注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?

では、警察官採用試験まで時間がない場合は、どんな勉強をするのがいいのでしょう?

また、勉強する時間がない人の場合は、どうすれば効率よく勉強することができるのでしょうか?

そこで、警察官になるための勉強をはじめる時期の目安や効率の良い勉強方法などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんは寝る時に不安や怖いと感じるの?その心理とは

赤ちゃんって寝る時に怖いと感じたり、不安な気持で泣くことがあるって聞くけど本当なのでしょうか?...

子育てに疲れた【悪魔の3歳】と言われる3歳児の子育て方法

赤ちゃんが生まれてすぐの頃は、まだ自分で動くこともできず、ママがすべてのお世話をしていましたよね。で...

子育てで疲れたときの3歳児への対処法やママの気分を上げる方法

子育てで疲れたと感じている3歳児のママは多いかもしれませんね。では、魔の3歳児の子育てに疲れ...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

赤ちゃんが音楽を聴いたら喜ぶの?お気に入りの音楽見つけて!

赤ちゃんと音楽の関係って?赤ちゃんだから音楽を聴いても、感想なんて持たないと思っているママ!...

旦那が不機嫌だと無視をしてくる!そんなときの対処方法

旦那が不機嫌になると無視をしだす・・。何が原因なのかわかれば、話を聞くなり放っておくなり対処できます...

猫が驚くとこんなにジャンプするものなのか。猫の行動について

猫の動画は猫好きもそうじゃなくても人気がありますね。中には話題になるほどの動画もあります。癒...

お箸の持ち方の練習方法!子供へ教えるポイントとお箸の選び方

子供がスプーンやフォークを使えるようになると、次はお箸の練習ですよね。教えるのにはどのくらいの時...

テストで0点?小学校に入ったばかりの1年生なら問題ありません

小学校に入ったばかりの1年生であってもテストはありますが、その内容は大人から見れば簡単なものですよね...

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

漢字検定準一級は勉強時間どのくらいで合格できる?勉強のコツも

漢字検定の準一級を目指して勉強をしている方も多いと思いますが、実際どのくらいの勉強時間で合格できるの...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派?子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツとは

体育の授業でもソフトボールをすることがありますが、どんな練習メニューをするといいのでしょうか?...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

スポンサーリンク

警察官になるためにはいつから勉強するべき?一般的な目安とは

男性だったら、「警察官になりたい」と夢を持つこともあると思います。でもその警察官ですが、どうやってなれるか、またいつから勉強するべきなのか、その目安についてみてみたいと思います。

まず、警察官ですが、警察官3種や自衛隊曹候補生よりは難しくありません。安心して下さい。

ただ、だからといって勉強しなくても合格するという訳ではありません。

勉強時間の目安としては、「1日1-2時間」になります。

始める時期ですが、「半年前後」が妥当だと思われます。

計算してみると、300時間前後で合格レベルということになるでしょうか。

ただ、これはあくまでも平均であるので、個人の学力によって、勉強の仕方や勉強時間は変わってきます。

その為、合格する勉強方法を知る必要がありますよね。

自分にあった、参考書、問題集を選び、合格していく必要があります。合格していくには、効率的に勉強をしていきましょう。

警察官になりたいならいつから勉強したらいいの?

上記では、警察官を目指すなら、1日1-2時間、半年前後から勉強を始めるのが一般的なことを知りました。

引き続き、警察官になりたいのなら、いつ頃から勉強したら良いのか、より詳細にみていきたいと思います。

あなたがもし大学生であれば、大学を3月に卒業して、次の月から警察官になることになります。それを目指しているのであれば、採用試験は大学4年の春になります。

その為、在学中から勉強をしなくてはいけません。

それではいつから勉強したら良いの?と疑問に思うと思います。

上記でも少し触れましたが、一般的には半年前後、でも学力には個人差があるので、中学の5教科の内容をしっかりとマスターする、そこに集中した勉強をすることが、より具体的な答えになってきます。

それではまだ抽象的だと感じる方ですが、警察官採用試験の過去問題集が書店に売っているので、それを勉強すると、出題の傾向がわかると思います。

過去問を解くことによって、本番に向けて慣れが生じて来て、合格に繋がると思います。

警察採用試験の勉強がいつからになろうと効率良く!

先程は、警察官になりたいのであれば、中学で習う5科目をマスターすること、また警察官採用試験の過去問を説いておくことをアドバイスとしてみてきました。

次に、勉強するとなると、効率よく勉強したいものですよね。どうやったらより効率よく勉強することができるでしょうか。

警察官採用試験における教養試験レベルでは、数的推理・判断推理・資料解釈・空間把握が大切になってきます。それらの問題をマスターしておけば、ある程度の点数が取れると思います。

他の分野にあまり力を入れないで、上記の分野をマスターしていきましょう。特に、勉強する時間が少ないようでしたら、警察官採用試験で特に出される傾向が強い分野に力を入れて勉強をするべきです。

勉強ともなると、ある程度の「暗記」が要求されますが、出題されるのが、社会系90%、人文系50%、自然系20%と決まっているようです。だとしたら、出題される割合が多い部分の暗記に力を入れると良いのではないでしょうか。

よく出る分野を重点的に勉強して、合格を手に入れましょう。

勉強する時間がない人は最低限の知識が入った問題集をやること

上記では、警察採用試験の勉強をより効果的に進めるのなら、傾向をみること、出されやすい分野に力を入れて勉強することがお勧めであるというアドバイスをみてきました。

でも、忙しい世の中、勉強をする時間がないと感じる人もいるのではないでしょうか。そういった場合ですが、最低限の知識が取得できる問題集を解くことをお勧めします。

警察官になるために最低限の問題をこなせるようにする

試験を受ける際に、他の余分な選択肢を消す為にも、最低限の知識を頭に入ってくる問題集を選び、解いていきましょう。

そうすることで、自分が間違った選択肢を選択するリスクを減らすことができます。

問題集を何度も解いて警察官の試験に挑もう

繰り返し問題を解くことによって、頭に入ってくると思います。何度も繰り返し解くことによって、基本的なレベルをマスターし、本番まで、余計なミスを侵さないようにしましょう。

警察官になるなら体力やパソコンスキルは必須!

上記では、警察採用試験までに時間がない人はどうやって対応できるか、その対応方法についてみてきました。

最後に、あなたのなりたい警察官、なりたいのなら体力とパソコンスキル、この2点が必要なことに触れて終わりたいと思います。

  1. 体力
    テレビやドラマでみてもわかる通り、警察官になるには、体力が必要になってきます。警察学校に通い、武道の授業、柔道や剣道を習うことが求められてきます。
    学生時代に柔道や剣道を習っていると、その点有利になると思います。サッカーや陸上競技での経験も生かされてくると思います。
  2. コンピューターのスキル
    警察官になってからは、報告書の作成も業務の一つになってきます。その為、パソコンも使用することになってきます。ある程度のコンピュータースキルは求められているようですね。コンピューターの知識はこれからも必要になってくるので、あっても越したことはないと思います。