注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくなってしまいます。

その場合は餌として野菜をあげると良いといいますが、どんな野菜が良いのでしょうか?雑食とはいうけど、野菜であれば何でもいいのでしょうか?

オトシンクルスの餌に向いている野菜や餌を食べない場合の対処法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。赤ちゃんも食べることに少し慣れて...

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っ...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

脳のリミッターを外す?決めない思考で自分の潜在能力を引出す

脳のリミッターを外すってきいたことありますか?できないできない、ダメダメと思っていては、でき...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

バドミントンを子供の初心者に指導する際に心掛けたいこと

バドミントン初心者の子供にどう指導するべきか、コーチとして一番悩むところでしょう。バドミント...

教育実習先からの電話を折り返しする時の注意点とマナー

教育実習先から電話がかかってきたのに、充電が切れていた、電波が届かなかったなどの理由で、電話を取るこ...

ブリッジができないのは〇〇が原因。できるようになるコツとは

ブリッジができない子どもにに教えるにはどんなコツがあるのでしょうか?口で説明をするのは難しいですよね...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

牛肉の臭いを消すにはどの方法がおすすめ?牛肉の下処理とは

牛肉の臭いを消すにはどんな方法があるのでしょうか?鶏肉や豚肉に比べて、肉の臭いが強い牛肉の臭いを取る...

海外の赤ちゃんが一人で寝るようしつけられる理由とは

日本では赤ちゃんが産まれると、ママが添い寝をしてずっと見守るのが一般的です。しかし海外では、...

旦那が怖い。動悸やめまいの症状は?改善策と対処法につてい

旦那が怖い。帰宅時間や週末になると、動悸や頭痛、めまいなどの体調不良が…旦那がキレて...

お箸の持ち方の練習方法!子供へ教えるポイントとお箸の選び方

子供がスプーンやフォークを使えるようになると、次はお箸の練習ですよね。教えるのにはどのくらいの時...

スポンサーリンク

オトシンクルスは餌として野菜が好きってホント?

オトシンクルスは苔を食べてくれる魚として有名ですよね。
吸盤のような口を使って、ガラスや水草の苔を食べてくれます。
いろいろな熱帯魚と混泳させることが出来るので、飼育を考える方も多いと思います。

オトシンクルスは苔を食べてくれますが、実は餌を苔だけに頼るのは限界があります。
そのため他の餌を与える必要が出てくるのです。
人工餌を与えるように変えていくのが理想的ですが、苔以外のものをなかなか餌と認識してくれない場合があります。

そこで、人工餌を食べてくれない時には餌として野菜を与えてみましょう。
オトシンクルスは雑食性ですが、苔を好むだけあって草食傾向が強いです。

ほうれん草やブロッコリーの芯などを食べるはずです。食べやすいように軽くゆでてからあげましょう。
葉物野菜は結んで与えると食べやすくなりますよ。食べ残した野菜は回収してくださいね。
そのまま水の中に入れておくと腐敗して水質悪化の原因となってしまいます。

オトシンクルスに野菜の餌をあげるなら何がおすすめ?

オトシンクルスは野菜よりも人工餌で飼育した方が簡単です。
しかし、なかなか人工餌を食べてくれない時には、野菜を与えて慣れたら人工餌の餌付けに挑戦していくのがよいでしょう。

オトシンクルスに餌として野菜を与えるなら葉物野菜は茹でてからがよいでしょう。
ほうれん草やキャベツなどです。食べにくそうな場合には、結んでから与えてみましょう。
普段の料理では捨ててしまうブロッコリーの芯なども、ゆでてオトシンクルスへ与える事ができます。

ゆでるのが面倒という方にはきゅうりがおすすめです。5cm程度に切って、皮を剥いてから水槽に入れましょう。
きゅうりに爪楊枝を刺して立てておくと良いでしょう。

これらの野菜は食べ残しを水槽の中に入れたままにすると腐敗してしまいます。2日程度で新しいものと交換しましょう。

オトシンクルスの餌として野菜や昆布を実際にあげてみたら

オトシンクルスに餌として野菜を上げてみると意外と食いつきが良いのに驚かれると思います。

ブロッコリーの芯をゆでたものなどは、特に食いつきが良く感じられます。
ブロッコリーは5分程度ゆでるのがお勧めです。

きゅうりも食いつきが良いのです。与える時もゆでる必要がなくとても楽です。
ただし、柔らかい方が食べやすいので熟しているものの方が好むかもしれません。
しかし、きゅうりの種は食べてくれません。そのため水槽内に種が散らばってしまい掃除が大変なのであまりおすすめしません。

ここまで野菜だけを紹介してきましたが、昆布も餌として与えることができます。
昆布は3~5分程度茹でて、冷ましてから水槽に入れましょう。キスゴムに昆布を差し込むのが良いかもしれません。そのまま入れても大丈夫です。
昆布は野菜ほど食いつきがよくないものの、オトシンクルスの餌としてはメジャーです。半日くらいは餌と認識されない場合も多いようですが、餌とわかれば食べてくれます。

オトシンクルスが餌を食べない時に考えられる理由は?

オトシンクルスが餌を食べないなら、新しい環境に慣れていない可能性が考えられます。
オトシンクルスにも個体差があり、好奇心旺盛で与えられた餌にすぐなれる個体がいれば、新しい餌にはまったく見向きしない個体もいます。
新しい餌に食いついてくれない場合には、購入先にどんな餌を与えていたのかを聞いてみるのが良いでしょう。
同じ餌であれば食べてくれる可能性があります。

また、餌だけではなく環境の変化が原因の場合もあります。
そういった場合には、まずは環境自体に慣れてもらう必要があるでしょう。

他の熱帯魚と混泳の場合などは落ち着かずストレスを感じているようであれば、隠れ家となる流木や水草などを増やしてあげるのも良いでしょう。
特に流木はオトシンクルスの餌となる苔も発生しますし、流木自体も舐めるように食べますのでとてもおすすめです。

環境に慣れてきたら、餌を探すようになることでしょう。
食べる餌がわからない場合には、何種類かの餌をいれて観察してみるのも手です。

混泳でオトシンクルスを飼育している場合の注意点!

オトシンクルスを他の熱帯魚と混泳させている場合には、餌を食べているかきちんと観察しましょう。

オトシンクルスは苔を食べますが、苔だけでは餌が足りない場合があります。
そのため人工餌を与えることになります。
しかし、その餌が底まで沈まないタイプのものだったり、他の魚に食べられてしまって底まで届いていない場合もあります。

オトシンクルスまで餌が届いていない場合には、最悪餓死してしまうかもしれません。
そうならないためには、苔を食べているか、餌が届いているかを観察する必要があります。

人工餌が上手く行き渡らない場合には、野菜や昆布を餌として与えてみましょう。
ただし野菜は水を汚しやすいので、食べ残した野菜を交換しやすいように工夫して与える必要があります。

また、苔を人工的に発生させて与えるという方法もあります。
ガラス板などを水の張ったバケツにいれて、日光の当たるところに置いておくと苔が発生します。
苔のついたガラス板ごと水槽に入れてあげましょう。