注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

七五三の三歳の着付けを自分でやってみよう!意外と簡単です!

三歳の女の子の七五三が近づいてくると「着物をレンタルして美容室を予約しなくちゃ。」と考えるママも多いでしょう。

しかし、美容室に頼むと意外と料金もかかります。

だったら自分で着付けしてみませんか?着付けはやり方のコツさえわかれば簡単です!当日までに練習しておけば問題ありません。

早速挑戦してみよう!三歳の女の子の七五三の着付けに必要なものと着付けの方法について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供の寝かしつけ方法!生後6ヶ月で1人寝出来るようになるコツ

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけにはどのような方法があるのでしょう?では、生後6ヶ月の赤ちゃ...

保育園は持ち物が多いので毎日大変!その実態と保育士の思い

保育園に持って行く毎日の持ち物が多い!と思うことってないですか?持ち物は園によっても違います...

子供ができないストレスは不妊に関係!ストレス解消の必要と方法

望んでいるのに子供ができない…。知らないだけで多くの結婚したカップル、特に女性が大きなストレスを抱え...

レストランのキャンセル料さえ無視する客への対策と予防法

レストランなど飲食店の予約キャンセルが問題となっています。何十人という予約をしておきながら、当日...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

家で出来る趣味は沢山。男性ならではのカッコいい趣味とは

趣味が欲しいと思っても、運動やアウトドアは好きじゃないという人もいるでしょう。そんな方には家...

母親でいるの疲れた。やめたいならやめちゃおう!

母親でいるの疲れた。もう、やめたい…。わかるわかるわかる!わかりますよ!24...

連絡先を聞く時の敬語の使い方!失礼にならない敬語のマナー

ビジネスシーンなどで相手に連絡先を聞くとき、きちんとした敬語を使うことができているか心配になることも...

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。子供に優しく、時には厳しく叱って...

大学から吹奏楽を始めたい!楽器初心者へのアドバイス

吹奏楽に興味があり、大学生から始めるというのはやはり大変なことなのでしょうか?何かの機会に演奏を...

カブトムシやクワガタムシの捕まえ方のコツを理解しよう

カブトムシやクワガタムシ…。子供のためにも今年こそは捕まえたいと思っている、お父さんも多いのではない...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

赤ちゃんはなぜ抱っこすると泣き止む?その理由と効果的な方法

赤ちゃんは抱っこされることが大好きですよね。そして今まで泣いていても泣き止むことが多いのではないでし...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

スポンサーリンク

七五三の三歳の着付けは簡単?やり方は覚えておいた方がいい?

七五三は、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う年中行事です。

一般的には、着物を着て、神社で七五三詣でをしたり、最近では写真スタジオなどで記念写真をとるという人も増えてきました。

3歳では、女の子に着物を着せてお祝いすることが多いですよね。

普段着ない華やかな衣装に、子どもも喜んでくれること間違いないでしょう。

写真スタジオで七五三写真を予約すると、お参り用の衣装を貸し出してくれるところも多いです。
その場合、着付けも写真スタジオでしてくれるところもあるので、そのまま神社に行けてとても便利ですよね。

でも3歳では、当日急に熱を出したり体調が悪くなることも多く、せっかく予定していた日に行けないということもあります。

3歳の着物は、本格的な着物スタイルではなく、甚平のように羽織るタイプなので、ママでも簡単に着付けできます。
着付けに自信のないママでも大丈夫!
なので、自分で着物を用意するという方法がおすすめです。

七五三だけではなく、お正月やひな祭りなどの行事にも着せられるので何回も活用できます。

七五三の三歳の着付けに必要なものとやり方を教えます!

