注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例えられることが多いのですが、これはもちろん個人差があるようです。
調べてみると、女の子ママは比較的いい匂いを上げますが、男の子の匂いは女の子とちょっと違うようです。

大人になれば、男性と女性は臭いが変わってきますが、そんな赤ちゃんの頃から臭いは違うものなのでしょうか?

男の子の赤ちゃんの臭いについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テストで0点?小学校に入ったばかりの1年生なら問題ありません

小学校に入ったばかりの1年生であってもテストはありますが、その内容は大人から見れば簡単なものですよね...

ご飯を食べないイライラを子供にぶつける前に試して欲しいこと

子供が2歳くらいになると、今まで楽しく離乳食を食べていたのに、急にご飯を食べなくなってしまうことがあ...

実家に帰りたくないと言う嫁。なぜ実家を嫌がるのかを知りたい

実家に帰りたくないと嫁が言っている。オレの母ちゃん、いい人なのに…。そんなこと言ってると離婚...

ピアノの練習しないからイライラ!自分から練習する魔法の言葉とは

ピアノの練習しないのは、本当にイライラしますよね?ピアノは週に1度、先生に見てもらうだけでは...

昼寝を3時間するのは長い?3歳の上手なお昼寝の取り方とは

3歳の子供が3時間お昼寝をするのは眠りすぎ?個人差の大きいお昼寝時間ですが、気にしなければいけないの...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

夫が怖い。怒鳴ると萎縮してしまうあなたは〇〇被害者

夫のことが怖いと感じる。怒鳴ると萎縮してしまうし、夫を怒鳴らせる自分はものすごく悪いのだと自分を...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

嫁がキレる理由の裏にあるもの…。離婚を避けるために

夫婦喧嘩の理由はさまざまです。夫から嫁への不満や、夫の女性問題、子供の教育方針の違いなど、理由を...

ソフトボールの練習メニューで体育の授業にオススメやコツとは

体育の授業でもソフトボールをすることがありますが、どんな練習メニューをするといいのでしょうか?...

車のトラブルで喧嘩に発展しそうな時は車外に出てはいけない

車によるトラブルは喧嘩に発展しやすく、最近はあおり運転による逮捕者が出るほど深刻化しています。...

育児に疲れた!1歳半のイヤイヤ期を乗り越える毎日の対処法など

子供のイヤイヤ期で悩んではいませんか?1歳半ころから始まることが多い「イヤイヤ期」は、本当に...

猫が驚くとこんなにジャンプするものなのか。猫の行動について

猫の動画は猫好きもそうじゃなくても人気がありますね。中には話題になるほどの動画もあります。癒...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

スポンサーリンク

男の子は赤ちゃんの頃から女の子と匂いが違う

男の子は赤ちゃんの頃から、女の子と匂いが違うということを知っていますか?

よく赤ちゃんはミルクのいい匂いがするといいますが、ミルクのにおいと一緒になんとなく男くさいにおいがするのです。
着ている服や赤ちゃんをくるんでいるおくるみなどから、どことなく男臭が漂っていることがあります。

大人と同じように耳の後ろや脇などから汗のにおっているのか、またお風呂に入ったときに洗い残しでもあったのかと心配しますが、これは男の子の赤ちゃんの純粋な体臭なのです。

男の子の赤ちゃんからお男くさいにおいがする原因は、男性ホルモンの分泌や汗の量が多かったり、汗が乾くと加齢臭に似たにおいになったりするからです。
赤ちゃんでも、立派な男の子なので男性ホルモンは分泌されるのです。
そのため、女の子よりも汗をかきやすく皮脂が出やすいため男くさい体臭になるのです。

男くさいといっても大人の男性のような本格的なにおいはしません。
まだ許せる範囲のにおいですよ!

男の子の赤ちゃんの匂いが気になる…体臭はどこから?

男の子の赤ちゃんのにおいが気になるというママも、多くいるかと思います。
天使のような容姿から、男くさいにおいがするとどうしても気になってしまいますよね。

この男くさい体臭はどこからしているのでしょうか?

