注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

おばさんは何歳から?50代は?おばさんの年齢について

「私はもうおばさんだから…。」と口では言っていても、心の中ではまだおばさんではないって思っていませんか?

いったい何歳からが「おばさん」なのでしょうか?今は50代の女性でも若く見えるけど、50代の女性はやっぱりもうおばさん?それとも人によっては40代でもおばさんなの?

世間の人はどう見てる?何歳からがおばさんなのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

平安時代の貴族女性の生活の様子!服装・結婚・美しい女性の特徴

平安時代の貴族の女性が一体どんな生活をしていたのか気になる人もいますよね。毎日どんな風に1日を過ごし...

夜中の過食に後悔!翌日からできるダエイット中のリセット方法

ダイエットをしているのに、夜中に過食してしまうこともありますよね。後悔してもその時に時間を戻すことは...

彼女のプレゼント選びでアクセサリー以外で喜ばれる物を厳選

彼女へのプレゼントで真っ先に思い浮かべるのが「アクセサリー」ではないでしょうか。ただ、アクセサリーを...

一人暮らしの貯金額を大調査!毎月の貯金の平均額と節約ワザ

一人暮らしをしていると、家賃に食費、通信費、洋服も欲しいですし、もちろん遊びに使うお金も必要です。...

ベタの塩浴方法を解説!塩分濃度や塩浴方法・塩浴期間と注意点

飼育しているベタの体調が悪いときや元気がないときは、塩浴という方法で体調を回復させられることがありま...

鏡と写真の顔違う!顔が違って見える理由と本物の自分の顔とは

「鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔違うよね?」こんな疑問を抱いた事がある人もいますよね!鏡...

元カノの存在に今カノが勝手に修羅場ってる!彼氏がすべきことは

元カノの存在に今カノが嫉妬して勝手に修羅場ッてる!男性からすると、元カノに嫉妬されても…とい...

キムチを食べ過ぎたあとの臭いはどうしたら消せる?対処方法とは

キムチを食べ過ぎてしまったときには臭いをどのようにして消したらいいのでしょうか?キムチを食べると...

ピアスを開けたいけどバイトで禁止!ピアスの穴を上手に隠す方法

ピアスを開けたいけどバイトで禁止されている・開けたピアスの穴を隠す方法が知りたいという人もいますよね...

前髪がチリチリに傷む原因!ヘアアイロンの正しい使い方

ヘアアイロンを毎日のように使う方は、やはり髪の傷みが気になると思います。乾燥してツヤがなくなった...

初心者で運転が下手な人ができる対処法!運転前の準備が肝心です

初心者で運転が下手、なかなか運転が上達しないという人もいますよね。運転が苦手な人は、あまり自分で車の...

髪がロングの人がカラーをした場合、ショートの人と違う点とは

髪がロングの人は美容室でカラーをする時に、ロング料金が設定されている場合がありますね。そこにはこ...

妻の過去にどうしても嫉妬してしまうあなたへアドバイス

妻の過去に嫉妬してしまう夫。特に今まで妻が付き合ってきた男性、あるいは関わってきた男性に対して嫉妬し...

目を大きく見せるために男でもできるマッサージや方法とは

目を大きく見せることでイケメン男子になりたいという人はいるのではないでしょうか。目が小さいことが...

気になるコンビニ店員に連絡先を渡して失敗しないためのコツとは

いつも立ち寄るコンビニに新しくバイトの女の子が入って、もしその子に一目惚れしてしまったら、なんとか連...

スポンサーリンク

辞書ではおばさんって何歳から?年配や中年って50代のこと?

おばさんやおじさんって言葉は良く聞くけど、しっかりとした年齢の基準はあるのか?何歳からおばさんなの?って聞かれると返答に困ってしまいます。

そこで困った時は辞書!辞書なら正確な答えを導いてくれるはずですよね。

しかし色々な辞書をおばさんやおじさんで調べてみると、年配の女性を呼ぶときの言葉というように的確な年齢を知ることはできません。

そこでここに出てくる年配とは、いくつからを指すのかを調べてみると、今度は中年以上というように、やはり年齢は記載されてはいません。

では今度は中年で調べてみると、今度は年齢が明記されてきます。辞書によっては40代とされているところもあれば、50代と明記されているものや50~60代とされているものまで様々です。

はっきりとしたおばさんの年齢は決まってはいないのは時代が変わって、今は年齢よりも若く見えたり、実年齢が若い人が増えているからだとも考えられますよね。

男性は何歳からがおばさんだと考えている?女性は50代?

