注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんがげっぷをせずに寝るのは大丈夫?赤ちゃんのげっぷ対策

赤ちゃんに授乳をしている最中に、そのまま赤ちゃんが寝ることってありますよね。
授乳のあとはげっぷをさせて、お腹の中に溜まった空気を出してあげなくては!と、赤ちゃんが寝てしまったことを心配しているママも、いるのではないでしょうか。

赤ちゃんが授乳のあとにげっぷをせずに寝てしまった場合、一旦起こしてげっぷをさせたほうが良いの?げっぷをさせずにそのまま寝かせても大丈夫?

そこで今回は、赤ちゃんがげっぷをせずに寝てしまった時の対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?テレビやゲームなどは...

軽トラの運転のコツ!普通自動車との違いと運転方法

軽トラというと、農家の方が乗っている車というイメージがありませんか?しかし、最近はそれだけではな...

日曜日が仕事でも保育園に預ける方法やダメなときの対処法とは

日曜日が仕事だと保育園に預けたいけど、なかなか難しい現状が多いですよね。基本的には保育園は日...

子供の留守番は何歳からなら大丈夫?留守番をさせる時の注意点

子供を留守番させるのは何歳からならOKなのでしょうか?お留守番させる時間にもよりますが、だいたい4年...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

離乳食の時椅子から立ち上がることをやめさせたい!

離乳食って、ストレスの塊。1,作るのが大変。手間がかかる2,食べる時にものすごく散らかる...

命名の画数を気にする人と気にしない人それぞれの意見

子供の命名は、何を重視して考えますか?最近はキラキラネームと呼ばれる個性的な名前も増えていますが...

右脳を鍛える方法とは?右脳を鍛えて自分の潜在能力を高めよう!

右脳を鍛える方法ってありますか?はい!あります!一番手っ取り早いのは『左手』を使うことです!...

フットサルの基本的な動き方とは?初心者が覚えておくべきコツ

コートもゴールも狭いフットサル。そのためサッカーとは違う動き方を覚えておくことも大切になりますよね。...

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくな...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

サークルの合宿に行きたくない時に使える口実や言い訳

サークルの合宿は夏休みの季節に行われることが多いですが、集団行動が苦手、サークルに馴染めてなくて行き...

保育園に入る前に必要?ミルクを飲む練習方法や準備すること

保育園に入る前にはミルクが飲めないと大変?保育園に入る前にミルクの練習はしておいたほうがいいのでしょ...

昼寝が長い時は起こすのが正解?寝続ける赤ちゃんの起こし方とは

昼寝が長いんだけど、起こしたほうがいいの?すやすや、気持ちよさそうに、まさに天使の寝顔で寝て...

スポンサーリンク

赤ちゃんがげっぷをせずに寝るのは大丈夫?

初めて子育てをするママは、赤ちゃんがミルクや母乳を飲んだ後にゲップが出ないととても心配になってしまいますよね。

ミルクを飲んだ後にげっぷを出させようと背中をさすったり、トントンと叩いてもなかなかげっぷが出ず、何十分も出させようと頑張っても出ないということがあります。

このようにげっぷを出さずに寝てしまった赤ちゃんは、その後げっぷがちゃんとでているか心配になってしまうママは多いかと思います。

げっぷが出ないからと諦めて布団に寝かせた瞬間にげっぷが出たり、げっぷは全然出なくてもおならとして空気を出しているという赤ちゃんもいます。

無理にげっぷを出させなくても体勢を変えることでげっぷがでたり、おならとして出たりすることがあるので問題ありません。
しかし、体勢を変えてげっぷが出たりするときも飲んだミルクを吐き戻してしまうことがあるので、仰向けで寝かせるときは頭を高くしてあげるなどして窒息の危険を避けましょう。

母乳はミルクと比べて空気を飲み込みにくいので、げっぷが少ないことがあります。

赤ちゃんがげっぷをせずに寝る時のげっぷのさせ方

赤ちゃんがげっぷをせずに寝るときのげっぷのさせ方は、どんな方法があるのでしょうか。

げっぷをせずに寝てしまったときは横向きに寝かせると良いです。

授乳中に寝てしまってもすぐにベッドに横にさせず、しばらくは縦抱きにして背中をトントンと叩いたりさすったりしてげっぷを出させるようにしましょう。
こうしてげっぷをさせようとしても出ないときもあるので、出ないときは吐き戻したミルクで息が詰まってしまわないように丸めたタオルを背中に置いて横向きにして寝かせると良いです。

