注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんが3ヶ月くらい時期の寝かしつけで悩んでいる時の解決法

新生児のころはよく寝ていたのに赤ちゃんが3ヶ月頃になるとなかなか寝ない、夜泣きで起きてしまってその後眠れないということが増えていきます。

また赤ちゃんの寝かしつけで悩むママは8割近くもいます。

夜しっかりと眠るようになるポイントを紹介します。

生活のリズムを整える、夕方は寝ないようにする、夜は決まった時間に寝る習慣をつけるなど自分の生活スタイルに合った方法を試してみてください。

昨日と今日は違うのが赤ちゃんです。毎日大変ですが頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

お風呂はタオルも遊び道具になる!親子で楽しむコツとは

お風呂ではタオルを使った遊びでも子供はとても喜びます。タオルを使ったお風呂遊びの他にも、子供...

子供が欲しい妻と欲しくない夫、離婚前にできることはあるのか

結婚したらすぐに子供が欲しい妻とこの先も子供は欲しくないという夫。実はこの「子供が欲しい、欲しく...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

うさぎを飼う人の心理!ペット選びでわかる意外な性格とは

犬や猫の他にうさぎも人気があるペットですね。ペットにうさぎを飼うことを選んだワケはなんでしょ...

離乳食の時椅子から立ち上がることをやめさせたい!

離乳食って、ストレスの塊。1,作るのが大変。手間がかかる2,食べる時にものすごく散らかる...

犬がハーネスを嫌がるときの対処方法や付けるときのポイント

犬にハーネスを付けようとしたら嫌がるのはどうして?ハーネスを嫌がるのにはどのような理由があるのでしょ...

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

幼稚園でサッカーが上達するために今必要なこと

幼稚園から習い事としてサッカーを始める子はたくさんいます。親として、何とか上達させたい!将来はプ...

実家のご飯で食べたいものって?おふくろの味選手権!

実家のご飯で食べたいものはなんですか?おふくろの味、無性に食べたくなるあの味のことです!...

旦那が海外出張で不安!旦那の帰りを待っている妻ができること

旦那様の海外出張が決まり、不安な気持ちを抱えて過ごしているという奥様もいますよね。日本にいるのではな...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロ...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

スポンサーリンク

3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけに悩んでいませんか?夜しっかり眠るコツ

お母さんは夜中の授乳以外は、少しでもまとまった時間睡眠をとりたいですよね。
3ヶ月の赤ちゃんがぐっすり寝てくれる、寝かしつけの方法をお教えしましょう。

まずは、赤ちゃんの生活スタイルはどのようになっているか見直してください。
3ヵ月ですと早い子は声をだして笑うようになっていたり、起きている時間も増えてきています。
日中に赤ちゃんが寝ているからといってカーテンを閉め、テレビを消して静かにしていると赤ちゃんは夜と勘違いをしてしまいます。
日中には日中なりの騒音や明るさが多少あってもいいのです。
そして夜寝るときはカーテンを閉め電気も消します。
また赤ちゃんの起床時間にバラつきがあったとしても一端起こし、着替えをさせてあげましょう。
毎日同じ時間にパジャマから家着に着替えさせてあげることで、赤ちゃんの生活にメリハリをつけます。

まだ3ヶ月の赤ちゃんだからといって赤ちゃんにとってメリハリのない生活は良くありません。
夜寝つきが悪い原因にもなってきます。

赤ちゃんが3ヶ月の時期は魔の3ヶ月、寝かしつけるには

赤ちゃんの成長は3週間、3ヶ月、3歳と3の数で成長していくといわれています。
赤ちゃんが成長にするにつれ、それだけお母さんの負担も大きくなってきます。

3ヶ月の赤ちゃんは目がはっきり見えるようになってきて首も座り、縦抱っこも出来るようになります。
そうすることで赤ちゃんの視野も広がり世界もかわります。
今まで横抱きでお母さんの顔をメインで見れたのが、色々なものが視界に入るようになりますね。
そうすると、赤ちゃんも意思表示のため泣く事が多くなります。
なにしてもダメで1日中泣かれ、ヘトヘトになるお母さんもめずらしくはないでしょう。

そして、これまでのように寝かしつけもうまくいかなくなります。
そのため、その都度赤ちゃんに合わせた寝かしつけ法を見出さなければならなくなります。
これまでと同じ方法だけではなく、生活リズムの見直し、昼間赤ちゃんが寝ている環境、など整えてあげると寝付きもよくなりますよ。

3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけを変える意味や時期

前述では赤ちゃんの寝かしつけの方法を赤ちゃんの成長に合わせて変える必要があると述べましたが、そのタイミングとして、いつでもいいわけではありません。

まず、赤ちゃんの生活リズムを整える必要があります。
赤ちゃんがいつ寝ていつ起きて、いつお腹がすいて、お風呂の時間、日中の睡眠環境、夜は眠くないのに寝かしつけられて、というメリハリのない生活では赤ちゃんも混乱してしまいます。

そのため生活リズムが整っていない時期に寝かしつけを変えたとしても上手くはいかず、お母さんの負担が大きくなる一方でしょう。

3ヶ月を超え今までの寝かしつけではうまくいかなくなったら、1週間ほど生活リズムを見直し整えてあげます。
整ってきたら、寝かしつけを成長に合わせて変えてあげるとスムーズにいくでしょう。
そうすると赤ちゃんも質の良い睡眠をとれるので夜中に起きても、授乳が終わればまたすんなり寝付いてくれます。

お母さんもまとまった睡眠をとれて育児も楽になることを期待します。

赤ちゃんの寝かしつけのポイント

赤ちゃんの昼寝、日中の睡眠について

日中は明るいところで寝かし、夕方5時以降は寝かさないようにお風呂、授乳、家族とのふれあいタイムをし、質の良い睡眠をとれるように赤ちゃんの体力を使います。

赤ちゃんの寝る時間

遅くても8時~8時半には寝かせるようにしましょう。
日中、夕方のリズムがついてくると赤ちゃんも疲れてすんなり寝てくれます。

赤ちゃんの起床時間

朝8時までには起こし赤ちゃんの顔を拭く着替えをし、メリハリをつけましょう。

朝イチでカーテンを開ける

陽の光を浴びさせて1日の始まりを認識させるます。

慣れるまではお母さんもあれもこれも、1人目の子供がいると尚更うまいことはいきませんが、1週間頑張ってみてください。
生活リズムを整えている最中は大変かもしれませんが、リズムがついた後には楽になると信じて挑んでくださいね。

赤ちゃんの寝かしつけで悩むママは多い!

3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけのお困りのお母さんはあなただけではなく、世の中にたくさんいます。
イライラしてる時や疲労を感じた時は悲観的になってしまいますが、お母さんになったら誰でも通る道です。
決して乗り越えられない壁ではありません。

お母さんがイライラをすると子供にも伝わってしまいます。
赤ちゃんが泣き止まない原因はお母さんのイライラが伝っているのも、1つの原因では?なんて時もあるでしょう。

1人で悩まず、先輩ママ、友達、夫、家族、相談や弱音を吐ける相手はきっといるでしょう。
周りのサポートは有難く受け入れ乗り越えていきましょう。
我慢する必要はありませんよ。
子供はなによりもお母さん笑顔が一番です。