注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプールも休んだ方がよいでしょう。

しかし、熱も下がって咳だけの状態であれば、子供も楽しみにしているしプールは入っても大丈夫だと考えているかもしれませんが、実は入らない方がベターです。

幼稚園のプールを休ませる基準について考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

テストで0点?小学校に入ったばかりの1年生なら問題ありません

小学校に入ったばかりの1年生であってもテストはありますが、その内容は大人から見れば簡単なものですよね...

海外の赤ちゃんが一人で寝るようしつけられる理由とは

日本では赤ちゃんが産まれると、ママが添い寝をしてずっと見守るのが一般的です。しかし海外では、...

産後里帰りなしで心配な食事の支度のコツと利用したいサービス

里帰り出産をし産後は実家にお世話になるという方もいれば、里帰りなしを選択する方もいます。里帰...

実家に帰りたい!新婚生活が楽しくないと感じても逃げちゃダメ!

実家に帰りたい!新婚生活楽しくない!好きな人と結婚したはずなのに、どよーんとした生活…新...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低...

犬の放置を発見してしまったらどこに通報するの?対応の仕方とは

犬の放置を発見してしまったら?どこに通報するべきなのでしょうか?通報する先は数箇所あ...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

ピアノの先生にするお礼とは?渡し方やタイミングをご紹介

ピアノの先生にお礼をする場合は、何を渡したらいいのでしょうか?同じピアノ教室の方に聞いてもなかなか口...

家族が不仲だと子供の成長に悪影響しか与えない

家族の不仲は子供の成長に悪影響しか与えません。夫婦の激しいケンカはもちろん、無視し合ったりす...

トイレの壁紙の掃除方法!ポイントやキレイを保つコツと注意点

トイレの壁紙掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、トイレの壁紙は意外と汚れていて、トイレ掃除に...

スポンサーリンク

幼稚園のプールは咳が少し出るくらいなら入っても問題ない?

幼稚園でプールに入る予定があるのに、子供は風邪が治りかけで咳が取れない。ママもこんな時はプールに入らせるかどうか悩んでしまいますよね。熱や鼻水がひどい時ならまだわかりやすいのですが、幼稚園を休ませるほどではないけれど、咳だけが出るといった場合は、判断が難しいところです。

多少の咳であれば、本人も楽しみにしているから入らせてあげたいけれど、水温の低いプールでは、陸上に比べて体温の低下も早く、体力も消耗するので、回復期のお子さんにとっては予想以上に疲れてしまう恐れがあります。
また、水温が高めに設定されている場合でも、プールからあがったあとに身体が急激に冷えて、風邪をぶりかえしてしまう可能性も。

まだ咳が頻繁に出ているうちは、いくら子供がかわいそうだからと言っても、無理にプールに入れて体調を崩して、さらに幼稚園を休ませることになるよりかは、多少我慢させてでも様子を見たほうが良いでしょう。

咳が出ている場合は入らない方がいい?幼稚園のプールを休む基準は?

風邪気味のお子さんを幼稚園のプールに入れるかどうかは、あくまで親の判断に委ねられるところが大きいです。幼稚園側としても、無理して体調を崩されるくらいなら、いっそのこと見学にして欲しいというのが本音といったところでしょう。

プールに入れるかどうかの判断基準としては、次のようなことが挙げられます。

  • 前日から発熱していないかどうか
  • 鼻水がネバネバしていたり、色がついていないか
  • 咳は頻繁にしていないか、また痰がらみの咳かどうか

そもそも熱が出ていたり、あまりに鼻水や咳がひどい場合は、幼稚園自体をお休みする必要がありますが、前日まで発熱していた場合でも、まだ完全には体力が回復していませんので、プールで体力を消耗してしまうことによって風邪がぶり返してしまう恐れがありますので注意しましょう。

また、いつもより少し元気がないなど、気になる点があるような時も、念のためにプールをお休みさせたほうが良いでしょう。

幼稚園のプールは咳だけの風邪の場合でも休んだ方がいい?鼻炎は問題ない?

とくに小さいお子さんの場合は、一見元気でもそのあと急に発熱したり、高熱があっても元気に遊びまわっていることもあるので、今後の体調を見極めるのが難しいものですよね。
一口に風邪と言っても程度によっては、無理することでさらに悪化させる恐れもあるので、少しでも普段と違う様子が見られたら、その後の体調の変化を注意深く観察しておくことが大切です。

幼稚園をお休みするほどではないにしろ、頻繁に咳をしているうちはプールは避けた方が良いでしょう。

また、その他の症状はなく鼻水や鼻づまりだけの場合は、基本的にはプールに入ることは可能です。

鼻炎のお子さんは、鼻水だけでは風邪なのかどうかの判断がつきにくいため、プールに入らせる際は他に風邪の症状がないか十分に確認してからにしましょう。

鼻水だけ、咳だけの場合は幼稚園も休んだ方がいい?

鼻水だけが出ている場合や咳だけが出ている場合、幼稚園を休ませるかどうか迷う時がありますよね。
私には現在3歳の子供がいますが、よそのお子さんもしょっちゅう鼻水が出ているのを見かけるので、あまりひどくない程度の時は幼稚園に行かせています。また、軽く咳が出る程度であればマスクをして行かせます。あまりに小さいお子さんだと、マスクを着けるのも嫌がったりしますので、あまりに咳がひどい場合はお休みさせたほうが良いかもしれませんね。

子供はよく咳き込んだ拍子に吐くことがありますが、これが感染性胃腸炎が流行っている時期だとママとしてもビクビクしてしまいますよね。咳き込んで吐いてしまうほどの状態の時には、無理させずにゆっくりと休養させてあげましょう。

また、夜中に咳き込んであまりしっかりと眠れていなかったりすると、昼間に眠気が出てぼんやりしてしまうことも。起きてからは元気でも、咳がある程度治まるまでは幼稚園を休ませる判断も必要となります。

風邪の治りかけで幼稚園のプールに入った後体調を崩す場合も

まだ風邪が治りかけで本調子ではない場合、プールに入れるかどうかは家族の判断に委ねられるところです。大好きなプールだから休みたくないと無理して登園しても、体力がまだ十分に回復していないうちだと、また風邪をぶり返してしまうことに繋がりかねませんよね。

それでも、おうちの方から「プールに入れてください」と言われれば、幼稚園の先生方としても断り辛いものです。本音としては「無理して悪化させるくらいなら休ませて欲しい…」といったところでしょうが、本人も楽しみにしているのであれば余計に辛い。

大人でもプールに入ったあとは予想以上に体力が奪われるものです。それがましてや病み上がりの小さい子供ともなると、元気な時の疲れ方の比ではありません。

いくら子供が楽しみにしていたからといえ、無理してプールに入ったばかりにその後また幼稚園をお休みすることになるくらいなら、ここは我慢させて次回までの楽しみとさせるように、上手に説得することが必要です。