注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。

午前中に1回、午後に1回お昼寝をしてくれると、ママは大助かりですが、ママの都合でお昼寝をさせていると、子どもの生活リズムが付きません。

目安はありますが、その日の体調やその日の気分によって、午前と午後の2回寝ることもあるでしょうし、午後の1回で十分の日もあるでしょう。

1歳を超えてくると、赤ちゃんから幼児へと成長したと感じることができます。
赤ちゃんの子育ては卒業して、幼児の子育てにシフトする時期と言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保育園の服装について!1歳ならこんな洋服!着替えもチェック

1歳くらいになって歩きはじめる頃、保育園にはどんな服装で行ったらいいのか悩んでいませんか?た...

ピアノを上達させたい!子供が上達しないとイライラする時には

ピアノを習えば、子供はスラスラピアノを演奏できるようになると思っていたのに、いつまでたっても上達しな...

入籍の手続きをしても別居婚!婚姻届提出や住民票・扶養について

好きな人と入籍をして夫婦になるとき、同居して結婚生活をスタートさせるのではなく、別居をして別居婚をス...

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?...

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

2歳8ヶ月で言葉をオウム返しするのはどうして?会話の練習方法

2歳8ヶ月で言葉のオウム返しをするのは、発達が遅れているかもしれない?なかなか会話にならなか...

昼寝が長い時は起こすのが正解?寝続ける赤ちゃんの起こし方とは

昼寝が長いんだけど、起こしたほうがいいの?すやすや、気持ちよさそうに、まさに天使の寝顔で寝て...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

保育園に入れるのが不安、1歳の子が保育園に慣れるまでの解消法

1歳を保育園に預けるのは、お母さんも子どもも不安な気持ちになりますよね。仕事や家事、育児にいっぱいい...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

パンやケーキを包丁で切るときのコツやポイント

パンやケーキを包丁で切るときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?いつも使っている包丁でパンやケー...

日曜日が仕事でも保育園に預ける方法やダメなときの対処法とは

日曜日が仕事だと保育園に預けたいけど、なかなか難しい現状が多いですよね。基本的には保育園は日...

バスの中で赤ちゃんが泣く理由と対処法!事前に準備したいグッズ

赤ちゃんとのお出掛けでママの一番の悩みは、「バスや電車などの中で赤ちゃんが泣いたらどうしよう…」とい...

スポンサーリンク

一歳のお昼寝、午前中はもうしなくてもいいの?

一歳の子のお昼寝に午前中のみ、午後のみ、両方寝かせなければならないなど決まりはありません

一歳前の赤ちゃんはだいたい午前と午後の2回寝ますが一歳を超えてくると成長と共にお昼寝の回数や時間に変動がついてきます。

一歳をすぎると体力もついてくるので、午前と午後の2回のお昼寝だと寝させすぎなのかと言われれば、そんなこともありません。

その子の体力次第では、お昼寝1回でへっちゃらという子もいれば、2回でもまだ眠たそうなんて子もいます。

ただ、体力がついてくる分、お昼寝を2回すると夜の寝つきに関係してくるという事です。

夜の寝つきに問題があるとお母さんが寝かしつけや夜泣きに疲れきってしまいます。
そのため、お昼寝の回数や時間を短縮し、リズムを作っていってあげると、お母さんも子供も楽かもしれません。

一歳のお昼寝。午前中に一度して、夜早く寝せるようにしました

前述でリズムを作ってあげると良いとオススメしましたが、お昼寝は回数に限らず、生活リズムを作ってあげることで、子育てがとても楽になります。

午前中に十分にお昼寝をさせたら、午後は昼食後から夕方のかけての行動、就寝時間を早めてあげることで生活リズムを作ります。
夕方に寝てしまわないよう早く子供を寝かせてあげましょう。

一歳頃のお子さんを何時に寝かせていますか。
この時期ですと19時~19時半頃に寝かせても決して早すぎることはありません。
夕方からこの時間まで夕食、お風呂を済ませて寝る準備万端にしておけば、いいのです。
夕方にお昼寝してしまい、夜遅くまでダラダラ起きているということもなく、就寝時間を早めてあげることで次の日の朝の目覚めや体力にも変化が起きます。

いっぱい寝た次の日もたくさん遊び午前中に寝かせて、また子供の就寝時間までに早くやる事を済ませます。

このリズムがあると早寝早起きの規則正しい生活を子供にも送らせてあげることができます。

一歳のお昼寝は午前中させちゃダメなんて決めつけないで

一歳の子共に午前中お昼寝させることにこんな意見があります。

  • 体力つきすぎて大変だよ
  • もう赤ちゃんじゃない午前中のお昼寝なんか
  • 夜寝ないから寝かせない方がいい

 

初めて育児をする方なら、それを鵜呑みにしてしまい戸惑う事でしょう。

ですが、お昼寝に決まりはありません。
一歳の子供の体力的に、あだお昼寝を2回させても問題はありません。
ただ夜の寝つきが悪くて大変になることもある、ということです。

その改善点として前述で述べた生活リズムの見直しが重要になってきますので参考にしてみてくださいね。

子供は自分で生活は出来ずすべてお母さんのサポートが必要です。
その中で、どうすればお母さんがもっと楽に育児ができるかと考えたときに、生活習慣をしっかりしてあげることでお母さんも自分の時間を持つ事ができるのではないかと思います。

そうする事で子供の睡眠リズムも自然とついてくることでしょう。

一歳の子どもに生活リズムをつけるには、食生活も大切

生活リズムは、睡眠だけではなく食生活にも大きく関わってきます。

3食の食事、栄養バランスを整え、体を動かし、睡眠をとることで体や脳が成長します。
子供のタンパク質は特に知能の発達に影響があるといわれています。

この時期にたくさんの食材を使って栄養バランスを考えた食事を作ってくださいね。

お昼寝だけにこだわらず、全体を意識する必要があるんですね。
お母さんは考える事がたくさんで大変ですが、それが育児というもので、今後の子供の成長にもつながってきます。

たくさん食べて、たくさん体を動かし、たくさん寝ること、毎日決まった時間に食事や起床、睡眠をして生活リズムを作っていきましょう。

そのような環境を意識するだけで生活が変わってきますので、心がけてみてくださいね。

お昼寝しすぎだなーと感じても、夜しっかり寝るなら大丈夫!

一歳児が午前中のお昼寝をなしにするメリット、デメリット

 

メリット

  • 夜就寝時間が早くなった
  • 布団に入るなり寝つきがよく、夜泣きもほとんどしなくなった
  • 就寝時間が早まったことで生活リズムがついてきた

 

デメリット

  • 午前中のお昼寝がなくなったので日中の家事がはかどらない
  • 夜の眠りはいいのだか、眠くなると機嫌がわるい
  • 時間帯にかまわず眠気がくるとグズグズしだす
  • 外出時に寝てくれないと大変なときがある

 

子供の夜の睡眠時は楽になったけどその分日中がちょっと大変になる傾向にありそうですね。
子供が寝た後に子供と離れる時間はありますので、日中がんばりましょう。
どの道、成長すればお昼寝自体なくなりますから、今の育児の辛さは今だけです。

その子によってまだお昼寝が必要だと思ったら、無理をせず寝かせてあげてくださいね。