注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んでくれない!こんなお悩みを抱えているママもいますよね。

赤ちゃんが遊び飲みをすると、きちんと栄養が摂れているのか心配になったり、飲んでくれないことにイライラしてしまいますよね。赤ちゃんが遊び飲みをするのはなぜなのでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんが遊び飲みをする原因とママができる対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雨の日ベビーカーで電車に乗る方法と注意点・あると便利なグッズ

電車でのお出かけにベビーカーを利用しているママもいますよね。雨の日はお出かけを控えたいものですがどう...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

5ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方と発達に合わせたおもちゃ

5ヶ月の赤ちゃんは寝返りもできるようになり、物を掴むこともだいぶん上手になります。この時期の赤ち...

アメリカの食べ物が大きい理由と日本とは違う食事の特徴とは

アメリカの映画やドラマを見ていると、どの食べ物も大きいので圧倒されてしまいますよね。でも、な...

赤ちゃんにイライラをぶつけて後悔!自分を責めずに子育てを

子育てなどでストレスがたまり、赤ちゃんにイライラをぶつけて後悔しているママもいますよね。自分は最低な...

男兄弟の仲が悪くなるのはなぜ?基本仲良しな男兄弟の謎

男兄弟を育てていると、どうしてこんなに毎日喧嘩ばかりするの!とイライラもしてしまいます。大人しい姉妹...

育児に疲れた!1歳半のイヤイヤ期を乗り越える毎日の対処法など

子供のイヤイヤ期で悩んではいませんか?1歳半ころから始まることが多い「イヤイヤ期」は、本当に...

尊敬と恋愛の違いについて。この気持をはっきりさせるには

尊敬と恋愛の違いについて考えてみました。「尊敬=恋愛感情」ではありません。相手に対し...

浴室の換気扇から音がする。考えられる原因と対処法について

浴室の換気扇から音がする。一番に考えられる原因は『ホコリ』でしょう。この場合、換気扇の掃...

ピアノの先生にするお礼とは?渡し方やタイミングをご紹介

ピアノの先生にお礼をする場合は、何を渡したらいいのでしょうか?同じピアノ教室の方に聞いてもなかなか口...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

大学病院の医師は忙しい!医師が求める理想の女性像と恋愛傾向

大学病院の医師は忙しいという話を聞くこともありますが、実際にはどのような仕事をしてどのような一日を過...

嫁が実家に帰る頻度が多すぎる?実家に依存してしまう原因と対策

嫁が実家に帰る頻度が多いことにウンザリ…。子供が小さいうちは仕方のないことなのかもしれません。...

前転のコツを幼児に教える方法と練習のポイント

前転を幼児がすると、どうしても横に転んでしまったりでなかなか上手く回れません。前転のコツを幼...

【机のDIY】使う場所に合わせた塗装の種類と選び方

机をDIYした場合には、塗装はどのように行えば良いのでしょうか?塗装する前に気を付けたいのが、水を使...

スポンサーリンク

6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをする原因は?

生後6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをしてしまう原因とは一体何でしょうか?

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうのは、授乳に集中できていないことがあります。
生後6ヶ月頃になると色々なものに興味を持つようになり、授乳中におもちゃが気になったりテレビの音などが気になったりして遊び飲みが始まるのです。

母乳やミルクを飲むよりも、周りの興味を持ったものに意識が集中してしまうので、途中で飲まなくなってしまったり飲むことを嫌がってしまうのです。

また、母乳の味が変わったことでも飲まなくなってしまいます。
ママが脂っこい食事や甘いお菓子などを食べ過ぎてしまうと、母乳の味や質に影響してしまうのです。

乳頭が吸いにくくなっていることも飲まなくなる原因になります。
母乳マッサージを怠ってしまうと、乳頭が硬くなって赤ちゃんが吸いにくくなってしまうことがあります。

遊び飲みはずっと続くことではないので、1ヶ月~2ヶ月間ほどは遊び飲みをすることがありますが、その後はなくなることがあります。

6ヶ月に遊び飲みを始める赤ちゃんも!遊び飲みはいつまで続く?

