注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。

教職経験がない社会人が教員採用試験を受験する場合、どのような勉強法がいいのでしょうか。問題集は何回くらい繰り返すべき?

競争率が高く、現役の学生よりも不利にはなりますが、諦めたらそれで終わりです!頑張りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイレの壁紙の掃除方法!ポイントやキレイを保つコツと注意点

トイレの壁紙掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、トイレの壁紙は意外と汚れていて、トイレ掃除に...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

子どもが幼稚園に行っている専業主婦は暇?何をしているは禁句

子どもが幼稚園に行っている間、専業主婦は暇をしている?子どもが幼稚園に行ってからは、家事をこなしてる...

トイレに水垢がついてしまったときの落とし方や予防方法を紹介

いつもピカピカにしておきたいとは思うけれど、気がついたらできてしまっているのがトイレの水垢。トイレに...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

手先が不器用な子供のトレーニング方法!身近な遊びとお手伝い

お子様が器用なタイプか不器用なタイプか、気になっている方も多いと思います。親が不器用だから、...

家事ができない嫁。変わってほしいなら、あなたが変わって

家事ができない嫁は、専業主婦ですか?それとも兼業主婦ですか?共働きなら、正直家事まで手が回ら...

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

偶然と必然の違いや意味は?偶然起きた出来事も必然の要素!

偶然と必然の意味について考えたことはありますか?街で偶然友達に会った時、その出来事が本当に偶然だった...

幼稚園に途中入園する時のママ友の作り方!好印象を与える方法

これまで通っていた幼稚園から別の幼稚園に転園する・途中から幼稚園に入園するという途中入園の場合、ママ...

新生児は寝る時間がバラバラ!生活リズムを整えるコツとは

新生児の赤ちゃんは基本的に寝ていることが多いので寝る時間もバラバラです。では、赤ちゃんに生活...

神社でお賽銭を入れないのはアリかナシか。大切なのは気持ち

神社にお参りに行った時にお賽銭を入れると思いますが、金額に決まりはあるのでしょうか。大切なの...

バスの中で赤ちゃんが泣く理由と対処法!事前に準備したいグッズ

赤ちゃんとのお出掛けでママの一番の悩みは、「バスや電車などの中で赤ちゃんが泣いたらどうしよう…」とい...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

スポンサーリンク

教員採用試験の勉強法、教職経験がない社会人は何からスタートすべき?

社会人になってから、教員採用試験を受けることを考えている方もいると思いますが、そういった場合、どのように勉強すると、合格できるのでしょうか?

社会人になってから、教員採用試験を受けるとなると、「一般選考」での受験になると思いますが、そこで大切になってくるのは、

「試験の情報集め」になります。

一般選考でのライバルですが、教員学部の大学生になります。その大学生に勝つ為には、情報収集が大切になってきます。

ネット、大学時代の先輩など、得られる情報は全部入手していきましょう。

一次に筆記試験がある場合ですが、過去問を解くことも大切になってきます。教職教養ですが、勉強なしでは点数がとれません。過去問を解くことによって、自分の強い点、弱い点がわかり、弱い点を強めることにより、合格に繋がると思います。

二次試験は面接になってくると思いますが、面接も練習が必要になってきます。イメージトレーニングの一つの方法ですので、うまく活用して、合格を勝ち取っていきましょう。

社会人が独学の勉強法で教員採用試験に合格するには?

教員採用試験、社会人になっても、合格を手にするには、過去問を解いたり、面接に向けても練習が必要なことを先ほどはみてきました。

ここでは、続けて社会人が独学の勉強で教員採用試験に合格するには、何が必要かについてみていきたいと思います。

試験には、一般教養と教職教養があります。

後者の教職教養ですが、勉強法としては、過去問を解いておけば、それほど難しい問題ではなさそうです。

外国語教育やいじめへの対応、注目されている項目に力をいれておけば、効率よく問題を解いていけそうです。

なぜ教職教養にウエイトをおいているのか、その理由ですが、一般教養では差をつけにくいので、教職教養で差をつけたいのです。

一般教養ですが、苦手科目にいくら時間をかけても、結局1問分にしかなりません。その分、教職教養でしっかり差をつけておけば、合格に繋がるというのが考え方になります。

社会人の教員採用試験の勉強法、問題集は何回繰り返すべき?

上記では、社会人の教育採用試験、差をつけるには、過去問を解いて、教職教養に力を入れることについてみてきました。

さて、その過去問ですが、どの位解けばよいのでしょうか。

5回ほど解いていたという人が多いようです。
その内に、間違える問題が出てきますよね。その間違えた問題をすぐやり直していたそうです。

そして、記憶は2-3日で忘れていくので、間違った問題を数日後にもう一度解く。
それで正解になったら、その問題から卒業というサイクルを繰り返していたようです。

同じ問題を何度も繰り返す時間の余裕はないので、5回までと決めていたようです。

5回以下でも問題はないと思いますが、確実に合格したいからと、「5回」と決めている人もいたそうです。

上記はある方の教員採用試験の勉強法ですが、参考にして是非合格を勝ち取って下さいね。

社会人で教員採用試験を受験するのは不利?

社会人で教員採用試験を受ける場合、過去問は目安として5回解いた方が良いというアドバイスをみてきました。

ここで教員採用試験ですが、やはり社会人ともなると、合格するのは不利なのかどうか、探ってみたいと思います。

結論からいうと、教員免許を「習得見込み」の段階では、合格するのは難しいのが現状なようです。試験で成績が良くても、不合格になる確率は高いようです。

ただ、例外はあるようです。

例えばですが、中学、高校、いずれかの教員免許を既に持っていて、小学校の免許を取得する見込みがある場合です。それでもまだ不利であることは確かではありますが、既に教員免許を一つ取得しているので、合格する確率は高くなるようです。

また、その人に魅力的な何かがある場合です。バッググラウンドに何か強みがある場合は、合格する可能性は高くなるようです。

社会人と教員採用試験の勉強の両立は可能?

社会人で教員採用試験を受けるのは、教員免許を取得していない限りは、合格は難しいことを先ほどは触れてきました。

最後に、社会人として、教員採用試験の勉強ですが、両立して合格することが可能かどうかについてみていきたいと思います。

目安にはなりますが、大学生は一日に3-4時間勉強しているようです。
そして、試験に合格するには、70点以上くらいが必要になります。

その点数を取得するためには、参考書を開いて勉強することも必要になってきます。また、上記でも何度か触れてきましたが、過去問を解くことも鍵になってくると思います。

社会人になって、教員採用試験で合格することを望んでいるのであれば、熱心に勉強するべきだと思います。
合格するために、プライベートの時間を削ってでも勉強し、教員採用試験に合格する、その位のいきごみがないと、難しいと思います。

社会人ともなると、時間の管理が大変になってくると思いますが、勉強する時間を確保して、教員採用試験に臨んで欲しいと思います。