注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例えられることが多いのですが、これはもちろん個人差があるようです。
調べてみると、女の子ママは比較的いい匂いを上げますが、男の子の匂いは女の子とちょっと違うようです。

大人になれば、男性と女性は臭いが変わってきますが、そんな赤ちゃんの頃から臭いは違うものなのでしょうか?

男の子の赤ちゃんの臭いについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんがげっぷをせずに寝るのは大丈夫?赤ちゃんのげっぷ対策

赤ちゃんに授乳をしている最中に、そのまま赤ちゃんが寝ることってありますよね。授乳のあとはげっぷを...

猫が邪魔してくるのときの対処方法かわいいけれどコレで対応

かわいい猫に邪魔されたとあっては、勉強や仕事が手につかないという人も多いのではないでしょうか?...

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? ...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

6ヶ月の赤ちゃんの遊び飲みはいつまで続く?原因と対処法

すくすくと6ヶ月まで成長してきた赤ちゃんが遊び飲みを始めるようになった!きちんと母乳やミルクを飲んで...

父子家庭の子供の心理と特徴・性格は?父子家庭が抱える悩み

何らかの事情で妻と別れることになり、自分が子供を育てることになったという父親もいますよね。最近では、...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

血液型が!ありえない組み合わせの子供が産まれたら?何が違うの

血液型よりも遺伝子ですよね?たまに、両親の血液型からでは絶対に産まれない血液型の子供が産まれ...

姑に会いたくない!孫孫ウルサイ!なんのために出産したのか

姑には会いたくないけど、孫を姑に合わせなきゃ…。このモヤモヤものすごくわかります!お...

料理の盛り付けの資格、フードコーディネーターの資格や仕事

雑誌の写真や、テレビ番組などでキレイに盛り付けられた料理をみるとより美味しそうに感じますね。料理...

スポンサーリンク

男の子は赤ちゃんの頃から女の子と匂いが違う

男の子は赤ちゃんの頃から、女の子と匂いが違うということを知っていますか?

よく赤ちゃんはミルクのいい匂いがするといいますが、ミルクのにおいと一緒になんとなく男くさいにおいがするのです。
着ている服や赤ちゃんをくるんでいるおくるみなどから、どことなく男臭が漂っていることがあります。

大人と同じように耳の後ろや脇などから汗のにおっているのか、またお風呂に入ったときに洗い残しでもあったのかと心配しますが、これは男の子の赤ちゃんの純粋な体臭なのです。

男の子の赤ちゃんからお男くさいにおいがする原因は、男性ホルモンの分泌や汗の量が多かったり、汗が乾くと加齢臭に似たにおいになったりするからです。
赤ちゃんでも、立派な男の子なので男性ホルモンは分泌されるのです。
そのため、女の子よりも汗をかきやすく皮脂が出やすいため男くさい体臭になるのです。

男くさいといっても大人の男性のような本格的なにおいはしません。
まだ許せる範囲のにおいですよ!

男の子の赤ちゃんの匂いが気になる…体臭はどこから?

男の子の赤ちゃんのにおいが気になるというママも、多くいるかと思います。
天使のような容姿から、男くさいにおいがするとどうしても気になってしまいますよね。

この男くさい体臭はどこからしているのでしょうか?

赤ちゃんは全身から母乳やミルクの甘くていい匂いがすることが多いです。
しかしこのいい匂いも、夏場は蒸れたりして口からこぼれた母乳やミルクが口の周りや首の下で腐り、すっぱいにおいになることがあります。

また、老廃物がたまりやすい首の下や脇の下、耳垢などは洗いにくい部分でもあるのですっぱいにおいがすることがあるのです。

オムツからもにおいます。
尿をしたあとにオムツを替えず長時間蒸れたままにしていると魚介類の出汁のようなにおいがいしたり、離乳食がまだ始まっていない赤ちゃんの便は米が炊き上がるときのようなにおいがすると言われています。

オムツは汚れたら長時間放置するとかぶれてしまうので、すぐに替えてあげましょう。

男の子の赤ちゃんの匂いは多くのママが感じている

人によって体臭がそれぞれ違うように、赤ちゃんもそれぞれにおいは違います。
子供が二人いて性別が異なるママは、男女で匂いの違いを感じているのでしょうか?

性別の異なる兄弟を育てているママは、やはり匂いの違いを感じるようです。
私も男の子と女の子の子供がいますが、男の子はなんとなく男くさい匂いがありました。
初めての子育てだったので、どこか洗い残しがあったのではないだろうか、部屋の中が暑くて汗をたくさんかいてしまったのではないだろうかと心配になりましたが、しっかり洗い流していたし汗をかいている様子も無かったので、深刻に考えることはしませんでした!

女の子が産まれたときは、一人目のときのような匂いはせず、ミルクの良い匂いしか感じませんでした。

男の子ママが女の子の匂いをかぎたくなってしまう気持ちはわかる!というママは、たくさんいるようです。
どんな男くさいにおいがしても、赤ちゃん特有の良い匂いもするので「臭い!」ということはありません。

赤ちゃんの臭い対策のために気を付けるポイント

赤ちゃんの臭い対策のために気をつけるポイントは一体どんなことでしょうか?

赤ちゃんは母乳やミルクをたくさん飲むと体重が増えていき、腕がボンレスハムのようになることがあります。
そうなると肌と肌が密着する部分が増えるので、洗い残しが無いように全身しっかり洗ってあげましょう。

スポンジで洗うと肌を傷つけてしまうことがあるので、手で優しく洗ってあげるようにしましょう。

すすぐときは弱めのシャワーで綺麗に洗い流してあげましょう。
泡が残ってしまうと肌トラブルにも繋がりますので、しっかりすすぎましょう。

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいので、入浴後はベビーローションを塗って保湿してあげましょう。
入浴後だけではなく、顔を拭いたあとやオムツ替えをしたときにも保湿ケアをしてあげることが大切です。
冬場だけではなく、1年を通してケアを続けることが大切なのです。

赤ちゃんの肌がカサカサになってしまうとかきむしってしまったりして、トラブルになってしまいます。
赤ちゃんの肌はママが守ってあげましょう。

赤ちゃんの頭の臭いが気になる時には

赤ちゃんの頭の臭いが気になる時はこのような対策をとると良い

赤ちゃんの頭の臭いが気になるときはシャンプーを変えてみましょう。
赤ちゃん用のシャンプーしか使ったことが無いとき、大人用の低刺激で無香料無着色のシャンプーを試してみると改善されることがあります。

赤ちゃん用のシャンプーは肌に優しくしているため、汚れが落ちにくくなっていることが多いです。

髪の毛を洗った後はしっかり乾かしてあげましょう。
赤ちゃんだからと生乾きのままにすると、雑菌が繁殖して臭いの原因になってしまいます。
赤ちゃんが嫌がってしまうかもしれませんが、きちんと乾かしてあげるだけで臭いがなくなることがあります。

また、清潔にするだけではなく、母乳の質を上げることも大切です。
授乳中のママの食事が脂っこいものばかりだと、赤ちゃんの体臭も臭くなってしまいます。
ママが理想的な食事をとると赤ちゃんの臭いも改善されることがあります。