注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はどこがいい?子どもと出かけよう

10ヶ月の赤ちゃんはどんなところに連れていってあげたらいいのでしょうか?

お外に連れていってあげたいけれど公園はまだ遊び場としては早い?おすすめな遊び場や自宅で10ヶ月の赤ちゃんと遊ぶときのコツを紹介します。
家にあるあのアイテムが遊び道具に早代わり!

お出かけに心配なときには、慣れるまではパパと一緒に行くのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派?子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

子供ができないストレスは不妊に関係!ストレス解消の必要と方法

望んでいるのに子供ができない…。知らないだけで多くの結婚したカップル、特に女性が大きなストレスを抱え...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

赤ちゃんはタオルが大好き!寝るときに役立つタオル活用方法

赤ちゃんが寝るときにはどんなものがあったら便利なのでしょうか?とくにおすすめなのがタオルです。寝かし...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

保育園に入れるのが不安、1歳の子が保育園に慣れるまでの解消法

1歳を保育園に預けるのは、お母さんも子どもも不安な気持ちになりますよね。仕事や家事、育児にいっぱいい...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

新生児のバスタオルは大人と同じはNGな理由と必要枚数

新生児の赤ちゃんが使うバスタオルは、大人と同じバスタオルはやめた方がいいそうです。では、どう...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

スポンサーリンク

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場とは?やっぱり外が楽しい!

生後10ヶ月頃の赤ちゃんの遊び場はどこが良いのでしょうか?

できるだけ毎日外遊びをさせて、外の空気に触れさせてあげましょう。
歩くことができない赤ちゃんも、ベビーカーで外に出て外の空気に触れさせてあげ、様々なものを見聞きするだけで良い刺激になります。

公園へ行ったら抱っこしてブランコに乗ったり、靴を履かせて伝い歩きをさせてみたり、芝生の上にお座りさせてみるのも良いですね。

公園のほかにも、児童館や民間の企業などが運営しているベビールームなどで赤ちゃんとママが楽しく過ごすことも良いですね。

赤ちゃんと色々な場所へ出かけることで、赤ちゃんにとって良い刺激になりますし、ママにとってもママ友が作れたりするのでおすすめです。

赤ちゃんの運動の時間を確保するため、できるだけ毎日外遊びに連れて行ってあげましょう。

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はなんといってもお家!家でできる遊びとは?

外遊びを毎日させようとしても、雨の日などは外遊びはできませんよね。

そんな日の生後10ヶ月の赤ちゃんの遊び場は、なんと言ってもお家です。
家でできる遊びにはどんなものがあるのでしょうか?

バランス感覚を養う遊びで、ママやパパの足の上に乗せて姿勢を維持させるものがあります。

まずはママやパパが床に足を揃えて伸ばした状態で座ります。
そして、赤ちゃんを抱えて膝の上に座らせます。

次に、「落ちる落ちる~」といいながら赤ちゃんを優しく揺らします。
このとき赤ちゃんを激しく揺らしてはいけません。

最後に、「落ちちゃった~」と自分の両足を開いて、その間に赤ちゃんのお尻を軽く落とします。

高い高いしたところから床に軽く落としたりすると赤ちゃんはとても笑って喜びますよ!

マットや座布団の上で行うと、赤ちゃんのお尻を痛めなくて済みます。

家の中でできる遊びにも色々なものがあるので、ママとパパが話し合って赤ちゃんと楽しめる遊びを見つけていくと良いですね。

自宅が10ヶ月の赤ちゃんの遊び場!家にあるものが遊ぶ道具に大変身

ママやパパと体を使って遊ぶことも良いですが、体全体を使って遊び続けると疲れてしまいますよね。

そんな時は、家にあるもので遊ぶ道具を作っちゃいましょう!

読んでは溜まっていく新聞は、赤ちゃんや幼児にとっては身近で色々と遊べる楽しいおもちゃに大変身します。

新聞を床に広げてびりびりと破いてもらいましょう。
新聞を破く音や感覚を楽しむ事ができます。
新聞を破く動作は、指先を使うので赤ちゃんの脳の発達にもなり一石二鳥なのです!

また、新聞を小さいサイズや大きいサイズにまるめたものをたくさん作って遊ぶのも良いです。
折り紙のように折って遊んだりと様々な遊びに使えるので、とても便利なものですね。

また、段ボールや人形を使って汽車ぽっぽ遊びをするのも楽しいです。
赤ちゃんを電車の中に座らせてママが後ろから押してあげると電車ごっこができます。

段ボールの重さや赤ちゃんの伝い歩きの状況によっては段ボールがひっくりかえってしまうことがあり危険なので、ママの目を離すことの無いようにしましょう。

10ヶ月の赤ちゃんの遊びに取り入れたいのは「ハイハイ」

ハイハイは生後10ヶ月の赤ちゃんの遊びに取り入れたいものです。

ハイハイをあまりしないまま歩くようになる子が多いのですが、ハイハイは全身の筋肉を使うため、ハイハイをたくさんしたほうが体の発達に良い影響をもたらすのです。

ハイハイを十分にしないことで手足の筋肉がつかず、転んだときに手をついて頭を支えることができずに顔を怪我してしまうことが増えているのです。

ハイハイは脳の神経の発達にも重要な役割を持つことがわかっているので、ハイハイは十分にさせてから歩かせてあげたいものですね。

ハイハイを取り入れた遊びをすることで重要な発達を養いましょう

ハイハイで鬼ごっこをしたり、段ボールを使ってキャタピラを作ったりすることもおすすめです。

鬼ごっこをするときは赤ちゃんの周りや顔の高さに危険なものは無いか、あったら避けておくなどして危険を回避しましょう。

キャタピラは赤ちゃんの興味がとても湧くものなので、キャタピラをつかった遊びも考えてみると良いですね。

10ヶ月の赤ちゃんとお出かけするなら水族館やショッピングモールもおすすめ!

生後10ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするなら、水族館やショッピングモールなどもおすすめです。

定番中の定番だとは思いますが、動物園や水族館にお出かけをするのも良いですね。

最近ではベビーカーの貸し出しをしているところや、授乳質・オムツ交換所など、小さい子供のいる家庭へのサービスも充実しているところが多くなっているので、とても快適にお出かけをできます。

同じように小さい子供を連れた方も多く遊びに来ているので、自分の子供が泣いてしまうことにも広い心を持ってくれているので、泣いたからと過剰に心配する必要は無いのです。

大型ショッピングモールなどは乳幼児用の設備が整っているだけでなく、無料のキッズコーナーがある場所が多くなってきています。

買い物しにママが楽しむだけではなく、子供も楽しめる場所になっているので、親子で満足できるのです。

パパが一緒にいるなら、子供とキッズコーナーで遊んでいるうちに買い物を済ませることができるのでとても快適な場所ですね。