注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合がありますので、できれば毎日沐浴してあげましょう。

赤ちゃんの肌はとても敏感なので、あせもや肌トラブルになりやすいのです。

沐浴に必要な道具や入れ方や手順を紹介します。

最初は慣れていないので、赤ちゃんもママもパパも大変ですが、そのうちきっと慣れていきますよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生児のミルク後のゲップの仕方や上手なコツと吐くときの対処法

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にゲップを出させてあげますが、ゲップの仕方にはコツがあるのでしょう...

指輪のサイズをこっそり測る方法!女性に気付かれない測り方

彼女へのプロポーズはサプライズでしたい、と考える男性も多いと思います。しかし、ここで困るのが...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

人が海に行きたいと思う心理とは?パターン別による深層心理

「海に行きたいな…」という気持ちと「よし!今日は海に行こう!」という気持ち。どちらも海に行くことに変...

長男と次男の性格の違いを特徴から検証!産まれ順の影響も

長男と次男の性格にはそれぞれ共通する特徴があり、それによって長男と次男の性格の違いがみえてきます。...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

幼稚園に途中入園する時のママ友の作り方!好印象を与える方法

これまで通っていた幼稚園から別の幼稚園に転園する・途中から幼稚園に入園するという途中入園の場合、ママ...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

家族が不仲だと子供の成長に悪影響しか与えない

家族の不仲は子供の成長に悪影響しか与えません。夫婦の激しいケンカはもちろん、無視し合ったりす...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

産後里帰りなしで心配な食事の支度のコツと利用したいサービス

里帰り出産をし産後は実家にお世話になるという方もいれば、里帰りなしを選択する方もいます。里帰...

うさぎを飼う人の心理!ペット選びでわかる意外な性格とは

犬や猫の他にうさぎも人気があるペットですね。ペットにうさぎを飼うことを選んだワケはなんでしょ...

友達と離れることが寂しいと感じたら?寂しい気持ちの対処法

友達と離れることが寂しい。たくさんおしゃべりして、たくさん笑ってたくさん泣いて…。そ...

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたド...

スポンサーリンク

新生児の沐浴は毎日入れてあげよう!

赤ちゃんのお肌はとても敏感なので、あせもや湿疹などのトラブルを防ぐためにも毎日沐浴させてお肌を清潔に保ってあげましょう。

夏場は特に汗をかきやすいので、短時間であれば一日に数回沐浴しても問題はありません。

大人と比べると、赤ちゃんは新陳代謝がとても活発で、またうんちやおしっこの回数も多いのでお肌が汚れやすいのです。
首も座っていない赤ちゃんを沐浴させるのは怖いものですよね。
気持ちよくしているならよいですが、沐浴中に大泣きされてしまうとママも辛くなってしまいます。

毎日沐浴は必要なの?と疑問に思う方がいるかと思います。
赤ちゃんのお肌は敏感なのでこまめに清潔にしてあげないと汗がでる穴が詰まって炎症を起こしてしまうことがあり、皮膚トラブルの原因となってしまうので、外出をしていない日でも毎日沐浴をして清潔を保ってあげることが大切です。

お肌トラブルを起こしてしまった我が子を見ているママも切なくなってしまうので、トラブルは回避したいところですね。

新生児の沐浴は毎日したいけれど、シャワーだけでもいい?

