注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児一ヶ月で外出禁止とされている期間中の過ごし方と注意点

生まれてまだ日が浅い新生児一ヶ月頃までは外出禁止にした方がいいとされています。

赤ちゃんが体調を崩しやすい時期だということと、ママの体調がまだ回復していないからなのですが、里帰りや近所に頼れる人がいない場合は、ずっと引きこもってばかりいられません。

では、まだ生後一ヶ月未満の新生児と外出する場合はどんな点に注意すべきなのでしょうか。

新生児一ヶ月で外出禁止とされている期間中の過ごし方、一ヶ月過ぎた頃の外出についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

ブリッジができないのは〇〇が原因。できるようになるコツとは

ブリッジができない子どもにに教えるにはどんなコツがあるのでしょうか?口で説明をするのは難しいですよね...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

宿題をやらない!一年生が宿題をサクッとやっちゃう魔法の言葉とは

宿題をやらない子どもを見ているとイライラしちゃいますよね?『宿題やりなさい』ってついつい命令して...

うさぎを飼う人の心理!ペット選びでわかる意外な性格とは

犬や猫の他にうさぎも人気があるペットですね。ペットにうさぎを飼うことを選んだワケはなんでしょ...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

ミルクの間隔が3時間なのはいつまで?赤ちゃんの授乳の間隔

赤ちゃんが誕生した瞬間からずっと、ママは赤ちゃんのお世話で大忙しになりますよね。オムツ替えや授乳、沐...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

寿司の醤油の付け方とは?多くの人が逆だった!?お寿司マナー

お寿司屋さんに食べに行くときには、どのような醤油の付け方をしたらいいのでしょうか?高級なお寿...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

スポンサーリンク

新生児は一ヶ月外出禁止とされているけど買い物はどうしたらいい?

赤ちゃんは、生まれて1ヶ月は外の刺激を避けるため、家の中で過ごします。

実家に里帰りできる人は良いですが、様々な事情で実家を頼ることができない人も多いのではないでしょうか。

その場合、自宅で旦那さんと一緒に赤ちゃんのお世話をすることが多いですね。

初めてパパになった男性は、育児に関してわからないことだらけです。

お世話をパパにお願いする場合は、具体的に○○をやってほしいと言うことが大切です。
言わないとわからないということもたくさんあります。

でも、パパに手伝いをお願いできるのは仕事が終わってからという人も多いので、日中の大半は赤ちゃんとママが2人で過ごすことになります。

便利な宅配サービスが利用できるのであれば、買い物に出かけなくても必要なものが買えるのでおすすめですが、地域によっては対応していなかったり、自分で買い物に行きたいという場合もあるでしょう。

赤ちゃんを連れて買い物に行く場合には、短い時間で簡潔に済ませるということが大切です。

まだ免疫力がない赤ちゃんは人混みが大敵です。

感染症が流行っている時期の人混みはなるべく避けることが大切です。

店内は冷房が効いていることが多いので、赤ちゃんの体温調整に注意しましょう。
なるべく人が少ない時間帯を狙い、あらかじめ買い物するものをメモするなどして、短い時間に済ませましょう。

感染症が怖いからと言って、車内や家に赤ちゃんを置いていくのは絶対に辞めましょう。

新生児一ヶ月未満でまだ外出禁止にした方がいい時期にどうしても外出しなくてはならない時は?

赤ちゃんは、ママのお腹に10ヶ月もいたということを忘れてはいけません。

新生児のうちは、まだ外の世界に出る前の準備期間と考えましょう。

外には、いろんな刺激があります。

大人では感じないちょっとしたことが、赤ちゃんには刺激や負担になります。

お腹から出て間もない新生児にとっては、体の体温調節もまだ不十分な状態です。

外と部屋の中の温度差が原因で、体調を崩したりもします。

この期間は、パパやママがしっかり赤ちゃんの体調管理をしていく必要があります。

生後1ヶ月になると、赤ちゃんの1歳児検診が行われるので、この時が赤ちゃんの初めての外出になることが多いでしょう。

パパや他の家族の協力が得られれば、このような初めての外出時は助かるものですが、事情によりママが1人で外出しないといけないという場面もあります。

そのような時は、赤ちゃんは外気にさらされないよう、おくるみなどにしっかりくるむなど工夫をしましょう。

混雑している電車などの公共期間は避けた方が無難でしょう。

できれば車やタクシーなどを利用し、移動時間を短くするということも大切です。

外出禁止が解禁される新生児一ヶ月検診、初めての外出で注意したいことは?

