注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。

子供に優しく、時には厳しく叱ってくれる幼稚園の先生は親にとっても頼りになる存在ですが、先生は普段どんなことを感じてるのか本音が気になります。

幼稚園の先生が保護者に対してどう思っているのか、どんなことに注意してほしいのか、その本音を調査しました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?テレビやゲームなどは...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

ストレスの解消には音楽がおすすめ。リラックスする方法とは

ストレスの解消に音楽を聴く人は多いと思います。しかし、なぜ音楽を聴くとストレスが解消されるのでしょう...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

ボールの投げ方はどう説明したらいい?教え方のコツとは

ボールの投げ方を子どもに説明するときにはどんな教え方をしたらいいのでしょうか?小学校で必ず行...

海外の赤ちゃんが一人で寝るようしつけられる理由とは

日本では赤ちゃんが産まれると、ママが添い寝をしてずっと見守るのが一般的です。しかし海外では、...

子どもが幼稚園に行っている専業主婦は暇?何をしているは禁句

子どもが幼稚園に行っている間、専業主婦は暇をしている?子どもが幼稚園に行ってからは、家事をこなしてる...

大学生が趣味にお金を使うのはいいが4年間を無駄にするのはダメ

今どきの大学生は趣味にお金を使うことが多いようです。ただ趣味といっても色々ありますし、その趣味に...

指輪のサイズをこっそり測る方法!女性に気付かれない測り方

彼女へのプロポーズはサプライズでしたい、と考える男性も多いと思います。しかし、ここで困るのが...

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

赤ちゃんが音楽を聴いたら喜ぶの?お気に入りの音楽見つけて!

赤ちゃんと音楽の関係って?赤ちゃんだから音楽を聴いても、感想なんて持たないと思っているママ!...

お箸の持ち方の練習方法!子供へ教えるポイントとお箸の選び方

子供がスプーンやフォークを使えるようになると、次はお箸の練習ですよね。教えるのにはどのくらいの時...

スポンサーリンク

幼稚園の先生の本音その1、一番困る保護者

「一番困る保護者」とは、どんな親なのでしょう?
幼稚園の先生の本音を語ってもらいましょう。

「あくまで私の意見ですが、『子離れ出来てない親』が困りますね。
自分の子供が泣くのを見るのは辛いと思いますが、だからと言って、いつまでも園の玄関に居座られるとこちらとしてもやりづらいです。
確かにお母さんが言ってしまった後も、しばらく泣く子もいますが、ほとんどの場合はすぐに泣き止んで友達と遊び出します。
後ろ髪が引かれても、思い切ってすぐにバイバイしてもらえると、幼稚園としても助かります。」

園に入って間もない頃は、周りの環境に馴染めず、「お母さんのそばにいたい」と訴えてきますが、お母さんからも距離を置くようにしないと、ずっと幼稚園に慣れないままになってしまうのですね。

幼稚園の先生の本音その2、出来れば関わりたくない保護者

幼稚園の先生の本音の中には、「出来れば関わりたくない保護者」というのもいるようです。
一体どういう親なのか、聞いてみましょう。

「まずひとつが、「子供の身の回りの事をきちんと見ていない親」です。
子供の爪が長かったり、服や靴に穴があいていたり、小さくなっていたりなど、普段子供の事を見ていたり、話を聞いていれば分かることも、見ていない親御さんがいます。
中にはただのうっかりミスという場合もありますが、明らかに子供への目が行き届いていない親御さんは、忘れ物も多く、幼稚園から言わないと動いてくれないので、正直、子供が可哀想になります。
もう一つが、「自分の子供中心に考える親」です。
どの家も、自分の子供中心なのはもちろんですが、それを周りに強制させようとする親は困りものです。
うちの幼稚園は、キャラクターのグッズもOKですし、巾着などの持ち物も、手作りは強制ではありません。
しかし、親御さんの中には『うちは100%手作りにして、キャラクターを使わないようにしているのに、他の子が使っていたら、うちの子が欲しがるのでやめさせてください』と言って来られた方がいました。
園としては、子供が楽しく通園する為にも、キャラクターグッズを使うことは、悪い事ではないと考えていますので、その事を説明すると同時に、キャラクターのアップリケをつける事を提案して、なんとかその場はおさめてもらいました。」

人それぞれの事情があるのですから、自分のペースを周りに押し付けるのは、良くないですね。

幼稚園の先生の本音その3、そのニックネーム!

子供を呼ぶときのニックネームにも、幼稚園の先生の本音があるそうです。
その本音とは、一体どのようなものしょうか?

それは、『名前と連結しないニックネームは困る』というものです。
たとえば、『あつし』くんなら、『あっくん』というニックネームは、すぐに理解出来ますよね。
ただ、親のほうで『うちの子は目が丸いから(マル)ね』など、こちらではすぐに理解できないニックネームですと、『うちの(マル)迎えに来ました』と急に言われても、対応に困ってしまいます。
仮に、『うちの子は、(マル)と呼んでますので、幼稚園の方でもよろしくお願いします』と事前に言われていたとしても、幼稚園にはたくさんの子供たちがいますし、全ての先生達に覚えてもらうことは困難です。
できれば、幼稚園では名前に直結する呼び名で言ってもらえると、幼稚園としても助かります。

幼稚園の先生の本音その4、言われてショックな言葉

幼稚園の先生の本音は、まだまだ他にもあります。
その4は、「言われてショックな言葉」です。

幼稚園の先生が言われてショックだった言葉の1位は、「先生は子供がいないから」だそうです。
何百人以上もの子供の担任をしてきたベテランの先生でも、一人の子供を子育てしているお母さんには、この一言で負けた気持ちになってしまうそうです。
確かに、出産や授乳などの経験は無いかも知れませんが、幼稚園に入る年代の子供達は、たくさん見てきた経験があるのですから、そういった点もくんでいただきたいですよね。
親視点だけではなく、先生視点で子供を見ることも大切ですから、仮に親を経験した事がなくても、大事な意見として親も聞き入れるべきですね。

幼稚園の先生の本音その5、最近の園児について心配なこと

幼稚園の先生の本音の最後は、「最近の園児について心配なこと」です。

それは、『体力の低下』です。
上にお兄ちゃんや、お姉ちゃんがいるお家では、家庭用ゲーム機などがあり、幼稚園のうちからゲームに夢中になっている子が多いです。
将来、パソコンなどの機械操作を行う事を考えれば、予行練習にもなりますし、全く悪い事ではありませんが、その分外で遊ばなくなっているのが気になります。

外に出たとしても、親御さんが子供の怪我を心配して、あまり走り回らないようにさせたり、高い所に昇るのを止めたりしています。
確かに、そういった危険から身を守る事も大切ですが、そのせいで、怖がりの子供になったり、ちょっと走っただけですぐに疲れてしまう子供になってしまいます。