注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。

食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたドロドロした離乳食をモグモグベーしてしまうのではないのでしょうか?

そんな様子を見て、ママは『食べないと栄養が…』なんて焦ってしまいますが大丈夫!
この頃の赤ちゃんは食事からの栄養よりも、まだ母乳やミルクからの栄養で十分ですから。

食事からの栄養よりも、食べ物に興味を抱き、食べ物の口触りや匂いや味に慣れさせるのが目的です。

ですから、目の前に出された離乳食を手づかみして食べようとすることは、食べ物に対して興味を抱き始めているサインです。

手づかみしても、ぐちゃぐちゃにされない、柔らかく茹でた人参や大根などを持たせ、ドロドロ系の離乳食は、見えないようにしてママがスプーンで口に運んであげましょう。

もぐもぐごっくんが、上手にできるようになってきたら、手づかみして食べやすい『おやき』のレシピも載せましたので、併せて参考にしてみてください!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

PTAを退会したいという家庭への対応とPTAに対する考え方

PTAの役員として日々奮闘している保護者の方も多いと思います。PTAは任意というニュースが話...

実家で同居。生活費は一人あたりいくら?参考価格を知りたい!

実家で同居をする時、みんなはどのくらいの生活費を負担しているのでしょうか?独身で実家から通勤...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。またどんな物をどれだけ準備した...

神社でお賽銭を入れないのはアリかナシか。大切なのは気持ち

神社にお参りに行った時にお賽銭を入れると思いますが、金額に決まりはあるのでしょうか。大切なの...

子供は幽霊が見える?子供が幽霊を見やすい理由と霊感の有無

子供からある日「幽霊が見える」と言われたらビックリしますよね。まさか…と半信半疑でも、まさか本当...

跳び箱の練習場所が自宅でできるコツや飛べるようになるポイント

跳び箱の練習は、場所や跳び箱がなくても基礎となる練習や必要な練習をすることができます。では、...

100均のカッパを子供に選ぶ時のポイントとリメイクアイデア

小さな子供の場合、雨の日にはカッパが必需品です。カッパを購入する場合には、子供服売り場やホームセ...

意地とプライドの違いとは?プライドの高い人との付き合い方

意地とプライドにはどのような違いがあるのでしょうか?自分では自覚がなくとも維持を張っていたり、プライ...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

子供が欲しい妻と欲しくない夫、離婚前にできることはあるのか

結婚したらすぐに子供が欲しい妻とこの先も子供は欲しくないという夫。実はこの「子供が欲しい、欲しく...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

家で出来る趣味は沢山。男性ならではのカッコいい趣味とは

趣味が欲しいと思っても、運動やアウトドアは好きじゃないという人もいるでしょう。そんな方には家...

高卒彼氏との結婚に反対する親!反対する理由と認めてもらう方法

「高卒の彼氏と結婚したいと親に報告をしたら結婚を反対されてしまった」という人もいますよね。学歴な...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

赤ちゃんに聴かせる音楽はクラシックが良いと言われる理由とは

赤ちゃんにはクラシック音楽を聴かせると良いと言われていますよね。では、そう言われる理由は何な...

スポンサーリンク

8ヶ月の赤ちゃんは離乳食を手づかみで食べたがる?食べ方よりもリズムが大事

赤ちゃんが8ヶ月くらいになると、離乳食を1日2回にするご家庭が多いですよね。
食べる量も少しずつ増えてきて、食べ物にも興味を示します。

8ヶ月の赤ちゃんが、食べ物を手づかみしようとしても、無理に止めさせる必要はありません。
赤ちゃんが、その食べ物に興味津々な証拠ですから。

もし、8ヶ月の赤ちゃんが、離乳食を手づかみするようになったら、手に持てるものを1品用意するとよいでしょう。
やわらかく茹でたにんじんや大根などが丁度良いです。

固形のものを赤ちゃんに持たせて、スプーンを使うご飯の方は赤ちゃんから見えないところにおいて、ママがそっと口に入れてあげると良いでしょう。

この時期は、1日3回食への移行をスムーズに行なうための準備期間です。
そのため、大切なのは「リズムをつかむこと」になります。
リズムを掴むためには、毎日決まった時間に離乳食タイムをとりましょう。

また、食べえられる食材が増える時期です。
少しずつ新しい食材を試して、食事のバリエーションも増やしていきましょう。
食事の献立もバランスを考えたものにすると良いでしょう。

ただし、初めて食べさせる食材はアレルギーが出る可能性も捨てきれないので、もしそうなった時に対処できるように、小児科の開いている時間帯にチャレンジするようにしましょう。

8ヶ月の赤ちゃんの離乳食。手づかみで遊んじゃう悩み。食べる環境を整えよう!

