注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例えられることが多いのですが、これはもちろん個人差があるようです。
調べてみると、女の子ママは比較的いい匂いを上げますが、男の子の匂いは女の子とちょっと違うようです。

大人になれば、男性と女性は臭いが変わってきますが、そんな赤ちゃんの頃から臭いは違うものなのでしょうか?

男の子の赤ちゃんの臭いについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

天才は努力する人に勝てず、努力するものは楽しむ人に勝てない

天才が努力をする。それも楽しみながら。天才にこれをされてしまっては、凡人は太刀打ちできません。...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

ラーメンのスープを飲み干すのは危険!どうしても飲みたい時は

ラーメンのスープを飲み干す派ですか?それとも飲み干さない派ですか?最近、健康が気になるお年頃のあなた...

漢字の書き取りが苦手な子供の勉強方法と覚えさせるためのコツ

小学校でも学年が上がるにつれて覚える漢字の量は増えていきますよね。でも、子供が漢字の書き取り...

ミルクと母乳の混合育児をする場合のミルクの足し方や方法とは

赤ちゃんは出来るだけ、母乳で育てたいと思いますね。ですが母乳の出方には個人差があります。...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。気持ちはありがたいけれど、正直結構です。「気...

指輪のサイズをこっそり測る方法!女性に気付かれない測り方

彼女へのプロポーズはサプライズでしたい、と考える男性も多いと思います。しかし、ここで困るのが...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね!では、牛肉のカレーをするならどんな...

赤ちゃんが寝る前に暴れる理由と寝かしつけのコツや注意点

赤ちゃんが寝る前に暴れるとお母さんはどうしたらいいのか不安になりますよね。では、赤ちゃんが寝...

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょ...

ピアノを子供に上手に教える練習方法と親がするべきこととは

ピアノを習っているけど、なかなか上達した姿が見えずに悩んではいませんか?子供の習い事は、ピア...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

100均のカッパを子供に選ぶ時のポイントとリメイクアイデア

小さな子供の場合、雨の日にはカッパが必需品です。カッパを購入する場合には、子供服売り場やホームセ...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

スポンサーリンク

男の子は赤ちゃんの頃から女の子と匂いが違う

男の子は赤ちゃんの頃から、女の子と匂いが違うということを知っていますか?

よく赤ちゃんはミルクのいい匂いがするといいますが、ミルクのにおいと一緒になんとなく男くさいにおいがするのです。
着ている服や赤ちゃんをくるんでいるおくるみなどから、どことなく男臭が漂っていることがあります。

大人と同じように耳の後ろや脇などから汗のにおっているのか、またお風呂に入ったときに洗い残しでもあったのかと心配しますが、これは男の子の赤ちゃんの純粋な体臭なのです。

男の子の赤ちゃんからお男くさいにおいがする原因は、男性ホルモンの分泌や汗の量が多かったり、汗が乾くと加齢臭に似たにおいになったりするからです。
赤ちゃんでも、立派な男の子なので男性ホルモンは分泌されるのです。
そのため、女の子よりも汗をかきやすく皮脂が出やすいため男くさい体臭になるのです。

男くさいといっても大人の男性のような本格的なにおいはしません。
まだ許せる範囲のにおいですよ!

男の子の赤ちゃんの匂いが気になる…体臭はどこから?

男の子の赤ちゃんのにおいが気になるというママも、多くいるかと思います。
天使のような容姿から、男くさいにおいがするとどうしても気になってしまいますよね。

この男くさい体臭はどこからしているのでしょうか?

赤ちゃんは全身から母乳やミルクの甘くていい匂いがすることが多いです。
しかしこのいい匂いも、夏場は蒸れたりして口からこぼれた母乳やミルクが口の周りや首の下で腐り、すっぱいにおいになることがあります。

また、老廃物がたまりやすい首の下や脇の下、耳垢などは洗いにくい部分でもあるのですっぱいにおいがすることがあるのです。

オムツからもにおいます。
尿をしたあとにオムツを替えず長時間蒸れたままにしていると魚介類の出汁のようなにおいがいしたり、離乳食がまだ始まっていない赤ちゃんの便は米が炊き上がるときのようなにおいがすると言われています。

オムツは汚れたら長時間放置するとかぶれてしまうので、すぐに替えてあげましょう。

男の子の赤ちゃんの匂いは多くのママが感じている

人によって体臭がそれぞれ違うように、赤ちゃんもそれぞれにおいは違います。
子供が二人いて性別が異なるママは、男女で匂いの違いを感じているのでしょうか?

性別の異なる兄弟を育てているママは、やはり匂いの違いを感じるようです。
私も男の子と女の子の子供がいますが、男の子はなんとなく男くさい匂いがありました。
初めての子育てだったので、どこか洗い残しがあったのではないだろうか、部屋の中が暑くて汗をたくさんかいてしまったのではないだろうかと心配になりましたが、しっかり洗い流していたし汗をかいている様子も無かったので、深刻に考えることはしませんでした!

女の子が産まれたときは、一人目のときのような匂いはせず、ミルクの良い匂いしか感じませんでした。

男の子ママが女の子の匂いをかぎたくなってしまう気持ちはわかる!というママは、たくさんいるようです。
どんな男くさいにおいがしても、赤ちゃん特有の良い匂いもするので「臭い!」ということはありません。

赤ちゃんの臭い対策のために気を付けるポイント

赤ちゃんの臭い対策のために気をつけるポイントは一体どんなことでしょうか?

赤ちゃんは母乳やミルクをたくさん飲むと体重が増えていき、腕がボンレスハムのようになることがあります。
そうなると肌と肌が密着する部分が増えるので、洗い残しが無いように全身しっかり洗ってあげましょう。

スポンジで洗うと肌を傷つけてしまうことがあるので、手で優しく洗ってあげるようにしましょう。

すすぐときは弱めのシャワーで綺麗に洗い流してあげましょう。
泡が残ってしまうと肌トラブルにも繋がりますので、しっかりすすぎましょう。

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいので、入浴後はベビーローションを塗って保湿してあげましょう。
入浴後だけではなく、顔を拭いたあとやオムツ替えをしたときにも保湿ケアをしてあげることが大切です。
冬場だけではなく、1年を通してケアを続けることが大切なのです。

赤ちゃんの肌がカサカサになってしまうとかきむしってしまったりして、トラブルになってしまいます。
赤ちゃんの肌はママが守ってあげましょう。

赤ちゃんの頭の臭いが気になる時には

赤ちゃんの頭の臭いが気になる時はこのような対策をとると良い

赤ちゃんの頭の臭いが気になるときはシャンプーを変えてみましょう。
赤ちゃん用のシャンプーしか使ったことが無いとき、大人用の低刺激で無香料無着色のシャンプーを試してみると改善されることがあります。

赤ちゃん用のシャンプーは肌に優しくしているため、汚れが落ちにくくなっていることが多いです。

髪の毛を洗った後はしっかり乾かしてあげましょう。
赤ちゃんだからと生乾きのままにすると、雑菌が繁殖して臭いの原因になってしまいます。
赤ちゃんが嫌がってしまうかもしれませんが、きちんと乾かしてあげるだけで臭いがなくなることがあります。

また、清潔にするだけではなく、母乳の質を上げることも大切です。
授乳中のママの食事が脂っこいものばかりだと、赤ちゃんの体臭も臭くなってしまいます。
ママが理想的な食事をとると赤ちゃんの臭いも改善されることがあります。