注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。

赤ちゃんも食べることに少し慣れてきて順調に離乳食が進んでると思っていたのに、赤ちゃんの成長とともに自己主張なども出てきて、思うように離乳食が進まないこともあります。
赤ちゃんが離乳食食べない原因はいくつか考えられます。

その原因やモグモグ期におすすめのメニューなどをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んで...

子供ができないストレスは不妊に関係!ストレス解消の必要と方法

望んでいるのに子供ができない…。知らないだけで多くの結婚したカップル、特に女性が大きなストレスを抱え...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

保育園に入れるのが不安、1歳の子が保育園に慣れるまでの解消法

1歳を保育園に預けるのは、お母さんも子どもも不安な気持ちになりますよね。仕事や家事、育児にいっぱいい...

文鳥の換羽期の栄養と食事は飼い主さんがしっかりサポートを!

文鳥が換羽期になると、体の羽が抜けて体力も失われてしまいます。この時期は飼い主さんがしっかりと栄養面...

10ヶ月頃の夜泣きがひどい時に考えられる原因と夜泣き対策

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は個人差がありますが、生後10ヶ月になって突然ひどい夜泣きが始まることも...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

指輪のサイズをこっそり測る方法!女性に気付かれない測り方

彼女へのプロポーズはサプライズでしたい、と考える男性も多いと思います。しかし、ここで困るのが...

浴室の換気扇から音がする。考えられる原因と対処法について

浴室の換気扇から音がする。一番に考えられる原因は『ホコリ』でしょう。この場合、換気扇の掃...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。...

夫婦で誕生日!オススメの過ごし方は?お祝いごとは祝おうね!

夫婦の誕生日、どのように過ごしますか?忙しい毎日を過ごしているので、誕生日は二人でゆっくり、...

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか?もしも、生後4...

子供の留守番は何歳からなら大丈夫?留守番をさせる時の注意点

子供を留守番させるのは何歳からならOKなのでしょうか?お留守番させる時間にもよりますが、だいたい4年...

幼稚園のコップ袋を手作りしよう!紐付きコップ袋の作り方

幼稚園に入園するお子さんがいるママたちの中には、幼稚園で使うコップ袋を手作りしてあげたいと考えている...

スポンサーリンク

8ヶ月の赤ちゃんが離乳食食べない原因は?

順調に離乳食を食べていた生後8ヶ月頃の赤ちゃんが、突然離乳食を食べてくれなくなってしまった!
その原因とは一体何でしょうか。

生後8ヶ月頃の赤ちゃんは、ご飯を食べるよりも食べ物自体に興味を持ち、そのものを掴む動作ができるようになります。
この頃には、喜怒哀楽の感情が表現できるようになるのです。

物に対する興味が増えてくるので、目の前に出されたたべものに興味をもち、食べることよりも触ってみたいと思ってしまうのです。
食べ物を手で混ぜてみたり、手で掴んでお皿の外へ投げたりして遊んでしまい、私達は後片付けが大変になりますが、これは立派な成長の証なのです。

離乳食を始めたころはとにかく薄味でしたが、8ヶ月となると味付けも少し変えた方が良いです。
いつも食べていたものを突然食べなくなってしまうのは、赤ちゃんにしかわからない気持ちの変化があるのです。

歯が生え始める頃は赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、とにかくものを噛みたがります。
歯が生えてくる不快感で離乳食を嫌がることもあるので、赤ちゃんをしっかり観察してみましょう。

8ヶ月の赤ちゃんが離乳食食べないのは大きさや固さが関係することも

8ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べないのは、離乳食の大きさや固さが関係していることもあります。
8ヶ月は、食べ物を歯茎でつぶして飲み込む練習をする時期です。
上手に食事がとれるようになったら、1日の離乳食の回数を増やしたり、少し食感のある固さにして進めていくと良いですね。

7ヶ月~8ヶ月頃の赤ちゃんはもぐもぐ期に入り、離乳食を舌や歯茎でつぶしながら食べる時期です。
なので、離乳食は豆腐のような少し食感のある固さにしていきます。

赤ちゃんによってどんな食感の離乳食が好きだったり嫌いだったりするかはそれぞれなので、離乳食を食べなくなった赤ちゃんはこれまでのとろとろした食感の離乳食では物足りなくなってしまって、離乳食を食べなくなっている可能性もあります。

