注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

日常生活で普通に食べているカニとエビですが、実はもともとは両方とも「エビ」だったのです。

では、進化の過程で分かれてしまったのでしょうか?

知ってて損はない!カニとエビの特長や違いについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

合宿の持ち物を紹介!テニス合宿の必需品とあると便利なモノとは

高校や大学などテニスの合宿がある場合は、どんな物を持っていけばいい? また何があると便利?テ...

ミートソースはレトルトでもおいしくする方法で絶品になるコツ

安いレトルトのミートソースを使って、パスタをおいしくする方法があるのをご存知でしょうか?では...

犬が舌を出すのはなぜ?寝る時や日常生活で舌を出すこんな理由

犬は寝るときや日常生活で舌を出す行動をすることがあります。飼い主さんからしてみれば、どうして舌を出し...

浴室の換気扇から音がする。考えられる原因と対処法について

浴室の換気扇から音がする。一番に考えられる原因は『ホコリ』でしょう。この場合、換気扇の掃...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。赤ちゃんの抱き...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

癇癪への対応で大切なのはあわてないこと。4歳の幼児への対応

癇癪への対応で一番に大切なのは『かんしゃくを恐れないこと』4歳の幼児は心と身体と知能のバラン...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

サッカー選手を引退後の収入源、引退後成功するために必要な事は

プロサッカー選手として活躍できる期間がどのくらいか知っていますか?平均在籍年数は2~3年と言われ...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合があり...

犬はドライブが大好き!愛犬とドライブを楽しむ時の注意点

あなたの愛犬はドライブが好きですか?車で走行中、よく犬を乗せた車を見かけますが、どの犬も本当にド...

ラーメンのスープを飲み干すのは危険!どうしても飲みたい時は

ラーメンのスープを飲み干す派ですか?それとも飲み干さない派ですか?最近、健康が気になるお年頃のあなた...

幼稚園児の昼寝の時間はどのくらい?【年齢別】昼寝の時間の目安

幼稚園に通っているお子さんがいるママたちは、子供にお昼寝をさせた方が良いのか悩む事もありますよね。子...

スポンサーリンク

カニとエビの一番の違いは「尾の長さ」?

カニとエビは、どちらも固い甲で覆われている甲殻類の仲間です。
そして、どちらもとても美味しい食材ですね。

似ているようで似ていない、カニとエビの違いを知っていますか?

カニの特徴といえば、大きなハサミを思い浮かべると思います。
それに対してエビのハサミは小さいですね。

しかし、カニとエビの違いはハサミではありません。
エビの仲間のロブスターやザリガニは、カニのような大きなハサミを持っていますよね。
カニとエビの一番の違いは「尾が短いこと」です。

「カニに尾なんてあったかな?」と思われた方もいるでしょう。実は、カニの裏側にある三角の部分が尾なのです。
カニのふんどしとも呼ばれるこの尾の部分は、非常に美味で珍味だといわれます。

そして、この特徴こそがカニとエビが最も違う点でもあります。カニの小さな尾に比べて、エビは見るからに長い尾を持っています。

外見的な特徴の違いは頭部にもあります。エビには目と目の間にある額角がありますが、カニにはありません。

また、カニとエビでは生活環境でも少し違いがあります。カニは陸にも上がってきますが、エビは見かけることはありません。
カニに比べて泳ぎやすい体をしていることも特徴的な違いでしょう。

カニとエビの違いとは?それぞれの特長について

カニとエビの一番の違いは「尾の長さ」ですが、他の点はどうなのでしょうか。

カニとエビの特徴をご紹介しましょう。

カニの特徴

十脚目短尾下目(たんびかもく)の甲殻類の総称です。
世界中に幅広く分布し、河川や深海にも生息しています。
大きさはさまざまで、数ミリメートルから最大3メートルを超すカニまでいます。
食用としてとても人気があります。缶詰などの加工品にされたり、そのまま調理して食されています。

エビの特徴

十脚目の甲殻類の総称です。
頭部には歩脚5対と触覚2対を持ち、遊泳脚5体を腹部に備えているのが特徴的です。
深海から河川、淡水といろいろな場所に生息しています。
サイズもカニと同様にさまざまです。エビには泳ぐものと歩行するものがいます。
泳ぐエビにはサクラエビや車海老、歩行する海老はザリガニや伊勢エビがそうです。

カニとのエビ、味の違いは進化によるものってホント?

カニとエビは食べてみると、食感が違います。
味の特徴はどちらも独特な甘みのある味で、すり身などにしてしまうと判断が難しくなるかもしれません。

この味は似ているけど食感が違うという、微妙な違いは「進化」が関係していると言われます。

カニとエビはどちらも分類上は同じ「エビ目」と呼ばれます。
正確には、節足動物門甲殻亜門軟甲鋼十脚目と言い、カニはエビの仲間と言えるでしょう。

エビは進化の過程で、3種類に別れたと言われます。
長い尻尾を使って泳ぐ「エビ」と、巻き貝などの殻に入って泳ぐことをやめた「ヤドカリ」、そして尾を体に固定して体を硬くさせたのが「カニ」です。

この進化の違いが、食感や味の違いにつながっているのです。

タラバガニはカニじゃない?実は「ヤドカリ」です!

先程もご紹介したように、分類上はカニとヤドカリはエビの仲間なのです。
そのため、食感は違えど味は似た部分があるのです。

海の味覚として、カニはとても人気があります。
カニといえば、いくつかの種類を思い浮かべると思いますが、タラバガニはとても有名ですよね。

しかし、実はタラバガニは「カニ」ではなく、「ヤドカリ」なのです。

ヤドカリの特徴は巻貝の殻に入って生活することですが、エビと似ていて頭胸部と腹部に分かれています。
腹部は殻に入りやすようにねじれていて形は左右非対称です。10本ある足のうち、腹側の足の1本が極端に短いのも特徴です。

タラバガニの見た目はカニのように見えますが、メスをよく見ると腹部がクルッと巻いているのです。
また、足も1本が極端に短いのも特徴です。これらタラバガニの特徴は、ヤドカリの特徴と一致しています。

ザリガニとエビの違いとは?

エビは食用としてとても親しまれていますよね。
しかし、同じエビの仲間であるザリガニはあまり食用として見かけることはありません。
エビとザリガニの大きな違いはその味にあります。エビはプリプリとした食感と独特の甘みが特徴的な食材です。
しかし、ザリガニの味はドブ臭いと言われます。淡水に生息する魚介類は、一般的に独特な臭みがあると言われることが多いです。
食感もエビよりもカニに似ていると言われています。

ザリガニとエビの違いは、外見的特徴にもあります。それは、ハサミです。
ザリガニは、エビよりもずっと大きくて立派なハサミを持っています。
しかし、手長エビなどの一部のエビは大きなハサミを持っていますから、決定的な違いとはいい難いでしょう。