注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

2歳8ヶ月で言葉をオウム返しするのはどうして?会話の練習方法

2歳8ヶ月で言葉のオウム返しをするのは、発達が遅れているかもしれない?

なかなか会話にならなかったり、何度もオウム返しをされると少し心配になってしまいますよね。2歳8ヶ月頃の子どもの言葉の発達とは?

言葉や会話を覚えてもらうのには、どのように子どもと過ごせばいいのでしょうか?言葉の成長に役立つ遊び方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

漢字の書き取りが苦手な子供の勉強方法と覚えさせるためのコツ

小学校でも学年が上がるにつれて覚える漢字の量は増えていきますよね。でも、子供が漢字の書き取り...

子供のテレビの見過ぎを防ぐコツや上手な付き合い方のルール作り

子供のテレビの見過ぎというのは、子供にとってどんな影響を与えるのでしょうか?では、見過ぎない...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。では、保育園での遠足...

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。...

お弁当はパンで簡単美味しいパン弁当!お弁当作りを短縮

朝のお弁当作りは毎日大変ですよね。お弁当のおかずを作るとなると、4~5品くらいは必要になりま...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

浴室の換気扇から音がする。考えられる原因と対処法について

浴室の換気扇から音がする。一番に考えられる原因は『ホコリ』でしょう。この場合、換気扇の掃...

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方のコツを理解しよう

カブトムシやクワガタムシ…。子供のためにも今年こそは捕まえたいと思っている、お父さんも多いのではない...

アクリルケースが欲しいなら、100均に行こう

部屋の中に細々したものが散らばっていると、見た目にも散らかって見えますし、使いたい物を探す時に苦労し...

漢字検定準一級は勉強時間どのくらいで合格できる?勉強のコツも

漢字検定の準一級を目指して勉強をしている方も多いと思いますが、実際どのくらいの勉強時間で合格できるの...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

転勤を子供が嫌がるときに親ができることや経験で得ることとは

転勤することを子供が嫌がるのは、転校などによってせっかくできた友達とお別れをしなければならないからで...

幽霊が怖い!恐怖心の克服方法と恐怖を感じるメカニズムについて

幽霊が怖い!わけのわからない恐怖心を克服するには、色々な方法がありますから是非試してみてください...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

スポンサーリンク

2歳8ヶ月で言葉をオウム返しするのが心配

2歳の子供に話しかけても、言葉のオウム返しをするばかりだと、発達が遅れているのかもと心配になる方が結構います。

特に始めてのお子さんだと、周りの子との違いに敏感になってしまいますから、心配になりますよね。

2歳の子供が、言葉をオウム返しするのは自然なことです。
1歳半くらいからはじまって、2歳半くらいがピークというケースが多いです。

この頃の子供の話す言葉は5~45%がオウム返しとも言われています。

オウム返しは、言葉を覚えるときにみられる、発達段階の一つです。
この真似っこが、言葉を習得する上では大事なことなのです。

ピークの時には「いつまで続くのかな~。」と思うかもしれませんが、1年~1年程度で収まります。

3歳になるとだんだんと自分の言葉で表現できるようになってきます。

オウム返しの時期には、子供はどんどん言葉をインプットしています。
そして、「物の理解」が出来るようになったら、今度は言葉をアウトプットするようになるのです。

2歳8ヶ月の子どもが言葉をオウム返ししてしまうのはまだ理解するまでに時間がかかるため

2歳8ヶ月で、オウム返しするのは、理解するのに時間がかかっている場合があります。

「食べたいのどれ?」という質問で、オウム返ししてくるとしましょう。
全く同じことを返してくる場合には、質問を理解できていない可能性があります。

そんな時には、選択できるように質問してみましょう。

「食べたいのはミカン?それとも、リンゴ?」というようにです。
見本を見せてあげると、わかりやすいでしょう。

複数の見本をそのまま答えてしまう場合には、選択肢を一つにして聞いてみましょう。

また、語尾が質問口調で上がってしまう場合には、語尾を下げた見本を言って繰り返してもらいます。

母「食べたいのはミカン?」
子「ミカン?」
母「ミカン」(語尾は下げて)
子「ミカン」

という感じの会話になりますね。

また、子供が理解できる言葉に直して、聞き直すのも良いでしょう。

わからない質問を避けていても、わからないままになってしまうので、余裕のあるときには、わからない質問も繰り返し聞くようにします。

そのときには答えの見本を言ってあげましょう。

質問の意味を理解させることが大切です。

2歳8ヶ月で言葉をオウム返ししてしまう場合はどう対応したらいい?

子供と話す時には「ゆっくり」と話しましょう。

子供の目をみて、ゆっくりと、そしてはっきりと話しかけましょう。
これは、赤ちゃんの時から言えることです。

赤ちゃんの時には、言っても理解していないと思っている方がいますが、そんな事もありません。

大人が思っている以上に理解しています。

赤ちゃんが言葉を獲得する始めの段階は、周りの人の言葉を聞いて覚えることです。
話すという事に興味を覚えて、話し方を覚えようとします。

ですから、「いい天気ね」とか「綺麗ね」とか「美味しいね」など、身の回りのことを言葉にして話しかけることが大切です。

赤ちゃんが聞き取れるようにゆっくりと、そしてはっきりと話してあげましょう。

これは子供が話せるようになるまで、意識をして気をつけたい点です。

2歳8ヶ月でオウム返しをする場合も一緒で、言葉を覚えている過程にありますから、しっかりと聞き取れるように話してあげましょう。

たくさん話しかけ、いろいろな言葉を教えてあげてくださいね。

2歳8ヶ月で言葉の発達が気になるときには遊んでいるときにたくさん声をかけよう!

もし、言葉の発達が気になるなら、たくさん話しかけてあげてください。

遊んでいる時は、話しかけるチャンスがたくさんあるのでおすすめです。

外遊びは子供の好奇心も満たされますよね。
特におすすめなのは砂場です。

最近ではだんだんと減ってきましたが、外遊びが苦手な子でも楽しめるのがおすすめポイントです。

また、砂遊びは想像力を養えますし、達成感も感じさせてあげられます。

「大きな穴が掘れたね!」、「山が大きくなってきたよ!すごい!」など、褒めポイントはたくさんあります。

一緒に何かを作っても楽しいですよね。

もちろん、活発なお子さんでしたら遊具で遊ぶのも良いでしょう。

また、家であそぶなら、同じような体験が出来るが粘土遊びです。
「長くなったね!」とか「円くなったね!」とか、たくさんの声かけができますよね。

自分は凄いんだ!と思わせてあげられたら、自信に繋がってゆくでしょう。

2歳8ヶ月で言葉の発達に疑問を感じるときには

全然話してくれないと心配する方もたくさんいます。
特に周りの子がお話し上手だと、不安になりますよね。

子供の発達は、個人差がありますから、今はインプットの時期なのかもしれません。
スポンジのようにどんどん吸収しているのかもしれませんよ。

そういった子は、一度話し出すと、一気にいろんな言葉を話すようになったりします。

お子さんが話せるようになった言葉を書き出してみませんか?
書き出すことで、意外と話せてたんだなと気付くかもしれません。

少しずつ増えていく過程が、目に見えるもの嬉しいですよね。

それを残しておくのも、子供が大きくなったときに楽しいかもしれません。

実際にはちゃんと発達しているけれど、保護者が気付いていないだけという事もあり得ますよ。