注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法

生後4ヶ月の赤ちゃんになると体重はだいたい平均でどのくらいになるのでしょうか?

もしも、生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増えかたが、あまり増えていないとなるとお母さんは心配になってしまいますよね。

では、生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増えかたについて気になったときは、考えられる原因とはどんなことでしょう?

そこで、生後4ヶ月の体重の増えかたと増えないときの原因と対処法についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食とお風呂の順番は?一番はママが気にし過ぎないこと

離乳食が始まる時期になると、離乳食が先か、それともお風呂が先かの順番に悩みます。離乳食で汚れた口...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

子供のテレビの見過ぎを防ぐコツや上手な付き合い方のルール作り

子供のテレビの見過ぎというのは、子供にとってどんな影響を与えるのでしょうか?では、見過ぎない...

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの...

アメリカの食べ物が大きい理由と日本とは違う食事の特徴とは

アメリカの映画やドラマを見ていると、どの食べ物も大きいので圧倒されてしまいますよね。でも、な...

1歳7ヶ月の子供の体重が重い!平均体重と肥満体重・対処法

子育て中のママの中には、赤ちゃんの体重増加について頭を悩ませている人もいますよね。同じ年齢の子供...

猫がパソコン中必ず邪魔するのはなぜ?邪魔する猫の気持ちとは

猫を飼っている方なら”あるある”かもしれません。それが、パソコンを邪魔すること。普段は興味を示さない...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。赤ちゃんの抱き...

大学生が趣味にお金を使うのはいいが4年間を無駄にするのはダメ

今どきの大学生は趣味にお金を使うことが多いようです。ただ趣味といっても色々ありますし、その趣味に...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

朝は甘いものを食べても太らないのかそれとも太りやすいのか

朝に甘いものを食べれば太らない?それとも太りやすい?太りやすいや太りにくいかは、甘いものを食べる順番...

双子ベビーカーはいつまで必要?乗れるまで使いたいのが本音

お子さんが双子の場合、便利で手放せないのが双子用のベビーカーですが、いつまで使えるのか、歩けるように...

意地とプライドの違いとは?プライドの高い人との付き合い方

意地とプライドにはどのような違いがあるのでしょうか?自分では自覚がなくとも維持を張っていたり、プライ...

子供を叱る。そして激しく自己嫌悪。この悪循環を感じないためには

子供を叱るのはどうしてでしょう?世間のルールや常識を教えるためですよね?子どもは言わ...

スポンサーリンク

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増えかたは?

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の目安

  • 男の子…身長59~69cm 体重5.5~8.7kg
  • 女の子…身長58~67cm 体重5.3~8.2㎏

必ずしもこの数字に当てはまるというわけではありませんが、あくまでも4ヶ月の赤ちゃんの目安です。

生後4ヶ月になると寝返りできるようになる赤ちゃんも多くいますし、笑ったり、泣いたりと今まで以上にエネルギーを使います。
そのため、新生児でミルクを飲むか寝るかの生活よりは体重の増えがゆるやかになる傾向があります。

お母さん達のなかには、どうして体重が増えないんだろう、具合悪いのか、病気なのか、と過度に心配してしまう人がいますが、4ヶ月の赤ちゃんの体重増加がゆるやかなのも成長の1つですので、心配はいらないでしょう。

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増えかたが気になるときは?

生後4ヶ月ごろの赤ちゃんは体重の増えがゆるやかになる成長の特徴がありますが、ミルクやおっぱいの飲む量が増えるのはなぜでしょう。
普通は、飲む分だけ体重の増加につながりますよね。

それは赤ちゃんの体や脳の発達に関係しています。

  • 飲み遊びを覚える
    授乳の場合ですと飲んでるように見えて飲み遊びをしているだけかもしれません。
  • 満腹中枢発達
    新生児の赤ちゃんは飲むだけ飲みますが、この頃になると満腹感を感じると飲まなくなる。
  • 便秘がちになる
    体がうんちを溜められる様に発達します。
    そのため便秘がちになる子もいて、ミルクの時間なのにお腹の違和感であまり飲まない子もでてきます。
  • お腹いっぱいになっていない
    完母や混合育児をしている方にありえますが、足りていないがために体重増加につながらない可能性も否定はできません。

生後4ヶ月以上の体重の増えかたは?増えないときの原因とは

生後5~6ヶ月頃になってくると赤ちゃんは離乳食を食べ始め、この離乳食の食べ方で体重の増加に大きく差がでてきます。

赤ちゃんは離乳食の感触や味に慣れず、最初のうちはほとんどと言っていいほど食べてくれない赤ちゃんがいます。
そんな時は、栄養を補えるフォローアップミルクを追加してあげましょう。

この時期になると、ハイハイ、お座り、寝返りなど更に運動量も増えますので、離乳食やミルクの摂取具合で体重は減少してしまうことがありますので、おしっこの回数やウンチの量などで判断する必要があります。

離乳食を食べてくれないと、お母さんも負担が大きくなりますが、この時期を越えると食べるようになる子がほとんどです。

離乳食の味付けや切り方の工夫、フォローアップミルクの使用で乗り切ってくださいね。
離乳食のバランスやフォローアップミルク飲ませすぎは、逆に異常な体重の増加、肥満につながりますので、赤ちゃんの本やミルクの缶のに月齢と量の参考が記載されていますのでチェックしてくださいね。

赤ちゃんの体重が増えないときに考えられる原因について

  • 母乳は足りていますか?
    足りているかどうかわからない時は、授乳前と授乳後の赤ちゃんの体重を量って確かめてみましょう。
    授乳の感覚があまりにも狭いと足りてない可能性があります。
  • 赤ちゃんの健康状態を確認しましょう
    赤ちゃんの体に何か変わったことがないか確かめましょう。
    嘔吐、うんち、おしっこ、体温、泣きかた、機嫌、睡眠などに変化があると赤ちゃんが具合悪い可能性があります。
    なにか病気が見つかると一時的に体重が減ったりします。
  • 母乳の味が嫌いに?
    赤ちゃんの成長と共に、母乳の味がわかるようになり飲まなくなる場合もあるそうです。
    母乳はお母さんの血液から作られているように、お母さんの食べた物次第で味が変わるといわれていますね。
    辛いものや香辛料の強いものを摂取していませんか。
  • 活発な赤ちゃん
    ミルクやおっぱいの量が適量でも、その子によって活発な子もいます。
    そうゆう子ですと、なかなか増加にはつながりにくく、適切な量を飲めているのであれば問題ないでしょう。

その他わからない事があれば1人で悩まずに先輩ママや市の保健師さんに相談しましょうね。

赤ちゃんの体重ばかりを気にしないようにしましょう!

赤ちゃんに健康状態に変わりがないのであれば、過度な体重の心配はする必要がないと専門家はいいます。

赤ちゃんの体重の目安はあくまでも目安です。
絶対その数字でなくてはならないことはありません。

よく飲む子、あまり飲まない子、活発な動きをする子、おとなしい子、生まれが大きい子や小さい子、赤ちゃんは様々個性を持って生まれてきますので、同じ月齢の子がみんな同じということはありえないのです。

そして、お母さんの母乳が十分でているのであれば、体重が増えないからといってミルクを与える必要もありません。
4ヶ月頃になると自分で飲む量を調節して飲むようになります。
お母さんのおっぱいにはたくさんの栄養素が入っていて免疫力を高める成分が含まれており、赤ちゃんの体の源といっても過言でもありません。

赤ちゃんの体に変化がない、元気に動く、飲む、笑う、寝る、便や尿に変化がないのであれば、赤ちゃんの成長を見守っていきましょう。