注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。

では、中学受験を目指すなら、習い事のピアノは辞めるべきなのでしょうか?まずは本人の気持ちを聞いてみては?

また、中学受験と習い事のピアノを両立する選択もありますよ!その場合、両立させるためのコツや工夫とはどんなこと?

そこで、中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノは才能?努力?努力をする才能が一番必要かもしれない

子供の習い事でも人気の高いピアノですが、才能がなければ努力をしても上手くはならないのではと親は悩んで...

関西人は性格がきついのではなく、言葉遣いがストレートなのです!

関西人に対するイメージってメディアからの思い込みが多いような気がします。性格がきついのではな...

男兄弟の仲が悪くなるのはなぜ?基本仲良しな男兄弟の謎

男兄弟を育てていると、どうしてこんなに毎日喧嘩ばかりするの!とイライラもしてしまいます。大人しい姉妹...

猫が邪魔してくるのときの対処方法かわいいけれどコレで対応

かわいい猫に邪魔されたとあっては、勉強や仕事が手につかないという人も多いのではないでしょうか?...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

虫にも感情ってあるの?痛みや味は感じるのか徹底調査!

虫を見ていると「なにを考えて生きているんだろう?」と思うことってないですか?虫にも人間と同じ...

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低...

昼寝が長い時は起こすのが正解?寝続ける赤ちゃんの起こし方とは

昼寝が長いんだけど、起こしたほうがいいの?すやすや、気持ちよさそうに、まさに天使の寝顔で寝て...

大学入学式の髪型は?女子はきっちりしすぎないことも大切です

大学の入学式を前に、どんな髪型で参加しようかと悩んでしまいませんか?髪型に決まりはありませんが、...

赤ちゃんに聴かせる音楽はクラシックが良いと言われる理由とは

赤ちゃんにはクラシック音楽を聴かせると良いと言われていますよね。では、そう言われる理由は何な...

赤ちゃんが音楽を聴いたら喜ぶの?お気に入りの音楽見つけて!

赤ちゃんと音楽の関係って?赤ちゃんだから音楽を聴いても、感想なんて持たないと思っているママ!...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

子供が欲しい妻と欲しくない夫、離婚前にできることはあるのか

結婚したらすぐに子供が欲しい妻とこの先も子供は欲しくないという夫。実はこの「子供が欲しい、欲しく...

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

スポンサーリンク

中学受験を目指すなら、習い事のピアノは辞めるべき?

中学受験を目指すお子さんがいる家庭では、習い事を辞めるべきなのかどうかと悩んでいるという人も多いのではないでしょうか?

習い事を辞めるのは小学5年生の時期が多く、それはこの頃から塾に通うお子さんが増えるからでしょう。

しかし、中学受験があるからと、習い事を辞めなくてはいけないのでしょうか?

それは、必ずしもその必要はないでしょう。
お子さんの勉強の状況を見て、ちゃんと話し合ってからどうしたらいいのかを決めるといいですよ!

お子さんが短時間で学習内容を理解する事ができるのなら、習い事も続ける事ができますよね?

しかし、スポーツ系の習い事は、大会と塾の日が重なってしまい、続ける事が難しくなって習い事を辞めてしまうという子もいます。

ピアノの場合は、発表会に参加するのは難しいかもしれませんが、短時間のレッスンならば続ける事もできるのではないでしょうか?

いずれにしよ、お子さんと話し合ってから決めましょうね!

中学受験のためにピアノの習い事を辞めない方がいいの?

中学受験のために塾に通う事になった場合、習い事のピアノを辞めたほうがいいのかという事について、上記ではお子さんと話し合ってから決めましょうとお伝えしました。

きっと、いつもそばで見守っているお母さんは、両立は大変そうだから習い事は辞めたほうがいいのではないか?と思っている人が多いと思います。

でも、ちょっとここでお伝えしたい事があります。
最後に決めるのはお子さん自身ですが、塾と習い事を両立させようとする事で、お子さんはだんだんと時間の使い方を考えるようになるでしょう。
時間配分や優先順位も考えようになるので、自分自身をコントロールする能力を身に付ける事ができるようになるのです。

塾と習い事で「やらなければいけない」という小さな試練を与える事によって、このような能力を見に付ける事ができます。

しかし、両立しようとお子さんが頑張った結果、塾に集中したいと言ってきたら、ここまで頑張ってきた事を褒めてあげてから、習い事を辞めさせてあげましょうね。

中学受験と習い事のピアノを両立する選択も

中学受験があるので、塾に通うから習い事のピアノを辞めるか続けるかについて、最後に決めるのはお子さん自身ですが、習い事も続けるという小さな試練によって身に付く能力があるという事もお伝えしました。

しかし、両立という選択をした場合、どのように習い事を続けて行くのが良いのでしょうか?

もしピアノのレッスンが月に3~4回なら、月に1回にするなど、ちょっとペースを落としても良いでしょう。
また受験が近くなってきた時は数ヶ月お休みしてもいいのはないでしょうか?

キッパリ辞めた!となってしまうと、また復帰するのは難しいでしょう。
中学に入ったらまたピアノを始めると言っても、部活動も始まりますし、勉強もますます大変になりますよね?

しかし、ペースを調整しながらでも続けていると、習い事のピアノも続けていけるのではないでしょうか?

このように対応してくれる教室もあるので、塾とのバランスを取りながら習い事も続けて両立するという選択も考えてみてください。

ピアノの習い事なら中学受験の気分転換にもなる!

中学受験があるから、ピアノの習い事を辞めたほうがいいのかどうか。

両立ができないと思って、習い事を辞めようとしているならちょっと考えてみてください!

その習い事のピアノ、お子さんの気分転換になっていませんか?
塾の勉強も大変で、ちょっと気分を変えたいという時ってありますよね?

ピアノのレッスンを週に1回にすると、塾とも両立もできて気分転換もできると思いますよ!
上記でも言いましたが、月に3~4回のレッスンではなく、ペースを落として上手に調整してみてはいかがでしょう?

体力が消耗してしまう習い事は、両立も大変かもしれませんが、ピアノは気分転換にもなるし、そして両立することで身に付く能力もあると言いましたよね?

お母さんではなく、決めるのはお子さん自身ですが、気分転換になるから続けてみたら?とアドバイスしてみるのもいいでしょう!

中学受験と習い事の両立には、バランスの工夫を!

中学受験となると、塾と習い事の両立にはバランスが大切です。

習い事は、ずっと続けて行きたいというお子さんの気持ちがあるのなら、塾の先生と相談しましょう。
習い事を辞めるように勧めてくる塾もあります。
真剣に話す事で、塾でも対応が変わってくるのではないでしょうか?

また、1番大事なのがお子さんの意思です。
ちゃんと塾と習い事を両立させるという強い気持ちがあるのかという事を確かめましょう。

そして、受験が近づく5年生になると、習い事をやめて塾に通うというお子さんが増えますが、5年生になったからと習い事を辞めるのではなく、両立が大変になってからでもいいのではないでしょうか?

両立にはバランスが大切です。工夫してできるようにしていきましょうね!