注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ピアノを子供に上手に教える練習方法と親がするべきこととは

ピアノを習っているけど、なかなか上達した姿が見えずに悩んではいませんか?

子供の習い事は、ピアノに限らずに『自主練習』をたくさんする子が上手になると言っても過言ではありません。

でも、子供自ら決まった時間にピアノの前に座るなんて、ありえませんよね?

練習をすることがイヤになっては、ピアノの上達は見込めません。

毎日の練習を心の負担なくするようにできるには、親の努力が必要です。

ピアノが上手になるための練習方法や、そのコツ、導き方を教えます!

練習は地味でつまらない。
けど、できないことができるようになるのは楽しいこと!
そんなふうに、親子で楽しみながらピアノに向かい合えるといいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派?子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

ピアノの練習しないからイライラ!自分から練習する魔法の言葉とは

ピアノの練習しないのは、本当にイライラしますよね?ピアノは週に1度、先生に見てもらうだけでは...

いつもの寿司が変わる?スーパーの握り寿司を美味しく食べる方法

スーパーで販売されている握り寿司。値段も安く、すぐに食べられるので利用している人も多いですよね。...

赤ちゃんが笑うのがみたい。声を出して笑う時期と笑いのツボ

赤ちゃんが声を出して笑うととても可愛いですし、周りもつられて笑ってしまいますね。ニコっと笑ったよ...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?テレビやゲームなどは...

お風呂はタオルも遊び道具になる!親子で楽しむコツとは

お風呂ではタオルを使った遊びでも子供はとても喜びます。タオルを使ったお風呂遊びの他にも、子供...

1歳半で絵本に興味ない子供!興味を持ってもらう方法と対処法

1歳半なのに絵本に全く興味ない様子の子供。他のお友達はきちんと座って集中できるのに、うちの子供だけ絵...

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っ...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

幼稚園のコップ袋を手作りしよう!紐付きコップ袋の作り方

幼稚園に入園するお子さんがいるママたちの中には、幼稚園で使うコップ袋を手作りしてあげたいと考えている...

スポンサーリンク

ピアノの練習を子供からするようになるには?練習方法よりもまずはピアノを好きになること!

子供がピアノに興味を持って「ピアノを習いたい」と言い出したのに、いざ習い始めても全然練習をしない場合や、自分である程度は教えようと思っていも、なかなか練習しようとしない場合、また、これから考えている人もいるかと思います。

これから購入を考えているならば、本格的なピアノではなくて、最初はキーボードでも充分です。

キーボードに毎日触れて、楽しいと思えて続けたいと思えるようになってから、ある程度練習を自分からするようになったら電子ピアノでもいいので、子供と一緒に選びに行くようにする事でも大丈夫です。

また、習っているかどうかにもよりますが、バイエルンやハノンから練習する事が多いかと思いますが、子供が知っている好きな、簡単で単調な楽譜があっても個人的に遊びで弾けて楽しいかもしれません。

ピアノを上達させるためには?子供の練習方法はとにかくピアノに触ること!

子供にピアノを上達させる為に練習は毎日でもさせたいと思いますが、しかし予定がある日や、体調が悪い日などの無理強いもよくないですし、楽しさがなくなってしまえば続かなくなってしまいます。しかし練習は、繰り返す事によって、指にも脳にも覚えていく事に繋がっていきます。

せっかく練習していても、出来なかった日が続けば続くほど、練習途中のものが忘れていってしまう事につながります。

逆に、長い期間たくさん練習して、何度も毎日のように弾いていたら、指も脳も自然と記憶していき、自然と動きます。

毎日、同じ曲を練習する事によって、必ず指と脳が記憶していくので、楽しく続けていけるようにしましょう。

毎日の練習の習慣が出来たら、あとはどんな練習をしたらいいのか気をつけるだけです。
最初は片手ずつ、部分的ずつ少しずつから練習していきます。

いつも同じ場所で間違えてしまうなら、その部分だけを何度も練習するようにしましょう。

ピアノが好きになる練習方法とは?練習シール帳で子供のやる気をアップ!

1日10分でも、5分でもいいので練習ができると上達も早くなります。

間違えてしまったり、下手だったとしても、「練習をした事」に対して褒めてあげましょう。
責めたり怒ったりしてしまえば、ピアノの練習は楽しくないものになってしまいます。

練習が嫌いになってしまえばピアノに対しても嫌悪感が出て、練習自体ももちろんイヤになりますし上達しにくくなってしまいます。

楽しく出来るように工夫しましょう。

たとえばピアノの練習表や子供の専用の手帳などに、5分以上練習をしたらシールを貼ったり、スタンプを押したりしていくなど、どの位の練習したかの達成感が分かるようにするのもお勧めです。

いきなり1曲弾けるようになる目標ではなく、「まずは右手で、この部分まで」など簡単な目標から始めて、出来るようになるたびに褒めてあげましょう。

ピアノの練習曲の定番『ハノン』で基礎練習を積み重ねましょう

ハノンは練習曲として定番です。

ピアノの練習にハノンが練習曲としておすすめな理由

  • 指使いが正しくなるように学べる
  • 正しい指の動き、早い動きが出来るようになる
  • 指の筋肉のトレーニングにもなる

練習の仕方

指番号がちゃんと楽譜に記載されているものがありますので、楽譜のとおりの指を使用して、楽譜通りに練習しましょう。

自己流だと、逆にいつまでも難しくなってしまいます。

最初のうちは難しいと思っていた指使いも、慣れると自然に指も動いてくれますが、自分なりに一貫されていなければ、いつまでも同じところで間違えてしまう事になってしまいます。

最初はゆっくりのテンポでもいいので、楽譜通りの指と鍵盤の位置と、動かし方を覚えましょう。

ピアノの練習中に子供がよく言う『わからない』の対処法

子供が、思うように出来なくて、「出来ない」とか「分からない」と言うことがあります。

出来ないのは、簡単なものから片手ずつ、その部分的ごとに練習していけば出来るようにもなりますが、分からないという場合は何が分からないのか不思議に思ってしまうかもしれません。

子供がピアノの練習が分からないという意味

  • 楽譜がよく分からない
  • 自分で考えてみて分からなかった事がある
  • やる気が出なくて考えられない
  • かまってほしい

その子供の性格や、その時に何に対して分からないと言っているのかを判断します。

訴えている事がありますので、無視してしまったり怒ってしまえばよくありません。

勉強と同じで、自分で気がつけるようにヒントと出していく事が良いかと思います。

諦めずに答えが導かれていくようにしていく事で、似たような事に再びぶつかった時に自分で解決させる力につながっていきます。

子供の可能性にあきらめずに、待つ事によって、成績が実際に上がっていくことにつながるとも言われています。

聞かれた事が分からないときは、ピアノの先生に、次のレッスンのときに聞いてもらうか、調べてあげましょう。