注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。

教職経験がない社会人が教員採用試験を受験する場合、どのような勉強法がいいのでしょうか。問題集は何回くらい繰り返すべき?

競争率が高く、現役の学生よりも不利にはなりますが、諦めたらそれで終わりです!頑張りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるように...

ピアノを上達させたい!子供が上達しないとイライラする時には

ピアノを習えば、子供はスラスラピアノを演奏できるようになると思っていたのに、いつまでたっても上達しな...

産後里帰りなしで心配な食事の支度のコツと利用したいサービス

里帰り出産をし産後は実家にお世話になるという方もいれば、里帰りなしを選択する方もいます。里帰...

11ヶ月の離乳食は手づかみで食べれるものに挑戦してみよう

11ヶ月にもなると、離乳食は手づかみで食べられるものが良いと言われていますよね。手づかみで食...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

赤ちゃんがリモコンを好きな理由とはリモコンを守る方法

赤ちゃんはリモコンが大好き!そんなにリモコンに触っているつもりはなくとも、興味津々な赤ちゃんは多いも...

子供が泣くとイライラしてしまう。イライラしない方法とは

子供が泣くとイライラしてしまう。子供が泣くのには理由がある。それもわかってる。でもイライラする。母親...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

冬に半袖が子供には一番?子供を薄着にさせる効果と注意点

寒い冬の時期はついつい厚着になってしまうもの。子供に風邪を引かせてはいけないと、何枚も服を着させ...

離乳食の時椅子から立ち上がることをやめさせたい!

離乳食って、ストレスの塊。1,作るのが大変。手間がかかる2,食べる時にものすごく散らかる...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? ...

スポンサーリンク

教員採用試験の勉強法、教職経験がない社会人は何からスタートすべき?

社会人になってから、教員採用試験を受けることを考えている方もいると思いますが、そういった場合、どのように勉強すると、合格できるのでしょうか?

社会人になってから、教員採用試験を受けるとなると、「一般選考」での受験になると思いますが、そこで大切になってくるのは、

「試験の情報集め」になります。

一般選考でのライバルですが、教員学部の大学生になります。その大学生に勝つ為には、情報収集が大切になってきます。

ネット、大学時代の先輩など、得られる情報は全部入手していきましょう。

一次に筆記試験がある場合ですが、過去問を解くことも大切になってきます。教職教養ですが、勉強なしでは点数がとれません。過去問を解くことによって、自分の強い点、弱い点がわかり、弱い点を強めることにより、合格に繋がると思います。

二次試験は面接になってくると思いますが、面接も練習が必要になってきます。イメージトレーニングの一つの方法ですので、うまく活用して、合格を勝ち取っていきましょう。

社会人が独学の勉強法で教員採用試験に合格するには?

教員採用試験、社会人になっても、合格を手にするには、過去問を解いたり、面接に向けても練習が必要なことを先ほどはみてきました。

ここでは、続けて社会人が独学の勉強で教員採用試験に合格するには、何が必要かについてみていきたいと思います。

試験には、一般教養と教職教養があります。

後者の教職教養ですが、勉強法としては、過去問を解いておけば、それほど難しい問題ではなさそうです。

外国語教育やいじめへの対応、注目されている項目に力をいれておけば、効率よく問題を解いていけそうです。

なぜ教職教養にウエイトをおいているのか、その理由ですが、一般教養では差をつけにくいので、教職教養で差をつけたいのです。

一般教養ですが、苦手科目にいくら時間をかけても、結局1問分にしかなりません。その分、教職教養でしっかり差をつけておけば、合格に繋がるというのが考え方になります。

社会人の教員採用試験の勉強法、問題集は何回繰り返すべき?

上記では、社会人の教育採用試験、差をつけるには、過去問を解いて、教職教養に力を入れることについてみてきました。

さて、その過去問ですが、どの位解けばよいのでしょうか。

5回ほど解いていたという人が多いようです。
その内に、間違える問題が出てきますよね。その間違えた問題をすぐやり直していたそうです。

そして、記憶は2-3日で忘れていくので、間違った問題を数日後にもう一度解く。
それで正解になったら、その問題から卒業というサイクルを繰り返していたようです。

同じ問題を何度も繰り返す時間の余裕はないので、5回までと決めていたようです。

5回以下でも問題はないと思いますが、確実に合格したいからと、「5回」と決めている人もいたそうです。

上記はある方の教員採用試験の勉強法ですが、参考にして是非合格を勝ち取って下さいね。

社会人で教員採用試験を受験するのは不利?

社会人で教員採用試験を受ける場合、過去問は目安として5回解いた方が良いというアドバイスをみてきました。

ここで教員採用試験ですが、やはり社会人ともなると、合格するのは不利なのかどうか、探ってみたいと思います。

結論からいうと、教員免許を「習得見込み」の段階では、合格するのは難しいのが現状なようです。試験で成績が良くても、不合格になる確率は高いようです。

ただ、例外はあるようです。

例えばですが、中学、高校、いずれかの教員免許を既に持っていて、小学校の免許を取得する見込みがある場合です。それでもまだ不利であることは確かではありますが、既に教員免許を一つ取得しているので、合格する確率は高くなるようです。

また、その人に魅力的な何かがある場合です。バッググラウンドに何か強みがある場合は、合格する可能性は高くなるようです。

社会人と教員採用試験の勉強の両立は可能?

社会人で教員採用試験を受けるのは、教員免許を取得していない限りは、合格は難しいことを先ほどは触れてきました。

最後に、社会人として、教員採用試験の勉強ですが、両立して合格することが可能かどうかについてみていきたいと思います。

目安にはなりますが、大学生は一日に3-4時間勉強しているようです。
そして、試験に合格するには、70点以上くらいが必要になります。

その点数を取得するためには、参考書を開いて勉強することも必要になってきます。また、上記でも何度か触れてきましたが、過去問を解くことも鍵になってくると思います。

社会人になって、教員採用試験で合格することを望んでいるのであれば、熱心に勉強するべきだと思います。
合格するために、プライベートの時間を削ってでも勉強し、教員採用試験に合格する、その位のいきごみがないと、難しいと思います。

社会人ともなると、時間の管理が大変になってくると思いますが、勉強する時間を確保して、教員採用試験に臨んで欲しいと思います。