注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃんもいます。

完母で育っている赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由は一体何なのでしょうか。飲まない時の対策を教えて!

そこで今回は、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由と、哺乳瓶で飲まない時の対策についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

公認会計士は独学で合格可能?不可能ではないがお勧めしない理由

公認会計士試験は資格の中でもかなり難しく、その難易度は最高クラス。独学で合格する人ももちろん...

偶然と必然の違いや意味は?偶然起きた出来事も必然の要素!

偶然と必然の意味について考えたことはありますか?街で偶然友達に会った時、その出来事が本当に偶然だった...

オカヤドカリが脱皮にかかる期間はどのくらい?飼育方法をご紹介

オカヤドカリは脱皮をどのくらいの期間で行うのでしょうか?また、脱皮をする前にはどんな行動をとるのでし...

逆立ちのコツやポイントとは?壁を上手く使って練習しよう

逆立ちが出来ない、難しいのは何が原因なのでしょうか?逆立ちがなかなか出来ない・・そんなときにはこ...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか?もしも、生後4...

大学病院の医師は忙しい!医師が求める理想の女性像と恋愛傾向

大学病院の医師は忙しいという話を聞くこともありますが、実際にはどのような仕事をしてどのような一日を過...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

赤ちゃんがげっぷをせずに寝るのは大丈夫?赤ちゃんのげっぷ対策

赤ちゃんに授乳をしている最中に、そのまま赤ちゃんが寝ることってありますよね。授乳のあとはげっぷを...

猫がついてくる!人懐っこい野良猫がいる理由と寄ってくるワケ

猫が自分の後をついてくる経験をしたことがある人もいますよね。野良猫なのに人間を警戒しない、人懐っこい...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

11ヶ月の離乳食は手づかみで食べれるものに挑戦してみよう

11ヶ月にもなると、離乳食は手づかみで食べられるものが良いと言われていますよね。手づかみで食...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

スポンサーリンク

哺乳瓶を嫌がるのはなぜ?完母の赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由

赤ちゃんが生後3ヶ月~4ヶ月頃になるとお散歩などおでかけをすることが増えていきます。
外出しているときや赤ちゃんを預けるときなど授乳が難しいときに哺乳瓶があるととても便利ですよね。

しかし、赤ちゃんによっては哺乳瓶を嫌がってミルクを飲んでくれないときがあるのです。
赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由は何でしょうか?

赤ちゃんを完母で育てているときに、突然母乳ではないものを飲まされるとびっくりしてしまうのです。
ママがいるとどうしても哺乳瓶よりもおっぱいがいいと思ってしまう赤ちゃんもいます。
なので、ママが哺乳瓶であげるよりもパパやおばあちゃんに飲ませてもらい、少しずつ哺乳瓶で飲むことを慣れさせていきましょう。

ママがあげると嫌がるのに、他の人にあげてもらうと嫌がらずに飲んでくれることがあるのです。

赤ちゃんはママから母乳の匂いがするのを感じ取るため、哺乳瓶を嫌がってしまうのです。

完母だった赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がるときの対処法

完母で育てていた赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がるときの対処法とは一体どんなことがあるのでしょうか?

哺乳瓶を嫌がるときは、赤ちゃんに母乳をあげるときのようにママの肌に密着させてあげましょう。
本当に授乳するときのような体勢にするとおっぱいに吸い付こうとしてしまうため、そうならないように密着させましょう。

また、普段飲ませている母乳の温度のように、飲ませるミルクも人肌の温度になっているか確認しましょう。

ミルクのメーカーを変えてみることも良いですね。
ミルクはどこのメーカーも同じ味だと思われがちですが、微妙に違うのです。
今飲んでいるミルクをあまり飲まないからと違うメーカーのミルクを1缶購入してしまうと、そのミルクも飲まないということがあるので無駄になってしまいます。
そんな時のために試供品と言うものがあるので、試して飲むようであれば1缶購入すると良いですね。

これらのことを試しても飲まないようであれば、哺乳瓶が合わないということが考えられるので別の哺乳瓶で飲ませてみるか、乳首だけでも販売されているので哺乳瓶のメーカーにあった乳首を購入して取り替えてから飲ませてみるなど根気良く飲ませていきましょう。

完母で哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんに哺乳瓶を練習させる必要はある?

完母で育ててきた赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がるのに、哺乳瓶を練習させる必要はあるのでしょうか?

嫌がっているのにわざわざ哺乳瓶で飲ませる必要は無いのでは?と考えるママもいるかと思います。

しかし、哺乳瓶でミルクを飲めるようにならないと夏の暑い日など水分不足になりやすい時期は、ママの母乳から水分補給ができない状態になると脱水症状を起こしてしまいます。
また、母乳中心で育てていてもおっぱいに異常があるときは哺乳瓶が活躍するのです。

保育園に預けるとママがいない環境で過ごすことになるので、保育園からは「できるだけ哺乳瓶から飲めるようにしてきてください」とお願いされることもあります。
哺乳瓶を嫌がっている状態で保育園に預けるのは赤ちゃんの健康を考えると心配になってしまいますよね。

様々な理由で哺乳瓶に慣れておくと良いということがわかりますよね。
嫌がるからと哺乳瓶で飲む練習をさせないと、あとあとママや赤ちゃんが困る状況になってしまうので練習は必要なのです。

哺乳瓶を嫌がるときに考えられる原因

哺乳瓶を嫌がるときはどんな原因があるのでしょうか?

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がるときは、ミルクの味が嫌で哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんもいます。
ミルクを飲み慣れている赤ちゃんはいつもの味より濃い薄いなどの変化で哺乳瓶を嫌がることがあり、母乳を飲み慣れている赤ちゃんは母乳とミルクの味の違いで哺乳瓶を嫌がることがあるのです。

また、ミルクの温度が熱かったり冷たかったりと適温でないときに哺乳瓶を嫌がることがあります。
あまり熱いと赤ちゃんは口の中を火傷してしまいますし、冷たいとお腹を壊してしまうことがあります。
適温がわからないときは哺乳瓶に貼って適温か確認できるシールが市販で売られているので、購入してみると良いです。

乳首が固くて吸いにくかったり吸っているのに思うように出てこなかったり、反対に吸ったらたくさん出てきたりなどで乳首が赤ちゃんに合っていないことがあります。
乳首にも種類があるので、赤ちゃんが要求しているものを選びましょう。

ミルクの味が気に入らない赤ちゃんには好みのミルクを探してあげて

ミルクはメーカーによって多少味が違うものなので、赤ちゃんが好む味ではないとミルクを飲まないことがあります。

赤ちゃんの好みにあった味のミルクを選びたいものですが、次に購入するミルクは飲んでくれる!という確証はありません。
飲んでくれるだろうと1缶購入して全然飲んでくれず1缶無駄にしてしまったということもあるので、買い換えるときは試供品やスティックタイプの少量のものを購入すると良いです。

赤ちゃんの中にはミルクの味が嫌いでなかなか飲まなかったのに、生後9ヶ月以降用のフォローアップミルクは大好きと言う子もいるようです。

赤ちゃんの健康面やママのためにも、哺乳瓶を慣れさせておくということはとても大事なことです。
赤ちゃんが嫌がるようなら様々な対処法を試したり、メーカーを変えるなどして赤ちゃんの好みのミルクを選んであげましょう。