8ヶ月の赤ちゃんが離乳食を手づかみするのは、それに興味を示しているからです。
ですが、食べるのではなく、遊びだしてしまうのは困ってしまいますよね。

遊び食べを減らすには、食事に集中してもらう必要があります。

離乳食を手づかみで食べる時には、食べる環境を見直してみよう

食事用の椅子は赤ちゃんにあっていますか?
足がぶらぶらしていませんか?
足場があると体勢も安定しますし、落ち着きも出てくるでしょう。
ハイチェアの場合は、足場を成長に合せて調節できるものがおすすめです。

次におすすめなのは声かけです。
しっかり噛んでから飲み込むことを、この段階で癖づけるのがおすすめです。
あまりかまずに丸呑みすることを覚えてしまうと、それを直すのは一苦労です。

赤ちゃんが離乳食を食べる時には、「あーん!」の掛け声に続けて「もぐもぐ」など噛む動作を促す掛け声をかけてあげましょう。
また、お手本を見せてあげるもの効果的です。

8ヶ月で離乳食を上手に食べられるようになったら、手づかみで食べられる『おやき』はいかが?

8ヶ月の赤ちゃんが、食べ物に興味を示したら、手づかみできる1品を用意してあげましょう。

はじめから、手づかみOKの品を用意することで、他のものをぐちゃぐちゃにされる事が減るので、ママのストレス軽減にも繋がるのではないでしょうか。

手づかみレシピの中でも、もっとも定番でバリエーション豊富なのが「おやき」ではないでしょうか?

「おやき」はゆでてつぶしたじゃがいもなど野菜と片栗粉をまとめて焼いたものです。

じゃがいもの変わりに、かぼちゃやサツマイモを使っても良いでしょう。
また、豆腐でも作る事ができます。

組み合わせ例を以下に紹介しますので、参考になさってください。

バリエーション豊富な「おやき」レシピ

  • じゃがいも+しらす+にんじん
  • かぼちゃ+小松菜+青海苔
  • さつまいも+白菜+ほうれん草
  • 豆腐+しらす+ひじき+小松菜

赤ちゃんの食べられる色々な食材で、試してみてくださいね。

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食を手づかみで食べたがって、汚れることがストレス!そんな時には?

8ヶ月の赤ちゃんが手づかみするのは、良いことだってわかっていても、周りが汚れるのはストレスですよね。

私は掃除が大嫌いなので、汚されるのは本当にストレスでした。
そんな私がしていたのは、以下の方法です。

離乳食を手づかみ食べで掃除が気になる!そんな時の対処法

  • 椅子の下には新聞紙を敷く。(食べた後は拭かずに捨てるだけ)
  • 子供の目の前には手づかみできるものだけを置く。(おかずは手づかみのものだけ)
  • 汁物など触られたくないものは、赤ちゃんが見えなくて触れない場所に置く。
    (見せるのはスプーンだけ)

これでかなりストレスが軽減されました。
固形のものの方が、こぼされても掃除が楽です。

あとは、替えのスプーンも数本用意していましたね。
奪い取られて「ポイッ!」とされてイライラする事が多かったのですが、替えのスプーンを用意してからはストレスも半減です。
「まだ、あるよー!」くらいの余裕を持てたからです。
だから、当時我が家には、安い小さなスプーンがたくさんありました。

たくさんのスプーンは練習の時にも便利でした。
うちの子は食べるのが好きだったので、せっせと自分で口に運んでいましたが、失敗も多々ありましたので、椅子の下の新聞紙は長いこと続けていました。

8ヶ月の子どもへ離乳食は手づかみで食べる練習をさせたほうがいいの?

赤ちゃんが手づかみで食べることは、赤ちゃんの脳の発達の重要な役割を果たしているそうです。

手づかみ食べをする事で、赤ちゃんは上手に物をつかめるようになります。

初めはうまく掴むことすら出来なかった赤ちゃんが、食材を掴んで潰してしまうようになります。
力加減を学習して、やわらかいものでも掴める様になります。
更に、指先で小さなものを摘めるようになるのです。

その過程があって、スプーンやフォークを使えるようになるそうです。
日本人はその後さらに、箸の練習が待っていますよね。

手づかみ食べは、手を使う全てのことに繋がってくるといえそうです。

たくさん汚されるとママにはストレスになりますが、子供の成長を考えるなら、手づかみ食べは通らざる得ない道と言えるでしょう。