注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

眉毛は剃ると濃くなるのは間違い!失敗しない眉毛の整え方とは

眉毛は剃ると濃くなると思い込んではいませんか?眉毛は剃ることで濃くなるように見えるだけです!

眉毛の整えるときは、抜くよりも剃る方法がオススメですよ。

では、眉毛を剃るときに失敗したときはどうしたらいいのでしょうか?その対処法とは?
そこで、簡単にできる失敗しない眉毛の整え方とそのポイントなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のレザーシートが車内で暑い時は要注意!予防法と対策について

車のシートが高級なレザーシートになっている場合、暑い日は火傷に注意が必要です。ちょっとぐらいの熱...

玄関収納にコートクロークは便利!狭くてもスッキリ簡単アイデア

玄関の収納はコートクロークがあると、外に出るときはすぐにアウターを着ることができるし、子供が帰ったと...

熱帯魚のヒーターが故障したときの緊急対策や備えと注意点

熱帯魚のヒーターの故障は熱帯魚を飼育する上でありえることです。しかし、はじめて熱帯魚を飼育し...

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。特に...

スカートを履くときに膝上が気になる人へ足太いのを隠す方法

膝上の足太いのが気になる・・スカートを履きたいけれどどんな丈や素材にしたらいいのかわからない!...

レオパは脱皮前後に食欲がなくなる?レオパの脱皮と注意点

脱皮前後のレオパは食欲がなくなるって知っていますか?レオパの食欲がいつもよりないと飼い主とし...

深夜にラーメンは太るとわかっていても食べたくなる訳と対処法

深夜にラーメンが食べたくなるのはなぜでしょう?夜飲んだあとは絶対食べたくなる人や、自宅で深夜...

別れ話の話し合い。連絡ないのが答え。自然消滅も別れ方の一つ

別れ話の話し合い。男性は、自分から別れたいと思った時には、別れ話の話し合いを極力したくないことが多い...

疑問と質問の違いとは?上手に質問する方法を紹介

疑問と質問にはどのような違いがあるのでしょうか?「質問はありますか?」と聞かれたときには、質問したほ...

ヒールの高さの平均やオススメと似合う美脚を手に入れる方法とは

女性の靴のヒールの高さは平均で何センチが多いのでしょうか。ヒールの高さによっても印象が変わってきます...

シャワーのホースの交換方法!自分でもできる交換の手順

シャワーのホースが古くなってくると、亀裂を起こしたり、水漏れの原因になることもあります。ホースを...

身体測定までに体重減らすコツ!誰でも出来る簡単ダイエット

身体測定までに体重減らすにはコツがあります。明日までに痩せたい、あるいは、数ヶ月後にある身体...

鼻を高く見せるためのメイク方法を習得して美人顔に変身しよう

キレイな人は皆鼻筋がすーっと通っていますよね。でも、団子鼻だと整形するしかないと諦めてしまう人も多い...

お腹のぷよぷよが好き!男性が触っていたい彼女のパーツと心理

ぷよぷよのお腹を大好きな彼氏に触られるなんてイヤだ!と感じる女性は多いですよね。ですが、男性は彼女の...

男はイケメンに嫉妬することもあるが一番嫉妬するのは別のこと

男が男に嫉妬するポイントはいくつかありますが、イケメンにもつい嫉妬してしまうのは事実。イケメンだとい...

スポンサーリンク

眉毛は剃ると濃くなる?剃るときに失敗したときは?

あなたの眉毛、剃っていますか?それとも、抜いていますか?
眉毛は剃ると濃くなるという噂を聞いて、抜いているという人もいるかも知れませんが、実際は、剃ったからと言って濃くなるわけではありません。剃ることで、毛の断面の表面積が広くなり、濃くなったように見えているだけなのです。

ですが、ぼうぼうの眉毛では、メイクも決まりません。しっかりお手入れしたいところですが慣れていないと、処理を失敗することもあるでしょう。眉毛の処理は、微妙な調整が必要になってきます。左右非対称になってしまったり、そこだけ無くなって不格好になってしまったりすることもあるでしょう。ショックで鏡を見るのも、外出するのも嫌になってしまうこともあるかもしれません。だからといって、外出せずにずっと誰にも合わないように家にいるわけにも行かないのが、本音です。

眉毛の剃り過ぎで、眉に隙間が出来てしまったり足りなくなってしまった時などは、眉ティントがオススメです。
眉ティントとは、一度塗ったら数日間眉メイクをしなくても落ちない便利なコスメです。汗や水に強く、洗顔やクレンジングでも落ちません。また、眉ティントがない場合は、アイライナーで無くなってしまった毛を書き足すと良いでしょう。カラーは、自分の眉に合わせたもので細めのタイプで眉毛らしく書き足しましょう。

多少の失敗であれば、帽子を深めに被ったり、眉ラインにフレームが来るような伊達メガネをかけたり、前髪をアレンジして、眉毛を隠すのも手です。

後は、できるだけ早く眉毛が生えて来ることを祈るだけです。そのためには、シッカリと肌のお手入れをすることも必要です。細胞の再生を早める事に繋がります。寝る前には、クレンジングなどでしっかりと眉付近の肌のお手入れも欠かさず行ってください。

濃くなるのは見えるだけ?眉毛は抜くより剃る方がいい!

