注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。

午前中に1回、午後に1回お昼寝をしてくれると、ママは大助かりですが、ママの都合でお昼寝をさせていると、子どもの生活リズムが付きません。

目安はありますが、その日の体調やその日の気分によって、午前と午後の2回寝ることもあるでしょうし、午後の1回で十分の日もあるでしょう。

1歳を超えてくると、赤ちゃんから幼児へと成長したと感じることができます。
赤ちゃんの子育ては卒業して、幼児の子育てにシフトする時期と言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アクリルケースが欲しいなら、100均に行こう

部屋の中に細々したものが散らばっていると、見た目にも散らかって見えますし、使いたい物を探す時に苦労し...

大学病院の医師は忙しい!医師が求める理想の女性像と恋愛傾向

大学病院の医師は忙しいという話を聞くこともありますが、実際にはどのような仕事をしてどのような一日を過...

ブリーダーの崩壊とは?猫の多頭飼育による崩壊とその実態

猫のブリーダーの崩壊。あなたもニュースで目にしたこともあるのではないでしょうか。最初は計画的に繁殖を...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

子育てに疲れた【悪魔の3歳】と言われる3歳児の子育て方法

赤ちゃんが生まれてすぐの頃は、まだ自分で動くこともできず、ママがすべてのお世話をしていましたよね。で...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

お風呂はタオルも遊び道具になる!親子で楽しむコツとは

お風呂ではタオルを使った遊びでも子供はとても喜びます。タオルを使ったお風呂遊びの他にも、子供...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

スポンサーリンク

一歳のお昼寝、午前中はもうしなくてもいいの?

一歳の子のお昼寝に午前中のみ、午後のみ、両方寝かせなければならないなど決まりはありません

一歳前の赤ちゃんはだいたい午前と午後の2回寝ますが一歳を超えてくると成長と共にお昼寝の回数や時間に変動がついてきます。

一歳をすぎると体力もついてくるので、午前と午後の2回のお昼寝だと寝させすぎなのかと言われれば、そんなこともありません。

その子の体力次第では、お昼寝1回でへっちゃらという子もいれば、2回でもまだ眠たそうなんて子もいます。

ただ、体力がついてくる分、お昼寝を2回すると夜の寝つきに関係してくるという事です。

夜の寝つきに問題があるとお母さんが寝かしつけや夜泣きに疲れきってしまいます。
そのため、お昼寝の回数や時間を短縮し、リズムを作っていってあげると、お母さんも子供も楽かもしれません。

一歳のお昼寝。午前中に一度して、夜早く寝せるようにしました

前述でリズムを作ってあげると良いとオススメしましたが、お昼寝は回数に限らず、生活リズムを作ってあげることで、子育てがとても楽になります。

午前中に十分にお昼寝をさせたら、午後は昼食後から夕方のかけての行動、就寝時間を早めてあげることで生活リズムを作ります。
夕方に寝てしまわないよう早く子供を寝かせてあげましょう。

一歳頃のお子さんを何時に寝かせていますか。
この時期ですと19時~19時半頃に寝かせても決して早すぎることはありません。
夕方からこの時間まで夕食、お風呂を済ませて寝る準備万端にしておけば、いいのです。
夕方にお昼寝してしまい、夜遅くまでダラダラ起きているということもなく、就寝時間を早めてあげることで次の日の朝の目覚めや体力にも変化が起きます。

いっぱい寝た次の日もたくさん遊び午前中に寝かせて、また子供の就寝時間までに早くやる事を済ませます。

このリズムがあると早寝早起きの規則正しい生活を子供にも送らせてあげることができます。

一歳のお昼寝は午前中させちゃダメなんて決めつけないで

一歳の子共に午前中お昼寝させることにこんな意見があります。

  • 体力つきすぎて大変だよ
  • もう赤ちゃんじゃない午前中のお昼寝なんか
  • 夜寝ないから寝かせない方がいい

 

初めて育児をする方なら、それを鵜呑みにしてしまい戸惑う事でしょう。

ですが、お昼寝に決まりはありません。
一歳の子供の体力的に、あだお昼寝を2回させても問題はありません。
ただ夜の寝つきが悪くて大変になることもある、ということです。

その改善点として前述で述べた生活リズムの見直しが重要になってきますので参考にしてみてくださいね。

子供は自分で生活は出来ずすべてお母さんのサポートが必要です。
その中で、どうすればお母さんがもっと楽に育児ができるかと考えたときに、生活習慣をしっかりしてあげることでお母さんも自分の時間を持つ事ができるのではないかと思います。

そうする事で子供の睡眠リズムも自然とついてくることでしょう。

一歳の子どもに生活リズムをつけるには、食生活も大切

生活リズムは、睡眠だけではなく食生活にも大きく関わってきます。

3食の食事、栄養バランスを整え、体を動かし、睡眠をとることで体や脳が成長します。
子供のタンパク質は特に知能の発達に影響があるといわれています。

この時期にたくさんの食材を使って栄養バランスを考えた食事を作ってくださいね。

お昼寝だけにこだわらず、全体を意識する必要があるんですね。
お母さんは考える事がたくさんで大変ですが、それが育児というもので、今後の子供の成長にもつながってきます。

たくさん食べて、たくさん体を動かし、たくさん寝ること、毎日決まった時間に食事や起床、睡眠をして生活リズムを作っていきましょう。

そのような環境を意識するだけで生活が変わってきますので、心がけてみてくださいね。

お昼寝しすぎだなーと感じても、夜しっかり寝るなら大丈夫!

一歳児が午前中のお昼寝をなしにするメリット、デメリット

 

メリット

  • 夜就寝時間が早くなった
  • 布団に入るなり寝つきがよく、夜泣きもほとんどしなくなった
  • 就寝時間が早まったことで生活リズムがついてきた

 

デメリット

  • 午前中のお昼寝がなくなったので日中の家事がはかどらない
  • 夜の眠りはいいのだか、眠くなると機嫌がわるい
  • 時間帯にかまわず眠気がくるとグズグズしだす
  • 外出時に寝てくれないと大変なときがある

 

子供の夜の睡眠時は楽になったけどその分日中がちょっと大変になる傾向にありそうですね。
子供が寝た後に子供と離れる時間はありますので、日中がんばりましょう。
どの道、成長すればお昼寝自体なくなりますから、今の育児の辛さは今だけです。

その子によってまだお昼寝が必要だと思ったら、無理をせず寝かせてあげてくださいね。