また、右側を下にして寝かせることで消化しやすくなりますよ。

赤ちゃんのげっぷの出し方は縦抱きにすることだけではなく、膝に座らせて背中をトントンとする方法もあります。
座ることでお腹がほどよく圧迫され、げっぷが出やすいのです。

私の子供は縦抱きでトントンしてもげっぷがなかなか出なかったので、膝に座らせてトントンさせて出させてました。
この方法の方が出やすいという赤ちゃんもいるので、赤ちゃんに合った方法でげっぷをさせると良いですね。

授乳後に寝る赤ちゃんに試してみてもなかなかげっぷが出ない時は

授乳後に寝る赤ちゃんにげっぷをさせようとしてもなかなかでないときは、無理に続ける必要はありません。

5分ほどげっぷをさせようとしても出ない場合、一度平らなところに寝かせてみましょう。
赤ちゃんの体勢を横にすることでげっぷが出やすくなることがあります。

それでも出ないときは縦抱きにして少し歩いてみるのも良いです。
縦抱きしながら程よい振動を与えてあげると、げっぷが出やすくなるのです。

授乳をしている最中に寝てしまった場合は、無理に出させようとしなくても良いです。
寝てしまったときは赤ちゃんの頭の位置を少し高くして寝かせてあげると、吐き戻したミルクで息が詰まったり逆流をしたりということが防げます。

頭の位置を高くしたからといって授乳後の赤ちゃんから目を離すのはやめましょう。
思わぬトラブルが無いように、いつでも近くにいてあげましょう。

夜中の授乳・寝る赤ちゃんにげっぷはさせた方がいい?

夜中の授乳で寝る赤ちゃんにげっぷは必ずさせたほうが良いのでしょうか?

夜中の授乳をするとそのまま寝てしまう赤ちゃんがほとんどですよね。
赤ちゃんを起こしてまでげっぷをさせる必要はあるのかな…と考えてしまうママも少なくありません。

夜中に授乳してそのまま寝てしまったら、そのまま寝かせても良いのです。

しかし、吐き戻してしまうことが多いので、赤ちゃんの背中に丸めたタオルを置いて体勢を横にしてあげましょう。
体勢を変えることでげっぷが出やすくなったり、出なくて吐き戻しても危険になることはありません。

体勢を横にしたまま赤ちゃんのお腹を軽くトントンしてあげると、げっぷが出ることがあります。

ママが辛くなってしまわない程度にげっぷをさせてあげて、無理してさせることは必要ないのです。
ママや赤ちゃんにストレスがかからないように良い育児をしていきましょう。

赤ちゃんがげっぷする仕組みとゲップが必要な理由

赤ちゃんがげっぷをする仕組みとげっぷが必要な理由はなんでしょうか?

生後3ヶ月~4ヶ月頃までの赤ちゃんは、ミルクを飲みながら呼吸ができます。
しかし、飲みながら呼吸ができるのは赤ちゃんだけなのです。
私達が試してみても飲みながら呼吸はできません。

赤ちゃんは大人と口の構造が違うため、ミルクを飲み続けることができるのです。
しかし、ミルクを飲み続けることができる代わりに空気が入りやすいというデメリットもあります。

お腹に空気が入ると大きなげっぷが出やすくなり、吐き戻してしまうことが多いのです。
生後3ヶ月~4ヶ月頃を過ぎて首が据わってくると、口の構造が大人と同じようになってくるので呼吸をしながら飲み込むことができなくなってくるのです。

この構造の変化があるため、声が出せるようになるのです。
人間が成長していくのに必要な変化なのです。

お腹に空気が溜まったままだと吐き戻してしまったり、赤ちゃんが苦しくなってしまうのでげっぷをさせる必要があるのです。
しかし、げっぷが出なくてもおならとしてでることがあるので、あまり深刻に考える必要はありません。