注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった」と後悔する男性は多いようです。

離婚後に後悔するのはどうしてなのでしょうか。どんなことで後悔するのでしょうか。

これから離婚に向けて話し合いをしているご夫婦も多いと思います。
後で後悔しても遅いのです。
後悔しないためにも、まずは夫婦でじっくり話し合いをしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

10ヶ月頃の夜泣きがひどい時に考えられる原因と夜泣き対策

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は個人差がありますが、生後10ヶ月になって突然ひどい夜泣きが始まることも...

犬はドライブが大好き!愛犬とドライブを楽しむ時の注意点

あなたの愛犬はドライブが好きですか?車で走行中、よく犬を乗せた車を見かけますが、どの犬も本当にド...

育児に疲れた!1歳半のイヤイヤ期を乗り越える毎日の対処法など

子供のイヤイヤ期で悩んではいませんか?1歳半ころから始まることが多い「イヤイヤ期」は、本当に...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

フットサルの基本的な動き方とは?初心者が覚えておくべきコツ

コートもゴールも狭いフットサル。そのためサッカーとは違う動き方を覚えておくことも大切になりますよね。...

尊敬と恋愛の違いについて。この気持をはっきりさせるには

尊敬と恋愛の違いについて考えてみました。「尊敬=恋愛感情」ではありません。相手に対し...

逆立ちのコツやポイントとは?壁を上手く使って練習しよう

逆立ちが出来ない、難しいのは何が原因なのでしょうか?逆立ちがなかなか出来ない・・そんなときにはこ...

実家に帰りたくないと言う嫁。なぜ実家を嫌がるのかを知りたい

実家に帰りたくないと嫁が言っている。オレの母ちゃん、いい人なのに…。そんなこと言ってると離婚...

赤ちゃんが泣き止む音って?泣いている赤ちゃんに聞かせたい音

泣いている赤ちゃんをなんとかして泣き止ませてあげたい、赤ちゃんが泣いた時に泣き止む方法を知りたいとい...

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方のコツを理解しよう

カブトムシやクワガタムシ…。子供のためにも今年こそは捕まえたいと思っている、お父さんも多いのではない...

靴のサイズ調整におすすめの100均グッズと使い方を解説します

インターネットでかわいい靴を買っても、実際に届いて履いてみるとサイズが大きかった経験がある人はたくさ...

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合があり...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

スポンサーリンク

嫁と離婚して一番後悔するのは何?

嫁と離婚して後悔する原因の1つが子供です。

親権をどちらにするかはとても重要なことです。後々後悔しないためにもきちんと話し合いをしておきましょう。早く離婚したいから相手に言いなりにはならないようにしましょう。焦って離婚したので子供に会えなくなったら後悔します。

両親が離婚すると一番傷つくのは子供です。目の前で両親がケンカをしてないくても、両親が仲が悪いことは子供ながらに気がついています。片親になることや、名字が変わること、転校などでいじめの対象になることもあります。

子供の心の負担を減らし傷つけないようにするためにも子供の前では、ケンカや悪口を言わないようにしましょう。離婚についてはきちんと説明しましょう。親権についても話を聞くようにします。離婚しても両親は子供を愛していること、いつでも会えることを伝えましょう。離婚をすると自分の事でいっぱいいっぱいになりがちです。子供も慣れない環境でストレスを感じているので子供の気持ちもケアしてあげましょう。離婚は大人の都合です。

嫁と離婚して後悔するのは他にも!

嫁と離婚して後悔することは、家事が上手く出来ないこと

男性からすると料理や、洗濯、掃除は簡単に見えていることが多いです。しかし実際に自分でやってみると時間はかかるし、あまり上手に出来ないのです。仕事の忙しい男性は家の事をやる暇がないのです。

しかし食事をしないわけにはいかないので、外食やコンビニ弁当が中心になるので体調を崩す人が多くなるのです。そして面倒だからと洗濯や掃除をしないでいると、次の日に着る服がなくなったり、ゴミの収集日に出すのを忘れてしまい、ゴミが段々溜まってしまいゴミだらけになってしまうのです。家事は生活するのに大切なことで、別れたことを後悔するのはこのように家事ができないこともあるのです。

男性が外に出て安心して働くことが出来るのは家庭で「縁の下の力持ち」として頑張ってくれている妻がいるからです。食事や掃除など、自分一人でやろうとしても限度があります。ご飯を作るにしてもある程度の食材が必要になります。その食材の管理や買い出しを仕事で忙しい男性がするは難しいことです。さらに季節によって洋服や寝具も入れ替えも必要になるのです。食事の支度や身の回りのことが出来ないので離婚したことを後悔するのです。

嫁と離婚して後悔する男性は多い!後悔する男性の特徴とは?

離婚したことを後悔した男性を何人も見てきました。その男性たちはまさか自分が離婚して後悔するなんて思いもしなかったそうです。離婚したい欲求がある時点では後悔する可能性に気づく男性はいません。

嫁と離婚をして後悔する男性のは特徴があります。

それは「結婚したから自分は不幸になった。離婚したら幸せになれる」と思い込んでいるのです。

離婚をすると一時的に気持ちが楽になります。妻や子供から解放されるので自分の好きな時間ができるので何でも出来ると思います。しかし妻や子供から解放されたくて離婚したいという場合は現実逃避です。結婚しても幸せにもなれず、離婚をしても幸せにはなれないのです。離婚することで自分が今まで支えていた家族を失ってしまい後悔する男性も多いのです。

離婚を考えた時に後悔しないために知っておきたいこととは?

離婚を考えているなら絶対に親に相談はしないようにしましょう。本当なら夫婦の間で修復する可能性があるのに、夫婦のことに両親が入ることで不可能になるからです。親はいくつになっても自分の子供は可愛いんです。

もしケンカの原因が自分の子供にあったとしても自分の子供の味方をします。もし娘のお金の使い方が激しくても、その程度の散財は夫の稼ぎが悪いからと言ってくるのです。この話を聞いた夫の両親も黙ってはいないのです。責任は明らかに嫁じゃないか!というようにいつの間にか両家のケンカになってしまい状況はどんどん悪い方向に向いていってしまい、修復が出来なくなり離婚するしか道がなくなってしまうのです。

このようにならないためにも夫婦喧嘩で離婚を決めていない場合は絶対に両親は相談しないこと。夫婦でよく話し合うことです。

離婚後に後悔しないために確認しておくことは?

嫁との離婚後に後悔しないために離婚前にやっておくことがあります

まずは離婚後に住む場所です。しばらくの間ホテル暮らしと優雅な生活をしているとあっという間に生活が苦しくなります。しっかりと住居を探しましょう。

また自分は子供の親権を取れなかった場合は、子供と会うために面会権を認めてもらい書面にしておきます。後から知らないと言われ子供と会うことを拒否されないためにです。会う頻度、どのような形で会うのか決めておきましょう。養育費と合わせて公正証書にしておくことをオススメします。それと配偶者の友達と連絡を取れるようにしておきましょう。離婚後に元配偶者と連絡が取れなくなることがあるからです。電話番号やメールアドレスなどを教えてもらうようにしましょう。