注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

前髪を失敗したときの対処法やアレンジ方法と切り方のコツ

前髪って自分で気軽に切ると言う人も多いでしょうが、切りすぎて失敗してしまうこともありますよね。

では。そんな切りすぎて失敗してしてしまった前髪はどうしたらごまかすことができるのでしょうか?対処法やアレンジ方法とは?

また、前髪を失敗しないためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?切り方のコツとは?

そこで、前髪を失敗したときの対処法やアレンジ方法と切り方のコツなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

前髪はドライヤーで!その巻き方とコツさえわかれば簡単です

前髪のブローってなかなか決まらないですよね。しかも朝の時間のない時だとついイラッとしてしまいませんか...

グッピーの稚魚の成長過程!グッピーは成長速度が早い熱帯魚

グッピーの稚魚の繁殖に挑戦しようと思っている人の中には、グッピーの成長過程が知りたい人もいるのではな...

彼氏がカラオケが下手でも楽しむことが大切!彼氏への優しい一言

カラオケは、大きな声を出してストレス発散にもなりますよね。カラオケが大好きという方が多い一方...

家でもできる有酸素運動の中でも最強のものを実践してみよう

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をしたいと思ってはいても、忙しくてなかなか時間がとれないです...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

友達からメールの返信ない時に考えられる理由と不安をなくす方法

友達にメールを送ったのにずっと返信ないときは、なぜ返信してくれないのか不安になりますよね。友達に何か...

彼氏がピアスを嫌がる理由と納得させるコツや対処法とは

彼氏がピアスを嫌がるのはどうしてなのでしょう?彼女のピアスを嫌がる理由とは?では、そんな彼女...

鼻の角栓の取り方とは?気になる鼻はこうしてケアしよう

鼻の角栓がどうしても気になる…。鼻の角栓はどのようにケアしたらいいのでしょうか?鼻の角栓の取り方で気...

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることが...

ピアスホールがが安定しない期間が半年!安定までにかかる期間

半年たってもピアスホールが安定しないことに頭を悩ませている人もいますよね。せっかくピアスを開けたので...

【カーテンの選び方】遮光カーテンの特徴と等級の違いについて

朝日の入る寝室や、大きな通りに面して明かりが室内に入りやすい部屋などは、カーテンからの光が気になるも...

目を大きく見せるために男でもできるマッサージや方法とは

目を大きく見せることでイケメン男子になりたいという人はいるのではないでしょうか。目が小さいことが...

女性も帽子のマナーを守っておしゃれな帽子ライフを楽しもう

女性も帽子を楽しむためにも、きちんとした帽子のマナーを身に着けておきたいですよね。女性用の帽...

【ファンデーションの塗り方】崩れないリキッドファンデの使い方

普段リキッドファンデーションを愛用しているという方も多いと思います。しかし、慌ただしい朝には...

母子家庭が結婚の弊害に…。彼女との結婚を反対された時の対処法

母子家庭は今や珍しくありませんし、母子家庭だからと偏見を持つのはどうかと思いますが、息子の結婚相手の...

スポンサーリンク

前髪を切りすぎて失敗したときの対処法の定番は?

前髪を切りすぎて失敗してしまったら、アレンジをして対処しましょう。
可愛くアレンジすると、誰も失敗した前髪の対処法だなんて気付きません。

前髪を切りすぎて失敗!そんな時にはねじり前髪アレンジ

その名の通り、失敗した前髪をねじるだけです。
真ん中で前髪を分け、くるくるねじってピンで留めるだけです。

黒のピンを周りの髪で隠しても、あえて飾りピンを使って見せるようにしても、どちらでも可愛く仕上げることが出来ます。

前髪を切りすぎて失敗したら流し前髪で対処しよう

切りすぎて失敗した前髪だけでは、うまく流すことが難しいですよね。
しかし一手間加えると、きれいに流すことが出来ますよ。

  1. トップの髪を前に下ろして、細い三つ編みをします。
    このとき、毛先ギリギリまで編んで下さい。
  2. 三つ編みが完成したら、ピンで仮止めしておきます。
  3. 残りの髪を流すようにして、飾りピンで固定します。
  4. 最後に流した前髪に、先ほどの前髪をかぶせるようにすると完成です。

失敗した前髪は編み込み前髪で可愛く仕上げよう

編み込み前髪は、髪の長さに関係なく可愛く仕上げることが出来ますよ。

  1. トップの髪を前に下ろします。
  2. 下ろしたトップの髪と、サイドの髪を少し取って細く三つ編みにしていきます。
  3. 三つ編みが完成したら、目立たないゴムとピンで崩れないように固定します。
    三つ編みを軽くほぐすと、ワンランク上のオシャレ感が出ますね。

前髪切りすぎて失敗したときにオススメな対処法は?

