注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りにいきませんよね。

そんな子供におすすめなのが朝おにぎりです!お母さんも楽チンなおにぎりレシピを紹介します。

おにぎりと一緒に摂るといいモノとは?楽しんで食べられるようにこんな工夫をするといいかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

猫の喧嘩とじゃれあいの見分け方や激しい喧嘩を止める方法とは

猫は喧嘩をしているのかじゃれあいをしているのか、時にわからないことがありますよね。猫のじゃれ...

仮面浪人で休学したい理由とは?休学するメリット・デメリット

希望する大学に受からなかったため、今の大学に通いながら、仮面浪人として受験勉強をする学生は意外と多く...

嫁が実家に帰る頻度が多すぎる?実家に依存してしまう原因と対策

嫁が実家に帰る頻度が多いことにウンザリ…。子供が小さいうちは仕方のないことなのかもしれません。...

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

幼稚園のクラス替えに不満!クラスの決め方とそれを乗り切る方法

幼稚園のクラス替えの後、自分の子供のクラスに不満が出てしまうこともありますよね。仲良しのお友達とクラ...

教育実習の服装〔女性編〕服装の選び方と注意点

教員免許を取る時に経験する教育実習ですが、女性は特にどんな服装にすべきか悩みます。スーツがベ...

離乳食の7倍粥を炊飯器で焚く方法と驚きの時短の裏技を紹介

離乳食で7倍粥だと離乳食も中期のころですね。赤ちゃんの7倍粥はどんな方法で作っていますか?...

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

スーパーの惣菜が余った!冷凍保存出来るかどうかのポイント

タイムセールや閉店間際にスーパーに行くと惣菜や弁当が半額や割引されていますよね。安いのでつい買うつも...

ブリッジができないのは〇〇が原因。できるようになるコツとは

ブリッジができない子どもにに教えるにはどんなコツがあるのでしょうか?口で説明をするのは難しいですよね...

男は本能で子孫繁栄したくなる!本能が選びたくなる女性のタイプ

「男の人が浮気をするのは本能だから」という話を聞いたことがある人もいますよね。男の人は子孫繁栄のため...

完母の赤ちゃんに哺乳瓶を慣れさせる方法とは?色々試してみよう

完母の赤ちゃんを哺乳瓶に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?完全母乳のために、夫に預け...

スポンサーリンク

子供にとって朝ご飯はとっても大切!おにぎりだと食べやすい!

白米は、日本の国民食です。

お米は炭水化物なので、朝に炭水化物を摂ることが午前中の集中力を高めると言われていますが、実は炭水化物だけを摂ってもあまり意味がないということはご存知ですか?

炭水化物だけでお腹を満腹にしてしまうと、逆に集中力がなくなってしまうとも言われているのです。

朝は、やることも多くてバタバタしている時間帯なので、子供の朝食もトーストと牛乳とかおにぎりだけなどワンパターンになりがちです。

また、朝はなかなか食が進まないというお子さんも多いでしょう。

朝ごはんが大切と言われるには、きちんとした根拠があります。

体を動かすエネルギー源であるブドウ糖は、寝ている間に体の中で消費され、朝起きると空っぽになっています。

そして寝ている間は体温は下がっていますが、エネルギーを摂取することで体温を上げて一日の活動に備えます。

その重要な役割を担うのが「朝食」です。

朝食で、しっかり糖分を摂ることで体にエネルギーを補給するのです。

そのため、炭水化物であるお米などとおかずを組み合わせて、最適な栄養を朝食で摂るということが大切です。

子供に朝おにぎりを食べさせるならコレがおすすめ

おにぎりは、中の具材を色々と変えることができるので、摂りたい栄養に応じて具材を吟味できるというメリットがあります。

 

子供の朝食としておにぎりを食べさせる時、おすすめの具材は、鰹(かつお)ふりかけとチーズ

 

これらの具材は、季節問わず手に入りますし、子どもも好きな味です。

ご飯が温かいうちに、かつおふりかけをふりかけ、おにぎりの真ん中にチーズを入れてにぎるだけです。

チーズが苦手であれば、チーズを細かく切って混ぜ合わせるのでも良いでしょう。

魚の栄養分とチーズのタンパク質やカルシウムなどを同時に摂ることができるので、おすすめです。

麺つゆ(または薄口しょうゆ)を少し入れて握るのも、相性が良くて美味しいです。

わざわざ買い物に行かなくても、家にあるようなものなので、思い立ったらすぐに作れるということもメリットです。

子供も食べやすい!朝のおにぎりはスープと一緒に!

朝、時間がない時は、冷凍食品を活用するという方法もあります。

冷凍食品の焼きおにぎりは、温めてそのまま食べても美味しいですが、アレンジして楽しむこともできます。

スープを作り、そこへ焼きおにぎりを入れて食べると、スープごはんになり、食欲がなくてもスルスルと入りそうですし、スープに野菜を使うと栄養もたっぷり取れるのでおすすめです。

シンプルな味でおすすめなのは、鶏出汁スープです。

鶏ガラスープの素を使っても良いですし、鍋用のスープを使っても良いでしょう。

小松菜やほうれん草、人参、もやし、しめじ、ネギなどどんな野菜でも合います。

スープの最後に片栗粉を入れてとろみをつけると、あんかけスープになってこれも美味しいです。

調味料にごま油を使うと、香りも引き立ちます。

溶き卵を入れると、さらに栄養も見た目もボリュームアップ!

忙しい朝におすすめのレシピです。

朝にあまり食べることが出来ない子供には?

特に朝は、食欲がわかないという子どもも多いですよね。

「朝はしっかり食べてくれないと!」という気持ちから、朝から色んな料理を並べるママもいるのではないでしょうか。

でも、元々食の細い子どもの場合は、目の前に出された料理の量でゲンナリしてしまうことが多いのです。

子どもによって体格も違うので、朝食だからと言って無理に食べさせようとするのは禁物です。

このような子どもの場合は、気持ちを割り切っておにぎりとフルーツの2品だけにするという方法もあります。

子どもは、食べ切れた実感出来る量が自信にもつながります。

食べ切れたら、徐々に量を増やしていき、おかずを加えるなど工夫していくと良いでしょう。

朝食は、1日の活動を支えるという意味では大切な食事であることに変わりはありませんので、主食は欠かさないようにしましょう。

朝のおにぎりを時間があるときは子供が喜ぶプレートにしてあげるといいかも!

おにぎりと言うと、手で持って食べる大きめのものを想像しますが、子どもには一口でパクっと食べられるサイズの方がたくさん食べられるということもあります。

また、盛り付けもお子様ランチのような工夫をちょっとするだけで、子どもの気分も上がりいつもより食べてくれるということもあります。

やっぱり見た目は大切ですよね。

 

子供の朝食におすすめなのは、小さめのおにぎりとおかずをひとつのお皿にまとめたワンプレートご飯

 

小さく握ったおにぎりの他、タコさんウインナーやブロッコリー、卵焼きもしくは目玉焼きなどをひとつのお皿にバランス良く配置します。

白、赤、緑、黄と、視界に入る色も鮮やかで、見栄えはバッチリです。

小さいおにぎりには、具を入れるよりも、おにぎり用ふりかけがとても便利です。

わかめやタラコなど味も色々あります。

ブロッコリーがなかったら、きゅうりを薄くスライスしたものでも良いですね。

用意するのは大変そうにも思えますが、全部子どもサイズなので意外にパパっと作れてしまうワンプレートごはんです。