなプレーをするんだ?」と、何でもダメだしをしていては、いつまでも自分で考えて行動することが出来ないままになってしまいます。

 

サッカーがなかなか上達しないときは、口を出したくなってもグッとこらえて、子供自ら考えられるように導きましょう。

 

また、プレー以外の性格的な部分に対してのダメだしはもっとNG!いくら指摘されても、そこは簡単に直せるものではないのですから、その子の合ったプレースタイルがあるということを理解してあげましょう。

幼稚園の頃にサッカーを習うメリットとデメリットは?

幼稚園児のうちからサッカーを習わせることは、多くのメリットがあるとともに、またデメリットも数多くあります。

早いうちからサッカーを始めさせるメリットとしては、ボールさえあれば1人でもどこででも練習が出来るという点です。広い場所でなくても、リフティングやボールコントロールの練習であれば家の中でも出来ますので、天候に関係なくトレーニングをすることが出来ます。

サッカーは団体競技ですので、集団においての協調性を養うことにも繋がります。また、年少(3歳頃)から入れるところもあるので、早いうちから始めさせることも出来ますね。

デメリットを挙げるとすれば、一言で言うと親の手間がかかること。毎回練習場所への送迎が必要となりますし、適度に他の子の親たちとの付き合いも必要になります。練習着やユニフォームの洗濯なども、毎回のこととなればかなりな負担となってくるでしょう。

それでも、子供が楽しんでサッカーに打ち込んでいる姿を見られるのであれば、手間暇かけてでも応援したくなるのが親というものではないでしょうか?