赤ちゃんがシャワーだけで済ませても良いとされる時期は明確に決まっているわけではありませんが、新生時期は首などが安定していなくて危険なので、首が座り始める2~3か月頃からシャワーで済ませるようにすると良いですね。

夏場などは気温が高いので、シャワーだけで済ませる日があっても問題ありません。
月齢が低い赤ちゃんは体温調節が上手にできないので、湯船に浸かることで体が温まりすぎてしまうことがあります。

体を拭くという習慣をつけておくと良いですね。

赤ちゃんに湿疹など肌荒れが見られる場合は、シャワーでサッと流すくらいが良いです。
体が温まるとかゆくなってしまうので、ぬるめの温度のシャワーで汚れを落として肌を清潔にしてあげましょう。
このとき、シャワーの温度は38度~39度くらいが適温となります。

保湿剤などの薬を処方されているときは、使用方法を先生からしっかり聞いて、シャワーやお風呂でお肌を綺麗にしたあとに塗ってあげましょう。
シャワー前に塗ったりするとシャワーで薬が落ちてしまったり、汗などで薬が上手く効かないことがあるので、お肌を綺麗にしたあとに塗ると良いです。

新生児の沐浴は毎日したいもの!その手順を紹介

新生児の沐浴の手順をご紹介します

  1. ベビーバスにお湯を張りましょう。温度は38度前後が適温で、人の体温よりやや高いくらいです。慣れてないうちは温度計でしっかりチェックしましょう。お湯は赤ちゃんの体がしっかり浸かるくらい溜めましょう。
  2. 赤ちゃんをタオルにくるんだりガーゼをお腹にかけてお湯につけましょう。突然裸にされると不安になって泣いてしまうことがあるので、タオルなどで安心させてあげましょう。
  3. 首と股を支えて足からゆっくりとお湯につけてあげます。
  4. ガーゼをぬらして顔を洗ってあげましょう。
  5. 目やにやかさぶたなどもやさしく落としてあげましょう。
  6. 目やにが乾いていると硬くなって目を傷つけてしまうので、気をつけましょう。
  7. シャンプーを泡立てて頭皮を優しくふんわりと洗ってあげましょう。
  8. 体も関節などは汚れがたまりやすいので、しっかり洗ってあげましょう。
  9. おしりはうんちで汚れやすいので、丁寧に洗います。
  10. 最後に上がり湯で泡を洗い流して、頭からすばやく水分を拭き取って服を着せてあげましょう。

新生児の沐浴に必要な道具

産まれたばかりの赤ちゃんをお風呂にいれるのは、慣れるまで緊張するものですよね。
しかし、その緊張は赤ちゃんにも伝わって不安になってしまいます。
少しでも早くなれるように、自分たちにあった使いやすいものやベビーバスを選んで、リラックスして洗ってあげましょう。

赤ちゃんは裸になると不安になり、突然お湯につけられるとびっくりして泣き出してしまいます。
沐浴するときはタオルやガーゼなどでくるんでそっと入れて上げましょう。
体を洗うときに使うガーゼも必要となります。

沐浴からあがった赤ちゃんは柔らかい素材のくるみやすい正方形のバスタオルを選びましょう。

ベビーソープは赤ちゃんの肌に合わずかぶれてしまうことがあるので、同じものを大量に購入せずに、サンプルを購入して赤ちゃんの肌と合うか試していきましょう。
沐浴剤はお湯に溶かすだけで赤ちゃんの体を洗うことができるのでおすすめです。

湯音計もあるとお湯の温度が冷めてきているかなどわかるので、あると便利ですね。

赤ちゃんのお風呂デビューはいつ?

赤ちゃんのお風呂デビューはいつが良いのでしょうか。

赤ちゃんが産まれてから1か月が経ち、感染症の予防のために使っていたベビーバスもそろそろ卒業する頃です。
ベビーバスから普通のお風呂に切り替える時期は、一般的には生後1か月が経ったころです。
おへそが乾いたら大人と同じお風呂に入れると言われていますが、個人差があるので1か月健診のときに相談してみると良いですね。

お湯は38度~40度にして、一番風呂に入れてあげましょう。

長湯してしまうとのぼせてしまうことがあるので避けましょう。

沐浴剤は卒業して、石鹸をしようしましょう。

入浴後はすぐに保湿をしてあげて乾燥を防ぎましょう。

赤ちゃんの綺麗な肌を健康に守ってあげるために、毎日行うと良いですね。