注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃん【6ヶ月】が寝ない原因とは?寝かしつけや夜泣き対策

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?

6ヶ月が過ぎた頃の赤ちゃんにはこんな変化が表れてくる時期となります。日中の生活や眠る前にはこのように過ごすことで、寝つきがよくなったり夜泣きの対策となるかもしれません。

ママの疲れもたまってくる時期なので、昼間に一緒にお昼寝をしたりゆっくり体を休めることも大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車ですれ違いをするのが怖い狭い道で車がすれ違うときの方法

車がすれ違いをするのが怖い、苦手という人は多いのではないでしょうか?車がすれ違うときには慌ててしまい...

猫が電話をしていたら怒るのはよくあるコト!猫の気持ちとは

電話をしていたら突然猫が怒り出したという経験はありませんか?じつは猫を飼っている人にはよくあ...

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

牛肉の臭いを消すにはどの方法がおすすめ?牛肉の下処理とは

牛肉の臭いを消すにはどんな方法があるのでしょうか?鶏肉や豚肉に比べて、肉の臭いが強い牛肉の臭いを取る...

嫁が実家に帰る頻度が多すぎる?実家に依存してしまう原因と対策

嫁が実家に帰る頻度が多いことにウンザリ…。子供が小さいうちは仕方のないことなのかもしれません。...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

男兄弟の仲が悪くなるのはなぜ?基本仲良しな男兄弟の謎

男兄弟を育てていると、どうしてこんなに毎日喧嘩ばかりするの!とイライラもしてしまいます。大人しい姉妹...

合宿の持ち物を紹介!テニス合宿の必需品とあると便利なモノとは

高校や大学などテニスの合宿がある場合は、どんな物を持っていけばいい? また何があると便利?テ...

レポートの文字数があと少し足りない!そんなときの対処方法

レポートの文字数が足りないときには、どこを膨らませたらいいのでしょうか?文字数を増やすときのコツやポ...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。赤ちゃんの抱き...

赤ちゃんが寝る前に暴れる理由と寝かしつけのコツや注意点

赤ちゃんが寝る前に暴れるとお母さんはどうしたらいいのか不安になりますよね。では、赤ちゃんが寝...

転勤を子供が嫌がるときに親ができることや経験で得ることとは

転勤することを子供が嫌がるのは、転校などによってせっかくできた友達とお別れをしなければならないからで...

赤ちゃん【生後10ヶ月】寝かしつけのコツや重要なポイントとは

生後10ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけで大変なこととはどんなことでしょう?なかなか寝てくれない赤...

鯉の飼育は水槽で!初心者が飼育する場合の注意点を解説します

池で優雅に泳いでいる鯉を見ると、自分でも飼育してみたくなりますよね。でも池がないから…。とあ...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

スポンサーリンク

6ヶ月の赤ちゃんが寝ないのはどうして?

赤ちゃんが成長してきて大体6ヶ月くらいになると、夜泣きに悩まされるママは多いですよね。少しあやしてあげればすぐに寝てくれる赤ちゃんもいれば、中にはいくらあやしても抱っこしても全然寝てくれず、やっと寝たと思ってもすぐに目が覚めて泣き出してしまうという赤ちゃんもいます。

原因が分かれば対処もしやすいのですが、残念ながら赤ちゃんの夜泣きの原因ははっきり分かってはいません。赤ちゃんがなんらかの不安や不快を感じて泣いていたり、または日中あった出来事が原因で泣いているということも考えられます。

また、昼間と夜の区別がついておらず、寝るタイミングが決まっていないから夜ぐっすり眠れないという可能性も考えられます。その場合は赤ちゃんに生活リズムを作ってあげることで改善することがあります。

そのための基本は 早寝早起きです。朝は7時までに太陽の光を浴びせてあげて、夜は8時までに電気を消して寝かしつけてあげましょう。

6ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない、夜泣きをする原因

生後6ヶ月の赤ちゃんが夜なかなか寝ない原因は色々考えられます。生後6ヶ月といえばそろそろ離乳食を考え始める頃ではないでしょうか。赤ちゃんが夜に寝ないようになった時期と、離乳食を始めた時期が重なるという場合は、離乳食が原因の可能性が高いです。

