注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうかもしれません。

新生児のころは、赤ちゃんのお肌を清潔に保つために沐浴をさせます。でもこの沐浴、毎日行わなくてはいけないのでしょうか。1日おきじゃダメ?

そこで今回は、新生児や赤ちゃんの沐浴は毎日必要かについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学で浪人がバレる瞬間は?先にカミングアウトした方がいいかも

浪人生活を経て晴れて大学入学!でも嬉しい反面、浪人したことがバレるのは嫌だなという気持ちになるか...

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

人が海に行きたいと思う心理とは?パターン別による深層心理

「海に行きたいな…」という気持ちと「よし!今日は海に行こう!」という気持ち。どちらも海に行くことに変...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

中学受験で習い事のピアノを辞めずに両立するコツと工夫とは

中学受験に専念するためにも、子供に習い事のピアノを辞めさせるべきか悩む親御さんも多いことでしょう。...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。この...

親と縁を切る方法で見つからずに逃げるコツや相続を放棄するには

親と縁を切るためには、実際に法律的には親と絶縁する方法はありません。しかし、自立して親元から...

ピアノは才能?努力?努力をする才能が一番必要かもしれない

子供の習い事でも人気の高いピアノですが、才能がなければ努力をしても上手くはならないのではと親は悩んで...

外国語っぽい名前をつけたい!日本以外でも通用する名前とは

子供の名前を考える時、親として「将来世界で活躍するような子供になってほしい。」と外国人からも呼びやす...

大学に行ってまで勉強する意味とは?メリットはたくさんあります

高校2年生にもなると大学受験という文字が頭をよぎりますが、大学に行ってまで勉強する意味が本当にあるの...

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

彼女へお弁当のお返しにサプライズで感謝の気持ちを伝えよう

彼女がいつもお弁当を作ってくれるなら、そのお返しに感謝の気持ちを伝えることは大切です。では、...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

スポンサーリンク

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で肌を清潔に!

出産を終えたあと、入院生活の中で赤ちゃんを沐浴させる練習があります。
初めて子育てする方にとっては、この沐浴の練習はとても助かりますよね。

産院で沐浴の練習をしたといっても、退院していざ自分の家で、まだ首も座っていない赤ちゃんの沐浴をさせるのは怖いものです。

沐浴させているあいだ、赤ちゃんが気持ちよさそうな顔をしてくれているなら安心ですが、沐浴させるたびに大泣きされてしまうとママも辛いですよね。

赤ちゃんを毎日沐浴させる必要はあるのか?と疑問に思う方もいるかと思います。
沐浴は産まれたての敏感な肌を清潔に保つためにさせるのです。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗や皮脂の分泌が多いので、毎日清潔にしてあげないと汗が詰まってすぐに炎症を起こしてしまいます。

外出をしていない日でも一日一回は沐浴させてお肌を清潔にしてあげることが大切です。

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴の時のポイント

沐浴をさせるときは、お湯の温度だけではなく浴室内の温度も適温を保ちましょう。

赤ちゃんは体に何もまとっていないままお湯に入ると、不安になって泣き出してしまいます。
タオルやガーゼをかけてあげると安心して機嫌もよくなります。

赤ちゃんは周りに何も支えるものが無い状態で、お湯に浮いていると落ち着きません。
ベビーバスだと足がついて安心できるので、ぜひ活用するといいですね。
普通の浴槽に一緒に入る場合でも、常に抱っこしてママと肌を密着させてあげると赤ちゃんも安心です。

沐浴を始めたころなど、慣れていないことは赤ちゃんも不安になります。
赤ちゃんの体を洗っているときなどはママも余裕が無いと思いますが、「気持ちいいね」「きれいきれいしようね」など、こまめに優しく声をかけてあげると、ママの声で赤ちゃんも安心しますよ。

赤ちゃんはママの声と匂いに包まれると安心できるのです。
沐浴で大泣きしてしまったときはサッと終わらせて、その後はママの心臓の音を聞かせるように抱っこしてあげると安心して泣き止んでくれますよ!

新生児の沐浴は毎日必要か?季節によって注意すること

赤ちゃんの沐浴は季節によって注意が必要

夏場のお風呂の温度はややぬるめの38度くらいの設定に

夏は特に汗をかきやすいので、日中でも汗をかいたらお風呂にいれてあげると良いですね。
シャワーで流してあげたり、タオルをぬらして汗をかいたところを拭き取ってあげるだけでも十分ですよ。

夜のお風呂タイムのときは、シャワーだけではなくできることなら湯船にもいれてあげると、体が温まってリラックスでき、寝つきが良くなります。
首周りや関節の部分など、汗がたまりやすいのでしっかりと洗ってあげましょう。

冬場のお風呂の温度は39度~40度くらいの設定に

冬場はお風呂の温度がすぐ下がってしまうので、温度計をこまめにチェックしながら調節しましょう。

お湯を温める場合、熱湯をいれてしまうと赤ちゃんがやけどしてしまう恐れがあるので、安全を考えて避けてください。

冬場は湯船に入れてしっかりと体を温めてあげるようにしましょう。
どうしてもシャワーだけになってしまう時は、浴室や脱衣所を温めてから入るようにしてください。

お風呂から上がったら、頭から熱が逃げていってしまうので頭を先に水分をすばやく拭き取って服を着せてあげましょう。

新生児の沐浴はいつまで行うの?

赤ちゃんの沐浴は、基本的には生後1か月を過ぎたら大人と同じ湯船に入れるようになります。
1か月を過ぎたら必ず大人と同じ湯船に入れなくてはいけないということはないので、不安な方は赤ちゃんの首が座るまでは沐浴させても問題はありません。

沐浴はなれるまで大変だと思いますが、赤ちゃんの安全や沐浴のしやすさを最優先させて行ってください。

1人で沐浴をさせる場合はうつぶせにさせるなど、少し危険だと思うことは省いても大丈夫です。
背中やおしりを優しく洗ってあげましょう。

沐浴は生後1か月~3か月の短い期間しかさせないので、ビデオカメラなどで映像を残しておくのも良いですね。
赤ちゃんが大きくなったときに一緒にビデオを見返す楽しみにもなりますよ。

赤ちゃんがお風呂に入るタイミングはいつがいい?

赤ちゃんがお風呂に入るタイミングは何時頃が良いのでしょうか。

夜は気温が下がって体が冷えてしまうと考えれば、昼間の暖かいうちに入れてあげるのが適しているといえます。

1日2回入浴する場合は、昼間と夕方に入れるのが良いです。
夜寝る前に体を温めてあげようと入れる方がいるかと思いますが、赤ちゃんはそれぞれ違いますが、入浴が刺激になって寝付きが悪くなってしまうこともあるので、要注意です。

ママやパパと毎日一緒に入る場合は、入りやすい時間帯を選ぶと毎日同じ時間に入ることができ、赤ちゃんの生活リズムも整いやすくなりますよ。

赤ちゃんがお風呂から上がったら、水分をすばやく拭き取って服を着せてあげましょう。
赤ちゃんの体は温まりやすく冷えやすいので、すぐに服を着せてあげないと風邪を引いてしまいます。
赤ちゃんが風邪をひくと重症化してしまったり、鼻が詰まって呼吸がしづらく、泣いてなかなか眠りにつけないということにもなってしまうので、気をつけましょう。