注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んでくれない!こんなお悩みを抱えているママもいますよね。

赤ちゃんが遊び飲みをすると、きちんと栄養が摂れているのか心配になったり、飲んでくれないことにイライラしてしまいますよね。赤ちゃんが遊び飲みをするのはなぜなのでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんが遊び飲みをする原因とママができる対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。楽しい...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。...

手の大きさを比べるのはあなたに好意があるから?男性心理を解説

男性から手の大きさを比べるように促された経験がある女性もいますよね。もしも自分が好意のある男性からこ...

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるマ...

就学援助の理由に書く例文をご紹介!ウソはNG、正直に書こう

就学援助を申請する場合、理由が必要になりますが、どんなことを書けばよいのか悩んでしまう人がほとんどな...

10ヶ月の赤ちゃんの遊び場はどこがいい?子どもと出かけよう

10ヶ月の赤ちゃんはどんなところに連れていってあげたらいいのでしょうか?お外に連れていってあ...

庭を遊び場にDIYする時に参考にしてほしいアイデア特集

殺風景な家の庭を、子供が喜ぶような遊び場にDIYで変身させたい!そんな方も多いのではないでしょうか。...

親がいない。ふとした瞬間に感じる寂しい感情

親がいない。親がこの世を去る。もう、会うことができない。ふとした瞬間に、猛烈な寂...

旦那が海外出張で不安!旦那の帰りを待っている妻ができること

旦那様の海外出張が決まり、不安な気持ちを抱えて過ごしているという奥様もいますよね。日本にいるのではな...

逆立ちのコツやポイントとは?壁を上手く使って練習しよう

逆立ちが出来ない、難しいのは何が原因なのでしょうか?逆立ちがなかなか出来ない・・そんなときにはこ...

出張の多い旦那さんのお宅の生活とはストレスをためない暮らし方

出張が多い旦那さんだと、暮らしやすい?子どもがいない夫婦や子育てが落ち着いた夫婦は旦那さんが出張だと...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

1歳半の子どもがご飯を噛まないで食べてしまう時の原因や対処法

子供がご飯を噛まないで丸呑みをしている?1歳半になってからも、噛まずにご飯を食べているなら、もしかし...

子育てに疲れた【悪魔の3歳】と言われる3歳児の子育て方法

赤ちゃんが生まれてすぐの頃は、まだ自分で動くこともできず、ママがすべてのお世話をしていましたよね。で...

スポンサーリンク

6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをする原因は?

生後6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをしてしまう原因とは一体何でしょうか?

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうのは、授乳に集中できていないことがあります。
生後6ヶ月頃になると色々なものに興味を持つようになり、授乳中におもちゃが気になったりテレビの音などが気になったりして遊び飲みが始まるのです。

母乳やミルクを飲むよりも、周りの興味を持ったものに意識が集中してしまうので、途中で飲まなくなってしまったり飲むことを嫌がってしまうのです。

また、母乳の味が変わったことでも飲まなくなってしまいます。
ママが脂っこい食事や甘いお菓子などを食べ過ぎてしまうと、母乳の味や質に影響してしまうのです。

乳頭が吸いにくくなっていることも飲まなくなる原因になります。
母乳マッサージを怠ってしまうと、乳頭が硬くなって赤ちゃんが吸いにくくなってしまうことがあります。

遊び飲みはずっと続くことではないので、1ヶ月~2ヶ月間ほどは遊び飲みをすることがありますが、その後はなくなることがあります。

6ヶ月に遊び飲みを始める赤ちゃんも!遊び飲みはいつまで続く?

