注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ミルクの間隔が3時間なのはいつまで?赤ちゃんの授乳の間隔

赤ちゃんが誕生した瞬間からずっと、ママは赤ちゃんのお世話で大忙しになりますよね。オムツ替えや授乳、沐浴やねんねなど、赤ちゃんが小さいうちは特に、赤ちゃんのお世話につきっきりになることが多いです。

赤ちゃんは母乳やミルクを飲んで大きくなりますが、大体3時間おきにミルクを飲むことが多いです。赤ちゃんのミルクの間隔が3時間なのは一体いつまでなのでしょうか。

そこで今回は、赤ちゃんのミルクの間隔と授乳のリズムについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

跳び箱の練習場所が自宅でできるコツや飛べるようになるポイント

跳び箱の練習は、場所や跳び箱がなくても基礎となる練習や必要な練習をすることができます。では、...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

カニとエビの違いとは?あまり知られていない特徴を教えます

カニとエビはどちらも甲殻類ですが、その違いについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?...

父子家庭の子供の心理と特徴・性格は?父子家庭が抱える悩み

何らかの事情で妻と別れることになり、自分が子供を育てることになったという父親もいますよね。最近では、...

庭を遊び場にDIYする時に参考にしてほしいアイデア特集

殺風景な家の庭を、子供が喜ぶような遊び場にDIYで変身させたい!そんな方も多いのではないでしょうか。...

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。この...

漢字検定準一級は勉強時間どのくらいで合格できる?勉強のコツも

漢字検定の準一級を目指して勉強をしている方も多いと思いますが、実際どのくらいの勉強時間で合格できるの...

100均のカッパを子供に選ぶ時のポイントとリメイクアイデア

小さな子供の場合、雨の日にはカッパが必需品です。カッパを購入する場合には、子供服売り場やホームセ...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

赤ちゃんが笑うのがみたい。声を出して笑う時期と笑いのツボ

赤ちゃんが声を出して笑うととても可愛いですし、周りもつられて笑ってしまいますね。ニコっと笑ったよ...

バレエの柔軟ストレッチ!股関節が固い子供に効果的な練習

体の柔軟性はバレエをする上で大切なことの一つですよね。しかし、「うちの子は体が固くて…」とお悩み...

いつもの寿司が変わる?スーパーの握り寿司を美味しく食べる方法

スーパーで販売されている握り寿司。値段も安く、すぐに食べられるので利用している人も多いですよね。...

離乳食の7倍粥を炊飯器で焚く方法と驚きの時短の裏技を紹介

離乳食で7倍粥だと離乳食も中期のころですね。赤ちゃんの7倍粥はどんな方法で作っていますか?...

腕が短い人の洋服選びのポイント~おすすめの袖のタイプ

洋服を買っても、いつも袖が余ってしまうとか、シルエットがキレイに出ないとお悩みの方はいませんか?...

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんのミルクは3時間おき!いつまで続く?

産まれたばかりの赤ちゃんの授乳間隔は大体3時間おきですが、この間隔はいつまで続くのでしょうか?

新生児期の赤ちゃんは生活リズムがまだ出来上がっておらず、授乳間隔は2~3時間おきです。
その後は体重が増え、母乳を一度に飲める量も増えていき間隔が空いていきます。
昼間は3時間以上、夜間は4~5時間ほど授乳間隔が空く赤ちゃんもいます。

授乳間隔は一概にこうだとは言えず、赤ちゃんによって満腹感や空腹感はそれぞれ違うため、生後3か月を過ぎても3時間おきの授乳から変わらない場合もあれば生後2か月のときから3時間以上間が空く子もいるのです。

なので、月齢や時間をあまり気にする必要はありません。
生後1か月~4か月頃までは、体重がなかなか増えなかったり、反対に増えすぎているなどの問題が無ければ、基本的には赤ちゃんが欲しがるときに欲しがる分だけ授乳してよいのです。

一週間で大体200グラム以上赤ちゃんの体重が増えていれば問題ありません。

ミルクの間隔が3時間の理由・いつまで3時間なの?