3歳の女の子の着物で用意するものは次のものです。

  • 肌襦袢
  • 長襦袢
  • 着物
  • お被布
  • 腰ひも
  • 足袋
  • 髪飾り、その他小物(巾着や草履)

着物をセットで購入した場合は、ほとんどのものが付いている場合があります。

また、肌襦袢はなくても普段の肌着で代用できます。

着せる順番は、足袋→肌襦袢→長襦袢→着物→腰紐→被布です。

長襦袢と着物は、どちらも衿についている紐を左右に通してあげることでうまく着付けることができます。

最後に着せる被布は、かぶせたら着物のたもと(袖部分)を少し出してあげると良いでしょう。最後にボタンを留めたら出来上がりです。

着物の着付け方法は、動画で見るとイメージが湧きやすいです。

着付けの経験がなくても、3歳の着物は簡単に着付けすることができます。

三歳の女の子の七五三の着付けで気をつけるポイントは?

3歳の女の子の着物の着付けは、比較的簡単に出来ますが、参拝の当日にいきなりやっても焦ってしまって上手くいかないこともあるので、できれば当日の前に数回練習しておくと安心です。

当日に自分で着付けが出来なかった場合、急にどこかに頼むというのは無理があります。
着付けをする時には、ヘアメイクとお化粧は先にやってから、着付けをすることが重要です。

3歳児で、普段着慣れない窮屈な着物を着ながら長い時間拘束するのは苦しいものです。

また、お手洗いも先に済ませておきましょう。

着物をすべて着付けした後に、トイレ行くとなると子どももママも大変です。

水分もあまり摂りすぎないように、適度な量を心がけることが大切です。

七五三当日は、子どもの準備はもちろん、その他の準備などでバタバタしてしまいがちです。

先に自分の用意を済ませてから、子どもの着付けに取り掛かると時間的にも余裕が出来るのではないでしょうか。

着付けした後に、記念撮影をすることが多いですが、準備の段階の写真や動画を残しておくこともおすすめです。

あとで見直して、思い出になること間違いないでしょう。

三歳の七五三の髪型もママが自宅でセットしてあげよう!

せっかくのイベントごとなので、髪型のセットをプロに頼むと希望通りの完璧な髪型になりますが、お値段もそれなりに高くなりますよね。

美容院などに慣れている場合は除き、まだ3歳の子どもなので、いきなりいつもと違うピリッとした空気に緊張して不機嫌になってしまうこともあります。

そうなると、また笑顔になってもらうため一生懸命にあやしたりしなくてはいけないので、ママも大変です。

なので、3歳の女の子の髪セットは自宅でママがしてあげるのはいかがでしょうか。

髪が結べるくらいの長さがある場合は、ポニーテールがおすすめです。

普通のポニーテールだと物足りないので、コテで髪を巻いてあげて華やかさを出します。
ポニーテールであれば、器用じゃなくても簡単にできますね。

女の子なら誰もが憧れるお姫様のようなフワフワヘアになり、大喜びすること間違いないでしょう。

髪が長くない場合は、髪飾りでワンポイントや、コテで毛先を内巻きカールにするのもおすすめです。

せっかくの七五三。お姫様の雰囲気で主役の気分を盛り上げたいですね。

せっかくの着付けが崩れないようにするための注意点は?

子どもは、大人と違い、体全体を使って動き回ることが多いので、どんなにしっかり着付けしても、着崩れは起きてしまうことが多いです。

3歳の着物は、浴衣の着付けを同じような手順なので、浴衣を着付けた経験がある人であれば着崩れしても直すことができます。

自宅で着崩れをした場合はすぐに直すことができますが、現地で着崩れしてしまうと直すのもひと苦労です。

現地で着崩れせず、子どもも機嫌よくお参りを終わらせるためには、写真撮影やお参りはなるべく早く済ませることも大切です。

また、体が動くと着崩れてきてしまうので、しゃがんだり、走ったり、大股で歩くという動作もなるべく控えるようにしましょう。

七五三の晴れ姿というものは、大人になってからも見返すことの多い、大切な思い出です。
我が子の晴れ姿を目に焼き付けて、当日親も子どもも楽しめると良いですね。