注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

10ヶ月頃の夜泣きがひどい時に考えられる原因と夜泣き対策

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は個人差がありますが、生後10ヶ月になって突然ひどい夜泣きが始まることもあります。

今までそんなことなかったのにとママは困ってしまいますが、なぜ夜泣きが始まるのでしょうか。考えられる原因とは?

原因がわかれば対処もしやすくなりますが、日頃からできる夜泣き対策もあります。ぜひお試しを。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

血液型が!ありえない組み合わせの子供が産まれたら?何が違うの

血液型よりも遺伝子ですよね?たまに、両親の血液型からでは絶対に産まれない血液型の子供が産まれ...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。この...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。ブレーキパットの交換につい...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

【机のDIY】使う場所に合わせた塗装の種類と選び方

机をDIYした場合には、塗装はどのように行えば良いのでしょうか?塗装する前に気を付けたいのが、水を使...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? ...

スポンサーリンク

10ヶ月頃の赤ちゃんの夜泣きがひどい時に考えられる原因とは?

生後10ヶ月頃の赤ちゃんの夜泣きがひどいときに考えられる原因とは一体なんでしょうか?

生後10ヶ月を過ぎた赤ちゃんは運動量が増えて活動範囲も広がる時期です。
この時期は公園などへおでかけする機会も増えてくる頃ですよね。
色々な所へおでかけすることが多くなり、他のお友達とたくさん触れ合うようになることは、赤ちゃんへの刺激が強いことがあります。

このような外での刺激が夜泣きへと繋がってしまうことがあるのです。

また、体内時計の乱れが夜泣きに繋がってしまうことがあります。
赤ちゃんの生活リズムをパパやママのリズムに合わせてしまうと夜型の生活になってしまい、眠るときも部屋に明るい光が差し込んでしまうと赤ちゃんの体内時計は乱れていってしまうのです。

朝は日光浴をさせ、夜は静かな暗い部屋で寝かしつけるようにしましょう。
パパやママが赤ちゃんのリズムに合わせるようにしなくてはいけません。

10ヶ月の赤ちゃんの夜泣きがひどい時はどうすればいいの?

生後10ヶ月の赤ちゃんの夜泣きがひどいときはどうすれば良いのでしょうか?

赤ちゃんは眠りが浅いときに目を覚ますと泣くことがありますが、無く理由というのは特にありません。
夜中に大きな声で泣かれてしまうと近所の目を気にしてすぐにあやそうとする人もいるかと思いますが、まずは慌てずに寝たふりをしましょう。

しばらくするとスッと寝ることがほとんどなのです。
泣いたからと授乳をしてしまうと、夜に泣いて起きたらミルクがあたるんだ!というリズムができてしまい頻繁に夜泣きするようになってしまうのです。

また、喉が渇いて起きることもあるので、そのときにはおっぱいやミルクをあげて良いです。
断乳をしている子には麦茶や白湯を飲ませてあげましょう。

オムツが汚れていると不快感を感じて起きることもあるので、夜泣きをしたときはオムツが汚れていないかということもチェックしてあげましょう。
オムツを汚れたまま放置してしまうとかぶれたり湿疹ができてしまうことがあるので気をつけましょう。

10ヶ月頃のひどい夜泣きやめさせるために出来ることは?

生後10ヶ月頃のひどい夜泣きをやめさせるためにできることとは一体どんなことでしょうか?

夜泣きをやめさせるためには、朝と夜のメリハリをつけましょう。
生活リズムが崩れてしまうと、赤ちゃんの体内時計は乱れていってしまいます。
生活リズムを整えることによって夜泣きを解消できることがあるのです。

朝起きる時間や寝る時間を決めて、毎日その通りの時間に起こしたり寝かしたりしましょう。
朝はカーテンを開けて日光浴をさせると良いです。
夜は電気を消すなど部屋を暗くして赤ちゃんが眠りやすい環境を作ってあげることが大切です。

毎日朝と夜のメリハリをつけてあげると、赤ちゃんの生活リズムは整っていくのです。

昼寝の時間も大切で、昼の遅い時間から長く寝かせてしまうと夜眠くなるまでに時間がかかってしまいリズムが崩れてしまうので、昼寝は早い時間に短く済ませてあげると夜も早い時間に眠くなります。

大体1時間~1時間半ほどすると良いですね。

ひどい夜泣きは放置するのが一番!放置する場合の注意点は?

ひどい夜泣きをするときは、静かに見守ってあげましょう。

泣いている赤ちゃんを放置するということに罪悪感を持ってしまう人は、見守るというイメージを持ちましょう。

赤ちゃんが夜泣きをしたときは喉が渇いているような様子は無いか、オムツが汚れている様子はないか、また部屋の温度が暑かったり寒かったりしないかと確認をしたうえで、何も問題が無ければ静かに見守っていてあげましょう。

赤ちゃんが夜泣きをするときは添い寝をしてあげたり、ママは側にいるよという気持ちを込めてお腹を優しくトントンして安心させてあげましょう。

高熱などを出しているときは体調が悪いんだというサインとして泣いていることがあります。
こういった場合は絶対に放置をしてはいけません。

赤ちゃんは長時間激しく泣くと嘔吐してしまうことがあるので、このような場合はあまり泣かせないようにしながら様子を見ましょう。

夜泣きがひどい時に試したい裏技

夜泣きがひどいときに試したい裏技とは何でしょうか?

夜泣きがひどいときは赤ちゃんの近くでビニール袋をがさがさと音をたててみましょう。
ないているときに音が聞こえるとぴたりと泣き止むことがあります。

また、ペットボトルやコップに水を用意して、ズズズっと音をたてることでも泣き止むことがあります。

これらは赤ちゃんがママのお腹の中にいるときに聞いていた音に似ているため、赤ちゃんがリラックスすることができるのです。
赤ちゃんを泣き止ませる音として有名になっています。

掃除機やドライヤーなどの音も効果的ですが、夜中に鳴らしてしまうと近所迷惑になってしまいますよね。
そんなときに使えるのが、携帯のアプリです。
赤ちゃんが泣いてしまったときに泣き止む効果音がたくさん録音されているので、夜中に泣いてしまっても安心して使えますよ!

また、赤ちゃんが泣いたときに身体に刺激を与えると、ピタッと泣き止むことがあります。
赤ちゃんを泣いているという意識から遠ざけて気持ちを落ち着かせることが大切です。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?