注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃん【6ヶ月】が寝ない原因とは?寝かしつけや夜泣き対策

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?

6ヶ月が過ぎた頃の赤ちゃんにはこんな変化が表れてくる時期となります。日中の生活や眠る前にはこのように過ごすことで、寝つきがよくなったり夜泣きの対策となるかもしれません。

ママの疲れもたまってくる時期なので、昼間に一緒にお昼寝をしたりゆっくり体を休めることも大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんが寝る前に暴れる理由と寝かしつけのコツや注意点

赤ちゃんが寝る前に暴れるとお母さんはどうしたらいいのか不安になりますよね。では、赤ちゃんが寝...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

離婚で子供と離れることになった父親の面会と離婚後にできること

離婚をして子供と離れることになると、それまでのように一緒に生活をすることができないだけでなく、簡単に...

離乳食を冷凍して持ち運びする場合の注意点について解説します

夏休みやお盆など夏の暑い時に帰省などで長時間移動するとなると、離乳食の持ち運びをどうするか悩んでしま...

オムツが外れない【夜だけオムツ】はいつ卒業できるのか

オムツが外れない。昼間は外せるけど、夜のオムツがいつまでたっても外せないと心配になりますよね?...

保育園の入園説明会は子供も一緒に行く?服装やポイントはコレ!

保育園の入園説明会に出席する時、子供も一緒に連れて行った方が良いか考える人もいますよね。初めて出席す...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

癇癪への対応で大切なのはあわてないこと。4歳の幼児への対応

癇癪への対応で一番に大切なのは『かんしゃくを恐れないこと』4歳の幼児は心と身体と知能のバラン...

一歳のお昼寝、もう午前中寝ないの?1歳の子育てと昼寝について

一歳になると体力がついてくるのでお昼寝は午後の1回で十分の子もいます。午前中に1回、午後に1...

レポートの文字数があと少し足りない!そんなときの対処方法

レポートの文字数が足りないときには、どこを膨らませたらいいのでしょうか?文字数を増やすときのコツやポ...

実家で同居。生活費は一人あたりいくら?参考価格を知りたい!

実家で同居をする時、みんなはどのくらいの生活費を負担しているのでしょうか?独身で実家から通勤...

子供の寝かしつけ方法!生後6ヶ月で1人寝出来るようになるコツ

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけにはどのような方法があるのでしょう?では、生後6ヶ月の赤ちゃ...

スポンサーリンク

6ヶ月の赤ちゃんが寝ないのはどうして?

赤ちゃんが成長してきて大体6ヶ月くらいになると、夜泣きに悩まされるママは多いですよね。少しあやしてあげればすぐに寝てくれる赤ちゃんもいれば、中にはいくらあやしても抱っこしても全然寝てくれず、やっと寝たと思ってもすぐに目が覚めて泣き出してしまうという赤ちゃんもいます。

原因が分かれば対処もしやすいのですが、残念ながら赤ちゃんの夜泣きの原因ははっきり分かってはいません。赤ちゃんがなんらかの不安や不快を感じて泣いていたり、または日中あった出来事が原因で泣いているということも考えられます。

また、昼間と夜の区別がついておらず、寝るタイミングが決まっていないから夜ぐっすり眠れないという可能性も考えられます。その場合は赤ちゃんに生活リズムを作ってあげることで改善することがあります。

そのための基本は 早寝早起きです。朝は7時までに太陽の光を浴びせてあげて、夜は8時までに電気を消して寝かしつけてあげましょう。

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをする原因

生後6ヶ月の赤ちゃんが夜なかなか寝ない原因は色々考えられます。生後6ヶ月といえばそろそろ離乳食を考え始める頃ではないでしょうか。赤ちゃんが夜に寝ないようになった時期と、離乳食を始めた時期が重なるという場合は、離乳食が原因の可能性が高いです。

