注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

保育園に入れるのが不安、1歳の子が保育園に慣れるまでの解消法

1歳を保育園に預けるのは、お母さんも子どもも不安な気持ちになりますよね。仕事や家事、育児にいっぱいいっぱいになってしまうのもわかります。

保育園に慣れてくれるの?預けるときに泣かれたときにはどうしたらいいの?

そんなときには、子どもとどのように過ごしたらいいのでしょうか?保育園に預ける時のポイントや家での過ごし方などを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お箸の持ち方が変な人の気持ちや変な人に思うことと正しい持ち方

あなたは正しくお箸を使うことができますか。なんと正しくお箸を使うことが出来るという人は、全体の○...

転勤を子供が嫌がるときに親ができることや経験で得ることとは

転勤することを子供が嫌がるのは、転校などによってせっかくできた友達とお別れをしなければならないからで...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増!離婚に至る前にすべき事

あなたの夫も趣味で物を集めていませんか?断捨離ブームもあってか、夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増し...

猫の鳴き声がんーんーだったら、あなたへお返事しています!

普段は「にゃー」と鳴いている猫が「んーんー」とか「んー」とかという鳴き声を出すと「どうしたんだろう?...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

人が海に行きたいと思う心理とは?パターン別による深層心理

「海に行きたいな…」という気持ちと「よし!今日は海に行こう!」という気持ち。どちらも海に行くことに変...

大学病院の医師は忙しい!医師が求める理想の女性像と恋愛傾向

大学病院の医師は忙しいという話を聞くこともありますが、実際にはどのような仕事をしてどのような一日を過...

子供の名前をキラキラネームにすると後悔する?デメリットとは

子供が生まれるとわかったら、どんな名前にしようかと画数などをいろいろ調べて考えますよね。その...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

実家のご飯で食べたいものって?おふくろの味選手権!

実家のご飯で食べたいものはなんですか?おふくろの味、無性に食べたくなるあの味のことです!...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

転勤族の子供はかわいそうというのはウソ?子供に与える影響とは

夫が転勤族だと、自分だけではなく子供にも負担がかかりますよね。「転勤することは子供にとってか...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

スポンサーリンク

1歳からの保育園が不安、0歳~1歳の慣らし保育とは?

1歳未満のならし保育ですが、保育園によっても多少異なる部分もあると思いますが、最初はお母さんと一緒に1~2時間、1週間程度保育園で慣らし保育をする場合があります。
まずお母さんと一緒に保育園に行く事で楽しい場所という認識を与えます。
環境に慣れることを早める効果もあります。
またお母さんも子供が保育園で受ける保育の仕方を見ることも出来ます。
保育士のご飯の食べさせ方、寝かせ方、遊び方、扱い方など細かく拝見できことは安心材料の1つですね。
そしてお母さんと一緒の慣らし保育は長くても1週間程度なのは、他の子供にお母さんと離れている寂しいという気持ちを与えないようにする意味も込められているのです。

お母さんとの慣らし保育に慣れてくると、1人での慣らし保育が始まります。
1歳児に多いのが、遊びや何かに夢中な時はお母さんを忘れていますが、ふとした瞬間に思い出して泣く事がよくあります。
その時は保育士が優しく接してくれるので、信頼できる人が保育園にいることで子供も慣れていきます。

次第に遊ぶ事やお昼ご飯に時間などが楽しみになっていくのです。
そうなってくれれとお母さんも安心して保育園に預けられますね。

1歳児を保育園に預けるときには不安な顔をしないことが大切!

1歳児ですと最初に保育園に預けられる時に泣く子がほとんどです。
バイバイの時はお母さんも後ろ髪を引かれる思いになるでしょう。

お母さんの不安な気持ち、申し訳ない気持ち、いろんな気持ちが押し寄せてくることは、私も育児をしている身として十分わかります。
しかし、バイバイの時のお母さんの悲しい顔は子供を更に不安にさせてしまいます。

お母さんは気持ちを堪え、子供が泣いていても笑顔で手を振り、いさぎよく立ち去りましょう。
しばらく泣き続けていると思いますが、ある程度すれば、すんなり遊びに夢中になっていることがありますよ。

慣れたように思っても週末の保育園のお休みを挟んだり、1~2週間日が立つと、また最初にように保育園を嫌がり泣いてしまう子がしますが、数日たてば、また保育園にすぐに慣れます。

子供が保育園の環境に安定して慣れるまでは時間を要する事もありますが、子供は大人よりも順応能力にたけていますので、いずれは慣れますので安心してくださいね。

1歳から保育園に入れる予定だけれどお昼寝できるか不安…

1歳で保育園に預ける場合、保育園でのお昼寝はどうやって寝させてくれているか?と思うことがありますよね。
まだ1歳ですと、ミルクを飲みながら寝る子、沿い乳で寝る子、抱っこで寝る子。様々でしょう。

保育士さんに話を聞くと、実際に抱っこじゃなきゃ寝ない子や布団におろせば起きちゃう子など様々だそうですよ。
ミルクに関しては保育士さんに相談をして、場合によっては可能な限り対応はしてくれる園もあると思いますよ。
相談をしてみてくださいね。
1歳過ぎてきてご飯を三食問題なく食べれていれば、そろそろミルクをやめる時期でもありますし、これを機にやめる練習をするのもいいかと思います。

そして、家ではなかなか昼寝しない子、寝付けない子でも保育園で布団に入ると自然に寝れる子も多いですよ。
周りと一緒に寝る環境や、家以上の体力を使ってることがそうさせているのかもしれませんね。

1歳の保育園の不安を解消できるのは時間?

1歳のお子さんを保育園に預けるお母さんの気持ちはとても不安です。
しかし家に帰ってきて子供のグズグズがいつもよりひどく、しまいに何日も続くとなると、仕事、家事、育児に追われているお母さんのイライラも募るでしょう。
子供は新しい環境に入ると、特に心が不安定になりやすく、グズグズがひどくなる子がいます。
そしてお母さんのイライラも子供にはすぐに伝わり、更に泣きじゃくったり、夜泣きをしたりします。

お母さんも大変だと思いますが、子供も慣れない保育園という環境で頑張っています。
子供なりに慣れようと必死なのかもしれません。

お家に帰ってきたら、「またグズグズだ」ではなく「保育園頑張ってるもんね」「保育園の愚痴も子供ながらにあるのかな」という解釈をすれば、お母さんの心も変わってくるのではないでしょうか。

そして次第に子供は保育園に慣れます。
保育園に近寄るだけで泣いていたのに、家でのぐずりがひどかったのにというのが嘘かのように思えますよ。

保育園に慣れるため、保育園の不安を解消するには、やはり「時間」が必要なんですね。

お母さんにくっつくのは保育園に慣れていないから?不安な気持ちの表れ

保育園に通いだしてから、子供が家ではお母さんにべったりということは珍しくありません。
愛情不足なのかな、なにか育て方が間違ってたのかな、早いうちに保育園に行かすべきではなかったのか、そんな気持ちになるでしょう。

しかし、決してそんなことはありませんし、自分を責めることはありませんよ。

これも愛着表現の成長の1つです。
やはり保育園の間お母さんと一緒にいれない寂しさを、子供なりに埋めようとしているのは確かです。
お母さんとは離れるときがあっても、ちゃんと自分を見てくれている、助けてくれるということを確認するための行動です。

そしてそれがわかると、ずっとべったりと言う事はなくなり、何かある時に寄ってきたりするのです。

子供の行動は全てに意味がありますが、保育園に預ける事でお母さんが自分自身を責めることは辞めてくださいね。
子供はお母さんの笑っている顔が一番です。