母乳は欲しがるときに欲しがる分だけ与えてよいですが、ミルクは3時間間隔をあけて授乳をしなければいけないとミルクの缶にも書いてありますが、なぜ3時間なのか気になりますよね。

ミルクの3時間という間隔はいつまで続く?その理由について

  • ミルクは母乳を違って人工的に作られたものであり、赤ちゃんのお腹で消化吸収されるのに時間がかかるからなのです。
  • 母乳と違って胃への負担が多くかかり、カロリーが高いという理由もあります。
  • ミルクを3時間おきに授乳するのは大体4か月から5か月くらいまでといわれています。
  • この時期には一度に飲む量も増えてくるので、自然と間隔も空いてくるのです。
  • そして、同時に離乳食も始まる時期なので、少しずつミルクの量も減っていくのです。

そうはいっても個人差があるので、必ず3時間あけなくてはいけない!ということはありません。
機嫌や便通を観察し、体重も問題なく増えていれば、3時間たたないうちにミルクをあげても良いのです。

ミルクの間隔が3時間じゃない赤ちゃん・いつまでも寝てるけど大丈夫?

ずっと寝ていてミルクを全然欲しがらないけど、大丈夫なの?と心配になるママもいるかと思います。

ミルクの間隔が3時間も空かない赤ちゃんがいれば、3時間以上たっているのにいつまでもぐっすりと寝ていてミルクをあまり飲まない赤ちゃんもいるのです。

3時間おきの授乳はあくまでも目安なので、基本的には赤ちゃんが欲しがったときに欲しがる分だけあげると問題はありません。

生後1か月前後では授乳間隔が1~2時間おきで、夜中も赤ちゃんの間隔に合わせて起きて授乳しなくてはいけないため、ママにはとても負担がかかっていると思います。
生後1か月は授乳間隔は定まりませんが、生後2~3か月頃になると間隔は3~4時間おきと大体定まってきますし、さらに4~5か月頃になると離乳食などの関係で徐々に授乳回数も減っていくので、心配はいりません。

ママの寝不足も赤ちゃんの成長とともに解消されていき、いつのまにか赤ちゃんと朝までぐっすり眠っていた!なんて日が来ること間違いなしですよ!

ミルクの間隔が3時間も空かない時の対処法

生後4~5か月くらいになると授乳間隔が安定してきて1度に飲む量も増えていきますが、それでも授乳間隔が3時間もたない赤ちゃんもなかにはいますが、こういった場合はどう対処すればよいのでしょうか。

赤ちゃんの機嫌や便通などが特に問題ない場合は、その日の体調や過ごし方で3時間たたないうちにお腹が空くこともあるので、きっちり3時間空けなくてはいけないということはありません。

体重が急激に増えていたり、頻繁に吐き戻しをする場合はミルクを飲ませすぎていることが考えられるので、赤ちゃんの様子を見ながらミルクを飲む間隔を長くあけられるようにしていきましょう。

初めての子育ての場合は赤ちゃんが何で泣いているのかわからず、お腹が空いていると勘違いして飲ませてしまうこともあるかと思いますが、赤ちゃんが泣いている原因は部屋の温度によるものや寂しくて泣いていることもあるので、よく観察してみるといいですね。

赤ちゃんが3時間たたないうちにミルクを欲しがる癖がついてしまっている場合は、哺乳瓶を飲みにくいものに変えると、飲むのに時間がかかって途中で満足して寝たりするので、次のミルクの時間まで良い時間稼ぎになります。

夜中に3時間おきの授乳・いつまで続く?

赤ちゃんは産まれてから朝も夜も関係なくミルクで泣き、ママもそれに合わせて夜中であっても授乳しなければならないのでとても大変かと思います。
夜中も数時間おきに泣かれると、「こんな生活がいつまで続くんだろう…」と不安になってしまう方も少なくありません。

自分の子供の授乳ペースは一般的なのだろうか?と心配になってしまうこともありますよね。

生後3~4か月頃までは母乳やミルクなどに関わらず、1~3時間ほどの授乳間隔が続くのが一般的となっています。
母乳はミルクと違って消化が良いので、ミルクより少し早くお腹が空いて泣き出してしまうこともあります。
また、赤ちゃんはまだ生活リズムができていないので、昼夜関係なく飲みたがります。
夜中に起きて授乳するのは大変なことですが、これは先輩ママ達が皆通ってきた道だと思って頑張るしかありません。

生後3か月を過ぎたあたりから、一度に飲める量が増えていくので授乳回数が減り、ママが休める時間も増えていきます。
夜寝る前にたっぷりミルクを飲むことで、夜中にお腹が空くことはなく朝までぐっすり眠ってくれることもありますよ。