万が一、眉毛をカミソリやシェーバーなどで処理し続けると、毛にストレスがかかり、太くなることもあるそうです。そこをカットすると、断面が広いため、濃いように見えてしまいます。濃くなるわけではありません。だからといって、眉毛を毛抜などで抜き続けていたら、その部分だけこの先全く毛が生えなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

まぶたの上にあるような毛なら、この先、生えてこなくても問題ないと思いますが、眉毛の一部の毛は生えて来なくなった場合は困ることもあるでしょう。別の眉の形にしようとした場合は、アイブロウで毛があるようにそれなりのテクニックで書き足さなくてはなりません。自然に見せるというのは、かなりの技術を要するのです。

特に眉骨の上の毛などは、あったほうが無難と言えます。ですから、その部分を処理したいのであれば、カミソリやハサミ、シェイバーなどを使うことがオススメです。

眉毛専用のカミソリやハサミ、コームなどを使うと、綺麗に処理出来きます。失敗も少なくなりますよ。

濃くなるのは間違い!眉毛は剃る方法がオススメ!

眉毛が生えている場所によっては、抜く方が良いということもあるかもしれません。まぶたに生えている毛や、眉と眉の間に生えているような眉毛は、眉の形に何等影響を与えないため、思いっきって毛抜で処理しても構わないでしょう。

しかし、これから生えて来なくなると困るというような毛は、ハサミでカットしたり、カミソリやシェイバーで剃る方法が無難です。これらの処理を行ったからといって、眉毛が濃くなるということはありません。

勿論、抜くのとは違い、根元から処理することは難しくなり、すぐに毛が生えてくる可能性もあります。しかし、カットしたり剃るという事は、抜くときよりも毛根への負担が軽減され、ダメージも少なくなります。

眉毛の形にも、流行があります。イメージチェンジしたいときなどはにも、眉の形を変える人もいるかもしれません。ですから、これからも眉毛のおしゃれを楽しみたいのであれば、眉毛を抜くよりもダメージの少ない、剃る事をオススメします。

その毛が一生要らない眉毛なのかわからないときには、絶対に抜かないようにしましょう。抜いてしまって、一生生えてこなくなってからでは、どうすることも出来ないのです。
眉のお手入れに自信がないという人は、サロンに行くのも一つの手です。オススメの眉毛を提案してくれるだけでなく、根元からしっかりと剃ってくれるため、自分で処理するよりも、綺麗な状態が長続きするのも魅力でしょう。

抜いて薄くなった眉毛を濃くするには?

眉毛を剃ることでは、毛がなくなる事はありませんが、万が一、抜いてしまった場合には、一生生えて来なくなることもあるでしょう。生えてこないよりはまだ良いかも知れませんが、薄くなってしまう可能性も考えられます。

抜いて薄くなってしまった眉毛…。濃くなるような方法はあるのか

眉毛が丈夫で濃い状態になるためには、眉毛が生えるための栄養がしっかりと眉に届かなければなりません。

眉毛は、毛母細胞と呼ばれる細胞から出来ています。この細胞が分裂することで、眉毛が増えて生えて来るのです。その細胞の分裂に必要となるのが、栄養です。

眉毛の栄養は、根元に毛乳頭に蓄積されます。ここに栄養がなければ、眉毛が生えてくることはありません。成長が促されないのです。

では、眉毛に必要な栄養とは何なのでしょうか。栄養を運ぶための血液の巡り良くする飽和脂肪酸や、眉毛の発毛を促進する亜鉛、毛母細胞を作るのに必要な葉酸、毛が抜けるのを防いだり予防したりする、ビタミンEや鉄分、これらが眉毛を濃くするために必要な栄養素です。

この栄養素をしっかりと摂取することで、濃い毛が生えやすくなるのです。

また、ホットタオルなどを使って、目の周りの血管を温めて上げると血液の流れが良くなり栄養がより届きやすくなるでしょう。

失敗しない!簡単な眉毛の整え方のポイント

眉毛は剃って濃くなるという事はありませんが、整える際に剃りすぎてしまい、上手くいかなかったという人もいるかも知れません。慌てて剃りすぎた眉毛を隠すよりも、まずは失敗しないように、ポイントを押さえることが大切になります。

眉を整えるためには基本的な形があります。
眉頭は小鼻との延長線上、眉尻は小鼻と目尻の延長線上、眉山は、黒目の端の延長線上になることが基本です。この形になるように、眉毛を整えて行きましょう。
まずは、アイブロウペンシルで、形を描いてから整えると失敗が少なくなります。

基本の眉用ハサミ、眉コーム、シェイバーを用意してください。

シェイバーで眉の周りの産毛を剃りましょう。眉頭から眉山までは、下からコームを入れてはみ出た所を眉用ハサミでカットします。眉山から眉尻までは上からコームを入れて、はみ出た所をカットしましょう。上と下とでコームの入れる向きが違うのは、眉毛の生え方には流れがあるからです。その流れがわかれば、カットを失敗することもなくなります。

カットしすぎて、薄くなりすぎてしまわないように、注意が必要です。できるだけ自分の眉をいかせるように、カットしましょう。

素敵な眉毛を作るためには、丈夫で健康的な眉毛を保つことが一番です。是非、眉毛を上手に剃ったりカットしたりして、一生のオシャレを楽しみましょう。