離乳食は赤ちゃんの好みに合わせて作ってあげると良いですね。

8ヶ月の赤ちゃんが離乳食食べない理由はこんな可能性も

生後8ヶ月頃の赤ちゃんが離乳食を食べない理由とは何でしょうか。

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由は、同じような離乳食で飽きてしまったという可能性があります。

大人も同じ食感のものを永遠と食べていられるかというと、そうではありませんよね。
人間には飽きがくるもので、それは赤ちゃんであっても同じなのです。

これまでとは違う食感のものを作ってあげると食べてくれることがありますよ。

お腹が空いていなくて遊びたいと思っているときも、離乳食を食べてくれないことがあります。
赤ちゃんはまだ生活リズムが整っていないので、その日の運動量などでおなかが空いてくる時間も違ってきます。

楽しく遊んでいたのに、ご飯の時間だからと遊びを中断されるのも嫌がります。
毎日同じ時間にご飯を食べてもらいたいところですが、あまりきっちりと時間を決めず、赤ちゃんに合わせてあげるようにすると食べてくれるようになります。

いすに座りなれていないことも、離乳食を食べない理由になっていることがあります。
最初のうちは食べてくれなくても、根気良く毎日続けていくことで座ることにも慣れ、ご飯に集中できるようになります。

離乳食の進むペースは個人差のあるもの

離乳食を開始する時期や進め方は赤ちゃんによって個人差があります。

赤ちゃんが離乳食を激しく嫌がっているときは、無理に食べさせることをしないで少しお休みしてみるのも良い方法です。
1歳までの赤ちゃんはミルクから栄養をとっているので、離乳食を食べないからといって栄養不足になることはありませんので安心してください。

もし赤ちゃんがスプーンを嫌がっているような様子が見られたら、材質を変えたスプーンを使用してみると良いです。
赤ちゃんが離乳食を受け入れないときは、ママのよく洗った指先に離乳食をつけて、赤ちゃんの口に運んであげると離乳食が口に入ってくる感覚に慣れていき、食べられるようになることがあります。

パパやママが食事を食べている姿に興味を強くしめしているばあいは、パパとママの食事の時間に合わせて離乳食を与えてみると集中して食べられることがあります。

7・8ヶ月のモグモグ期におすすめのメニュー

生後7ヶ月~8ヶ月のモグモグ期におすすめのメニューはどんなものがあるのでしょうか。
そこで生後7ヶ月~8ヶ月のモグモグ期におすすめの野菜スープレシピをご紹介します。

モグモグ期におすすめの野菜スープレシピ

モグモグ期の野菜スープの材料

  • じゃがいも、にんじん、玉ねぎ…それぞれ10グラムずつ
  • 魚…一切れ
  • 野菜スープ…適量
  • 水溶き片栗粉…適量

モグモグ期の野菜スープの作り方

  1. 魚は細かくしてほぐしておきましょう。
  2. 野菜は茹でて柔らかくし、みじん切りにします。
  3. 1と2を鍋に入れ、野菜スープを加えます。
  4. 煮立ったら水溶き片栗粉をまわし入れてとろみをつけて完成です。

季節ごとに違う野菜を入れてみると味のバリエーションが増えますよ。

モグモグ期のにゅう麺の材料

  • 魚…10グラム
  • 引き割り納豆…10グラム
  • そうめん(乾麺)…8~10グラム
  • なす…10グラム
  • だし汁…4分の1カップ

モグモグ期のにゅう麺の作り方

  1. 魚は細かくほぐしておきましょう。納豆はさっとお湯に通します。
  2. なすは皮をむいてから食べやすい大きさにカットしてやわらかく茹でます。
  3. そうめんは短く折ってやわらかく茹で、良く水で洗います。
  4. 鍋にだし汁、魚、納豆、なす、そうめんを加えて煮込みます。

彩りを意識するならにんじんもいれてみると良いですよ。