注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

日常生活で普通に食べているカニとエビですが、実はもともとは両方とも「エビ」だったのです。

では、進化の過程で分かれてしまったのでしょうか?

知ってて損はない!カニとエビの特長や違いについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

家族が不仲だと子供の成長に悪影響しか与えない

家族の不仲は子供の成長に悪影響しか与えません。夫婦の激しいケンカはもちろん、無視し合ったりす...

血液型が!ありえない組み合わせの子供が産まれたら?何が違うの

血液型よりも遺伝子ですよね?たまに、両親の血液型からでは絶対に産まれない血液型の子供が産まれ...

1歳半で絵本に興味ない子供!興味を持ってもらう方法と対処法

1歳半なのに絵本に全く興味ない様子の子供。他のお友達はきちんと座って集中できるのに、うちの子供だけ絵...

水槽の水漏れの原因は意外なことだった?対処法を理解しよう

アクアリウムを始めたい思っているものの、マンションに住んでいると水槽が水漏れしないか心配になりますよ...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?では、...

幼稚園の夏休みの思い出の作り方や子供と有意義に過ごすポイント

幼稚園の夏休みには、思い出作りを子供とたくさんしたいですよね。せっかくだから思い出作りに家族...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

牛肉の臭いを消すにはどの方法がおすすめ?牛肉の下処理とは

牛肉の臭いを消すにはどんな方法があるのでしょうか?鶏肉や豚肉に比べて、肉の臭いが強い牛肉の臭いを取る...

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

お寿司のネタの美味しい切り方!初心者向けお寿司の作り方入門

お寿司は外で食べるものというイメージがありますよね。家族で行く回転寿司は、美味しいスイーツのメニ...

お米5キロは一人暮らしだと何日もつか検証!安いのは断然自炊

一人暮らしで食費を節約したい!そんな時に思うのが、お米は何キロ買ったらいいの?5キロあったら何日...

離乳食の時椅子から立ち上がることをやめさせたい!

離乳食って、ストレスの塊。1,作るのが大変。手間がかかる2,食べる時にものすごく散らかる...

スポンサーリンク

カニとエビの一番の違いは「尾の長さ」?

カニとエビは、どちらも固い甲で覆われている甲殻類の仲間です。
そして、どちらもとても美味しい食材ですね。

似ているようで似ていない、カニとエビの違いを知っていますか?

カニの特徴といえば、大きなハサミを思い浮かべると思います。
それに対してエビのハサミは小さいですね。

しかし、カニとエビの違いはハサミではありません。
エビの仲間のロブスターやザリガニは、カニのような大きなハサミを持っていますよね。
カニとエビの一番の違いは「尾が短いこと」です。

「カニに尾なんてあったかな?」と思われた方もいるでしょう。実は、カニの裏側にある三角の部分が尾なのです。
カニのふんどしとも呼ばれるこの尾の部分は、非常に美味で珍味だといわれます。

そして、この特徴こそがカニとエビが最も違う点でもあります。カニの小さな尾に比べて、エビは見るからに長い尾を持っています。

外見的な特徴の違いは頭部にもあります。エビには目と目の間にある額角がありますが、カニにはありません。

また、カニとエビでは生活環境でも少し違いがあります。カニは陸にも上がってきますが、エビは見かけることはありません。
カニに比べて泳ぎやすい体をしていることも特徴的な違いでしょう。

カニとエビの違いとは?それぞれの特長について

カニとエビの一番の違いは「尾の長さ」ですが、他の点はどうなのでしょうか。

カニとエビの特徴をご紹介しましょう。

カニの特徴

十脚目短尾下目(たんびかもく)の甲殻類の総称です。
世界中に幅広く分布し、河川や深海にも生息しています。
大きさはさまざまで、数ミリメートルから最大3メートルを超すカニまでいます。
食用としてとても人気があります。缶詰などの加工品にされたり、そのまま調理して食されています。

エビの特徴

十脚目の甲殻類の総称です。
頭部には歩脚5対と触覚2対を持ち、遊泳脚5体を腹部に備えているのが特徴的です。
深海から河川、淡水といろいろな場所に生息しています。
サイズもカニと同様にさまざまです。エビには泳ぐものと歩行するものがいます。
泳ぐエビにはサクラエビや車海老、歩行する海老はザリガニや伊勢エビがそうです。

カニとのエビ、味の違いは進化によるものってホント?

カニとエビは食べてみると、食感が違います。
味の特徴はどちらも独特な甘みのある味で、すり身などにしてしまうと判断が難しくなるかもしれません。

この味は似ているけど食感が違うという、微妙な違いは「進化」が関係していると言われます。

カニとエビはどちらも分類上は同じ「エビ目」と呼ばれます。
正確には、節足動物門甲殻亜門軟甲鋼十脚目と言い、カニはエビの仲間と言えるでしょう。

エビは進化の過程で、3種類に別れたと言われます。
長い尻尾を使って泳ぐ「エビ」と、巻き貝などの殻に入って泳ぐことをやめた「ヤドカリ」、そして尾を体に固定して体を硬くさせたのが「カニ」です。

この進化の違いが、食感や味の違いにつながっているのです。

タラバガニはカニじゃない?実は「ヤドカリ」です!

先程もご紹介したように、分類上はカニとヤドカリはエビの仲間なのです。
そのため、食感は違えど味は似た部分があるのです。

海の味覚として、カニはとても人気があります。
カニといえば、いくつかの種類を思い浮かべると思いますが、タラバガニはとても有名ですよね。

しかし、実はタラバガニは「カニ」ではなく、「ヤドカリ」なのです。

ヤドカリの特徴は巻貝の殻に入って生活することですが、エビと似ていて頭胸部と腹部に分かれています。
腹部は殻に入りやすようにねじれていて形は左右非対称です。10本ある足のうち、腹側の足の1本が極端に短いのも特徴です。

タラバガニの見た目はカニのように見えますが、メスをよく見ると腹部がクルッと巻いているのです。
また、足も1本が極端に短いのも特徴です。これらタラバガニの特徴は、ヤドカリの特徴と一致しています。

ザリガニとエビの違いとは?

エビは食用としてとても親しまれていますよね。
しかし、同じエビの仲間であるザリガニはあまり食用として見かけることはありません。
エビとザリガニの大きな違いはその味にあります。エビはプリプリとした食感と独特の甘みが特徴的な食材です。
しかし、ザリガニの味はドブ臭いと言われます。淡水に生息する魚介類は、一般的に独特な臭みがあると言われることが多いです。
食感もエビよりもカニに似ていると言われています。

ザリガニとエビの違いは、外見的特徴にもあります。それは、ハサミです。
ザリガニは、エビよりもずっと大きくて立派なハサミを持っています。
しかし、手長エビなどの一部のエビは大きなハサミを持っていますから、決定的な違いとはいい難いでしょう。