注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ピアノを上達させたい!子供が上達しないとイライラする時には

ピアノを習えば、子供はスラスラピアノを演奏できるようになると思っていたのに、いつまでたっても上達しない!
と、イライラしている親御さんは多いと思います。

どのような習い事も向き不向きはあると思いますが、お子さんがピアノを好きなら続けさせてあげてください。

毎日、2時間自宅で楽しく練習を積み重ねることができれば、2年後には上達した姿を見ることが出来るでしょう。

え!毎日2時間!と、思ったなら、上達しないのは当然。2時間の練習でも足りないくらいです。

上達しないのは、先生の指導でも子どもの才能でもなく、ただ単に練習時間が足りないだけですよ。

それに付き合う親の覚悟はありますか?
親にその覚悟がないのに子どもにピアノの上達を求めてはいけません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パンやケーキを包丁で切るときのコツやポイント

パンやケーキを包丁で切るときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?いつも使っている包丁でパンやケー...

脳のリミッターを外す?決めない思考で自分の潜在能力を引出す

脳のリミッターを外すってきいたことありますか?できないできない、ダメダメと思っていては、でき...

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

当て字を名前にして後悔する理由と名前付けで知っておきたいこと

子供にどんな名前を付けようか。親は本やネットで調べながら悩みに悩んで名前を決めます。ただ残念...

癇癪への対応で大切なのはあわてないこと。4歳の幼児への対応

癇癪への対応で一番に大切なのは『かんしゃくを恐れないこと』4歳の幼児は心と身体と知能のバラン...

猫がついてくる!人懐っこい野良猫がいる理由と寄ってくるワケ

猫が自分の後をついてくる経験をしたことがある人もいますよね。野良猫なのに人間を警戒しない、人懐っこい...

寿司の醤油の付け方とは?多くの人が逆だった!?お寿司マナー

お寿司屋さんに食べに行くときには、どのような醤油の付け方をしたらいいのでしょうか?高級なお寿...

新生児は寝る時間がバラバラ!生活リズムを整えるコツとは

新生児の赤ちゃんは基本的に寝ていることが多いので寝る時間もバラバラです。では、赤ちゃんに生活...

赤ちゃんは寝る時に不安や怖いと感じるの?その心理とは

赤ちゃんって寝る時に怖いと感じたり、不安な気持で泣くことがあるって聞くけど本当なのでしょうか?...

旦那が怖い。動悸やめまいの症状は?改善策と対処法につてい

旦那が怖い。帰宅時間や週末になると、動悸や頭痛、めまいなどの体調不良が…旦那がキレて...

靴のサイズ調整におすすめの100均グッズと使い方を解説します

インターネットでかわいい靴を買っても、実際に届いて履いてみるとサイズが大きかった経験がある人はたくさ...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。...

スポンサーリンク

ピアノが上手にならない子供にイライラ。上達しないのはナゼ?

ピアノがなかなか上達しない子供を見ていると「なんで!才能が無いから?」と段々イライラしてきてしまいますよね。

上達しないのは恐らく、練習時間が足りていないからです。もちろんピアノにも才能というのはあります。ピアノの才能がある子は覚えるのも早く、どんどん弾けるようになるのが楽しくて更に練習を重ねるようになります。才能がある子も、練習をするから上達するのです。

もし自分の子が上達しないとイライラするのであれば、まずはそれだけの時間練習しているのかどうかを考えてみてください。

いくら練習しても上達しない…なんていう場合は、もしかしたら練習方法が悪いのかもしれません。恐らく子供も上達しないピアノに対して「楽しい」とは思っていないはず。ただなんとなく練習を続けているだけかもしれません。

指や手、腕に力を入れすぎていないか、きちんと考えてピアノを弾いているのか…子供がどんな風にピアノを弾いているのかまずはよく見てみましょう。

ピアノを上達させたい!子供が自分から練習しないと上達しない

ピアノが上手くなりたいのであれば、当然毎日の練習が欠かせません。しかし、実際のところ自分から毎日ピアノの練習をしようとする子供は少ないのです。

ではどうすれば子供はピアノの練習をするようになるのでしょうか?練習をする子としない子の違いはどこにあるのでしょう?

