注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席する場合は特にわからないでしょう。

保育園の入園説明会は誰が出席するもの?親や子供はどんな服装で行けば良いの?

そこで今回は、保育園の入園説明会に出席するときのポイントと入園説明会の内容についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。 お弁当箱にご飯だ...

赤ちゃんが寝る前に暴れる理由と寝かしつけのコツや注意点

赤ちゃんが寝る前に暴れるとお母さんはどうしたらいいのか不安になりますよね。 では、赤ちゃんが寝...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。 ただ問題なのが、保育園入園に...

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか? ...

野良猫の子猫にエサを与えるのはいけないこと?餌付けの注意点

野良猫がいるなぁとふと見た時に可愛い子猫だった場合、かわいそうだからとエサを与えたくなるかもしれませ...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。 居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

プラバンの作り方!トースターを使った歪まない焼き方のコツ

プラバンを使用したハンドメイドを数多く見かけるようになりました。子供の頃に使ったプラバンとは思えない...

赤ちゃんがげっぷをせずに寝るのは大丈夫?赤ちゃんのげっぷ対策

赤ちゃんに授乳をしている最中に、そのまま赤ちゃんが寝ることってありますよね。 授乳のあとはげっぷを...

姑との同居で無視しているという人はいます。姑への対処法とは

義父母と同居している人は昔と比べて減少しているといいますが、その割合はどのくらいだと思いますか。 ...

産後里帰りなしで心配な食事の支度のコツと利用したいサービス

里帰り出産をし産後は実家にお世話になるという方もいれば、里帰りなしを選択する方もいます。 里帰...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。 またどんな物をどれだけ準備した...

親がいない。ふとした瞬間に感じる寂しい感情

親がいない。 親がこの世を去る。 もう、会うことができない。 ふとした瞬間に、猛烈な寂...

水槽の水漏れの原因は意外なことだった?対処法を理解しよう

アクアリウムを始めたい思っているものの、マンションに住んでいると水槽が水漏れしないか心配になりますよ...

料理の盛り付けの資格、フードコーディネーターの資格や仕事

雑誌の写真や、テレビ番組などでキレイに盛り付けられた料理をみるとより美味しそうに感じますね。 料理...

スーパーの惣菜が余った!冷凍保存出来るかどうかのポイント

タイムセールや閉店間際にスーパーに行くと惣菜や弁当が半額や割引されていますよね。安いのでつい買うつも...

スポンサーリンク

保育園の入園説明会は子供も一緒に出席するの?

体調が悪くなければ、基本的には子供も一緒に出席しましょう。

入園説明会は不安を軽減したり、子供の個性などを理解したりすることができます。
見学する時よりも保育園の中で色々な先生と会う事ができますので、子供も一緒に参加する事でいきなり入園するよりも安心できるでしょう。

保護者だけで出席するご家庭もありますが、両親そろって子供と出席するご家庭もあるそうです。

面接や説明会などは平日のお昼に行うので、どちらかの保護者だけでも大丈夫ですが、そこの園の雰囲気が分かったり、話の参加をする機会にもなりますので、できれば両親揃って参加できるといいでしょう。

保育園の入園説明会のレポート!実際に子供連れで行っていた人は?

保育園の入園説明会に保護者の方1人で参加する人もいますが、子供と一緒に参加する人が多いようです。

ママと子供で参加する人もいれば、パパも加わって3人で参加する人もいます。

まだ小さい妹や弟がいても一緒に参加しちゃいましょう。

保育園の説明会の時の子供たちの様子

子供たちが騒いでいても、先生は聞こえるようにちゃんと説明をしてくれるようです。
みんなが遊べるようにおもちゃ等を用意して、子供の相手をしてくれている保育士さんも別にいたりします。

小さい赤ちゃんがグズッたりして機嫌が悪くなってしまったら、抱っこして後ろの方に移動して説明を聞いていました。

事情によっては説明会を1組ずつやる事もあります。

先生が説明してくれている横で、子供が退屈しないようにお絵かきができるよう紙とクレヨンを渡してくれたり、たくさん話しかけてくれていました。

保育園の入園説明会・ママや子供の服装は?

説明会と言っても、特に子供も保護者もスーツを着たりするような必要はないです。

普段のお出かけと同じようなラフ過ぎない普段着や、動きやすくてもちょっとお洒落を意識したような服装程度で大丈夫です。

周りも普段着の人ばかりですし、子供を抱っこしたりするので動きやすい服の方がお勧めです。
化粧をしていても薄く少しだけメイクする程度の人が多かったです。

子供も、園によっては説明会の間、子供達は元気に走り回っているようなところもあるようです。

普段のお出かけと変わらないような動きやすい服装でいきましょう。

スリッパが無かったり、持参となっているところなど園によって様々です。

もちろん素足じゃなく、靴下もしくはストッキングは必ず着用しましょう。

保育園の入園説明会で保育園側が知りたいことは?

保育園側が一番知りたいのは普段の子供の生活のリズム

これから園での生活をしていくのに、今まで、どう1日を過ごしていたかは大切な情報です。
いつもと全く違う事があれば、園でグズグズと機嫌が悪くなる事もあるし、なかなか生活に慣れない子もいるので、今までの生活リズムを教えましょう。

  • 朝起きる時間と眠る時間
  • どのような食事をしていたか(好き嫌い)
  • 何時ごろに食事をしていたか
  • 排泄の状況
  • 家での呼ばれ方
  • 何時ごろにお昼寝をしているか
  • お昼寝の状況
  • 好きなもの、嫌いなもの

子供の健康や緊急連絡の必要情報について

  • アレルギーや喘息など気をつける事があるか
  • 保護者の連絡先、勤務先とその連絡先
  • 普段通っている小児科の名前と連絡先

殆どの保育園では、雇用証明書などの書類が必要です。

何度も手間や時間がかからないように、前もって必要な物などを確認しておきましょう。
血液型を聞かれて、入園をきっかけに検査を受ける人もいるようです。
もしも湿疹ができやすかったり、アレルギーの可能性もあるようなら前もって診察を受けましょう。

認可保育園の入園説明会でわかったメリット

殆どの園で、年齢に合わせた園生活ができるように考えられている

その年齢や成長によって、やる内容も変えていくプログラムになっています。

無認可や個人経営でも、そこの園によって違ってくると思いますが、大抵は色々な事に取り組んでいるようです。

年齢に合わせている主なプログラム

  • リトミック体操
  • 工作
  • 演奏
  • 水遊び(プール)

絵本がたくさんあって貸し出しがある

子供が読みたい絵本を選んで、家で読む事ができる貸し出し制度がある所が多いです。

給食がある

園の中で給食を作っていたりしています。
アレルギーの対応もしてくれる園も多いです。

子供が遊べる園庭がある

園の敷地内に、小さい子用につくられた遊具があったりするので、安心して楽しめます。

その園によって、生活や環境など全く違うので、子供と一緒に見学に行き、説明を受けてから、子供と保護者の生活状況に合わせて決めましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686