注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?

では、警察官採用試験まで時間がない場合は、どんな勉強をするのがいいのでしょう?

また、勉強する時間がない人の場合は、どうすれば効率よく勉強することができるのでしょうか?

そこで、警察官になるための勉強をはじめる時期の目安や効率の良い勉強方法などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

合宿の持ち物を紹介!テニス合宿の必需品とあると便利なモノとは

高校や大学などテニスの合宿がある場合は、どんな物を持っていけばいい? また何があると便利?テ...

100均のカッパを子供に選ぶ時のポイントとリメイクアイデア

小さな子供の場合、雨の日にはカッパが必需品です。カッパを購入する場合には、子供服売り場やホームセ...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね!では、牛肉のカレーをするならどんな...

大学で浪人がバレる瞬間は?先にカミングアウトした方がいいかも

浪人生活を経て晴れて大学入学!でも嬉しい反面、浪人したことがバレるのは嫌だなという気持ちになるか...

幼稚園児の昼寝の時間はどのくらい?【年齢別】昼寝の時間の目安

幼稚園に通っているお子さんがいるママたちは、子供にお昼寝をさせた方が良いのか悩む事もありますよね。子...

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派?子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

昼寝の時間が30分!赤ちゃんのお昼寝が短い理由と寝かせる方法

「赤ちゃんが昼寝をしている間に家事を済ませたいけど、お昼寝をしても30分で起きてしまうという」という...

離乳食とお風呂の順番は?一番はママが気にし過ぎないこと

離乳食が始まる時期になると、離乳食が先か、それともお風呂が先かの順番に悩みます。離乳食で汚れた口...

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。楽しい...

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?テレビやゲームなどは...

赤ちゃんが泣き止む音って?泣いている赤ちゃんに聞かせたい音

泣いている赤ちゃんをなんとかして泣き止ませてあげたい、赤ちゃんが泣いた時に泣き止む方法を知りたいとい...

夫婦で誕生日!オススメの過ごし方は?お祝いごとは祝おうね!

夫婦の誕生日、どのように過ごしますか?忙しい毎日を過ごしているので、誕生日は二人でゆっくり、...

姑との同居で無視しているという人はいます。姑への対処法とは

義父母と同居している人は昔と比べて減少しているといいますが、その割合はどのくらいだと思いますか。...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

スポンサーリンク

警察官になるためにはいつから勉強するべき?一般的な目安とは

男性だったら、「警察官になりたい」と夢を持つこともあると思います。でもその警察官ですが、どうやってなれるか、またいつから勉強するべきなのか、その目安についてみてみたいと思います。

まず、警察官ですが、警察官3種や自衛隊曹候補生よりは難しくありません。安心して下さい。

ただ、だからといって勉強しなくても合格するという訳ではありません。

勉強時間の目安としては、「1日1-2時間」になります。

始める時期ですが、「半年前後」が妥当だと思われます。

計算してみると、300時間前後で合格レベルということになるでしょうか。

ただ、これはあくまでも平均であるので、個人の学力によって、勉強の仕方や勉強時間は変わってきます。

その為、合格する勉強方法を知る必要がありますよね。

自分にあった、参考書、問題集を選び、合格していく必要があります。合格していくには、効率的に勉強をしていきましょう。

警察官になりたいならいつから勉強したらいいの?

上記では、警察官を目指すなら、1日1-2時間、半年前後から勉強を始めるのが一般的なことを知りました。

引き続き、警察官になりたいのなら、いつ頃から勉強したら良いのか、より詳細にみていきたいと思います。

あなたがもし大学生であれば、大学を3月に卒業して、次の月から警察官になることになります。それを目指しているのであれば、採用試験は大学4年の春になります。

その為、在学中から勉強をしなくてはいけません。

それではいつから勉強したら良いの?と疑問に思うと思います。

上記でも少し触れましたが、一般的には半年前後、でも学力には個人差があるので、中学の5教科の内容をしっかりとマスターする、そこに集中した勉強をすることが、より具体的な答えになってきます。

それではまだ抽象的だと感じる方ですが、警察官採用試験の過去問題集が書店に売っているので、それを勉強すると、出題の傾向がわかると思います。

過去問を解くことによって、本番に向けて慣れが生じて来て、合格に繋がると思います。

警察採用試験の勉強がいつからになろうと効率良く!

先程は、警察官になりたいのであれば、中学で習う5科目をマスターすること、また警察官採用試験の過去問を説いておくことをアドバイスとしてみてきました。

次に、勉強するとなると、効率よく勉強したいものですよね。どうやったらより効率よく勉強することができるでしょうか。

警察官採用試験における教養試験レベルでは、数的推理・判断推理・資料解釈・空間把握が大切になってきます。それらの問題をマスターしておけば、ある程度の点数が取れると思います。

他の分野にあまり力を入れないで、上記の分野をマスターしていきましょう。特に、勉強する時間が少ないようでしたら、警察官採用試験で特に出される傾向が強い分野に力を入れて勉強をするべきです。

勉強ともなると、ある程度の「暗記」が要求されますが、出題されるのが、社会系90%、人文系50%、自然系20%と決まっているようです。だとしたら、出題される割合が多い部分の暗記に力を入れると良いのではないでしょうか。

よく出る分野を重点的に勉強して、合格を手に入れましょう。

勉強する時間がない人は最低限の知識が入った問題集をやること

上記では、警察採用試験の勉強をより効果的に進めるのなら、傾向をみること、出されやすい分野に力を入れて勉強することがお勧めであるというアドバイスをみてきました。

でも、忙しい世の中、勉強をする時間がないと感じる人もいるのではないでしょうか。そういった場合ですが、最低限の知識が取得できる問題集を解くことをお勧めします。

警察官になるために最低限の問題をこなせるようにする

試験を受ける際に、他の余分な選択肢を消す為にも、最低限の知識を頭に入ってくる問題集を選び、解いていきましょう。

そうすることで、自分が間違った選択肢を選択するリスクを減らすことができます。

問題集を何度も解いて警察官の試験に挑もう

繰り返し問題を解くことによって、頭に入ってくると思います。何度も繰り返し解くことによって、基本的なレベルをマスターし、本番まで、余計なミスを侵さないようにしましょう。

警察官になるなら体力やパソコンスキルは必須!

上記では、警察採用試験までに時間がない人はどうやって対応できるか、その対応方法についてみてきました。

最後に、あなたのなりたい警察官、なりたいのなら体力とパソコンスキル、この2点が必要なことに触れて終わりたいと思います。

  1. 体力
    テレビやドラマでみてもわかる通り、警察官になるには、体力が必要になってきます。警察学校に通い、武道の授業、柔道や剣道を習うことが求められてきます。
    学生時代に柔道や剣道を習っていると、その点有利になると思います。サッカーや陸上競技での経験も生かされてくると思います。
  2. コンピューターのスキル
    警察官になってからは、報告書の作成も業務の一つになってきます。その為、パソコンも使用することになってきます。ある程度のコンピュータースキルは求められているようですね。コンピューターの知識はこれからも必要になってくるので、あっても越したことはないと思います。