ここでは、親の協力というものがとても重要になってきます。ピアノの練習を毎日する子供の家では、アメとムチを使い分けていたり、他の子供と比べないといった方針をとっていることが多いのです。

例えばピアノの先生が厳しい場合には親は優しく指導をしたり、ピアノのレッスンに行った日には好きな夕飯を作ってあげたりなど、色々と工夫をしています。

また、他の子と比べて叱るようなことはしません。他の子と比べた上で、自分の子の良い点を褒めたり、練習することで必ず上達するということを教えてあげるのです。

ピアノを上達させたいのであれば、親の協力も欠かせないんですね。

ピアノと子供。上達しないのは、教えてもらえば上手になると思っているから?

子供をピアノ教室に通わせているのに、なかなか上達しない…と悩んでいるそこのあなた。もしかして、ピアノ教室は「教えてもらうところ」と思っていませんか?もしそうであれば、その考え自体が少し間違っているのです。

教えてくれるのは確かなのですが、そういった意識で通っているといつまでも上達しません。ピアノ教室は、家で練習した箇所をチェックしてもらう場所と考えた方が良いでしょう。

これはピアノ教室に限らず、どんな習い事においても言えることです。絶対にその方が効率が良いのです。それが正しい学び方と言えるでしょう。

この方法であれば、時間もお金も無駄になりません。ピアノ教室に行けば何でもかんでも先生が教えてくれるという考えはやめましょう。家で練習をしてわからない部分を先生にチェックしてもらい教えてもらう。こういった気持ちでピアノ教室に通うことで、ピアノの上達に繋がるのです。

ピアノの上達を目指すなら、子供に目標を持たせよう!上達しないのは先が見えないから!

ピアノの練習も、続けていると段々飽きてきてしまうんですよね…。同じ曲ばかり練習をして、段々と何を目指しているのかもわからなくなってきます。子供ならなおさらでしょう。

子供に飽きずにピアノの練習を続けさせる為には、新たな目標を設けてあげることが大切になります。今やっている曲が仕上がりそうになったタイミングで、次の曲を何気なく聴かせてあげるのです。

そうすることで子供も、「かっこいい!」「早く次の曲が完璧に弾けるようになりたい!」とまた意欲が増します。こうすることで、いつまでもピアノに興味を持ってくれて、長続きに繋がるのです。

子供が自分で次の曲を見つけるのは難しいかと思いますので、是非親が見繕ってあげてください。子供が気に入るような曲を選んであげて、子供のピアノに対する意欲を高めるのです。

やはり何をするにも目標が無ければ途中で気持ちも折れてしまい、長続きしません。だから、親がその目標を持たせてあげてください。

習えば上手になるということはない!努力するのは親と子供です!

子供をピアノ教室に通わせていれば、それだけで上手になる…というのは大間違いです。先ほどもお話した通り、習い事というのは「教えてもらう場所」では無くて「練習の成果をチェックしてもらう場所」と考えるべきなのです。

その為には家での練習が欠かせないのですが、自ら練習をしようとする子供はごく稀でしょう。子供は基本的に練習が嫌いなのです。

だからこそ、親の協力というのがとても重要になります。ピアノ教室の月謝を払うことだけが親の仕事ではありません。「私はピアノのことがわからないから」と言って子供を一人で練習させようとするのでは無く、一緒に練習に付き添ってあげてください。

むしろ、一緒に勉強するくらいの気持ちで挑むのです。確かにテクニック的なことになれば難しいかもしれませんが、楽譜やリズムを読んだりすることくらいは出来るはずです。そうして、子供と一緒に成長していくのです。

子供のピアノを上達させたいのであれば、親の努力も欠かせないのです。