新生児の初めての外出で気を付けることがいくつかあります。

まず、大事なことは、人混みは避けるということです。

生まれてまだ1ヶ月の赤ちゃんは、まだ病気にもかかったことがないことがほとんどです。
免疫もゼロに等しいので、人混みのようなウィルスがたくさんあるような場所は、必要がない限り避けた方が良いでしょう。
子どもの遊び場のような、子どもがたくさん集まるような場所も、子ども特有のウィルスがある場合が多いので、避けましょう。

どうしても出かけなければいけない状況であれば、なるべくすいている時間を狙って行くことがおすすめです。

平日の日中であれば、比較的すいていることが多いでしょう。

また、大人が1日外出すると、体がクタクタになることもありますよね。

赤ちゃんも同じで、抱っこされている状態でも外出するということは疲れやすいものです。

長時間の外出は新生児のうちは避けるのが無難です。

友達の家に遊びに行く時などは、赤ちゃんが寝られるスペースを借りると、赤ちゃんも少しはくつろげて安心ですね。

また、外出時には、抱っこ紐は必須アイテムです。

抱っこ紐を使わないでもしママが転んでしまうと赤ちゃんも巻き添えになり、大変危険です。

抱っこ紐と使うと、赤ちゃんの様子を確認することができますし、両手が開くので荷物を持つこともできます。

新生児一ヶ月の赤ちゃんを外の空気に慣れさせるには?

赤ちゃんを初めて外の空気に触れさせる時、いきなり抱っこして外に行くより、まず外の空気に触れさせる程度にしておいた方が良いでしょう。

生まれてすぐには視界もぼんやりしている赤ちゃんですが、肌に触れる外の空気や匂いははっきり感じることが出来ます。

外出許可が出る生後1ヶ月までは、部屋の中で1日10分程度の日光浴を日課にすると良いでしょう。

窓の近くに赤ちゃんを寝かせ、窓を開けて、外の空気を感じさせます。

この時注意したいのが、日光の当てすぎです。

早く外に触れさせようと、直接日光に当たる場所に赤ちゃんを近づけるのは避けましょう。

「早くお外に行きたいね~」など抱っこしながら話しかけてあげると、赤ちゃんの刺激になります。

生後1ヶ月を過ぎ、外の空気にも慣れて来たら、今度は自宅の周りを抱っこしながら回ってみましょう。

赤ちゃんも段々、外の世界が分かってくるようになり、お散歩の時間が楽しみになるかもしれませんね。

新生児一ヶ月過ぎた頃の赤ちゃんの散歩は毎日した方がいいの?

初めての育児で、わからないことは育児書の通りにしているという人も中にはいます。

育児書が悪いとは言いませんが、人間は一人ひとり違うので、育児書通りが良いとも限りません。

赤ちゃんのお散歩も同じです。

育児書によっては、1日朝と夕方の2回に散歩しましょうと書いてありますが、本当に毎日その通りにやる必要はないのです。

育児書に書いてあったからという理由で、なんでも進めてしまうと、自分の首を締めることになり、ストレスの原因にもなります。

天候や、赤ちゃんのご機嫌、ママの体調、様々な状況が考えられます。

その状況に応じて、自分で無理のない範囲で柔軟に行うということが大切です。

お散歩に限らず、他の育児でも同じことが言えます。

神経質に育児をすると、子どもにも影響してしまいます。

育児書などはあくまでも参考にし、状況に応じて自分のペースで育児しましょう。