注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

窓が閉まらないときの修理費用やポイントと考えられる原因とは

車の窓が閉まらないときはすぐに修理をしなければならないのでしょうか?

では、窓が閉まらないときはに修理の前にできる応急処置とはどんなことでしょう?

また、気になる修理費用や車の窓が閉まらないときの修理のポイントとはどんなこと?

そこで、窓が閉まらないときの修理費用やポイントとさらに、車の窓が閉まらないときに考えられる原因などについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

人間同士の距離感。不快に感じるパーソナルスペースは人それぞれ

人間の距離について。人はそれぞれ自分の『パーソナルスペース』を持っています。不快に感...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょ...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることはできる?注意点と方法

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。ですが、メダカと金魚を同じ水槽で飼う...

赤ちゃんが泣き止む音って?泣いている赤ちゃんに聞かせたい音

泣いている赤ちゃんをなんとかして泣き止ませてあげたい、赤ちゃんが泣いた時に泣き止む方法を知りたいとい...

昼寝の時間が30分!赤ちゃんのお昼寝が短い理由と寝かせる方法

「赤ちゃんが昼寝をしている間に家事を済ませたいけど、お昼寝をしても30分で起きてしまうという」という...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

赤ちゃんが笑うのがみたい。声を出して笑う時期と笑いのツボ

赤ちゃんが声を出して笑うととても可愛いですし、周りもつられて笑ってしまいますね。ニコっと笑ったよ...

家事ができない嫁。変わってほしいなら、あなたが変わって

家事ができない嫁は、専業主婦ですか?それとも兼業主婦ですか?共働きなら、正直家事まで手が回ら...

親と縁を切る方法で見つからずに逃げるコツや相続を放棄するには

親と縁を切るためには、実際に法律的には親と絶縁する方法はありません。しかし、自立して親元から...

うさぎを飼う人の心理!ペット選びでわかる意外な性格とは

犬や猫の他にうさぎも人気があるペットですね。ペットにうさぎを飼うことを選んだワケはなんでしょ...

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね?...

犬の放置を発見してしまったらどこに通報するの?対応の仕方とは

犬の放置を発見してしまったら?どこに通報するべきなのでしょうか?通報する先は数箇所あ...

スポンサーリンク

窓が閉まらないときは?修理の前にできる応急処置

車の窓が閉まらないと、すぐに修理しなくては!と思う人も多いと思いますが、その前にできる対処法や応急処置があるのでお伝えします!

まずは、スイッチの確認です。
スイッチがグラグラしていませんか?ちゃんと押せますか?
グラグラしていたり押せない場合は、スイッチの不具合が原因で窓が閉まらないのかもしれません。

また、チャイルドロックがかかっていませんか?
ロックがかかっているとスイッチを押しても窓が動かない事もあります。
これで窓が閉まらなくて慌てる人もいるので注意してくださいね。

そしてスイッチに問題がない場合、窓が閉まらない原因はウインドウレギュレータかモーターの不具合かもしれません。
これは、自分で見ようとドアの内側を外す事もできますが、プロに見てもらったほうがいいでしょう。

応急処置の方法ですが、窓を手で持ち上げてガムテープなどを貼ってください。
あくまでも応急処置なので、修理はお早めに!

車の窓が閉まらないときの気になる修理費用は?

車の窓が閉まらない時、チャイルドロックが原因ではなく、スイッチやウインドウレギュレータかモーターの不具合かもしれない場合、プロに修理してもらう事になるでしょう。
しかし、ディーラーが開いていないからと、窓が閉まらないままでは困ります。
なのでとりあえず、先ほどお伝えした応急処置をしておきましょう。

そして修理に出す時になると、気になるのが修理費用ですよね?
この修理費用は車種によって違いがあります。

車の窓が閉まらないときの修理費用

ストレッチパネルの交換など…約5千円
レギュレーターの交換…約1万5千円
モーターの交換…約1万円~3万円

総取替えで4万円ぐらいでしょう。

費用がかかるからと、自分で修理しようとしてもなかなか難しい事です。
プロの方に頼んで修理してもらいましょうね。

車の窓が閉まらないときの修理のポイントとは

車の窓が開かない閉まらないなど、故障してしまった場合はプロに修理を依頼する事になるでしょう。

車の窓ガラスを動かすのは、アーム式とワイヤー式の2種類がありますが、主流はワイヤー式です。
このワイヤーが切れると、自分で修理はできません。
モーターも壊れてしまうと同じく自分では修理できないでしょう。

このモーターですが、壊れないようにするポイントがあります。
それは、モーターに無理な力がかからないよにする事です。

無理な力が入らないようにするために、車の窓をキレイにしておきましょう。
これで余計な負担を減らす事ができます。

車の窓が閉まらないと、特に雨の日なんて大変な事になってしまいますよね?
いつも車の事を気軽に相談できるプロの方を見つけておくと、心強いですよ!

車の窓が閉まらないときの考えられる原因は?

車の窓が閉まらない場合、考えられる原因はスイッチの故障かレギュレーターの故障、そして電気モーターの故障でしょう。

スイッチが内部で折れている場合もあります。そして、その折れたスイッチの部分が挟まっているのかもしれません。
大体スイッチが劣化した事が故障の原因になりますが、このような場合もあります。

また、アームやワイヤーを使って車の窓を動かす内部機構のレギュレーターですが、これも故障すると車の窓が閉まりません。摩耗が故障の原因です。
ここが故障すると、スイッチを押すと異音がする場合もあります。また、窓が斜め動く事もあるようですよ。

そして、電気モーターが故障した場合も車の窓が閉まらない原因になります。
故障する原因は、モーターの劣化や、モーター自体の摩耗や寿命などです。

冬場に窓が閉まらない原因は?窓枠のゴムの劣化の場合は?

車の窓が閉まらない時に考えられる原因についてお伝えしましたが、これが冬ならまだ他にも考えられる原因があります。

寒い冬に、車の窓が閉まらないのはバッテリーが原因かもしれません。

車の窓を閉めるには、電流も必要になります。
寒い冬は影響を受けやすいのです。注意してください。

バッテリーが原因の場合、交換しなくてはいけません。
これも気になる費用ですが、だいたい1万~3万円でしょう。

また、車の窓の枠にゴム枠がついていませんか?
このゴムが劣化する事で、窓の動きが鈍くなってしまうでしょう。

修理方法は、ゴムの内側にシリコンスプレーを塗る事です。
シリコンスプレーを塗ってすべりやすくしましょう。

このシリコンスプレーは高くても700円ぐらいなので費用の心配はないでしょう。
スプレーを使用する時は、ゴムの内側を拭いてかたスプレーしてください。
すべりをよくしょうと、油を塗ってしまう方もいますが、これはもっとゴムを劣化させてしまうので、シリコンスプレーを使用してください。
シリコンスプレーで車の窓枠のゴムを手入れして、劣化を防ぎましょうね。