注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった」と後悔する男性は多いようです。

離婚後に後悔するのはどうしてなのでしょうか。どんなことで後悔するのでしょうか。

これから離婚に向けて話し合いをしているご夫婦も多いと思います。
後で後悔しても遅いのです。
後悔しないためにも、まずは夫婦でじっくり話し合いをしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。楽しい...

合宿の持ち物を紹介!テニス合宿の必需品とあると便利なモノとは

高校や大学などテニスの合宿がある場合は、どんな物を持っていけばいい? また何があると便利?テ...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。この...

生後5ヶ月のお昼寝の寝かしつけで困った時の対処法

赤ちゃんは生後5ヶ月頃にもなると決まった時間帯にお昼寝をするようになりますが、お昼寝の悩みで多いのが...

離乳食の7倍粥を炊飯器で焚く方法と驚きの時短の裏技を紹介

離乳食で7倍粥だと離乳食も中期のころですね。赤ちゃんの7倍粥はどんな方法で作っていますか?...

男兄弟の仲が悪くなるのはなぜ?基本仲良しな男兄弟の謎

男兄弟を育てていると、どうしてこんなに毎日喧嘩ばかりするの!とイライラもしてしまいます。大人しい姉妹...

ボウリングの練習は自宅でも簡単に出来る!方法と上達のコツとは

ボウリングは子供から大人まで楽しめる娯楽でもあり、スポーツでもありますね。ボウリングが上手く...

手の大きさを比べるのはあなたに好意があるから?男性心理を解説

男性から手の大きさを比べるように促された経験がある女性もいますよね。もしも自分が好意のある男性からこ...

【机のDIY】使う場所に合わせた塗装の種類と選び方

机をDIYした場合には、塗装はどのように行えば良いのでしょうか?塗装する前に気を付けたいのが、水を使...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

大学から吹奏楽を始めたい!楽器初心者へのアドバイス

吹奏楽に興味があり、大学生から始めるというのはやはり大変なことなのでしょうか?何かの機会に演奏を...

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることはできる?注意点と方法

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。ですが、メダカと金魚を同じ水槽で飼う...

スポンサーリンク

嫁と離婚して一番後悔するのは何?

嫁と離婚して後悔する原因の1つが子供です。

親権をどちらにするかはとても重要なことです。後々後悔しないためにもきちんと話し合いをしておきましょう。早く離婚したいから相手に言いなりにはならないようにしましょう。焦って離婚したので子供に会えなくなったら後悔します。

両親が離婚すると一番傷つくのは子供です。目の前で両親がケンカをしてないくても、両親が仲が悪いことは子供ながらに気がついています。片親になることや、名字が変わること、転校などでいじめの対象になることもあります。

子供の心の負担を減らし傷つけないようにするためにも子供の前では、ケンカや悪口を言わないようにしましょう。離婚についてはきちんと説明しましょう。親権についても話を聞くようにします。離婚しても両親は子供を愛していること、いつでも会えることを伝えましょう。離婚をすると自分の事でいっぱいいっぱいになりがちです。子供も慣れない環境でストレスを感じているので子供の気持ちもケアしてあげましょう。離婚は大人の都合です。

嫁と離婚して後悔するのは他にも!

嫁と離婚して後悔することは、家事が上手く出来ないこと

男性からすると料理や、洗濯、掃除は簡単に見えていることが多いです。しかし実際に自分でやってみると時間はかかるし、あまり上手に出来ないのです。仕事の忙しい男性は家の事をやる暇がないのです。

しかし食事をしないわけにはいかないので、外食やコンビニ弁当が中心になるので体調を崩す人が多くなるのです。そして面倒だからと洗濯や掃除をしないでいると、次の日に着る服がなくなったり、ゴミの収集日に出すのを忘れてしまい、ゴミが段々溜まってしまいゴミだらけになってしまうのです。家事は生活するのに大切なことで、別れたことを後悔するのはこのように家事ができないこともあるのです。

男性が外に出て安心して働くことが出来るのは家庭で「縁の下の力持ち」として頑張ってくれている妻がいるからです。食事や掃除など、自分一人でやろうとしても限度があります。ご飯を作るにしてもある程度の食材が必要になります。その食材の管理や買い出しを仕事で忙しい男性がするは難しいことです。さらに季節によって洋服や寝具も入れ替えも必要になるのです。食事の支度や身の回りのことが出来ないので離婚したことを後悔するのです。

嫁と離婚して後悔する男性は多い!後悔する男性の特徴とは?

離婚したことを後悔した男性を何人も見てきました。その男性たちはまさか自分が離婚して後悔するなんて思いもしなかったそうです。離婚したい欲求がある時点では後悔する可能性に気づく男性はいません。

嫁と離婚をして後悔する男性のは特徴があります。

それは「結婚したから自分は不幸になった。離婚したら幸せになれる」と思い込んでいるのです。

離婚をすると一時的に気持ちが楽になります。妻や子供から解放されるので自分の好きな時間ができるので何でも出来ると思います。しかし妻や子供から解放されたくて離婚したいという場合は現実逃避です。結婚しても幸せにもなれず、離婚をしても幸せにはなれないのです。離婚することで自分が今まで支えていた家族を失ってしまい後悔する男性も多いのです。

離婚を考えた時に後悔しないために知っておきたいこととは?

離婚を考えているなら絶対に親に相談はしないようにしましょう。本当なら夫婦の間で修復する可能性があるのに、夫婦のことに両親が入ることで不可能になるからです。親はいくつになっても自分の子供は可愛いんです。

もしケンカの原因が自分の子供にあったとしても自分の子供の味方をします。もし娘のお金の使い方が激しくても、その程度の散財は夫の稼ぎが悪いからと言ってくるのです。この話を聞いた夫の両親も黙ってはいないのです。責任は明らかに嫁じゃないか!というようにいつの間にか両家のケンカになってしまい状況はどんどん悪い方向に向いていってしまい、修復が出来なくなり離婚するしか道がなくなってしまうのです。

このようにならないためにも夫婦喧嘩で離婚を決めていない場合は絶対に両親は相談しないこと。夫婦でよく話し合うことです。

離婚後に後悔しないために確認しておくことは?

嫁との離婚後に後悔しないために離婚前にやっておくことがあります

まずは離婚後に住む場所です。しばらくの間ホテル暮らしと優雅な生活をしているとあっという間に生活が苦しくなります。しっかりと住居を探しましょう。

また自分は子供の親権を取れなかった場合は、子供と会うために面会権を認めてもらい書面にしておきます。後から知らないと言われ子供と会うことを拒否されないためにです。会う頻度、どのような形で会うのか決めておきましょう。養育費と合わせて公正証書にしておくことをオススメします。それと配偶者の友達と連絡を取れるようにしておきましょう。離婚後に元配偶者と連絡が取れなくなることがあるからです。電話番号やメールアドレスなどを教えてもらうようにしましょう。