注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りにいきませんよね。

そんな子供におすすめなのが朝おにぎりです!お母さんも楽チンなおにぎりレシピを紹介します。

おにぎりと一緒に摂るといいモノとは?楽しんで食べられるようにこんな工夫をするといいかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

軽トラの運転のコツ!普通自動車との違いと運転方法

軽トラというと、農家の方が乗っている車というイメージがありませんか?しかし、最近はそれだけではな...

犬の鳴き声でわかる気持ち!クーン・ワンワン・ウーッでわかる事

犬が「クーン」という鳴き声を出している時は、一体どんな気持ちの時なのかわかりますか?犬の鳴き声によっ...

朝顔の自由研究で押し花をするときのポイントやコツを紹介

朝顔 自由研究で朝顔の押し花をするときには、どのような方法があるのでしょうか?今までは、新聞...

トイレに水垢がついてしまったときの落とし方や予防方法を紹介

いつもピカピカにしておきたいとは思うけれど、気がついたらできてしまっているのがトイレの水垢。トイレに...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

着ぐるみの中身のヒミツ。小さいマスコットの正体とその気持ち

ショーや各種イベントで人気物のマスコットやゆるキャラ達ですが中には身長が低いマスコットもいますね。...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?では、...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

赤ちゃんが音楽を聴いたら喜ぶの?お気に入りの音楽見つけて!

赤ちゃんと音楽の関係って?赤ちゃんだから音楽を聴いても、感想なんて持たないと思っているママ!...

倒立のコツを子供に教えるときに気をつけたいことやポイント

倒立をできるようになるには、まずはコツを掴んで練習することですね。では、子供に倒立のコツを教...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

スポンサーリンク

子供にとって朝ご飯はとっても大切!おにぎりだと食べやすい!

白米は、日本の国民食です。

お米は炭水化物なので、朝に炭水化物を摂ることが午前中の集中力を高めると言われていますが、実は炭水化物だけを摂ってもあまり意味がないということはご存知ですか?

炭水化物だけでお腹を満腹にしてしまうと、逆に集中力がなくなってしまうとも言われているのです。

朝は、やることも多くてバタバタしている時間帯なので、子供の朝食もトーストと牛乳とかおにぎりだけなどワンパターンになりがちです。

また、朝はなかなか食が進まないというお子さんも多いでしょう。

朝ごはんが大切と言われるには、きちんとした根拠があります。

体を動かすエネルギー源であるブドウ糖は、寝ている間に体の中で消費され、朝起きると空っぽになっています。

そして寝ている間は体温は下がっていますが、エネルギーを摂取することで体温を上げて一日の活動に備えます。

その重要な役割を担うのが「朝食」です。

朝食で、しっかり糖分を摂ることで体にエネルギーを補給するのです。

そのため、炭水化物であるお米などとおかずを組み合わせて、最適な栄養を朝食で摂るということが大切です。

子供に朝おにぎりを食べさせるならコレがおすすめ

おにぎりは、中の具材を色々と変えることができるので、摂りたい栄養に応じて具材を吟味できるというメリットがあります。

 

子供の朝食としておにぎりを食べさせる時、おすすめの具材は、鰹(かつお)ふりかけとチーズ

 

これらの具材は、季節問わず手に入りますし、子どもも好きな味です。

ご飯が温かいうちに、かつおふりかけをふりかけ、おにぎりの真ん中にチーズを入れてにぎるだけです。

チーズが苦手であれば、チーズを細かく切って混ぜ合わせるのでも良いでしょう。

魚の栄養分とチーズのタンパク質やカルシウムなどを同時に摂ることができるので、おすすめです。

麺つゆ(または薄口しょうゆ)を少し入れて握るのも、相性が良くて美味しいです。

わざわざ買い物に行かなくても、家にあるようなものなので、思い立ったらすぐに作れるということもメリットです。

子供も食べやすい!朝のおにぎりはスープと一緒に!

朝、時間がない時は、冷凍食品を活用するという方法もあります。

冷凍食品の焼きおにぎりは、温めてそのまま食べても美味しいですが、アレンジして楽しむこともできます。

スープを作り、そこへ焼きおにぎりを入れて食べると、スープごはんになり、食欲がなくてもスルスルと入りそうですし、スープに野菜を使うと栄養もたっぷり取れるのでおすすめです。

シンプルな味でおすすめなのは、鶏出汁スープです。

鶏ガラスープの素を使っても良いですし、鍋用のスープを使っても良いでしょう。

小松菜やほうれん草、人参、もやし、しめじ、ネギなどどんな野菜でも合います。

スープの最後に片栗粉を入れてとろみをつけると、あんかけスープになってこれも美味しいです。

調味料にごま油を使うと、香りも引き立ちます。

溶き卵を入れると、さらに栄養も見た目もボリュームアップ!

忙しい朝におすすめのレシピです。

朝にあまり食べることが出来ない子供には?

特に朝は、食欲がわかないという子どもも多いですよね。

「朝はしっかり食べてくれないと!」という気持ちから、朝から色んな料理を並べるママもいるのではないでしょうか。

でも、元々食の細い子どもの場合は、目の前に出された料理の量でゲンナリしてしまうことが多いのです。

子どもによって体格も違うので、朝食だからと言って無理に食べさせようとするのは禁物です。

このような子どもの場合は、気持ちを割り切っておにぎりとフルーツの2品だけにするという方法もあります。

子どもは、食べ切れた実感出来る量が自信にもつながります。

食べ切れたら、徐々に量を増やしていき、おかずを加えるなど工夫していくと良いでしょう。

朝食は、1日の活動を支えるという意味では大切な食事であることに変わりはありませんので、主食は欠かさないようにしましょう。

朝のおにぎりを時間があるときは子供が喜ぶプレートにしてあげるといいかも!

おにぎりと言うと、手で持って食べる大きめのものを想像しますが、子どもには一口でパクっと食べられるサイズの方がたくさん食べられるということもあります。

また、盛り付けもお子様ランチのような工夫をちょっとするだけで、子どもの気分も上がりいつもより食べてくれるということもあります。

やっぱり見た目は大切ですよね。

 

子供の朝食におすすめなのは、小さめのおにぎりとおかずをひとつのお皿にまとめたワンプレートご飯

 

小さく握ったおにぎりの他、タコさんウインナーやブロッコリー、卵焼きもしくは目玉焼きなどをひとつのお皿にバランス良く配置します。

白、赤、緑、黄と、視界に入る色も鮮やかで、見栄えはバッチリです。

小さいおにぎりには、具を入れるよりも、おにぎり用ふりかけがとても便利です。

わかめやタラコなど味も色々あります。

ブロッコリーがなかったら、きゅうりを薄くスライスしたものでも良いですね。

用意するのは大変そうにも思えますが、全部子どもサイズなので意外にパパっと作れてしまうワンプレートごはんです。