注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児は寝る時間がバラバラ!生活リズムを整えるコツとは

新生児の赤ちゃんは基本的に寝ていることが多いので寝る時間もバラバラです。

では、赤ちゃんに生活のリズムをつけるにはどうしたらいいのでしょうか?その方法とは?

また、赤ちゃんの安眠のためには環境とスペース作りをしっかり準備しておきましょう!

そこで、赤ちゃんに生活のリズムをつける方法や睡眠時間を整えるコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬との信頼関係が崩れるときとは?正しいしつけの方法

犬と信頼関係が崩れるのはどのようなときなのでしょうか?しつけのつもりが、犬との信頼関係を悪くしていた...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。 ...

七五三の三歳の着付けを自分でやってみよう!意外と簡単です!

三歳の女の子の七五三が近づいてくると「着物をレンタルして美容室を予約しなくちゃ。」と考えるママも多い...

猫が電話をしていたら怒るのはよくあるコト!猫の気持ちとは

電話をしていたら突然猫が怒り出したという経験はありませんか? じつは猫を飼っている人にはよくあ...

実家に帰りたい!新婚生活が楽しくないと感じても逃げちゃダメ!

実家に帰りたい! 新婚生活楽しくない! 好きな人と結婚したはずなのに、どよーんとした生活… 新...

赤ちゃんが泣き止む音って?泣いている赤ちゃんに聞かせたい音

泣いている赤ちゃんをなんとかして泣き止ませてあげたい、赤ちゃんが泣いた時に泣き止む方法を知りたいとい...

お米5キロは一人暮らしだと何日もつか検証!安いのは断然自炊

一人暮らしで食費を節約したい!そんな時に思うのが、お米は何キロ買ったらいいの? 5キロあったら何日...

幼稚園の水筒の容量は少な過ぎず、大き過ぎずなオススメの水筒

子供向けの水筒は色んな種類があって、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。 まだ小さいので...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。 居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。 気持ちはありがたいけれど、正直結構です。 「気...

赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方や困ったときの対処法とは

赤ちゃんのオムツ替えをするとき、足を突っ張ねたり、バタバタさせるときはどうしたらいいのでしょうか? ...

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方のコツを理解しよう

カブトムシやクワガタムシ…。子供のためにも今年こそは捕まえたいと思っている、お父さんも多いのではない...

家族が不仲だと子供の成長に悪影響しか与えない

家族の不仲は子供の成長に悪影響しか与えません。 夫婦の激しいケンカはもちろん、無視し合ったりす...

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんは寝る時間がバラバラ

新生児や月齢の低い赤ちゃんは寝る時間は決まっておらず、バラバラなのです。

生後間もない赤ちゃんは昼夜関係なく寝るものです。
特に生後2ヶ月頃までは授乳が終わるたびに眠り、3時間~4時間ごとに目を覚まして授乳をするという繰り返しなのです。

しかし、そんな生活がいつまでも続くわけではありません。

赤ちゃんは成長していくと徐々にまとまって眠るようになるのです。
まとまって眠るようになるのには個人差がありますが、大体生後3ヶ月~4か月あたりから昼夜の区別がついて、昼間の起きている時間が長くなっていくのです。

この頃はまだ夜中のミルクが必要な子もいますが、昼間よりも夜に寝る時間の方が長くなる子が多いのです。

生後9ヶ月~12ヶ月頃になると体を動かして遊ぶようになり、日中の活動が増えていきます。
規則正しいお昼寝をすることで大人に近い睡眠のリズムを作っていく時期なのです。

寝る時間がバラバラな新生児に入眠儀式を覚えさせるには?

寝る時間がバラバラな新生児に入眠儀式を覚えさせるにはどうすれば良いのでしょうか?

