注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カレーの甘口を子供が食べれるのは何歳?カレーレシピをご紹介

子供に市販のカレー(甘口)をあげてもいいのは何歳?幼児用のカレーであれば、心配はないですが家族と同じものを食べられるのはいつからなら大丈夫なのでしょうか?

子供だって、大人と同じものを食べてみたい!と思いますよね。

そんなときは、大人の甘口カレーをこのようにして食べさせてみるといいかもしれません。子供のカレーに辛さを足したいときにはコレがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラーメンのスープを飲み干すのは危険!どうしても飲みたい時は

ラーメンのスープを飲み干す派ですか?それとも飲み干さない派ですか?最近、健康が気になるお年頃のあなた...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

完母の赤ちゃんに哺乳瓶を慣れさせる方法とは?色々試してみよう

完母の赤ちゃんを哺乳瓶に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?完全母乳のために、夫に預け...

庭を遊び場にDIYする時に参考にしてほしいアイデア特集

殺風景な家の庭を、子供が喜ぶような遊び場にDIYで変身させたい!そんな方も多いのではないでしょうか。...

腕が短い人の洋服選びのポイント~おすすめの袖のタイプ

洋服を買っても、いつも袖が余ってしまうとか、シルエットがキレイに出ないとお悩みの方はいませんか?...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?...

ピアノを子供に上手に教える練習方法と親がするべきこととは

ピアノを習っているけど、なかなか上達した姿が見えずに悩んではいませんか?子供の習い事は、ピア...

大学に行ってまで勉強する意味とは?メリットはたくさんあります

高校2年生にもなると大学受験という文字が頭をよぎりますが、大学に行ってまで勉強する意味が本当にあるの...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

トイレの壁紙の掃除方法!ポイントやキレイを保つコツと注意点

トイレの壁紙掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、トイレの壁紙は意外と汚れていて、トイレ掃除に...

ピアノの練習しないからイライラ!自分から練習する魔法の言葉とは

ピアノの練習しないのは、本当にイライラしますよね?ピアノは週に1度、先生に見てもらうだけでは...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

スポンサーリンク

子供に市販のカレー(甘口)を食べさせる目安

カレーライスは男性にも子供にも人気のメニューですよね。
作る側としても、簡単ですからとてもありがたいメニューの1つです。

ですが、小さな子供がいると幼児用カレーと大人用カレーを別々に作らなくてはいけないのが手間ですよね。
すると、大人用の甘口カレーは何歳から食べられるのか、知りたくなります。

明確な基準は無いようですが、一般的には2歳~3歳くらいで食べさせるケースが多いようです。

カレーにはスパイスがたくさん使われているので少し刺激が強い食べ物になります。
ですから離乳食を終えて、幼児食にも慣れてきた頃にチャレンジする事が多いようですね。

ただし、離乳食を終えたばかりの頃には、大人用の甘口カレーよりも幼児用のカレー粉を使う方がおすすめです。

また、はじめて大人用の甘口カレーにチャレンジする時には、少し薄味にした方が良いでしょう。
幼児食カレーを味見するとわかりますが、あまり刺激がありません。
それにあわせるように、少し薄めに作ったほうが、子供も食べやすいようです。

子供にカレーの甘口を食べさせてもいいかどうかは家庭で判断

先ほどもご紹介したように、大人用の甘口カレーを何歳で食べさせるかは、明確な基準がありません。

たいていの場合は2歳~3歳の間にチャレンジすることが多いようです。
何歳から食べさせるかは、子供の発達具合や子育て方針などを考慮して、各家庭で判断する事になります。

幼児用カレーから大人用の甘口カレーに移行する場合に、心配なのはスパイスの刺激と塩分ではありませんか?

