注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。
ただ問題なのが、保育園入園には選考があるということ。

ポイントが高くなければ選考に漏れてしまうわけで、当然フルタイム共働き家庭が優先となるわけです。

なんとしても保育園に入りたいがために、虚偽の勤務証明書を作成する方も中にはいるようですが、虚偽の勤務証明書を作成して不正に入園した場合はどうなるのでしょうか。

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実についてまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

人が海に行きたいと思う心理とは?パターン別による深層心理

「海に行きたいな…」という気持ちと「よし!今日は海に行こう!」という気持ち。どちらも海に行くことに変...

ブリーダーの崩壊とは?猫の多頭飼育による崩壊とその実態

猫のブリーダーの崩壊。あなたもニュースで目にしたこともあるのではないでしょうか。最初は計画的に繁殖を...

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。 赤ちゃんも食べることに少し慣れて...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか? ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう? 多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

逆立ちのコツやポイントとは?壁を上手く使って練習しよう

逆立ちが出来ない、難しいのは何が原因なのでしょうか? 逆立ちがなかなか出来ない・・そんなときにはこ...

子育てで疲れたときの3歳児への対処法やママの気分を上げる方法

子育てで疲れたと感じている3歳児のママは多いかもしれませんね。 では、魔の3歳児の子育てに疲れ...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。 親として、何とか上達させたい!将来はプ...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。 小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

生後1ヶ月の外出・車で外出はOK?リスクや注意点を理解しよう

生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて、車で外出することはOKなのでしょうか。赤ちゃんは生後1ヶ月を過ぎると外...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。 私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

虫にも感情ってあるの?痛みや味は感じるのか徹底調査!

虫を見ていると「なにを考えて生きているんだろう?」と思うことってないですか? 虫にも人間と同じ...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

スポンサーリンク

保育園に入りたい理由で勤務証明書に虚偽があるとバレたらどうなるの?

共働きの夫婦にとって、子供を保育園に入れることは、大切になってきますよね。でも、どうしても保育園に入れさせたいが為に、虚偽の勤務証明を提出するとなると、どんなリスクが待っているのでしょうか。

ずばり、虚偽の勤務証明を提出した場合ですが、申込者ですが、刑事責任を問われる可能性がでてきます。

具体的にはどんな犯罪になるのか?ある弁護士さんが説明しています。

私文書の偽造罪(刑法159条)及び行使罪(同161条)にあたるようです。ただ、勤務先が了承して作成された場合ですが、申込み者が犯罪に問われる訳ではなく、会社が責任を問われます。

申込者であるあなたにしろ、会社にしろ、どちらにしろ、犯罪になりますので、嘘の勤務証明を提出することは避けましょう。正しい手続きをとって、保育園に入れましょう。

勤務証明書の虚偽が保育園にバレたら退園しなくてはならない?

子供を保育園に入れさせたいが為に、虚偽の勤務証明書を提出すると、私文書の偽造罪(刑法159条)及び行使罪(同161条)にあたり、犯罪になることを上記ではみてきました。

次に、その虚偽ですが、保育園側にバレた場合ですが、退園しなくては行けないのかについてみていきたいと思います。

嘘がばれた時点で、保育園は退園になります。保育園に入る為の条件が、親が働いていることが条件になってきますから、当たり前ですよね。

そもそも、提出する書類に嘘があってはいけません。働いていないけれど、子供といるとストレスになるから、子供を保育園に入れたい、そんな理由は社会では通用しないのです。

お子さんも保育園に入って、友達が沢山できてから退園では可愛そうです。親として、正確が手続きをして保育園に入れてあげて下さいね。その方が、お子さんにとっても良い環境を作ってあげられます。

保育園目的で勤務証明書の虚偽をした協力者の責任は重い

虚偽の勤務証明書を保育園に提出し、その嘘がばれた時点で、保育園は退園になってしまう、始めから正しい手続きをするべきであるという点を上記ではみてきました。

引き続き、その虚偽の勤務証明書ですが、協力者がいる場合はどうなるのか。その責任をここでは追求してみたいと思います。

虚偽の勤務証明書を作成するにあたって、協力している会社も、有印私文書偽造罪、同行使罪等の共犯として処分される可能性があります。

くどいようですが、子供を保育園に預ける時は、書類も含めて、正しい手続きをとって、保育園に預けて下さい。

働きたいから子供の面倒を誰かにみてもらいたいと感じている人もいると思います。でも、虚偽の書類を作成することは、正しい答えではありません。

きちんとした方法で、保育園に入れさせましょう。

保育園選考のため虚偽の勤務証明書を書く業界の存在と母親の悲痛な叫び

子供を保育園に入れさせたくて、虚偽の勤務証明書を作成すると、協力した会社も刑事責任を問われる可能性があることを、上記では触れてきました。

次に、どうして、そのような虚偽の勤務証明書を作成する会社が存在するのか、また母親の心の叫びについて触れてみたいと思います。

自宅で仕事をする事が可能な仕事であっても、実際は会社に来て勤務していると、会社が勤務証明書を発行しているケースがあるようです。

その実態は、自宅となると、入園選考でふりになり、子供が入園できず、会社側も仕事ができないと利益がでない為だそうです。

母親からしてみたら、働いていることは働いているけど、在宅だとポイントが低いので、入園ができない。その為、毎日出勤していることにしてもらったようです。

保育園に勤務証明書を提出した後にすぐ辞めてしまった場合は?

子供を保育園に入園させるのに、虚偽の勤務証明書を書く会社側の意見、また母親の立場を上記ではみてきました。

最後に、保育園に勤務証明書を提出したあと、すぐにその仕事を辞めてしまった場合ですが、どのようにしたら良いのか、ここで対処法を紹介したいと思います。

保育園か役所と話す必要があります。

保育園に入れる条件ですが、母親が勤務している事が条件になってきます。その為、その職場を辞めてしまった場合ですが、直ぐに保育園が役所と話をして、相談をしてみましょう。

ごまかせる!と思っても、源泉徴収を提出しなくてはいけなくなったり、いずれ嘘はバレてしまいます。仕事を終了した際は、速やかに適切な場所に相談に行き、指示を仰ぎましょう。

また、すぐに退園になるのではなく、求職中はお子さんの面倒をみてくれるようです。期間はその保育園でまちまちかもしれませんが、まだ心の余裕が出てくると思います。

まずは相談してみて、早めに次に仕事を探して、問題を解決していきましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686