注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

日常生活で普通に食べているカニとエビですが、実はもともとは両方とも「エビ」だったのです。

では、進化の過程で分かれてしまったのでしょうか?

知ってて損はない!カニとエビの特長や違いについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同性の嫉妬。男の嫉妬は恐ろしい!男が男に嫉妬するとき

同性の嫉妬。男VS男。男の嫉妬は恐ろしいのです!女性は感情で好き嫌いを判断しますが、...

生後5ヶ月のお昼寝の寝かしつけで困った時の対処法

赤ちゃんは生後5ヶ月頃にもなると決まった時間帯にお昼寝をするようになりますが、お昼寝の悩みで多いのが...

外国語っぽい名前をつけたい!日本以外でも通用する名前とは

子供の名前を考える時、親として「将来世界で活躍するような子供になってほしい。」と外国人からも呼びやす...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

冬に半袖が子供には一番?子供を薄着にさせる効果と注意点

寒い冬の時期はついつい厚着になってしまうもの。子供に風邪を引かせてはいけないと、何枚も服を着させ...

ミートソースはレトルトでもおいしくする方法で絶品になるコツ

安いレトルトのミートソースを使って、パスタをおいしくする方法があるのをご存知でしょうか?では...

犬の放置を発見してしまったらどこに通報するの?対応の仕方とは

犬の放置を発見してしまったら?どこに通報するべきなのでしょうか?通報する先は数箇所あ...

いつもの寿司が変わる?スーパーの握り寿司を美味しく食べる方法

スーパーで販売されている握り寿司。値段も安く、すぐに食べられるので利用している人も多いですよね。...

姑に会いたくない!孫孫ウルサイ!なんのために出産したのか

姑には会いたくないけど、孫を姑に合わせなきゃ…。このモヤモヤものすごくわかります!お...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

連絡先を聞く時の敬語の使い方!失礼にならない敬語のマナー

ビジネスシーンなどで相手に連絡先を聞くとき、きちんとした敬語を使うことができているか心配になることも...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

幼稚園児の昼寝の時間はどのくらい?【年齢別】昼寝の時間の目安

幼稚園に通っているお子さんがいるママたちは、子供にお昼寝をさせた方が良いのか悩む事もありますよね。子...

大学に行ってまで勉強する意味とは?メリットはたくさんあります

高校2年生にもなると大学受験という文字が頭をよぎりますが、大学に行ってまで勉強する意味が本当にあるの...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

スポンサーリンク

カニとエビの一番の違いは「尾の長さ」?

カニとエビは、どちらも固い甲で覆われている甲殻類の仲間です。
そして、どちらもとても美味しい食材ですね。

似ているようで似ていない、カニとエビの違いを知っていますか?

カニの特徴といえば、大きなハサミを思い浮かべると思います。
それに対してエビのハサミは小さいですね。

しかし、カニとエビの違いはハサミではありません。
エビの仲間のロブスターやザリガニは、カニのような大きなハサミを持っていますよね。
カニとエビの一番の違いは「尾が短いこと」です。

「カニに尾なんてあったかな?」と思われた方もいるでしょう。実は、カニの裏側にある三角の部分が尾なのです。
カニのふんどしとも呼ばれるこの尾の部分は、非常に美味で珍味だといわれます。

そして、この特徴こそがカニとエビが最も違う点でもあります。カニの小さな尾に比べて、エビは見るからに長い尾を持っています。

外見的な特徴の違いは頭部にもあります。エビには目と目の間にある額角がありますが、カニにはありません。

また、カニとエビでは生活環境でも少し違いがあります。カニは陸にも上がってきますが、エビは見かけることはありません。
カニに比べて泳ぎやすい体をしていることも特徴的な違いでしょう。

カニとエビの違いとは?それぞれの特長について

カニとエビの一番の違いは「尾の長さ」ですが、他の点はどうなのでしょうか。

カニとエビの特徴をご紹介しましょう。

カニの特徴

十脚目短尾下目(たんびかもく)の甲殻類の総称です。
世界中に幅広く分布し、河川や深海にも生息しています。
大きさはさまざまで、数ミリメートルから最大3メートルを超すカニまでいます。
食用としてとても人気があります。缶詰などの加工品にされたり、そのまま調理して食されています。

エビの特徴

十脚目の甲殻類の総称です。
頭部には歩脚5対と触覚2対を持ち、遊泳脚5体を腹部に備えているのが特徴的です。
深海から河川、淡水といろいろな場所に生息しています。
サイズもカニと同様にさまざまです。エビには泳ぐものと歩行するものがいます。
泳ぐエビにはサクラエビや車海老、歩行する海老はザリガニや伊勢エビがそうです。

カニとのエビ、味の違いは進化によるものってホント?

カニとエビは食べてみると、食感が違います。
味の特徴はどちらも独特な甘みのある味で、すり身などにしてしまうと判断が難しくなるかもしれません。

この味は似ているけど食感が違うという、微妙な違いは「進化」が関係していると言われます。

カニとエビはどちらも分類上は同じ「エビ目」と呼ばれます。
正確には、節足動物門甲殻亜門軟甲鋼十脚目と言い、カニはエビの仲間と言えるでしょう。

エビは進化の過程で、3種類に別れたと言われます。
長い尻尾を使って泳ぐ「エビ」と、巻き貝などの殻に入って泳ぐことをやめた「ヤドカリ」、そして尾を体に固定して体を硬くさせたのが「カニ」です。

この進化の違いが、食感や味の違いにつながっているのです。

タラバガニはカニじゃない?実は「ヤドカリ」です!

先程もご紹介したように、分類上はカニとヤドカリはエビの仲間なのです。
そのため、食感は違えど味は似た部分があるのです。

海の味覚として、カニはとても人気があります。
カニといえば、いくつかの種類を思い浮かべると思いますが、タラバガニはとても有名ですよね。

しかし、実はタラバガニは「カニ」ではなく、「ヤドカリ」なのです。

ヤドカリの特徴は巻貝の殻に入って生活することですが、エビと似ていて頭胸部と腹部に分かれています。
腹部は殻に入りやすようにねじれていて形は左右非対称です。10本ある足のうち、腹側の足の1本が極端に短いのも特徴です。

タラバガニの見た目はカニのように見えますが、メスをよく見ると腹部がクルッと巻いているのです。
また、足も1本が極端に短いのも特徴です。これらタラバガニの特徴は、ヤドカリの特徴と一致しています。

ザリガニとエビの違いとは?

エビは食用としてとても親しまれていますよね。
しかし、同じエビの仲間であるザリガニはあまり食用として見かけることはありません。
エビとザリガニの大きな違いはその味にあります。エビはプリプリとした食感と独特の甘みが特徴的な食材です。
しかし、ザリガニの味はドブ臭いと言われます。淡水に生息する魚介類は、一般的に独特な臭みがあると言われることが多いです。
食感もエビよりもカニに似ていると言われています。

ザリガニとエビの違いは、外見的特徴にもあります。それは、ハサミです。
ザリガニは、エビよりもずっと大きくて立派なハサミを持っています。
しかし、手長エビなどの一部のエビは大きなハサミを持っていますから、決定的な違いとはいい難いでしょう。