注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?

では、学校用務員の仕事内容とはどんなことなのでしょう?学校用務員に求められるものとはどんなこと?

また、学校用務員の採用面接ではどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?採用されるポイントとは?

そこで、学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴室の換気扇から音がする。考えられる原因と対処法について

浴室の換気扇から音がする。 一番に考えられる原因は『ホコリ』でしょう。 この場合、換気扇の掃...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。 どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

パスタの名前の中でもおしゃれなものを大特集!その意味も解説

イタリア語自体がそうなのかもしれませんが、パスタの名前ってどれもおしゃれに聞こえますよね。 そ...

レストランのキャンセル料さえ無視する客への対策と予防法

レストランなど飲食店の予約キャンセルが問題となっています。 何十人という予約をしておきながら、当日...

幼稚園児の昼寝の時間はどのくらい?【年齢別】昼寝の時間の目安

幼稚園に通っているお子さんがいるママたちは、子供にお昼寝をさせた方が良いのか悩む事もありますよね。子...

日曜日が仕事でも保育園に預ける方法やダメなときの対処法とは

日曜日が仕事だと保育園に預けたいけど、なかなか難しい現状が多いですよね。 基本的には保育園は日...

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。 ...

軽トラの運転のコツ!普通自動車との違いと運転方法

軽トラというと、農家の方が乗っている車というイメージがありませんか? しかし、最近はそれだけではな...

出産を義母に連絡するタイミングは?義母と上手く付き合うコツ

出産を間近に控え色々と準備をしていく中、義母との関係について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね! では、牛肉のカレーをするならどんな...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。 気持ちはありがたいけれど、正直結構です。 「気...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

スポンサーリンク

用務員の仕事は学校によって違うの?資格は必要?

就職活動をしていると、学校の用務員になることも考えると思います。その学校の用務員になるには、何か特別な資格が必要なのでしょうか。

まず、その用務員ですが、仕事の内容が学校によって違うようです。その理由ですが、勤務する学校によって、仕事の内容に違いが出てくる事にあるようです。

その学校の建物が新しいか古いかで、メンテナンスの方法が変わってきます。また、小学校に勤務するのか、中学校に勤務するのかで、仕事の内容も変わってきます。

それに加えて、そこの学校の校長先生が、どんな事に気をつけたいのか、強調したことによって仕事の内容も変わってきてしまいます。

また、資格についてですが、特に取得しなくてはいけないものはなさそうです。

そういった意味では、学校の用務員には、あなたが思っている以上になりやすいかもしれませんね。

学校用務員はメンテナンスができる資格があれば有利!?

学校の用務員。仕事内容は、勤務する学校で異なること、また、特別な資格は必要ないことを上記では学んできました。

とはいっても、学校用務員ですが、メンテナンスができる資格があれば、有利にはなりそうです。

理由としては、学校用務員となると、事務系がビルメンテナンス系に分かれるので、後者の場合は、学校の建物が古い場合、老朽化によるトラブルで対応を求められます。そういった場合は資格がある方が、学校用務員として対応することができますよね。

実際には、鍵、水道の修繕をする必要があったりするので、第2種電気工事士を持っていると有利なようです。その資格を持っていると、採用試験でも十分にアピールすることができるようです。

第2種電気工事士ですが、取得しやすいですし、学校用務員に関わらず、他の仕事でもアピールできるので、是非取得してみたらいかがでしょうか。

資格がなくてもOK!学校用務員に求められるものとは?

先程は、資格がなくても慣れる学校用務員ではありますが、メンテナンスの事も考えて、第2種電気工事士があれば有利であることを見てきました。

次に、必ずしもその資格が求められている訳ではない学校用務員ですが、仕事ではどのようなことが求められて行くのでしょうか。

資格がなくても、細かい所によく気づく人は学校用務員として求められます

ずばり、学校用務員に求められるのは、学校敷地内全体の管理校務です。どこか修理しなくてはいけない点があるのなら、瞬時に気づく、その細やかな気遣いが求められます。

また、どこか壊れていた場合ですが、速やかに自分で処置を行える行動力も求められてきます。自分でできない場合は、専門の修理サービスに手配をするなど、瞬時に動くことが求められます。

根気があることも学校用務員には必要です

コツコツと同じ作業をしても苦にならない、根気の良さが求められます。

学校用務員になりたいなら基本子供好き

子供を取り扱う環境で働くことになりますから、子供とうまくコミュニケーションを取れることが求められます。

学校用務員になるにはどうしたらいいの?

資格がなくてもできる学校用務員。その学校用務員が働くには何が求められるかを上記では見てきました。

次に、その学校用務員、どうやったらなることができるのか、みていきたいと思います。
まず、各自治体の用務員採用試験を受ける必要があります。
募集人数には限りがあり、正規職員ではないこともあります。確認方法は、市町村等のホームページでできます。

「正規職員」

市町村の学校用務員になるのなら、公務員試験に合格する必要があります。
ハローワークで募集をかけていると思います。

「公立の用務員」

公務員になります。小学校、中学校は管轄の自治、高校なら都道府県の採用試験に合格する必要があります。

高校の場合は異動になる可能性がありますので、自宅から通えなくなる可能性が出てきます。

学校用務員の採用面接でのポイント

あなたがなりたい学校用務員。どうしたらなれるのか、受験しなくてはいけない試験について先程は触れてきました。

最後に、学校用務員ですが、採用面接でのポイントについてみていきたいと思います。これから面接を受ける方は、参考にしてみて下さい。

「あなた自身について教えて下さい」

質問の意図としては、あなたのコミュニケーション能力を面接官は把握したいので、上記の質問をしてきます。短めに、5分以内で答えられるよう、自分の持っている資格や職歴を簡単に話していって下さい。

「あなたがこれまでやり遂げてきたこと」

あなたが目標としていることを、やり遂げることができる人なのかどうかを見極めようとしています。答えとなるものを面接を受ける前に準備しておきましょう。何年も前のことよりは、最近やり遂げたことの方が説得力があります。

「あなたが経験してきた問題。それをどうやって乗り越えて来たか」

まず、あなたがどう問題を定義しているか、そして、その問題を乗り越える為にどんな努力や対策をとってきたのかを面接官はみています。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686