離乳食は母乳やミルクと違って赤ちゃんの胃への負担が大きいです。そのため、離乳食を始めると最初は便秘になってしまう赤ちゃんも少なくありません。

離乳食が原因で夜寝ないのかな?と思ったら、離乳食を少し減らして母乳やミルクも飲ませてみたり、便秘防止の水分を多めに取らせるなど工夫してみましょう。

また、生後6ヶ月といえばちょうど歯が生えてくる時期にも重なります。産まれて初めて生えてくる歯は、痛みやかゆみを伴います。中には歯茎から出血してしまう赤ちゃんもいます。

大人だって、新しい歯が急に生えてきてかゆかったり痛かったりしたら辛いですよね。赤ちゃんも今は必死に身体の変化に耐えているんだと思えば、ママのストレスも少しは和らぐのではないでしょうか。

6ヶ月の赤ちゃんが寝ないでぐずるのはナゼ?

生後6ヶ月といえば、赤ちゃんには心身ともに様々な変化が現れる頃です。この頃から始まる夜泣きは寝ぐずりは、いわば赤ちゃんがきちんと成長していることの証拠でもあります。

生後6ヶ月というと、首が座ってしばらく経つのでお座りの練習ができるようになったり、新しい歯が生えたり、人見知りが始まったり、手の指を上手に使えるようになってきたり、赤ちゃんにとって毎日が心身ともに忙しい時期です。

赤ちゃんが夜泣きや寝ぐずりでなかなか寝ないときは、「おつかれさま」という気持ちをこめて、根気良く付き合ってあげてください。赤ちゃんはまだ泣くこと以外の表現をほとんど知りません。言葉を覚えるまでは、不安や不快を泣くことでママに伝えるしかないのです。

ママにとってもストレスや混乱を抱える時期になってしまいますが、赤ちゃんの成長の証拠と前向きに捉えて寄り添ってあげましょう。

6ヶ月の赤ちゃんが寝やすい環境は大人と違う?

生後6ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない原因の1つとして、睡眠の環境が整っていないという可能性も考えられます。

赤ちゃんが心地よく眠れる環境は、大人のそれとは微妙に違います。まず、室内は真っ暗にしてあげましょう。必要な場合は足元のみフットライトを点けたり、ごく小さな豆電球で明かりを出しても良いです。

室温は大人に取っては少し肌寒いくらいがちょうど良いとされています。夜中に赤ちゃんが起きてしまったら、背中に手を差し入れてみましょう。寝汗をかいているようなら、赤ちゃんにとって部屋が暑すぎるということです。服を脱がせたり、室温を下げたりして調節してあげてください。

また、暗さや室温は整えているのに毎晩起きてしまうという場合は、起きる時に何か音がしていないか注意してみてください。近所の家の犬の吠え声だったり、自宅の冷蔵庫の機械音だったり、何か音がして起きているという場合もあります。

そんなときはホワイトノイズを流してあげましょう。眠り始めから起きるときまで同じ音を同じ音量で聞かせてあげると効果的です。

6ヶ月の赤ちゃんが夜中に寝ないのは授乳が原因の場合も

生後6ヶ月はそろそろ夜間断乳も考え始めるときですね。この夜間断乳のせいで赤ちゃんが夜泣きをすることがありますが、夜間断乳が成功すれば夜泣きが一気に減るというケースも少なくありません。

夜間断乳初日は夜中に起きて大泣きしてしまうということもありますが、かわいそうな気持ちをぐっと堪えて朝まで断乳することが大切です。この頃には段々言葉を理解してくる頃なので、「今日のおっぱいはもう終わりだよ、明日またいっぱい飲もうね」と声をかければ意外と理解してくれていることもあります。

夜ぐっすり眠れるように、昼間思いっきり身体を動かして遊んで疲れさせてあげたり、お昼寝の時間を短くすることも効果的です。寝る前にたっぷり母乳やミルクを飲ませてあげて、朝までゆっくり眠れるようにするなど、赤ちゃんが夜中に目が覚めにくい環境を作ってあげると良いでしょう。