赤ちゃんは全身から母乳やミルクの甘くていい匂いがすることが多いです。
しかしこのいい匂いも、夏場は蒸れたりして口からこぼれた母乳やミルクが口の周りや首の下で腐り、すっぱいにおいになることがあります。

また、老廃物がたまりやすい首の下や脇の下、耳垢などは洗いにくい部分でもあるのですっぱいにおいがすることがあるのです。

オムツからもにおいます。
尿をしたあとにオムツを替えず長時間蒸れたままにしていると魚介類の出汁のようなにおいがいしたり、離乳食がまだ始まっていない赤ちゃんの便は米が炊き上がるときのようなにおいがすると言われています。

オムツは汚れたら長時間放置するとかぶれてしまうので、すぐに替えてあげましょう。

男の子の赤ちゃんの匂いは多くのママが感じている

人によって体臭がそれぞれ違うように、赤ちゃんもそれぞれにおいは違います。
子供が二人いて性別が異なるママは、男女で匂いの違いを感じているのでしょうか?

性別の異なる兄弟を育てているママは、やはり匂いの違いを感じるようです。
私も男の子と女の子の子供がいますが、男の子はなんとなく男くさい匂いがありました。
初めての子育てだったので、どこか洗い残しがあったのではないだろうか、部屋の中が暑くて汗をたくさんかいてしまったのではないだろうかと心配になりましたが、しっかり洗い流していたし汗をかいている様子も無かったので、深刻に考えることはしませんでした!

女の子が産まれたときは、一人目のときのような匂いはせず、ミルクの良い匂いしか感じませんでした。

男の子ママが女の子の匂いをかぎたくなってしまう気持ちはわかる!というママは、たくさんいるようです。
どんな男くさいにおいがしても、赤ちゃん特有の良い匂いもするので「臭い!」ということはありません。

赤ちゃんの臭い対策のために気を付けるポイント

赤ちゃんの臭い対策のために気をつけるポイントは一体どんなことでしょうか?

赤ちゃんは母乳やミルクをたくさん飲むと体重が増えていき、腕がボンレスハムのようになることがあります。
そうなると肌と肌が密着する部分が増えるので、洗い残しが無いように全身しっかり洗ってあげましょう。

スポンジで洗うと肌を傷つけてしまうことがあるので、手で優しく洗ってあげるようにしましょう。

すすぐときは弱めのシャワーで綺麗に洗い流してあげましょう。
泡が残ってしまうと肌トラブルにも繋がりますので、しっかりすすぎましょう。

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいので、入浴後はベビーローションを塗って保湿してあげましょう。
入浴後だけではなく、顔を拭いたあとやオムツ替えをしたときにも保湿ケアをしてあげることが大切です。
冬場だけではなく、1年を通してケアを続けることが大切なのです。

赤ちゃんの肌がカサカサになってしまうとかきむしってしまったりして、トラブルになってしまいます。
赤ちゃんの肌はママが守ってあげましょう。

赤ちゃんの頭の臭いが気になる時には

赤ちゃんの頭の臭いが気になる時はこのような対策をとると良い

赤ちゃんの頭の臭いが気になるときはシャンプーを変えてみましょう。
赤ちゃん用のシャンプーしか使ったことが無いとき、大人用の低刺激で無香料無着色のシャンプーを試してみると改善されることがあります。

赤ちゃん用のシャンプーは肌に優しくしているため、汚れが落ちにくくなっていることが多いです。

髪の毛を洗った後はしっかり乾かしてあげましょう。
赤ちゃんだからと生乾きのままにすると、雑菌が繁殖して臭いの原因になってしまいます。
赤ちゃんが嫌がってしまうかもしれませんが、きちんと乾かしてあげるだけで臭いがなくなることがあります。

また、清潔にするだけではなく、母乳の質を上げることも大切です。
授乳中のママの食事が脂っこいものばかりだと、赤ちゃんの体臭も臭くなってしまいます。
ママが理想的な食事をとると赤ちゃんの臭いも改善されることがあります。