離乳食は母乳やミルクと違って赤ちゃんの胃への負担が大きいです。そのため、離乳食を始めると最初は便秘になってしまう赤ちゃんも少なくありません。

離乳食が原因で夜寝ないのかな?と思ったら、離乳食を少し減らして母乳やミルクも飲ませてみたり、便秘防止の水分を多めに取らせるなど工夫してみましょう。

また、生後6ヶ月といえばちょうど歯が生えてくる時期にも重なります。産まれて初めて生えてくる歯は、痛みやかゆみを伴います。中には歯茎から出血してしまう赤ちゃんもいます。

大人だって、新しい歯が急に生えてきてかゆかったり痛かったりしたら辛いですよね。赤ちゃんも今は必死に身体の変化に耐えているんだと思えば、ママのストレスも少しは和らぐのではないでしょうか。

6ヶ月の赤ちゃんが寝ないでぐずるのはナゼ?

生後6ヶ月といえば、赤ちゃんには心身ともに様々な変化が現れる頃です。この頃から始まる夜泣きは寝ぐずりは、いわば赤ちゃんがきちんと成長していることの証拠でもあります。

生後6ヶ月というと、首が座ってしばらく経つのでお座りの練習ができるようになったり、新しい歯が生えたり、人見知りが始まったり、手の指を上手に使えるようになってきたり、赤ちゃんにとって毎日が心身ともに忙しい時期です。

赤ちゃんが夜泣きや寝ぐずりでなかなか寝ないときは、「おつかれさま」という気持ちをこめて、根気良く付き合ってあげてください。赤ちゃんはまだ泣くこと以外の表現をほとんど知りません。言葉を覚えるまでは、不安や不快を泣くことでママに伝えるしかないのです。

ママにとってもストレスや混乱を抱える時期になってしまいますが、赤ちゃんの成長の証拠と前向きに捉えて寄り添ってあげましょう。

6ヶ月の赤ちゃんが寝やすい環境は大人と違う?

生後6ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない原因の1つとして、睡眠の環境が整っていないという可能性も考えられます。

赤ちゃんが心地よく眠れる環境は、大人のそれとは微妙に違います。まず、室内は真っ暗にしてあげましょう。必要な場合は足元のみフットライトを点けたり、ごく小さな豆電球で明かりを出しても良いです。

室温は大人に取っては少し肌寒いくらいがちょうど良いとされています。夜中に赤ちゃんが起きてしまったら、背中に手を差し入れてみましょう。寝汗をかいているようなら、赤ちゃんにとって部屋が暑すぎるということです。服を脱がせたり、室温を下げたりして調節してあげてください。

また、暗さや室温は整えているのに毎晩起きてしまうという場合は、起きる時に何か音がしていないか注意してみてください。近所の家の犬の吠え声だったり、自宅の冷蔵庫の機械音だったり、何か音がして起きているという場合もあります。

そんなときはホワイトノイズを流してあげましょう。眠り始めから起きるときまで同じ音を同じ音量で聞かせてあげると効果的です。

6ヶ月の赤ちゃんが夜中に寝ないのは授乳が原因の場合も

生後6ヶ月はそろそろ夜間断乳も考え始めるときですね。この夜間断乳のせいで赤ちゃんが夜泣きをすることがありますが、夜間断乳が成功すれば夜泣きが一気に減るというケースも少なくありません。

夜間断乳初日は夜中に起きて大泣きしてしまうということもありますが、かわいそうな気持ちをぐっと堪えて朝まで断乳することが大切です。この頃には段々言葉を理解してくる頃なので、「今日のおっぱいはもう終わりだよ、明日またいっぱい飲もうね」と声をかければ意外と理解してくれていることもあります。

夜ぐっすり眠れるように、昼間思いっきり身体を動かして遊んで疲れさせてあげたり、お昼寝の時間を短くすることも効果的です。寝る前にたっぷり母乳やミルクを飲ませてあげて、朝までゆっくり眠れるようにするなど、赤ちゃんが夜中に目が覚めにくい環境を作ってあげると良いでしょう。