注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。

教職経験がない社会人が教員採用試験を受験する場合、どのような勉強法がいいのでしょうか。問題集は何回くらい繰り返すべき?

競争率が高く、現役の学生よりも不利にはなりますが、諦めたらそれで終わりです!頑張りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

キッチン扉を簡単DIY!カッティングシートを上手に使うコツ

カッティングシートは簡単にイメージチェンジができるDIY初心者にもおすすめのアイテムです。キッチ...

倒立のコツを子供に教えるときに気をつけたいことやポイント

倒立をできるようになるには、まずはコツを掴んで練習することですね。では、子供に倒立のコツを教...

離乳食の時椅子から立ち上がることをやめさせたい!

離乳食って、ストレスの塊。1,作るのが大変。手間がかかる2,食べる時にものすごく散らかる...

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

幼稚園の水筒の容量は少な過ぎず、大き過ぎずなオススメの水筒

子供向けの水筒は色んな種類があって、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。まだ小さいので...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

教育実習先からの電話を折り返しする時の注意点とマナー

教育実習先から電話がかかってきたのに、充電が切れていた、電波が届かなかったなどの理由で、電話を取るこ...

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。午前中に1回、午後に1...

子供の名前。キラキラさせちゃって後悔しています。変えたい!

子供の名前。マタニティーハイで、世界一の名前だと突っ走ってしまったけど、日々その名前で子供のこと...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

赤ちゃんは寝る時に不安や怖いと感じるの?その心理とは

赤ちゃんって寝る時に怖いと感じたり、不安な気持で泣くことがあるって聞くけど本当なのでしょうか?...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

【住所を調べる方法】名前だけわかっている場合はどうするべきか

「夫が浮気しているかもしれない。」相手の名前はわかっているけど、そこから住所を突き止めたい…。そんな...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

スポンサーリンク

教員採用試験の勉強法、教職経験がない社会人は何からスタートすべき?

社会人になってから、教員採用試験を受けることを考えている方もいると思いますが、そういった場合、どのように勉強すると、合格できるのでしょうか?

社会人になってから、教員採用試験を受けるとなると、「一般選考」での受験になると思いますが、そこで大切になってくるのは、

「試験の情報集め」になります。

一般選考でのライバルですが、教員学部の大学生になります。その大学生に勝つ為には、情報収集が大切になってきます。

ネット、大学時代の先輩など、得られる情報は全部入手していきましょう。

一次に筆記試験がある場合ですが、過去問を解くことも大切になってきます。教職教養ですが、勉強なしでは点数がとれません。過去問を解くことによって、自分の強い点、弱い点がわかり、弱い点を強めることにより、合格に繋がると思います。

二次試験は面接になってくると思いますが、面接も練習が必要になってきます。イメージトレーニングの一つの方法ですので、うまく活用して、合格を勝ち取っていきましょう。

社会人が独学の勉強法で教員採用試験に合格するには?

教員採用試験、社会人になっても、合格を手にするには、過去問を解いたり、面接に向けても練習が必要なことを先ほどはみてきました。

ここでは、続けて社会人が独学の勉強で教員採用試験に合格するには、何が必要かについてみていきたいと思います。

試験には、一般教養と教職教養があります。

後者の教職教養ですが、勉強法としては、過去問を解いておけば、それほど難しい問題ではなさそうです。

外国語教育やいじめへの対応、注目されている項目に力をいれておけば、効率よく問題を解いていけそうです。

なぜ教職教養にウエイトをおいているのか、その理由ですが、一般教養では差をつけにくいので、教職教養で差をつけたいのです。

一般教養ですが、苦手科目にいくら時間をかけても、結局1問分にしかなりません。その分、教職教養でしっかり差をつけておけば、合格に繋がるというのが考え方になります。

社会人の教員採用試験の勉強法、問題集は何回繰り返すべき?

上記では、社会人の教育採用試験、差をつけるには、過去問を解いて、教職教養に力を入れることについてみてきました。

さて、その過去問ですが、どの位解けばよいのでしょうか。

5回ほど解いていたという人が多いようです。
その内に、間違える問題が出てきますよね。その間違えた問題をすぐやり直していたそうです。

そして、記憶は2-3日で忘れていくので、間違った問題を数日後にもう一度解く。
それで正解になったら、その問題から卒業というサイクルを繰り返していたようです。

同じ問題を何度も繰り返す時間の余裕はないので、5回までと決めていたようです。

5回以下でも問題はないと思いますが、確実に合格したいからと、「5回」と決めている人もいたそうです。

上記はある方の教員採用試験の勉強法ですが、参考にして是非合格を勝ち取って下さいね。

社会人で教員採用試験を受験するのは不利?

社会人で教員採用試験を受ける場合、過去問は目安として5回解いた方が良いというアドバイスをみてきました。

ここで教員採用試験ですが、やはり社会人ともなると、合格するのは不利なのかどうか、探ってみたいと思います。

結論からいうと、教員免許を「習得見込み」の段階では、合格するのは難しいのが現状なようです。試験で成績が良くても、不合格になる確率は高いようです。

ただ、例外はあるようです。

例えばですが、中学、高校、いずれかの教員免許を既に持っていて、小学校の免許を取得する見込みがある場合です。それでもまだ不利であることは確かではありますが、既に教員免許を一つ取得しているので、合格する確率は高くなるようです。

また、その人に魅力的な何かがある場合です。バッググラウンドに何か強みがある場合は、合格する可能性は高くなるようです。

社会人と教員採用試験の勉強の両立は可能?

社会人で教員採用試験を受けるのは、教員免許を取得していない限りは、合格は難しいことを先ほどは触れてきました。

最後に、社会人として、教員採用試験の勉強ですが、両立して合格することが可能かどうかについてみていきたいと思います。

目安にはなりますが、大学生は一日に3-4時間勉強しているようです。
そして、試験に合格するには、70点以上くらいが必要になります。

その点数を取得するためには、参考書を開いて勉強することも必要になってきます。また、上記でも何度か触れてきましたが、過去問を解くことも鍵になってくると思います。

社会人になって、教員採用試験で合格することを望んでいるのであれば、熱心に勉強するべきだと思います。
合格するために、プライベートの時間を削ってでも勉強し、教員採用試験に合格する、その位のいきごみがないと、難しいと思います。

社会人ともなると、時間の管理が大変になってくると思いますが、勉強する時間を確保して、教員採用試験に臨んで欲しいと思います。