他にも、まだまだ失敗した前髪を可愛くアレンジ出来る対処法はあります。

  • ロープ編み

失敗した前髪にはもちろん、朝前髪がうまく決まらないときでもおすすめです。

  1. 前髪以外の髪を、コテを使って縦ロール巻きにしていきます。
  2. トップの髪を少し取り、前髪と一緒にねじってロープ編みにしていきます。
  3. 最後にバレッタで固定すると、顔周りも華やかになります。
  • ポンパドール

ポンパドールなら、ショートヘアからロングヘアまで可愛くかっこよく仕上げられますね。

  1. 前髪をとかし、サイドの髪は少し残すようにします。
  2. 前髪を上に向かってねじり、ピンで固定します。
  3. ねじったトップの髪を、軽く引き出すようにすると形がきれいに整います。

失敗!切りすぎた前髪にはこんな対処法も!

失敗した前髪は、ピンやゴムを使わなくても対処することができる

かきあげ前髪

短くなってしまった前髪だと、どうしても可愛いアレンジが多くなると思いますが、かきあげ前髪で大人っぽくすることも可能なのです。

  1. 前髪全体を霧吹きなどで濡らします
    (このとき、前髪をかきあげながら濡らすとよりいいです)
  2. かきあげる分け目とは反対側に、ドライヤーを当てます
    (反対側からドライヤーを当てると、根本が立ちきれいなかきあげ前髪を作れます)
  3. 次にかきあげる分け目に沿って、ドライヤーを当てます
  4. コテを使って、前髪にカールがつくように軽く巻きます
  5. バランスを見ながら、サイドやバックの髪も巻いていきます
  6. スタイリング剤を使って整えたら完成です

ワックスを使ってアレンジ

ぱっつんに揃いすぎて失敗、という前髪におすすめです。
毛先が揃いすぎているので、誰から見てもぱっつんという印象の前髪になってしまいますが、毛先に程よい束感を作るとぱっつんの印象が和らぎます。

ワックスを使って真っ直ぐになっている前髪を、うまく崩すことが出来ると対処成功です。

前髪を失敗しないための切り方のコツ

そもそも、出来れば最初から前髪を失敗しないようにカット出来るといいですよね。

失敗しないための前髪カットのコツを紹介

目尻より外側の前髪は切らない

目尻より外側の前髪を切ってしまうと、顔の横幅を広げた印象になってしまいます。
そして、自分でカットした典型的な前髪になってしまうのだそうです。

切る場合でも、目尻より外側の髪は少し長いくらいにしておきましょう。
他の前髪の長さに合わせるようなことは避けましょう。

前髪を一度に切ろうとしない

「少し伸びてきたな」と思ったタイミングで切るのがベストです。
邪魔だと感じる前に切ると、切る量や長さも少なくて済み、その分失敗も最小限に抑えられます。

一度にたくさん切ろうとすることが、失敗の原因になってしまいます。

髪が乾いた状態で切る

自分で前髪を切るときは、必ず乾いた状態で切って下さい。

髪が濡れていると、少し長くなった状態になります。
その長さに合わせて切ると、乾いたときに短くなってしまいます。

短めの眉上前髪スタイルは今人気!

失敗ではなく、あえて前髪を短く眉上で切るスタイルはどうでしょう。
前髪が短いと子供っぽいとか、服装を選ぶと思われがちですが、表情が明るく垢抜けて見せてくれる効果があると人気です。

前髪の一番短い場所を眉上2cmくらいに決め、そこから徐々に長くアシンメトリーにすると、眉上前髪初心者さんでも簡単にチャレンジ出来ます。
長い髪の最後は、自然とサイドの髪とつながるようにすると、耳にかけるアレンジもきれいなシルエットに仕上がります。

毛先全体を斜めにセットすると、大人っぽい印象にも出来ますよ。

毛先をやや重くカットすると、小顔効果があります。
サイドにレイヤーも入れずに、前髪の水平を強調することがポイントです。
ワックスなどで、適度な束感を演出しましょう。