注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

指しゃぶりをする赤ちゃん!指しゃぶりが激しいときの対処法

赤ちゃんがいつも指しゃぶりをしている、指しゃぶりが激しいことを心配しているママもいますよね。赤ちゃんがいつも指しゃぶりをしていると、歯並びに影響が出るのでは?と不安に思うこともあるでしょう。

赤ちゃんの指しゃぶりが激しいことは、成長に悪影響になるのでしょうか。やめさせた方がいい?指しゃぶりを卒業する時期の目安は?

そこで今回は、赤ちゃんの指しゃぶりに関する情報をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

5ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方と発達に合わせたおもちゃ

5ヶ月の赤ちゃんは寝返りもできるようになり、物を掴むこともだいぶん上手になります。この時期の赤ち...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

猫がついてくる!人懐っこい野良猫がいる理由と寄ってくるワケ

猫が自分の後をついてくる経験をしたことがある人もいますよね。野良猫なのに人間を警戒しない、人懐っこい...

赤ちゃんに聴かせる音楽はクラシックが良いと言われる理由とは

赤ちゃんにはクラシック音楽を聴かせると良いと言われていますよね。では、そう言われる理由は何な...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

ブリーダーの崩壊とは?猫の多頭飼育による崩壊とその実態

猫のブリーダーの崩壊。あなたもニュースで目にしたこともあるのではないでしょうか。最初は計画的に繁殖を...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方や困ったときの対処法とは

赤ちゃんのオムツ替えをするとき、足を突っ張ねたり、バタバタさせるときはどうしたらいいのでしょうか?...

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。楽しい...

スポンサーリンク

赤ちゃんの指しゃぶりが激しい!指しゃぶりによくある誤解

赤ちゃんによっては指しゃぶりが激しい子もいます。
そんな赤ちゃんの、指しゃぶりによくある誤解とはな何でしょうか。

精神が不安定で愛情不足から指しゃぶりをすると言われます。
しかし、赤ちゃんの指しゃぶりは反射や学習、遊びや歯ぐずりなどが原因となっているので精神不安定や愛情不足と言う考えはあてはまらないのです。

また、かみ合わせや歯並びに影響が出るといわれますが、低月齢のうちは乳歯も生えていませんし、生え始めたあとも指しゃぶりが原因で影響が出ることはほぼ無いのです。

このことから指しゃぶりはやめさせるべきと言われていますが、指しゃぶりは赤ちゃんが成長する過程で大切な行動なのでやめさせる必要はありません。

ママやパパが指しゃぶりに対して心配しすぎると赤ちゃんが感じ取って不安定になることがあるので、あまり深刻に考える必要はありません。

指しゃぶりが激しい赤ちゃん卒業の時期はいつ?

歩く前の赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿はとても可愛いものですよね。
しかし、2歳や3歳と大きくなっても指しゃぶりをしているとやめさせたいと思うのではないでしょうか。

突然無理にやめさせるのではなく、指しゃぶりをしているときは赤ちゃんの両手を使う遊びへと誘ったり両手を握って手遊びをするようにしてみましょう。
指しゃぶりをしなくても楽しい遊びがたくさんあるとわかれば徐々に指しゃぶりが減っていくので焦らずゆっくりとやめさせていきましょう。

指しゃぶりの卒業時期は、大体1歳前後です。
1歳を過ぎると指しゃぶりは自然と治まっていきます。
おもちゃや知らない遊びに好奇心が芽生えるので、指しゃぶりで欲求を満たす必要が無くなるのです。

3歳を過ぎるころにはほとんどの赤ちゃんが指しゃぶりを卒業していますが、3歳前後になっても指しゃぶりをやめない場合は精神的な欲求不満が関係していることがあるので小児科や心療内科を受診してアドバイスをもらいましょう。

両親が共働きなどでなかなかママやパパと触れ合う機会が少ない子など、指しゃぶりが長引くことがあります。

激しいけど大丈夫?年齢別・赤ちゃんの指しゃぶり

赤ちゃんの指しゃぶりが激しいとママやパパは心配になってしまいますよね。
赤ちゃんの指しゃぶりが激しくても大丈夫なのでしょうか?

年齢別、赤ちゃんの指しゃぶりの特徴

お腹にいるとき~新生児の指しゃぶり

母乳やミルクを飲む練習を無意識にしているため、口に触れたものに吸い付くのです。
生きていくために必要な指しゃぶりなので問題はありません。

生後1ヶ月~1歳の指しゃぶり

目や手の協調運動の学習や口に入れて形や味を学習しているため、手や口を刺激することで脳の発達が促進される大切な動作です。
1歳頃までは指しゃぶりが癖になっているわけではなく、指もおもちゃという認識なので問題はありません。

1歳~2歳の指しゃぶり

退屈に感じるときや眠いときにだけみられるようになります。
保育園や幼稚園へ通って他のお友達と触れ合うようになると自然と減っていきます。

3歳以降の指しゃぶり

癖になってしまっていたり退屈に思う時間が多いなど、生活環境や親子関係の問題が原因となっていることがあります。
寂しさを感じることが多いと、指しゃぶりを卒業できないことが多いです。

2歳以降の指しゃぶりをやめさせるには

2歳以降の指しゃぶりをやめさせるためにはどうすれば良いのでしょうか?

2歳以降でも指しゃぶりをしてしまう場合は退屈に思っていることが多かったり眠くなっていることがあるので、子供と一緒に外で遊んだりママの膝に座らせて絵本を読んであげたりなどのスキンシップをたくさんとってあげましょう。
眠そうなときは眠るまで手を握っててあげましょう。

また、年齢にあった手を使うおもちゃの楽しさを覚えることで指しゃぶりを卒業することが多いです。

2歳以降はまだおもちゃを口に入れることがあるので、大きめの積み木やおままごとセットなど安全なものを子供と一緒に遊んであげると退屈はしません。

指しゃぶりよりも楽しいおもちゃがあるんだ!と思わせてあげることが大切です。
仕事や家事などで忙しいママもいるかと思いますが、子供との時間は何よりも大切にしていきたいものですね。

赤ちゃんはママのお腹の中でも指しゃぶりをしている

赤ちゃんはママのお腹の中にいるときにも指しゃぶりをしていることを知っていますか?

妊娠後期になると、お腹のエコーで赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿を見たことがある方もいますよね。

お腹の中で指しゃぶりをしているのは産まれてからミルクやおっぱいを飲むための練習をしているからなのです。

お腹の中で指しゃぶりをすることで、指を口元に持っていき、羊水をのど元まで運び、飲み込むという動作を練習しているのです。

それだけではなく、指をしゃぶることで指は自分の体の一部なんだと確認しています。

生後1ヶ月~2ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりは自分の体なんだと認識していくために必要な発達なのです。
手だけではなく、足の指をしゃぶって認識しています。

月齢が低い頃の指しゃぶりは健康に発達していくための必要な動作だということを覚えておきましょう。