注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

日常生活で普通に食べているカニとエビですが、実はもともとは両方とも「エビ」だったのです。

では、進化の過程で分かれてしまったのでしょうか?

知ってて損はない!カニとエビの特長や違いについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

大学で浪人がバレる瞬間は?先にカミングアウトした方がいいかも

浪人生活を経て晴れて大学入学! でも嬉しい反面、浪人したことがバレるのは嫌だなという気持ちになるか...

出張の多い旦那さんのお宅の生活とはストレスをためない暮らし方

出張が多い旦那さんだと、暮らしやすい?子どもがいない夫婦や子育てが落ち着いた夫婦は旦那さんが出張だと...

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。 食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたド...

寿司の醤油の付け方とは?多くの人が逆だった!?お寿司マナー

お寿司屋さんに食べに行くときには、どのような醤油の付け方をしたらいいのでしょうか? 高級なお寿...

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの...

ピアノは才能?努力?努力をする才能が一番必要かもしれない

子供の習い事でも人気の高いピアノですが、才能がなければ努力をしても上手くはならないのではと親は悩んで...

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。 昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね? ...

PTAを退会したいという家庭への対応とPTAに対する考え方

PTAの役員として日々奮闘している保護者の方も多いと思います。 PTAは任意というニュースが話...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう? では、...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。 赤ちゃんの抱き...

フットサルの基本的な動き方とは?初心者が覚えておくべきコツ

コートもゴールも狭いフットサル。そのためサッカーとは違う動き方を覚えておくことも大切になりますよね。...

犬との信頼関係が崩れるときとは?正しいしつけの方法

犬と信頼関係が崩れるのはどのようなときなのでしょうか?しつけのつもりが、犬との信頼関係を悪くしていた...

水槽の水漏れの原因は意外なことだった?対処法を理解しよう

アクアリウムを始めたい思っているものの、マンションに住んでいると水槽が水漏れしないか心配になりますよ...

友達と離れることが寂しいと感じたら?寂しい気持ちの対処法

友達と離れることが寂しい。 たくさんおしゃべりして、たくさん笑ってたくさん泣いて…。 そ...

スポンサーリンク

カニとエビの一番の違いは「尾の長さ」?

カニとエビは、どちらも固い甲で覆われている甲殻類の仲間です。
そして、どちらもとても美味しい食材ですね。

似ているようで似ていない、カニとエビの違いを知っていますか?

カニの特徴といえば、大きなハサミを思い浮かべると思います。
それに対してエビのハサミは小さいですね。

しかし、カニとエビの違いはハサミではありません。
エビの仲間のロブスターやザリガニは、カニのような大きなハサミを持っていますよね。
カニとエビの一番の違いは「尾が短いこと」です。

「カニに尾なんてあったかな?」と思われた方もいるでしょう。実は、カニの裏側にある三角の部分が尾なのです。
カニのふんどしとも呼ばれるこの尾の部分は、非常に美味で珍味だといわれます。

そして、この特徴こそがカニとエビが最も違う点でもあります。カニの小さな尾に比べて、エビは見るからに長い尾を持っています。

外見的な特徴の違いは頭部にもあります。エビには目と目の間にある額角がありますが、カニにはありません。

また、カニとエビでは生活環境でも少し違いがあります。カニは陸にも上がってきますが、エビは見かけることはありません。
カニに比べて泳ぎやすい体をしていることも特徴的な違いでしょう。

カニとエビの違いとは?それぞれの特長について

カニとエビの一番の違いは「尾の長さ」ですが、他の点はどうなのでしょうか。

カニとエビの特徴をご紹介しましょう。

カニの特徴

十脚目短尾下目(たんびかもく)の甲殻類の総称です。
世界中に幅広く分布し、河川や深海にも生息しています。
大きさはさまざまで、数ミリメートルから最大3メートルを超すカニまでいます。
食用としてとても人気があります。缶詰などの加工品にされたり、そのまま調理して食されています。

エビの特徴

十脚目の甲殻類の総称です。
頭部には歩脚5対と触覚2対を持ち、遊泳脚5体を腹部に備えているのが特徴的です。
深海から河川、淡水といろいろな場所に生息しています。
サイズもカニと同様にさまざまです。エビには泳ぐものと歩行するものがいます。
泳ぐエビにはサクラエビや車海老、歩行する海老はザリガニや伊勢エビがそうです。

カニとのエビ、味の違いは進化によるものってホント?

カニとエビは食べてみると、食感が違います。
味の特徴はどちらも独特な甘みのある味で、すり身などにしてしまうと判断が難しくなるかもしれません。

この味は似ているけど食感が違うという、微妙な違いは「進化」が関係していると言われます。

カニとエビはどちらも分類上は同じ「エビ目」と呼ばれます。
正確には、節足動物門甲殻亜門軟甲鋼十脚目と言い、カニはエビの仲間と言えるでしょう。

エビは進化の過程で、3種類に別れたと言われます。
長い尻尾を使って泳ぐ「エビ」と、巻き貝などの殻に入って泳ぐことをやめた「ヤドカリ」、そして尾を体に固定して体を硬くさせたのが「カニ」です。

この進化の違いが、食感や味の違いにつながっているのです。

タラバガニはカニじゃない?実は「ヤドカリ」です!

先程もご紹介したように、分類上はカニとヤドカリはエビの仲間なのです。
そのため、食感は違えど味は似た部分があるのです。

海の味覚として、カニはとても人気があります。
カニといえば、いくつかの種類を思い浮かべると思いますが、タラバガニはとても有名ですよね。

しかし、実はタラバガニは「カニ」ではなく、「ヤドカリ」なのです。

ヤドカリの特徴は巻貝の殻に入って生活することですが、エビと似ていて頭胸部と腹部に分かれています。
腹部は殻に入りやすようにねじれていて形は左右非対称です。10本ある足のうち、腹側の足の1本が極端に短いのも特徴です。

タラバガニの見た目はカニのように見えますが、メスをよく見ると腹部がクルッと巻いているのです。
また、足も1本が極端に短いのも特徴です。これらタラバガニの特徴は、ヤドカリの特徴と一致しています。

ザリガニとエビの違いとは?

エビは食用としてとても親しまれていますよね。
しかし、同じエビの仲間であるザリガニはあまり食用として見かけることはありません。
エビとザリガニの大きな違いはその味にあります。エビはプリプリとした食感と独特の甘みが特徴的な食材です。
しかし、ザリガニの味はドブ臭いと言われます。淡水に生息する魚介類は、一般的に独特な臭みがあると言われることが多いです。
食感もエビよりもカニに似ていると言われています。

ザリガニとエビの違いは、外見的特徴にもあります。それは、ハサミです。
ザリガニは、エビよりもずっと大きくて立派なハサミを持っています。
しかし、手長エビなどの一部のエビは大きなハサミを持っていますから、決定的な違いとはいい難いでしょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686