注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうかもしれません。

新生児のころは、赤ちゃんのお肌を清潔に保つために沐浴をさせます。でもこの沐浴、毎日行わなくてはいけないのでしょうか。1日おきじゃダメ?

そこで今回は、新生児や赤ちゃんの沐浴は毎日必要かについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

虫にも感情ってあるの?痛みや味は感じるのか徹底調査!

虫を見ていると「なにを考えて生きているんだろう?」と思うことってないですか?虫にも人間と同じ...

オトシンクルスの餌としてどんな野菜が向いているのか教えます

オトシンクルスは餌として水槽の中のコケを食べてくれますが、コケがなくなってしまうと食べるものがなくな...

可愛い子供を産みたい!赤ちゃんはみんなかわいいですよ!

可愛い子供を産みたい!なんて願ってしまうのは、自分にコンプレックスがあるから?どんな赤ちゃん...

猫にリードをして散歩をさせるときの方法や気をつける事とは

猫はリードをつけて散歩をさせてあげたほうがいいのでしょうか?犬と違って、散歩は必要がないというイメー...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

転勤を子供が嫌がるときに親ができることや経験で得ることとは

転勤することを子供が嫌がるのは、転校などによってせっかくできた友達とお別れをしなければならないからで...

猫が邪魔してくるのときの対処方法かわいいけれどコレで対応

かわいい猫に邪魔されたとあっては、勉強や仕事が手につかないという人も多いのではないでしょうか?...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

生後5ヶ月のお昼寝の寝かしつけで困った時の対処法

赤ちゃんは生後5ヶ月頃にもなると決まった時間帯にお昼寝をするようになりますが、お昼寝の悩みで多いのが...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

ギターの練習場所に困った時におすすめの場所と自宅での防音対策

ギターの練習をしたいと思っても、近所への音漏れが迷惑にならないかと不安になって、なかなか練習できない...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

カレーの具材を炒める理由と美味しく作るためのコツとは

カレーを作るときに具材を先に炒める理由についてご存知でしょうか?カレーを美味しく作るためには...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

スポンサーリンク

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で肌を清潔に!

出産を終えたあと、入院生活の中で赤ちゃんを沐浴させる練習があります。
初めて子育てする方にとっては、この沐浴の練習はとても助かりますよね。

産院で沐浴の練習をしたといっても、退院していざ自分の家で、まだ首も座っていない赤ちゃんの沐浴をさせるのは怖いものです。

沐浴させているあいだ、赤ちゃんが気持ちよさそうな顔をしてくれているなら安心ですが、沐浴させるたびに大泣きされてしまうとママも辛いですよね。

赤ちゃんを毎日沐浴させる必要はあるのか?と疑問に思う方もいるかと思います。
沐浴は産まれたての敏感な肌を清潔に保つためにさせるのです。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗や皮脂の分泌が多いので、毎日清潔にしてあげないと汗が詰まってすぐに炎症を起こしてしまいます。

外出をしていない日でも一日一回は沐浴させてお肌を清潔にしてあげることが大切です。

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴の時のポイント

沐浴をさせるときは、お湯の温度だけではなく浴室内の温度も適温を保ちましょう。

赤ちゃんは体に何もまとっていないままお湯に入ると、不安になって泣き出してしまいます。
タオルやガーゼをかけてあげると安心して機嫌もよくなります。

赤ちゃんは周りに何も支えるものが無い状態で、お湯に浮いていると落ち着きません。
ベビーバスだと足がついて安心できるので、ぜひ活用するといいですね。
普通の浴槽に一緒に入る場合でも、常に抱っこしてママと肌を密着させてあげると赤ちゃんも安心です。

沐浴を始めたころなど、慣れていないことは赤ちゃんも不安になります。
赤ちゃんの体を洗っているときなどはママも余裕が無いと思いますが、「気持ちいいね」「きれいきれいしようね」など、こまめに優しく声をかけてあげると、ママの声で赤ちゃんも安心しますよ。

赤ちゃんはママの声と匂いに包まれると安心できるのです。
沐浴で大泣きしてしまったときはサッと終わらせて、その後はママの心臓の音を聞かせるように抱っこしてあげると安心して泣き止んでくれますよ!

新生児の沐浴は毎日必要か?季節によって注意すること

赤ちゃんの沐浴は季節によって注意が必要

夏場のお風呂の温度はややぬるめの38度くらいの設定に

夏は特に汗をかきやすいので、日中でも汗をかいたらお風呂にいれてあげると良いですね。
シャワーで流してあげたり、タオルをぬらして汗をかいたところを拭き取ってあげるだけでも十分ですよ。

夜のお風呂タイムのときは、シャワーだけではなくできることなら湯船にもいれてあげると、体が温まってリラックスでき、寝つきが良くなります。
首周りや関節の部分など、汗がたまりやすいのでしっかりと洗ってあげましょう。

冬場のお風呂の温度は39度~40度くらいの設定に

冬場はお風呂の温度がすぐ下がってしまうので、温度計をこまめにチェックしながら調節しましょう。

お湯を温める場合、熱湯をいれてしまうと赤ちゃんがやけどしてしまう恐れがあるので、安全を考えて避けてください。

冬場は湯船に入れてしっかりと体を温めてあげるようにしましょう。
どうしてもシャワーだけになってしまう時は、浴室や脱衣所を温めてから入るようにしてください。

お風呂から上がったら、頭から熱が逃げていってしまうので頭を先に水分をすばやく拭き取って服を着せてあげましょう。

新生児の沐浴はいつまで行うの?

赤ちゃんの沐浴は、基本的には生後1か月を過ぎたら大人と同じ湯船に入れるようになります。
1か月を過ぎたら必ず大人と同じ湯船に入れなくてはいけないということはないので、不安な方は赤ちゃんの首が座るまでは沐浴させても問題はありません。

沐浴はなれるまで大変だと思いますが、赤ちゃんの安全や沐浴のしやすさを最優先させて行ってください。

1人で沐浴をさせる場合はうつぶせにさせるなど、少し危険だと思うことは省いても大丈夫です。
背中やおしりを優しく洗ってあげましょう。

沐浴は生後1か月~3か月の短い期間しかさせないので、ビデオカメラなどで映像を残しておくのも良いですね。
赤ちゃんが大きくなったときに一緒にビデオを見返す楽しみにもなりますよ。

赤ちゃんがお風呂に入るタイミングはいつがいい?

赤ちゃんがお風呂に入るタイミングは何時頃が良いのでしょうか。

夜は気温が下がって体が冷えてしまうと考えれば、昼間の暖かいうちに入れてあげるのが適しているといえます。

1日2回入浴する場合は、昼間と夕方に入れるのが良いです。
夜寝る前に体を温めてあげようと入れる方がいるかと思いますが、赤ちゃんはそれぞれ違いますが、入浴が刺激になって寝付きが悪くなってしまうこともあるので、要注意です。

ママやパパと毎日一緒に入る場合は、入りやすい時間帯を選ぶと毎日同じ時間に入ることができ、赤ちゃんの生活リズムも整いやすくなりますよ。

赤ちゃんがお風呂から上がったら、水分をすばやく拭き取って服を着せてあげましょう。
赤ちゃんの体は温まりやすく冷えやすいので、すぐに服を着せてあげないと風邪を引いてしまいます。
赤ちゃんが風邪をひくと重症化してしまったり、鼻が詰まって呼吸がしづらく、泣いてなかなか眠りにつけないということにもなってしまうので、気をつけましょう。