注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

1歳7ヶ月の子供の体重が重い!平均体重と肥満体重・対処法

子育て中のママの中には、赤ちゃんの体重増加について頭を悩ませている人もいますよね。
同じ年齢の子供に比べてみるとちょっとぽっちゃりしていたり、食欲が旺盛で肥満ではないかと頭を悩ませている人もいるでしょう。

1歳7ヶ月頃の子供の体重は、平均するとどのくらいなのでしょうか。平均よりも重いけど大丈夫?

そこで今回は、1歳7ヶ月の子供の体重についてと、体重が気になる時の対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

前転のコツを幼児に教える方法と練習のポイント

前転を幼児がすると、どうしても横に転んでしまったりでなかなか上手く回れません。前転のコツを幼...

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね!では、牛肉のカレーをするならどんな...

PTAを退会したいという家庭への対応とPTAに対する考え方

PTAの役員として日々奮闘している保護者の方も多いと思います。PTAは任意というニュースが話...

お箸の持ち方が変な人の気持ちや変な人に思うことと正しい持ち方

あなたは正しくお箸を使うことができますか。なんと正しくお箸を使うことが出来るという人は、全体の○...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

離乳食用の麦茶はいつまで保存できる?赤ちゃんのことを考えよう

離乳食が始まる頃から麦茶をあげるママも多いと思いますが、どのくらいの量をあげればいいのか、そして残っ...

幼稚園のコップ袋を手作りしよう!紐付きコップ袋の作り方

幼稚園に入園するお子さんがいるママたちの中には、幼稚園で使うコップ袋を手作りしてあげたいと考えている...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

完母の赤ちゃんに哺乳瓶を慣れさせる方法とは?色々試してみよう

完母の赤ちゃんを哺乳瓶に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?完全母乳のために、夫に預け...

スポンサーリンク

1歳7ヶ月で体重12キロは重い?

1歳7ヶ月で体重が12キロと聞くと大きく感じます。
しかし、体重が12キロだとしても、身長も大きければ肥満ではないでしょう。
成長が早いという事になります。

1歳7ヶ月の体重と身長の平均と目安

  • 体重 男の子は10.5~10.8kg、女の子は10.0~10.2kg
  • 身長 男の子は81~82cm、女の子は80~81cm

お子さんの体重が気になってきたときにおすすめなのは、母子手帳のグラフに記入することです。

定期健診の時に身長や体重を計測しますよね。
そして、成長曲線グラフに記入しませんでしたか?

平均体重と身長のグラフが母子手帳にはあります。
もし、見た事が無ければ、確認してみてください。

その成長曲線グラフに記入すれば、肥満かどうかが判断できるように、色分けされているはずです。

また、肥満などの心配があるなら地域の保健師さんに相談してみるのも良いのではないでしょうか。

1歳7ヶ月の身長・体重の平均は?平均より重い時も気にしすぎないで

新生児の時は、とても小さかった赤ちゃんが、1年半程度で体重だと3倍以上になりますよね。

新生児の頃にはだいたい3kg程度だったのに、1歳7ヶ月では男の子は10.5~10.8kg、女の子は10.0~10.2kgくらいまで増えているのです。

事あるごとに「あれ?なんだか重くなったかな。」と感じますよね。

身長も新生児では50cm程度です。
それが男の子は81~82cm、女の子は80~81cmくらいまで大きくなります。

しかし、これはあくまでも平均値です。

もし、自分のお子さんが平均値より小さかったり大きかったりと、はみ出しているとしても、そんなに心配する必要はありません。

成長具合には個人差があります。

もしあまりにも極端で、心配なときには、小児科に相談してみましょう。
もし、何かの病気であれば早期発見できますし、なんとも無ければ不安を解消する事ができます。

1歳7ヶ月で標準体重よりも重い!肥満度を計算してみよう

自分の子供が他の同じ月例のお子さんよりも、重かったり、軽かったりすると、心配になってしまいますよね。

成長には個人差があるとはいえど、あまりにも違うとどうしても不安になってしまいます。

そんな時には、標準体重を計算してみましょう。

標準体重を計算する方法はいくつかあります。
肥満度の指数で一番聞いた事があるのはBMIだと思いますが、これは中学生以上の肥満度を知るのに適しています。

1歳7ヶ月の場合にはカウプ指数を使うのが良いでしょう。

「カウプ指数=体重(kg)÷身長(cm)2×104」

この計算式は身長と体重から指数を計算して、肥満か痩せすぎかを判断するものです。
しかし、指数部分には標準値を入れて、体重を逆算することで、標準体重を求める事ができるのです。

赤ちゃんの体重増加が気になる時は…

子供の体重増加が気になるときには、食事を見直してみましょう。

1歳7ヶ月は離乳食から幼児食へと変わる頃です。
大人のご飯から取り分けて一緒に食べる事もできるようになってきますが、大人と同じ味付けでは、少し濃いかもしれません。
濃い味付けの時には、主食がとても進みますよね。
多すぎる主食は、肥満へと繋がる可能性があります。

食事はバランスが大切です。
一汁三菜を基本にバランスの良い食事を心がけるのは、子供も大人も一緒です。

肥満が気になるなたら、バランスを心がけながら、主食の量を少しだけ減らして、様子を見るもの良いかもしれません。

また、甘いおやつなどの取りすぎは、当たり前ですが肥満の元です。

一度にたくさん食べることが出来ない小さな子供にとって、おやつは一日に必要なエネルギーや栄養素を確保する大切なものです。
甘いおやつではなく、不足栄養素を摂れるような内容が望ましいでしょう。

1歳半~3歳までに肥満の子供は将来肥満になるリスクが高い

1歳半から3歳の間にBIMが0.5以上上昇し、3歳時点で16.8以上ある子供の12歳時点での体格との関連を調べると、BMIが上昇していない幼児に比べて18.9倍、肥満まではいかない過体重のなりやすさも16.9倍という結果があります。
これは、栃木県内で1994年から2012年に出生時から追跡している子供215人のデータによるものだと毎日新聞に掲載されていました。

1歳半~3歳までに体脂肪率が高い幼児は、そうではない幼児に比べて、12歳時の肥満のなりやすさが高い事が研究でわかっているそうです。
その差は19倍と、かなり高くなります。

思春期の肥満回避のためには、幼児期に対策する必要がありそうです。

ただし、3歳時で太っていない幼児でも、BMIが上昇していれば肥満になるリスクは高くなるようです。