生後3ヶ月頃から赤ちゃんの授乳回数が減ってきたり、ミルクや母乳を飲んだり飲まなかったりすることがあります。
この頃から遊び飲みをしてしまう赤ちゃんが増えていきます。

赤ちゃんは生後3ヶ月頃から満腹感がわかるようになり、お腹がいっぱいになると自分で飲む量をコントロールできるのです。
お腹がいっぱいになることでミルクを飲むのをやめるのです。

遊び飲みをしなくなる時期というのは個人差があり、遊び飲みを始めてから数週間でしなくなる赤ちゃんがいれば、卒乳させるほんの少し前にしなくなるという赤ちゃんもいます。

遊び飲みが始まる時期や終わる時期は、赤ちゃんの体質や周りの環境によっても変わってくるといえます。
母乳やミルクを飲まないと栄養がしっかり取れていないのではないかと心配になってしまうかと思いますが、今はお腹がいっぱいなんだとあまり神経質に考えることはしなくても良いのです。

遊び飲みをする6ヶ月の赤ちゃん!対処法は?

生後6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうときの対処法とは、どんなものがあるのでしょうか?

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうときは、赤ちゃんにとって刺激となってしまうような物や音などを避け、落ち着いて授乳できる環境を作りましょう。
例えばテレビを消したり、近くのおもちゃを片付けたりなど。

赤ちゃんの授乳中は暇だからと携帯をいじってしまうのもやめましょう。
授乳中の赤ちゃんの表情を見たり、声をかけてあげることで赤ちゃんも安心して母乳を飲んでくれるのです。

そして、母乳の味が落ちてしまわないように、日ごろの食生活を見直しましょう。
脂っこいものやカフェインなどは控え、野菜を中心に摂取しましょう。
また、ママの体を冷やさないようにしたりストレスを溜めないということも、母乳の質をよく保つ方法です。

赤ちゃんにしっかり栄養が行くようにママも普段から栄養のあるものを食べ、体調面も気をつけていくことで赤ちゃんの遊び飲みを防止することに繋がっていくのです。

赤ちゃんの遊び飲みってどんなもの?

赤ちゃんは生後3ヶ月頃から、自分の周りのものに興味を持ち始めます。
周りのものに興味を持ち始める頃に、遊び飲みが始まってしまうのです。

遊び飲みとはそもそも何?という方がいるかと思いますが、遊び飲みとは「おっぱいを口に含ませてもニヤニヤしていたり、哺乳瓶の乳首を舌で押し返していて飲む気配が無い」
「授乳中に突然口を離したりのけぞったりして嫌がる」ということがあります。

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうと授乳する時間が長引いてしまうので、ママはイライラしてしまったり赤ちゃんの栄養状況が心配になってしまいますよね。
遊び飲みをするということは赤ちゃんが成長しているということなので、赤ちゃんの体重が増えているようなら深く考えなくても良いです。

遊び飲みは生後3ヶ月~5ヶ月の間に始めることが多いといわれていますが、個人差があるのでその前に始める赤ちゃんやほぼ遊び飲みをしないで卒乳する赤ちゃんもいるのです。

赤ちゃんが遊び飲みで乳首を噛む時は…

授乳中に歯が生えてきた赤ちゃんに乳首を噛まれて痛い思いをしたママは多いです。
まだ歯が生えていない赤ちゃんの歯茎に噛まれても痛いのですから、歯が生えた赤ちゃんに噛まれるというのは、とても激痛です。

噛まれたときに「痛い!」と言う反応を、赤ちゃんは面白がって何度も繰り返すようになってしまうことがあります。

何度も噛まれるのは耐え難いことですし、ママの乳首に傷ができてしまうこともります。

生後6ヶ月の赤ちゃんは知恵も付いてきている頃なので、噛まれるのは本当に痛いということをしっかり伝えましょう。
しっかりと伝えることで赤ちゃんもわかってくれることがあります。

噛まれてしまって乳首に傷ができてしまったら、悪化してしまう前に病院に受診しましょう。
悪化してしまうと授乳ができなくなってしまい、ママも赤ちゃんも辛い思いをしてしまいます。

傷ができてしまったら早めに対処することをおすすめします。