注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

幼稚園の水筒の容量は少な過ぎず、大き過ぎずなオススメの水筒

子供向けの水筒は色んな種類があって、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。

まだ小さいので軽いプラスチックのものがいいのか、容量が少なくて足りなくなっても困るしなど色んな心配がありますね。

幼稚園で使う水筒は、どのくらいの容量のものがオススメなのかを紹介していきます。

やはり壊れにくいもの、保冷が出来るものが人気のようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツとは

体育の授業でもソフトボールをすることがありますが、どんな練習メニューをするといいのでしょうか?...

犬の鳴き声でわかる気持ち!クーン・ワンワン・ウーッでわかる事

犬が「クーン」という鳴き声を出している時は、一体どんな気持ちの時なのかわかりますか?犬の鳴き声によっ...

宿題をやらない!一年生が宿題をサクッとやっちゃう魔法の言葉とは

宿題をやらない子どもを見ているとイライラしちゃいますよね?『宿題やりなさい』ってついつい命令して...

新生児が寝ない!イライラしたらこの方法で寝かしつけ

新生児のお世話にはたくさん大変なことがありますが、寝かしつけが一番大変だと感じるママも多いと思います...

名前の画数気にしない?姓名判断にこだわると決められない!

名前の画数、気にしない?気にする?気になりだすと止まらない!でも、画数だけを気にしす...

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させることはできる?注意点と方法

メダカと金魚を同じ水槽で混泳させたいと考えている人もいますよね。ですが、メダカと金魚を同じ水槽で飼う...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

サッカー選手を引退後の収入源、引退後成功するために必要な事は

プロサッカー選手として活躍できる期間がどのくらいか知っていますか?平均在籍年数は2~3年と言われ...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

スポンサーリンク

幼稚園の水筒はどのくらい容量があれば足りる?

幼稚園に持っていく水筒とのことですが、子供の水筒といっても大きさは様々ですよね。
お友達と走り回って活発な男の子だとあっという間に飲み干しそうだったり、だからといって大きいものは子供が持ち運ぶには負担になりそうだし、どんな大きさが適切なんでしょう。

選ぶ基準として、うちの子はあまり飲まないから、うちの子は汗っかきで水分かなり取るからというよりは、子供のリュックやカバンに入る容量の物を選ぶと考える方が良いでしょう。

水筒を持って遠足に行く場合、リュックに入らず肩掛けに大きな水筒を持って歩くのは子供にとってかなり大変です。

子供の水筒売り場に行くと、480~600mlほどの容量で保冷できないタイプ、ワンタッチ式ですぐ飲めるものがズラリと並んでいますね。
紐もついているし、なによりプラスチックで軽く持ち運びにも便利です。
そして大きさも調度良いのではにでしょうか。
保冷が出来ないという点は少し残念ですが、軽いので子供にとっても良いのかもしれませんね。

幼稚園の水筒の容量の目安は?そのまま小学校でも使えるのは?

子供が幼稚園に通う年齢だと水筒はの大きさは、480~600mlくらいの容量が丁度用意のではないでしょうか。
幼稚園の保育時間は一般的に9時~14時ですので、大きすぎるものは必要ありません。
よく水分とる子や体の大きい子ですと足りなくなることもありますが、足りなくなれば幼稚園の水を飲んだりできますので、大きな心配をしなくても大丈夫ですよ。

少し大きくなると800mlのものがありますが、年少さんでしたら水筒が大きく見えますので持ち運びに負担になってしまいますね。

できれば年少~年長まで同じものを問題なく使って欲しいと考えるのであれば600mlくらいの容量がいいかもしれませんね。

小学校にあがっても十分使える大きさだと思います。

私の子供は年少さんから1年生まで同じもので何も問題ありませんでした。
体は年齢の平均くらいで、活発な女の子ですが、容量にもとくに不備に感じたことはなく、長時間の公園遊びのと時など足りないときは買い足したりしていましたよ。
ただ2年生になるとキャラクターの水筒が嫌だと言い出し、まだまだ使えたのですが泣く泣く取り替えました。

大きい容量だと持ち運ぶに不便で、そこを考えると480~600mlでよかったのかなと思います。

幼稚園の水筒選びのポイント!容量や水筒のタイプは子供にあわせて

子供の水筒は容量だけではなく、飲み口が異なるたくさんの種類がありますので紹介します。

  • コップ式
    蓋がコップになっており、飲むときにコップに注ぐ。
    こちらは幼稚園のお子さんにとったら少々手間がかかり、上手く注げずこぼしてしまうことがあります。
  • 直飲みタイプ
    ワンタッチで蓋が開きペットボトルのような感じです。
    水筒の傾き加減によって、中の飲み物がこぼれでてきてしまうことがありますので、飲み口音大きさが子供の口にあったものがいいですね。
  • ストロー式
    ワンタッチで蓋をあけたらストローがでてきます。
    飲みこぼす事もありませんし便利ですが、お母さんの毎日の水筒洗いには少し手間がかかるかもしれませんね。
    そして、お子さんが少し大きくなってくるとストローでは1回に吸う量に限りがあり、物足りなくなってきてしまうこともあります。

幼稚園の水筒の素材は壊れにくいもの!

水筒選びで困るのが少々重くなりがちな保冷のステンレスものか、軽くて持ち運びが容易なプラスチックか。
この2つのどちらかになります。

保冷のタイプはなんといっても、いつでも冷たい物が飲めるとこが魅力的ですよね。
それに、少々お高めではありますがちょっとやそっとじゃ割れたりはしません。
ですが、保冷機能がついてるだけに子供にとっては重たいのかもしれません。

それと比較して、プラスチックのものですと、お手ごろな値段でとても軽く持ち運びには便利ですが、冷たくはない、そして子供の扱いによってはすぐに割れてしまうところが難点でしょう。

どちらもメリット・デメリットがあります。

幼稚園によってはプラスチック製のものなど指定もあるところもあるかと思いますので、確認してから水筒を準備するといですね。

夏の時期のお出かけに持って行きたい持ち物を紹介

夏の暑い時期は子供も大人も水筒は必須アイテムになります。
たまに水筒忘れてしまった、なんてことがあると思いますが、子連れとなると飲み物を何本も買うだけでも出費が増えますよね。

そんな必須アイテムの水筒に加え他にも子連れに便利なアイテムを紹介します。

夏に持って出かけると便利なアイテム

  • ビニール袋
    お菓子のゴミ入れ、オムツ入れ、濡れたものなどビニール袋を何枚か常備しておくとかなり便利です。
  • ウェットティッシュ
    子供はよく汚し、こぼします。
    近くに手洗い場ふがない時などウェットティッシュがあるとすぐにふき取れます。
  • お絵かきや折り紙
    子供が飽きてしまったときに良いですね。