一般的なおばさんの定義、男性に聞いたのと女性に聞いてみたのでは、違いがあるのをご存知でしたか?

まずは1番答えが多いのは、男女ともに40歳から40半ばにかけてをおばさんという意見です。ここは一緒なんです。

しかし次に多い答えはというと、女性の場合50代や40~50代と、段々と年齢が上がっていく結果になります。

そこで気になる男性の意見ですが、女性とは正反対に段々と若い世代になんて行くのです。男性は女性が30歳を過ぎると、人によってはおばさんだと認識している人が意外にも多いんです。

まだまだおばさんではない!そう思っていた女性にとっては、受け止めがたい結果ですよね。

また年齢は、それほど関係なく女性としての身だしなみに気をつけなくなったら、おばさん!若く見せようと頑張り始めたらおばさんだという意見もあります。

このような意見についても、女性よりも男性の方が厳しい意見が見られます。

おばさんは何歳からと気にするのは日本だけ?フランス人は50代でも年齢を気にしないってホント?

日本では「もう、おばさんだから」「若いっていいね」など、年齢を気にする会話を良く耳にします。

また男性も若い女性を好む傾向があり、若い事が女性の魅力の一つにされています。その傾向はどんどんと低年齢化されていき、アイドルも子供のように若い子が人気です。

では、海外でもやはり若いことは女性の魅力として、重要視されることなのでしょうか。

フランスを例にしてみると、大人になり成熟した女性は魅力的だといわれ、あまり女性が年齢を気にする事はないのだそう。

確かにテレビなどで見ていても、50代に見える女性も生き生きとしていて、とても魅力的です。

そして早く大人になりたい!そう思う子供も多いのだそう。

これからの日本はどんどん高齢化が進むといわれています。子供たちが大人になんかなりたくない。と思わないように、おばさんと思われるかどうかを気にするのではなく、魅力的で生き生きとした生活を送るように、男女問わず心がけが必要ですね。

「おばさん」と「おねえさん」の境界線は何歳?

年齢なんて関係ない!年を重ねて素敵になっていく事が大切だとお話しましたが、やはり女性としては、おねえさんとおばさん、どこからが境界線なのか気になりますよね。

まずは年齢を聞いたときの響きから考えてみるとどうでしょうか。30代と40代ではやはり響きが違ってきます。また女性にとって若く見られるのは嬉しいものですが、やはり40代になってからお姉さんと声をかけられるのは、お世辞だという事が見え見えです。それでも、いわれたい気持ちもありますけどね!

次に体の変化も30代と40代では確実に違ってきます。ハリの合ったお肌も40歳を過ぎてくると、確実にケアなしではたるみやシワが気になり始めます。それは顔だけではなく、体にも現れてきて、体重は変わっていないのにフォルムが変わってきたことに気がつきだします。

このようなことから40歳を過ぎると、おばさんだと認識する人が多くなっています。

また45~50歳を過ぎるとおばさんでは?と、ここのラインを境界線にする方は、自分の親の年齢と重ねて考えています。

20代の方だと、丁度親がこの年代です。親と同じ年の女性はやはりおばさんだと感じてしまいます。

一言で「おばさん」と言ってもいろいろなタイプに分かれます

ある年齢に達すると女性はおばさんと言われてしまいますが、若い人が一言でおばさんといっても、その人に対しての印象は、それぞれ違ってきます。

会社の上司のような、バリバリのキャリアウーマンタイプのおばさんなら、年を重ねるごとに仕事ができて素敵な印象ですよね。

また同じバリバリでも迫力があって、ついて来い!というような姉御肌タイプのおばさんもいます。知り合いやお友達になると心強い存在です。

そしてしっとりとした熟女タイプのおばさんもいます。大人の色気があるだけではなく、落ち着きがあって、身のこなしもスマートで素敵なおばさんは、自分の年を重ねた時の目標になる事もあるでしょう。

逆にいつまでも、何処か可憐な雰囲気があっておばさんなのに、可愛らしいタイプの方もいらっしゃいます。

これといった特徴はなくて、上記に当てはまらないようなタイプのおばさんも、自分の母親のように、いるだけでなんだか気持ちが和らいで心地よいという場合もあります。それは人生経験を積んできたからこそ、あふれ出る雰囲気です。

おばさんと言われると、なんだか一気に老け込んでしまった感じはしますが、年齢を重ねて素敵になっていくのなら、おばさんも悪くはないですよね。