注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。

では、中学受験を目指すなら、習い事のピアノは辞めるべきなのでしょうか?まずは本人の気持ちを聞いてみては?

また、中学受験と習い事のピアノを両立する選択もありますよ!その場合、両立させるためのコツや工夫とはどんなこと?

そこで、中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

宿題をやらない!一年生が宿題をサクッとやっちゃう魔法の言葉とは

宿題をやらない子どもを見ているとイライラしちゃいますよね?『宿題やりなさい』ってついつい命令して...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

七五三の三歳の着付けを自分でやってみよう!意外と簡単です!

三歳の女の子の七五三が近づいてくると「着物をレンタルして美容室を予約しなくちゃ。」と考えるママも多い...

うさぎのケージ掃除は3段階で考えよう!ケージ掃除のポイント

うさぎのケージはエサや排泄物で汚れやすいため、こまめに掃除することが大切です。常に清潔なケージに...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

サッカー選手を引退後の収入源、引退後成功するために必要な事は

プロサッカー選手として活躍できる期間がどのくらいか知っていますか?平均在籍年数は2~3年と言われ...

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。子供に優しく、時には厳しく叱って...

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか...

犬の鳴き声でわかる気持ち!クーン・ワンワン・ウーッでわかる事

犬が「クーン」という鳴き声を出している時は、一体どんな気持ちの時なのかわかりますか?犬の鳴き声によっ...

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

2歳8ヶ月で言葉をオウム返しするのはどうして?会話の練習方法

2歳8ヶ月で言葉のオウム返しをするのは、発達が遅れているかもしれない?なかなか会話にならなか...

窓が閉まらないときの修理費用やポイントと考えられる原因とは

車の窓が閉まらないときはすぐに修理をしなければならないのでしょうか?では、窓が閉まらないとき...

カレーの具材を炒める理由と美味しく作るためのコツとは

カレーを作るときに具材を先に炒める理由についてご存知でしょうか?カレーを美味しく作るためには...

スポンサーリンク

中学受験を目指すなら、習い事のピアノは辞めるべき?

中学受験を目指すお子さんがいる家庭では、習い事を辞めるべきなのかどうかと悩んでいるという人も多いのではないでしょうか?

習い事を辞めるのは小学5年生の時期が多く、それはこの頃から塾に通うお子さんが増えるからでしょう。

しかし、中学受験があるからと、習い事を辞めなくてはいけないのでしょうか?

それは、必ずしもその必要はないでしょう。
お子さんの勉強の状況を見て、ちゃんと話し合ってからどうしたらいいのかを決めるといいですよ!

お子さんが短時間で学習内容を理解する事ができるのなら、習い事も続ける事ができますよね?

しかし、スポーツ系の習い事は、大会と塾の日が重なってしまい、続ける事が難しくなって習い事を辞めてしまうという子もいます。

ピアノの場合は、発表会に参加するのは難しいかもしれませんが、短時間のレッスンならば続ける事もできるのではないでしょうか?

いずれにしよ、お子さんと話し合ってから決めましょうね!

中学受験のためにピアノの習い事を辞めない方がいいの?

中学受験のために塾に通う事になった場合、習い事のピアノを辞めたほうがいいのかという事について、上記ではお子さんと話し合ってから決めましょうとお伝えしました。

きっと、いつもそばで見守っているお母さんは、両立は大変そうだから習い事は辞めたほうがいいのではないか?と思っている人が多いと思います。

でも、ちょっとここでお伝えしたい事があります。
最後に決めるのはお子さん自身ですが、塾と習い事を両立させようとする事で、お子さんはだんだんと時間の使い方を考えるようになるでしょう。
時間配分や優先順位も考えようになるので、自分自身をコントロールする能力を身に付ける事ができるようになるのです。

塾と習い事で「やらなければいけない」という小さな試練を与える事によって、このような能力を見に付ける事ができます。

しかし、両立しようとお子さんが頑張った結果、塾に集中したいと言ってきたら、ここまで頑張ってきた事を褒めてあげてから、習い事を辞めさせてあげましょうね。

中学受験と習い事のピアノを両立する選択も

中学受験があるので、塾に通うから習い事のピアノを辞めるか続けるかについて、最後に決めるのはお子さん自身ですが、習い事も続けるという小さな試練によって身に付く能力があるという事もお伝えしました。

しかし、両立という選択をした場合、どのように習い事を続けて行くのが良いのでしょうか?

もしピアノのレッスンが月に3~4回なら、月に1回にするなど、ちょっとペースを落としても良いでしょう。
また受験が近くなってきた時は数ヶ月お休みしてもいいのはないでしょうか?

キッパリ辞めた!となってしまうと、また復帰するのは難しいでしょう。
中学に入ったらまたピアノを始めると言っても、部活動も始まりますし、勉強もますます大変になりますよね?

しかし、ペースを調整しながらでも続けていると、習い事のピアノも続けていけるのではないでしょうか?

このように対応してくれる教室もあるので、塾とのバランスを取りながら習い事も続けて両立するという選択も考えてみてください。

ピアノの習い事なら中学受験の気分転換にもなる!

中学受験があるから、ピアノの習い事を辞めたほうがいいのかどうか。

両立ができないと思って、習い事を辞めようとしているならちょっと考えてみてください!

その習い事のピアノ、お子さんの気分転換になっていませんか?
塾の勉強も大変で、ちょっと気分を変えたいという時ってありますよね?

ピアノのレッスンを週に1回にすると、塾とも両立もできて気分転換もできると思いますよ!
上記でも言いましたが、月に3~4回のレッスンではなく、ペースを落として上手に調整してみてはいかがでしょう?

体力が消耗してしまう習い事は、両立も大変かもしれませんが、ピアノは気分転換にもなるし、そして両立することで身に付く能力もあると言いましたよね?

お母さんではなく、決めるのはお子さん自身ですが、気分転換になるから続けてみたら?とアドバイスしてみるのもいいでしょう!

中学受験と習い事の両立には、バランスの工夫を!

中学受験となると、塾と習い事の両立にはバランスが大切です。

習い事は、ずっと続けて行きたいというお子さんの気持ちがあるのなら、塾の先生と相談しましょう。
習い事を辞めるように勧めてくる塾もあります。
真剣に話す事で、塾でも対応が変わってくるのではないでしょうか?

また、1番大事なのがお子さんの意思です。
ちゃんと塾と習い事を両立させるという強い気持ちがあるのかという事を確かめましょう。

そして、受験が近づく5年生になると、習い事をやめて塾に通うというお子さんが増えますが、5年生になったからと習い事を辞めるのではなく、両立が大変になってからでもいいのではないでしょうか?

両立にはバランスが大切です。工夫してできるようにしていきましょうね!