注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んでくれない!こんなお悩みを抱えているママもいますよね。

赤ちゃんが遊び飲みをすると、きちんと栄養が摂れているのか心配になったり、飲んでくれないことにイライラしてしまいますよね。赤ちゃんが遊び飲みをするのはなぜなのでしょう。

そこで今回は、赤ちゃんが遊び飲みをする原因とママができる対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんが笑うのがみたい。声を出して笑う時期と笑いのツボ

赤ちゃんが声を出して笑うととても可愛いですし、周りもつられて笑ってしまいますね。ニコっと笑ったよ...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。またどんな物をどれだけ準備した...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

赤ちゃん(8ヶ月)のお風呂!ママ一人だと大変!入れ方のコツ

赤ちゃんのお風呂は、パパが仕事でいないのでママと二人で入るというパターンも多くあります。赤ち...

アメリカの食べ物が大きい理由と日本とは違う食事の特徴とは

アメリカの映画やドラマを見ていると、どの食べ物も大きいので圧倒されてしまいますよね。でも、な...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

指しゃぶりをする赤ちゃん!指しゃぶりが激しいときの対処法

赤ちゃんがいつも指しゃぶりをしている、指しゃぶりが激しいことを心配しているママもいますよね。赤ちゃん...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

同性の嫉妬。男の嫉妬は恐ろしい!男が男に嫉妬するとき

同性の嫉妬。男VS男。男の嫉妬は恐ろしいのです!女性は感情で好き嫌いを判断しますが、...

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

1歳半で絵本に興味ない子供!興味を持ってもらう方法と対処法

1歳半なのに絵本に全く興味ない様子の子供。他のお友達はきちんと座って集中できるのに、うちの子供だけ絵...

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

ピアノの先生にするお礼とは?渡し方やタイミングをご紹介

ピアノの先生にお礼をする場合は、何を渡したらいいのでしょうか?同じピアノ教室の方に聞いてもなかなか口...

スポンサーリンク

6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをする原因は?

生後6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをしてしまう原因とは一体何でしょうか?

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうのは、授乳に集中できていないことがあります。
生後6ヶ月頃になると色々なものに興味を持つようになり、授乳中におもちゃが気になったりテレビの音などが気になったりして遊び飲みが始まるのです。

母乳やミルクを飲むよりも、周りの興味を持ったものに意識が集中してしまうので、途中で飲まなくなってしまったり飲むことを嫌がってしまうのです。

また、母乳の味が変わったことでも飲まなくなってしまいます。
ママが脂っこい食事や甘いお菓子などを食べ過ぎてしまうと、母乳の味や質に影響してしまうのです。

乳頭が吸いにくくなっていることも飲まなくなる原因になります。
母乳マッサージを怠ってしまうと、乳頭が硬くなって赤ちゃんが吸いにくくなってしまうことがあります。

遊び飲みはずっと続くことではないので、1ヶ月~2ヶ月間ほどは遊び飲みをすることがありますが、その後はなくなることがあります。

6ヶ月に遊び飲みを始める赤ちゃんも!遊び飲みはいつまで続く?

生後3ヶ月頃から赤ちゃんの授乳回数が減ってきたり、ミルクや母乳を飲んだり飲まなかったりすることがあります。
この頃から遊び飲みをしてしまう赤ちゃんが増えていきます。

赤ちゃんは生後3ヶ月頃から満腹感がわかるようになり、お腹がいっぱいになると自分で飲む量をコントロールできるのです。
お腹がいっぱいになることでミルクを飲むのをやめるのです。

遊び飲みをしなくなる時期というのは個人差があり、遊び飲みを始めてから数週間でしなくなる赤ちゃんがいれば、卒乳させるほんの少し前にしなくなるという赤ちゃんもいます。

遊び飲みが始まる時期や終わる時期は、赤ちゃんの体質や周りの環境によっても変わってくるといえます。
母乳やミルクを飲まないと栄養がしっかり取れていないのではないかと心配になってしまうかと思いますが、今はお腹がいっぱいなんだとあまり神経質に考えることはしなくても良いのです。

遊び飲みをする6ヶ月の赤ちゃん!対処法は?

生後6ヶ月の赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうときの対処法とは、どんなものがあるのでしょうか?

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうときは、赤ちゃんにとって刺激となってしまうような物や音などを避け、落ち着いて授乳できる環境を作りましょう。
例えばテレビを消したり、近くのおもちゃを片付けたりなど。

赤ちゃんの授乳中は暇だからと携帯をいじってしまうのもやめましょう。
授乳中の赤ちゃんの表情を見たり、声をかけてあげることで赤ちゃんも安心して母乳を飲んでくれるのです。

そして、母乳の味が落ちてしまわないように、日ごろの食生活を見直しましょう。
脂っこいものやカフェインなどは控え、野菜を中心に摂取しましょう。
また、ママの体を冷やさないようにしたりストレスを溜めないということも、母乳の質をよく保つ方法です。

赤ちゃんにしっかり栄養が行くようにママも普段から栄養のあるものを食べ、体調面も気をつけていくことで赤ちゃんの遊び飲みを防止することに繋がっていくのです。

赤ちゃんの遊び飲みってどんなもの?

赤ちゃんは生後3ヶ月頃から、自分の周りのものに興味を持ち始めます。
周りのものに興味を持ち始める頃に、遊び飲みが始まってしまうのです。

遊び飲みとはそもそも何?という方がいるかと思いますが、遊び飲みとは「おっぱいを口に含ませてもニヤニヤしていたり、哺乳瓶の乳首を舌で押し返していて飲む気配が無い」
「授乳中に突然口を離したりのけぞったりして嫌がる」ということがあります。

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうと授乳する時間が長引いてしまうので、ママはイライラしてしまったり赤ちゃんの栄養状況が心配になってしまいますよね。
遊び飲みをするということは赤ちゃんが成長しているということなので、赤ちゃんの体重が増えているようなら深く考えなくても良いです。

遊び飲みは生後3ヶ月~5ヶ月の間に始めることが多いといわれていますが、個人差があるのでその前に始める赤ちゃんやほぼ遊び飲みをしないで卒乳する赤ちゃんもいるのです。

赤ちゃんが遊び飲みで乳首を噛む時は…

授乳中に歯が生えてきた赤ちゃんに乳首を噛まれて痛い思いをしたママは多いです。
まだ歯が生えていない赤ちゃんの歯茎に噛まれても痛いのですから、歯が生えた赤ちゃんに噛まれるというのは、とても激痛です。

噛まれたときに「痛い!」と言う反応を、赤ちゃんは面白がって何度も繰り返すようになってしまうことがあります。

何度も噛まれるのは耐え難いことですし、ママの乳首に傷ができてしまうこともります。

生後6ヶ月の赤ちゃんは知恵も付いてきている頃なので、噛まれるのは本当に痛いということをしっかり伝えましょう。
しっかりと伝えることで赤ちゃんもわかってくれることがあります。

噛まれてしまって乳首に傷ができてしまったら、悪化してしまう前に病院に受診しましょう。
悪化してしまうと授乳ができなくなってしまい、ママも赤ちゃんも辛い思いをしてしまいます。

傷ができてしまったら早めに対処することをおすすめします。