注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。

子供に優しく、時には厳しく叱ってくれる幼稚園の先生は親にとっても頼りになる存在ですが、先生は普段どんなことを感じてるのか本音が気になります。

幼稚園の先生が保護者に対してどう思っているのか、どんなことに注意してほしいのか、その本音を調査しました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お風呂はタオルも遊び道具になる!親子で楽しむコツとは

お風呂ではタオルを使った遊びでも子供はとても喜びます。タオルを使ったお風呂遊びの他にも、子供...

浪人生が夏休みで失敗しないための勉強方法と過ごし方

受験に失敗してしまう浪人生。共通点の1つに夏休みの過ごし方があります。夏休みという浮かれた気...

友達と離れることが寂しいと感じたら?寂しい気持ちの対処法

友達と離れることが寂しい。たくさんおしゃべりして、たくさん笑ってたくさん泣いて…。そ...

赤ちゃん【5ヶ月】のお風呂はどうしてる?寝返り後の入浴方法

1人でお風呂に入れてあげるのが難しくなってくる5ヶ月の赤ちゃん。先輩ママさん達はどのような工夫をして...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?テレビやゲームなどは...

転勤を子供が嫌がるときに親ができることや経験で得ることとは

転勤することを子供が嫌がるのは、転校などによってせっかくできた友達とお別れをしなければならないからで...

昼寝が長い時は起こすのが正解?寝続ける赤ちゃんの起こし方とは

昼寝が長いんだけど、起こしたほうがいいの?すやすや、気持ちよさそうに、まさに天使の寝顔で寝て...

ピアノを子供に上手に教える練習方法と親がするべきこととは

ピアノを習っているけど、なかなか上達した姿が見えずに悩んではいませんか?子供の習い事は、ピア...

幽霊が怖い!恐怖心の克服方法と恐怖を感じるメカニズムについて

幽霊が怖い!わけのわからない恐怖心を克服するには、色々な方法がありますから是非試してみてください...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

出張の多い旦那さんのお宅の生活とはストレスをためない暮らし方

出張が多い旦那さんだと、暮らしやすい?子どもがいない夫婦や子育てが落ち着いた夫婦は旦那さんが出張だと...

前転のコツを幼児に教える方法と練習のポイント

前転を幼児がすると、どうしても横に転んでしまったりでなかなか上手く回れません。前転のコツを幼...

教育実習の服装〔女性編〕服装の選び方と注意点

教員免許を取る時に経験する教育実習ですが、女性は特にどんな服装にすべきか悩みます。スーツがベ...

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるように...

スポンサーリンク

幼稚園の先生の本音その1、一番困る保護者

「一番困る保護者」とは、どんな親なのでしょう?
幼稚園の先生の本音を語ってもらいましょう。

「あくまで私の意見ですが、『子離れ出来てない親』が困りますね。
自分の子供が泣くのを見るのは辛いと思いますが、だからと言って、いつまでも園の玄関に居座られるとこちらとしてもやりづらいです。
確かにお母さんが言ってしまった後も、しばらく泣く子もいますが、ほとんどの場合はすぐに泣き止んで友達と遊び出します。
後ろ髪が引かれても、思い切ってすぐにバイバイしてもらえると、幼稚園としても助かります。」

園に入って間もない頃は、周りの環境に馴染めず、「お母さんのそばにいたい」と訴えてきますが、お母さんからも距離を置くようにしないと、ずっと幼稚園に慣れないままになってしまうのですね。

幼稚園の先生の本音その2、出来れば関わりたくない保護者

幼稚園の先生の本音の中には、「出来れば関わりたくない保護者」というのもいるようです。
一体どういう親なのか、聞いてみましょう。

「まずひとつが、「子供の身の回りの事をきちんと見ていない親」です。
子供の爪が長かったり、服や靴に穴があいていたり、小さくなっていたりなど、普段子供の事を見ていたり、話を聞いていれば分かることも、見ていない親御さんがいます。
中にはただのうっかりミスという場合もありますが、明らかに子供への目が行き届いていない親御さんは、忘れ物も多く、幼稚園から言わないと動いてくれないので、正直、子供が可哀想になります。
もう一つが、「自分の子供中心に考える親」です。
どの家も、自分の子供中心なのはもちろんですが、それを周りに強制させようとする親は困りものです。
うちの幼稚園は、キャラクターのグッズもOKですし、巾着などの持ち物も、手作りは強制ではありません。
しかし、親御さんの中には『うちは100%手作りにして、キャラクターを使わないようにしているのに、他の子が使っていたら、うちの子が欲しがるのでやめさせてください』と言って来られた方がいました。
園としては、子供が楽しく通園する為にも、キャラクターグッズを使うことは、悪い事ではないと考えていますので、その事を説明すると同時に、キャラクターのアップリケをつける事を提案して、なんとかその場はおさめてもらいました。」

人それぞれの事情があるのですから、自分のペースを周りに押し付けるのは、良くないですね。

幼稚園の先生の本音その3、そのニックネーム!

子供を呼ぶときのニックネームにも、幼稚園の先生の本音があるそうです。
その本音とは、一体どのようなものしょうか?

それは、『名前と連結しないニックネームは困る』というものです。
たとえば、『あつし』くんなら、『あっくん』というニックネームは、すぐに理解出来ますよね。
ただ、親のほうで『うちの子は目が丸いから(マル)ね』など、こちらではすぐに理解できないニックネームですと、『うちの(マル)迎えに来ました』と急に言われても、対応に困ってしまいます。
仮に、『うちの子は、(マル)と呼んでますので、幼稚園の方でもよろしくお願いします』と事前に言われていたとしても、幼稚園にはたくさんの子供たちがいますし、全ての先生達に覚えてもらうことは困難です。
できれば、幼稚園では名前に直結する呼び名で言ってもらえると、幼稚園としても助かります。

幼稚園の先生の本音その4、言われてショックな言葉

幼稚園の先生の本音は、まだまだ他にもあります。
その4は、「言われてショックな言葉」です。

幼稚園の先生が言われてショックだった言葉の1位は、「先生は子供がいないから」だそうです。
何百人以上もの子供の担任をしてきたベテランの先生でも、一人の子供を子育てしているお母さんには、この一言で負けた気持ちになってしまうそうです。
確かに、出産や授乳などの経験は無いかも知れませんが、幼稚園に入る年代の子供達は、たくさん見てきた経験があるのですから、そういった点もくんでいただきたいですよね。
親視点だけではなく、先生視点で子供を見ることも大切ですから、仮に親を経験した事がなくても、大事な意見として親も聞き入れるべきですね。

幼稚園の先生の本音その5、最近の園児について心配なこと

幼稚園の先生の本音の最後は、「最近の園児について心配なこと」です。

それは、『体力の低下』です。
上にお兄ちゃんや、お姉ちゃんがいるお家では、家庭用ゲーム機などがあり、幼稚園のうちからゲームに夢中になっている子が多いです。
将来、パソコンなどの機械操作を行う事を考えれば、予行練習にもなりますし、全く悪い事ではありませんが、その分外で遊ばなくなっているのが気になります。

外に出たとしても、親御さんが子供の怪我を心配して、あまり走り回らないようにさせたり、高い所に昇るのを止めたりしています。
確かに、そういった危険から身を守る事も大切ですが、そのせいで、怖がりの子供になったり、ちょっと走っただけですぐに疲れてしまう子供になってしまいます。