入眠儀式とは、眠りにつきやすくするためにする寝る前の行動のことを言います。
毎日寝る前に同じことをすることで、赤ちゃんがもう寝る時間なんだと思わせるようにするのです。

入眠儀式を覚えさせるために、毎日寝かしつける前にお風呂に入れてあげて、その後水分補給をさせて暗くした寝室で背中を優しくトントンとすると、寝る時間が整ったり夜泣きをすることがなくなったという人もいるようです。

寝る前に赤ちゃんにとって夜泣きの原因になってしまう刺激とならない程度に、十分に疲れさせてあげると夜中もぐっすりと眠ってくれることがあります。

寝る前にミルクを飲ませたり、お風呂に入ったりすることで赤ちゃんは疲れるので、寝る時間を整えたいというママはこのような入眠儀式を覚えさせてみるのも良いですよ!

寝る時間がバラバラな新生児に生活リズムをつける方法

寝る時間がバラバラな新生児に生活リズムをつけてあげられる方法はあるのでしょうか?

生活リズムをつける方法はあります。
その方法は、毎日決まった時間に同じことをしてあげるということだけです。

しかし、赤ちゃんは時間の感覚もわからなければ生後3ヶ月頃までの間はほとんど何も見えていないのです。
なので、視覚で時間の経過を把握することはできません。

ではどうすればよいのでしょうか?

ミルクの時間とお昼寝の時間をきちんと決めると良いです。
ミルクの量は成長と共に増えて飲む間隔は開いてくるので、そのときはミルクを飲んでから次に飲むまでの間隔を4時間、5時間と開けて行って問題ありません。

また、お昼寝の時間と起こす時間を決めてあげると少しずつリズムが体に染み付いていきます。

さらに、お風呂の時間も決めてあげましょう。

赤ちゃんの安眠のためのスペース作りをしっかりと!

赤ちゃんの安眠のためのスペース作りはしっかりとしましょう。

赤ちゃんが寝るスペースは生活の中心となります。
部屋の一角に赤ちゃんが寝るための専用の場所を確保し、産後退院してからすぐに寝かせられるように、出産前にはしっかり整えておきましょう。

赤ちゃんはほこりが苦手なので、風通しが良くこまめに掃除ができるような清潔に保てる場所にしましょう。
また、赤ちゃんに直接太陽の光が当たってしまうような場所や、エアコンの風が直接当たってしまうような場所は避けましょう。

昼間ママの目が届きやすいことやオムツ替え、夜中の授乳がしやすいということも考えたいところですね。
ママの目が届きにくいところだと、赤ちゃんがママの姿が見えずに不安になって泣いてしまうということもありますし、赤ちゃんは寝ている間に手や足が動いて布団が顔にかかってしまうということもあります。

ママの目が届きやすい場所というのは絶対条件ですね。

ベビーベッドかベビー布団かどちらの方が良いかと考える方もいますが、ママやパパとの就寝スタイルなどで合わせると良いですね。
ベビーベッドは使用期間が短いので買わなくてもレンタルするという方法もあります。

赤ちゃんの睡眠時間を整えるコツとは

赤ちゃんの睡眠時間を整えるコツとは一体何でしょうか?

赤ちゃんの睡眠時間を整えるコツは、ママやパパが1日の生活リズムを整えることにあります。

日中は外で日光を浴びながら遊ぶ、ご飯の時間、お風呂の時間、夜は赤ちゃんの刺激になってしまう音や電気を消して眠りにつくといった決まったルールを毎日していくことで生活リズムを整えていきましょう。

朝は早めに起きて日光を浴びさせると、昼夜の体内時計に関わるホルモンが働いて生活リズムが整いやすくなるのです。

夜泣きは赤ちゃんによって個人差がありますが、なかなか夜泣きが落ち着かないというときは赤ちゃんを抱っこしながら子守唄を歌ったり、添い寝をしながら寝かしつけるなどの入眠儀式を行うことも良いです。

すぐに効果が出るということではありませんが、寝る前にしてあげることでもう寝る時間なんだと赤ちゃんに意識をさせてあげることが大切です。

なかなか眠りについてくれなかったり夜泣きが落ち着かなかったりしてママは寝不足になってしまうことがあります。
なかなか眠れずに疲れてしまったときはパパに代わってもらったり、赤ちゃんがお昼寝をしたタイミングで一緒に寝るようにしたりなど休む方法は色々あります。

赤ちゃんはママの笑顔が一番なので、赤ちゃんを安心させてあげるためにもママの体調はとても大事なのです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686