大人用のカレーは甘口を選んだとしても、幼児用カレーよりもずっと味が濃くスパイシーになっています。

ですから、初めて食べさせるときには薄味に作るのがおすすめです。
また、野菜を多めにいれると、野菜の甘みで多少刺激がやわらぎますし、カレールウよりもご飯の方を多めに盛るのも良いでしょう。

食べさせるタイミングは、大人のカレーに興味を持ったときが良いと思います。
食事に対して興味を示すのは、成長の証です。
好奇心を持っているときがベストタイミングだと思いますが、それはあくまでも子供の成長が追いついている場合の話です。

子供の食生活は親が管理しなければいけません。
子供の発達具合を確認しながら、少しずついろいろなものにチャレンジして欲しいなと思います。

子供用の甘口カレーのレシピをご紹介

大人用の甘口カレーを使って、小さな子供用に作るなら野菜はたっぷりがおすすめ

野菜をたくさん入れることで、野菜の甘みがスパイスの刺激を和らげてくれます。
玉ねぎやにんじんといった定番の野菜の他に、甘みの強いコーンやかぼちゃなどをいれるのがおすすめです。

お肉は固いから苦手だという小さな子供はけっこういます。
そういう時には、ひき肉がおすすめです。
小さくパラパラしていますから、幼児用スプーンの上にもご飯と一緒にのせる事が出来ます。
豚挽き肉を使えば、お肉の味もしっかりとカレーに染み込みますよ。

基本のカレーに慣れてきたら、いろいろなお野菜を入れてみるもの良いでしょう。

ブロッコリーや枝豆、いんげんなどは緑色が追加されるので、色鮮やかになってお勧めです。

カレーは味が濃いので、苦手なお野菜もカレー味になって食べやすくなりますよ。

子供用にカレーを甘口に変えることはできる?

大人用のカレーを、子供用に甘口にしたいときには、すおろしたりんごや牛乳を入れるのが定番ですよね。

リンゴは優しい甘みを追加できますし、牛乳はまろやかさを追加できますから、スパイスの刺激がうすくなります。

ほかにも甘みを追加するのに使えるものは、蜂蜜やメープルシロップ、缶詰シロップなども使えます。

玉ねぎをじっくりと飴色になるまで炒めたものを加えても、優しい甘みを加える事が出来ますよ。

ただし、蜂蜜は赤ちゃんがいる家庭では使わない方が良いでしょう。
商品に注意書きがありますから、ご覧になってみてくださいね。

まろやかさの追加するのは牛乳の他に、生クリームやヨーグルト、ピーナッツバターやココナッツミルクなどがおすすめです。

かぼちゃやコーンなどの甘みのある野菜を具材として使うのも良いでしょう。

また、ピザ用のとろけるタイプのチーズを入れると、マイルドさが増しておすすめです。
チーズは子供が大好きですよね。
もちろん、大人が食べてもカレーとの相性は抜群です。

子供にはカレーの甘口、大人は辛口を食べたい!そんなときは

家族には人気のカレーライスですが、大人用と子供用に作りわけするのは面倒ですよね。
先ほどは、大人用カレーを子供の用の甘口カレーにする方法をご紹介しました。
ですから、次は子供用カレーを大人用にする方法です。

方法はとっても簡単で、振りかけるだけです。

カレーライスにはたくさんのスパイスが使われていますが、そのほとんどは風味の為のスパイスです。

辛味のために使われるスパイスで有名なのは、カイエンペッパーです。
ほかにもジンジャーパウダーやブラックペッパーなどがあります。
ガラムマサラも聞いたことがある名前だと思います。
こちらはインドを代表するスパイスミックスで商品によって使われる種類が違って、辛味を高めているものもあります。

こういったスパイスを甘口カレーに追加すると、辛口カレーにする事が出来ます。
盛り付けたカレーに振り掛けるだけでも、鍋にとりわけで調味しても良いでしょう。

スパーなどにいくと、ほかにも辛味をつける商品が売っています。
最近では、カレーを辛くする専用の合わせ調味料もありますから、ぜひいろいろ試してみてください。