注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っているお父さんもいますよね。
小さい時期からずっと仲良くお風呂に入っていても、子供の成長とともに一緒のお風呂を卒業したほうが良いのでは?と考えるお父さんもいるでしょう。

娘と父親が一緒にお風呂に入るのはどのくらいの年齢までが多いのでしょうか。一緒にお風呂に入るのを卒業する目安は?

そこで今回は、娘と父親が一緒にお風呂に入るのを卒業する時期の目安についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

スーパーの惣菜が余った!冷凍保存出来るかどうかのポイント

タイムセールや閉店間際にスーパーに行くと惣菜や弁当が半額や割引されていますよね。安いのでつい買うつも...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

アクリルケースが欲しいなら、100均に行こう

部屋の中に細々したものが散らばっていると、見た目にも散らかって見えますし、使いたい物を探す時に苦労し...

朝顔の自由研究で押し花をするときのポイントやコツを紹介

朝顔 自由研究で朝顔の押し花をするときには、どのような方法があるのでしょうか?今までは、新聞...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

海外の赤ちゃんが一人で寝るようしつけられる理由とは

日本では赤ちゃんが産まれると、ママが添い寝をしてずっと見守るのが一般的です。しかし海外では、...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか...

お寿司のネタの美味しい切り方!初心者向けお寿司の作り方入門

お寿司は外で食べるものというイメージがありますよね。家族で行く回転寿司は、美味しいスイーツのメニ...

オカヤドカリが脱皮にかかる期間はどのくらい?飼育方法をご紹介

オカヤドカリは脱皮をどのくらいの期間で行うのでしょうか?また、脱皮をする前にはどんな行動をとるのでし...

スポンサーリンク

娘と父親が一緒にお風呂に入るのを卒業する時期の目安

娘が生まれてからの日課として、毎日一緒にお風呂に入るというお父さん方もいます。疲れて仕事から帰ってきても、かわいい娘とお風呂に入ることで疲れも吹っ飛ぶといったお父さんも少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

いつまでもこの時間を過ごしたいけれど、いつかは必ず「パパと一緒にお風呂に入りたくない!」と悲しい一言を突きつけられる瞬間がやってくるのです。それは、ある日突然のことかもしれません。本人から直接ではなく、ママを通して言われるのも、それはそれで寂しいものがありますよね。

娘と父親が一緒にお風呂に入るのを卒業するタイミングの目安としては、だいたい小学校の中学年(3年生~4年生)頃が多いようです。女の子の身体は、第二次性徴の始まりとともに少しずつ変化してきます。父親のほうはまだまだ子供だからとあまり気にしていなくても、娘にとっては恥ずかしく感じる時期がくるものなので、これは仕方のないことなのです。

娘が父親と一緒にお風呂に入らなくなる理由は?

  • 一緒に入ることが恥ずかしくなる
    小学校3~4年生ともなれば、とにかく何でも他の子と比べたがるお年頃です。他のお友達がもうパパと一緒にお風呂に入っていないことを知ると、今までなんとも思っていなくてもパパと入ることが急に恥ずかしく感じてしまうようです。
  • パパの手伝いが必要なくなった
    もう自分1人でも髪の毛や身体を洗うことが出来るようになったので、パパに手伝ってもらう必要がないと気付いてきます。
  • 好きな男の子の話などをママとしたい
    クラスの気になる男の子の話題や、おしゃれに関することなどは、パパではなくママに話を聞いてもらいたいもの。お風呂は内緒話をするのには最適ですからね。
  • 子ども扱いしてほしくない
    もう1人で何でも出来る(と感じている)ので、いつまでもパパから子供扱いされたくないという気持ちから、パパとのお風呂を嫌がることもあるようです。

この頃になると、子供ながらにも自立心が芽生えてきます。パパとしては少し寂しいけれど、これも娘の成長の証だと理解して、そっと見守ることも必要です。

娘と父親が一緒に風呂にはいるのはいつまでOK?それぞれの親の意見

あるアンケートによると、娘をもつ父親のうち3人に1人は、娘と一緒にお風呂に入るのは何歳まででも大丈夫だと答えているそうです。娘が嫌がらなければ、出来ることならいつまでも一緒に入りたいと思っている父親も多くいらっしゃるということになります。
成長した娘と一緒にお風呂に入ることに対して、さほど抵抗がないという人の中には「自分の娘なのでとくに何も意識していない」「スキンシップの一環として一緒に入りたい」との理由を挙げる人もいるようです。

では、女性側の意見としてはどうでしょうか?娘がいるいないに関わらず、女性からみた場合は、父親と一緒にお風呂に入れるのはせいぜい10歳以下ではないかと考える人も多く、その大半が小学校卒業までには父親と入るのはやめるべきだと感じているようです。
以前に観たテレビ番組で、成人してからも父親や家族みんなで一緒にお風呂に入るといった女性タレントの話を聞いたことがありましたが、これは現代の日本においてはかなり特殊な例だと言えるでしょう。

公共浴場では年齢にあった性別の浴槽に入ることを定めています

では実際に、家庭以外の公共浴場では、何歳くらいまで娘を男湯に連れて行っても良いのでしょうか?
法律では明確に定められてはいませんが、各都道府県の条例に基づくと、それぞれの決まりがあるようです。大浴場に入浴するうえでは、東京では10歳以上、京都では7歳以上、北海道では12歳以上の男女の混浴を禁じています。

時々、温泉宿泊施設などでも、明らかに小学校中学年~高学年くらいかと思われる男の子が、お母さんらとともに女湯に入っているのを見かけることがあります。もしかしたら、男性が一緒に宿泊していないのかもしれませんが、事情を知らないこちら側としては、一瞬ビックリしてしまうものです。

これと同じように、それくらいの年頃の娘さんを男湯に連れて行かれた時、やはり周りの人たちは少なからず驚かれるのではないでしょうか?
お父さんからしたらまだまだ子供でも、それは娘さんからしても恥ずかしいことかもしれません。

ある程度の年齢になったら、公共の場では性別に沿って入浴することが求められるでしょう。

異性の親と一緒にお風呂・子供の気持ちに合わせて卒業を

男親だけに関わらず、女親にとっても息子といつまで一緒にお風呂に入るべきか、悩まれる方も多いと思います。

子供はある時期が来ると、自ら「異性の親と一緒にお風呂に入るのは恥ずかしいこと」だと感じるようになるものです。そのタイミングに合わせて一緒に入ることを卒業するのが最も自然な流れでしょう。
また、女の子は早ければ小学校3年生くらいでも生理が始まったりしますので、それを機にパパとのお風呂を卒業することもあるようです。

いつまでも子供だと思っていた我が子と一緒にお風呂に入れなくなるのは、とても寂しいことですが、子供の成長にとってはとても大事なことです。お風呂以外でのコミュニケーションを積極的に図ることで、それまで以上にスキンシップの機会を保っていきましょう。