注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

赤ちゃんが3ヶ月くらい時期の寝かしつけで悩んでいる時の解決法

新生児のころはよく寝ていたのに赤ちゃんが3ヶ月頃になるとなかなか寝ない、夜泣きで起きてしまってその後眠れないということが増えていきます。

また赤ちゃんの寝かしつけで悩むママは8割近くもいます。

夜しっかりと眠るようになるポイントを紹介します。

生活のリズムを整える、夕方は寝ないようにする、夜は決まった時間に寝る習慣をつけるなど自分の生活スタイルに合った方法を試してみてください。

昨日と今日は違うのが赤ちゃんです。毎日大変ですが頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学に行ってまで勉強する意味とは?メリットはたくさんあります

高校2年生にもなると大学受験という文字が頭をよぎりますが、大学に行ってまで勉強する意味が本当にあるの...

赤ちゃんが寝れないで泣く原因と対処法!赤ちゃんの睡眠を解説

赤ちゃんが寝れないで泣くことに頭を悩ませているママもいますよね。赤ちゃんは話をすることができないため...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね!では、牛肉のカレーをするならどんな...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

寿司の醤油の付け方とは?多くの人が逆だった!?お寿司マナー

お寿司屋さんに食べに行くときには、どのような醤油の付け方をしたらいいのでしょうか?高級なお寿...

庭を遊び場にDIYする時に参考にしてほしいアイデア特集

殺風景な家の庭を、子供が喜ぶような遊び場にDIYで変身させたい!そんな方も多いのではないでしょうか。...

うさぎが脱走しないための対策と脱走してしまった時の対策

犬や猫に負けないくらいペットの中でも人気の高いうさぎ。室内でうさぎを飼っている方が多いですが、うさぎ...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

大学入学式の髪型は?女子はきっちりしすぎないことも大切です

大学の入学式を前に、どんな髪型で参加しようかと悩んでしまいませんか?髪型に決まりはありませんが、...

可愛い子供を産みたい!赤ちゃんはみんなかわいいですよ!

可愛い子供を産みたい!なんて願ってしまうのは、自分にコンプレックスがあるから?どんな赤ちゃん...

離乳食用の麦茶はいつまで保存できる?赤ちゃんのことを考えよう

離乳食が始まる頃から麦茶をあげるママも多いと思いますが、どのくらいの量をあげればいいのか、そして残っ...

鳥のおもちゃを手作りするときのポイントと簡単な作り方とは

鳥のおもちゃは手作りすることで、鳥の好みに合わせてたった一つのおもちゃを与えることができます。...

スポンサーリンク

3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけに悩んでいませんか?夜しっかり眠るコツ

お母さんは夜中の授乳以外は、少しでもまとまった時間睡眠をとりたいですよね。
3ヶ月の赤ちゃんがぐっすり寝てくれる、寝かしつけの方法をお教えしましょう。

まずは、赤ちゃんの生活スタイルはどのようになっているか見直してください。
3ヵ月ですと早い子は声をだして笑うようになっていたり、起きている時間も増えてきています。
日中に赤ちゃんが寝ているからといってカーテンを閉め、テレビを消して静かにしていると赤ちゃんは夜と勘違いをしてしまいます。
日中には日中なりの騒音や明るさが多少あってもいいのです。
そして夜寝るときはカーテンを閉め電気も消します。
また赤ちゃんの起床時間にバラつきがあったとしても一端起こし、着替えをさせてあげましょう。
毎日同じ時間にパジャマから家着に着替えさせてあげることで、赤ちゃんの生活にメリハリをつけます。

まだ3ヶ月の赤ちゃんだからといって赤ちゃんにとってメリハリのない生活は良くありません。
夜寝つきが悪い原因にもなってきます。

赤ちゃんが3ヶ月の時期は魔の3ヶ月、寝かしつけるには

赤ちゃんの成長は3週間、3ヶ月、3歳と3の数で成長していくといわれています。
赤ちゃんが成長にするにつれ、それだけお母さんの負担も大きくなってきます。

3ヶ月の赤ちゃんは目がはっきり見えるようになってきて首も座り、縦抱っこも出来るようになります。
そうすることで赤ちゃんの視野も広がり世界もかわります。
今まで横抱きでお母さんの顔をメインで見れたのが、色々なものが視界に入るようになりますね。
そうすると、赤ちゃんも意思表示のため泣く事が多くなります。
なにしてもダメで1日中泣かれ、ヘトヘトになるお母さんもめずらしくはないでしょう。

そして、これまでのように寝かしつけもうまくいかなくなります。
そのため、その都度赤ちゃんに合わせた寝かしつけ法を見出さなければならなくなります。
これまでと同じ方法だけではなく、生活リズムの見直し、昼間赤ちゃんが寝ている環境、など整えてあげると寝付きもよくなりますよ。

3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけを変える意味や時期

前述では赤ちゃんの寝かしつけの方法を赤ちゃんの成長に合わせて変える必要があると述べましたが、そのタイミングとして、いつでもいいわけではありません。

まず、赤ちゃんの生活リズムを整える必要があります。
赤ちゃんがいつ寝ていつ起きて、いつお腹がすいて、お風呂の時間、日中の睡眠環境、夜は眠くないのに寝かしつけられて、というメリハリのない生活では赤ちゃんも混乱してしまいます。

そのため生活リズムが整っていない時期に寝かしつけを変えたとしても上手くはいかず、お母さんの負担が大きくなる一方でしょう。

3ヶ月を超え今までの寝かしつけではうまくいかなくなったら、1週間ほど生活リズムを見直し整えてあげます。
整ってきたら、寝かしつけを成長に合わせて変えてあげるとスムーズにいくでしょう。
そうすると赤ちゃんも質の良い睡眠をとれるので夜中に起きても、授乳が終わればまたすんなり寝付いてくれます。

お母さんもまとまった睡眠をとれて育児も楽になることを期待します。

赤ちゃんの寝かしつけのポイント

赤ちゃんの昼寝、日中の睡眠について

日中は明るいところで寝かし、夕方5時以降は寝かさないようにお風呂、授乳、家族とのふれあいタイムをし、質の良い睡眠をとれるように赤ちゃんの体力を使います。

赤ちゃんの寝る時間

遅くても8時~8時半には寝かせるようにしましょう。
日中、夕方のリズムがついてくると赤ちゃんも疲れてすんなり寝てくれます。

赤ちゃんの起床時間

朝8時までには起こし赤ちゃんの顔を拭く着替えをし、メリハリをつけましょう。

朝イチでカーテンを開ける

陽の光を浴びさせて1日の始まりを認識させるます。

慣れるまではお母さんもあれもこれも、1人目の子供がいると尚更うまいことはいきませんが、1週間頑張ってみてください。
生活リズムを整えている最中は大変かもしれませんが、リズムがついた後には楽になると信じて挑んでくださいね。

赤ちゃんの寝かしつけで悩むママは多い!

3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけのお困りのお母さんはあなただけではなく、世の中にたくさんいます。
イライラしてる時や疲労を感じた時は悲観的になってしまいますが、お母さんになったら誰でも通る道です。
決して乗り越えられない壁ではありません。

お母さんがイライラをすると子供にも伝わってしまいます。
赤ちゃんが泣き止まない原因はお母さんのイライラが伝っているのも、1つの原因では?なんて時もあるでしょう。

1人で悩まず、先輩ママ、友達、夫、家族、相談や弱音を吐ける相手はきっといるでしょう。
周りのサポートは有難く受け入れ乗り越えていきましょう。
我慢する必要はありませんよ。
子供はなによりもお母さん笑顔が一番です。