生後3ヶ月頃から赤ちゃんの授乳回数が減ってきたり、ミルクや母乳を飲んだり飲まなかったりすることがあります。
この頃から遊び飲みをしてしまう赤ちゃんが増えていきます。

赤ちゃんは生後3ヶ月頃から満腹感がわかるようになり、お腹がいっぱいになると自分で飲む量をコントロールできるのです。
お腹がいっぱいになることでミルクを飲むのをやめるのです。

遊び飲みをしなくなる時期というのは個人差があり、遊び飲みを始めてから数週間でしなくなる赤ちゃんがいれば、卒乳させるほんの少し前にしなくなるという赤ちゃんもいます。

遊び飲みが始まる時期や終わる時期は、赤ちゃんの体質や周りの環境によっても変わってくるといえます。
母乳やミルクを飲まないと栄養がしっかり取れていないのではないかと心配になってしまうかと思いますが、今はお腹がいっぱいなんだとあまり神経質に考えることはしなくても良いのです。

遊び飲みをする6ヶ月の赤ちゃん!対処法は?

生後6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうときの対処法とは、どんなものがあるのでしょうか?

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうときは、赤ちゃんにとって刺激となってしまうような物や音などを避け、落ち着いて授乳できる環境を作りましょう。
例えばテレビを消したり、近くのおもちゃを片付けたりなど。

赤ちゃんの授乳中は暇だからと携帯をいじってしまうのもやめましょう。
授乳中の赤ちゃんの表情を見たり、声をかけてあげることで赤ちゃんも安心して母乳を飲んでくれるのです。

そして、母乳の味が落ちてしまわないように、日ごろの食生活を見直しましょう。
脂っこいものやカフェインなどは控え、野菜を中心に摂取しましょう。
また、ママの体を冷やさないようにしたりストレスを溜めないということも、母乳の質をよく保つ方法です。

赤ちゃんにしっかり栄養が行くようにママも普段から栄養のあるものを食べ、体調面も気をつけていくことで赤ちゃんの遊び飲みを防止することに繋がっていくのです。

赤ちゃんの遊び飲みってどんなもの?

赤ちゃんは生後3ヶ月頃から、自分の周りのものに興味を持ち始めます。
周りのものに興味を持ち始める頃に、遊び飲みが始まってしまうのです。

遊び飲みとはそもそも何?という方がいるかと思いますが、遊び飲みとは「おっぱいを口に含ませてもニヤニヤしていたり、哺乳瓶の乳首を舌で押し返していて飲む気配が無い」
「授乳中に突然口を離したりのけぞったりして嫌がる」ということがあります。

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうと授乳する時間が長引いてしまうので、ママはイライラしてしまったり赤ちゃんの栄養状況が心配になってしまいますよね。
遊び飲みをするということは赤ちゃんが成長しているということなので、赤ちゃんの体重が増えているようなら深く考えなくても良いです。

遊び飲みは生後3ヶ月~5ヶ月の間に始めることが多いといわれていますが、個人差があるのでその前に始める赤ちゃんやほぼ遊び飲みをしないで卒乳する赤ちゃんもいるのです。

赤ちゃんが遊び飲みで乳首を噛む時は…

授乳中に歯が生えてきた赤ちゃんに乳首を噛まれて痛い思いをしたママは多いです。
まだ歯が生えていない赤ちゃんの歯茎に噛まれても痛いのですから、歯が生えた赤ちゃんに噛まれるというのは、とても激痛です。

噛まれたときに「痛い!」と言う反応を、赤ちゃんは面白がって何度も繰り返すようになってしまうことがあります。

何度も噛まれるのは耐え難いことですし、ママの乳首に傷ができてしまうこともります。

生後6ヶ月の赤ちゃんは知恵も付いてきている頃なので、噛まれるのは本当に痛いということをしっかり伝えましょう。
しっかりと伝えることで赤ちゃんもわかってくれることがあります。

噛まれてしまって乳首に傷ができてしまったら、悪化してしまう前に病院に受診しましょう。
悪化してしまうと授乳ができなくなってしまい、ママも赤ちゃんも辛い思いをしてしまいます。

傷ができてしまったら早めに対処することをおすすめします。