注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。

食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたドロドロした離乳食をモグモグベーしてしまうのではないのでしょうか?

そんな様子を見て、ママは『食べないと栄養が…』なんて焦ってしまいますが大丈夫!
この頃の赤ちゃんは食事からの栄養よりも、まだ母乳やミルクからの栄養で十分ですから。

食事からの栄養よりも、食べ物に興味を抱き、食べ物の口触りや匂いや味に慣れさせるのが目的です。

ですから、目の前に出された離乳食を手づかみして食べようとすることは、食べ物に対して興味を抱き始めているサインです。

手づかみしても、ぐちゃぐちゃにされない、柔らかく茹でた人参や大根などを持たせ、ドロドロ系の離乳食は、見えないようにしてママがスプーンで口に運んであげましょう。

もぐもぐごっくんが、上手にできるようになってきたら、手づかみして食べやすい『おやき』のレシピも載せましたので、併せて参考にしてみてください!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後5ヶ月でミルクの量が減る原因と対策・離乳食と成長の目安

赤ちゃんが生後5ヶ月になると、今までよりもミルクの量が減るということがあります。赤ちゃんは大きくなっ...

幼稚園児の昼寝の時間はどのくらい?【年齢別】昼寝の時間の目安

幼稚園に通っているお子さんがいるママたちは、子供にお昼寝をさせた方が良いのか悩む事もありますよね。子...

アメリカの食べ物が大きい理由と日本とは違う食事の特徴とは

アメリカの映画やドラマを見ていると、どの食べ物も大きいので圧倒されてしまいますよね。でも、な...

ブリッジができないのは〇〇が原因。できるようになるコツとは

ブリッジができない子どもにに教えるにはどんなコツがあるのでしょうか?口で説明をするのは難しいですよね...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

生後1ヶ月で体重が減る理由や母乳育児のコツと増やす対処法とは

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重が思うように増えない、または減るということはお母さんにとって心配ですよね。...

大学受験の勉強法は独学塾なしでも合格は可能だが覚悟は必要かも

大学受験を控えて塾通いをする学生は多いですが、中には独自の勉強法で塾なしで合格を果たした学生もいます...

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の頻度や時間や場所について紹介

赤ちゃんの生後1ヶ月くらいで多くの場合、1か月検診があります。1か月検診でOKが出ると外出を...

漢字検定準一級は勉強時間どのくらいで合格できる?勉強のコツも

漢字検定の準一級を目指して勉強をしている方も多いと思いますが、実際どのくらいの勉強時間で合格できるの...

いつもの寿司が変わる?スーパーの握り寿司を美味しく食べる方法

スーパーで販売されている握り寿司。値段も安く、すぐに食べられるので利用している人も多いですよね。...

夜のオムツを卒業したいママさんは試してみて!まずは焦らない事

昼間のトイレはほぼ完璧!ですが昼間のオムツを卒業しても夜のオムツがまだ心配だったり、失敗してしまうこ...

旦那が不機嫌だと無視をしてくる!そんなときの対処方法

旦那が不機嫌になると無視をしだす・・。何が原因なのかわかれば、話を聞くなり放っておくなり対処できます...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

ベビーベッドの布団の敷き方と必要な寝具や枚数お手入れ方法

ベビーベッドを使うときでも、赤ちゃんのためにはベビー布団も必要になります。では、ベビーベッド...

生後1ヶ月で生活リズムが整わない頃の家事育児を両立させる方法

赤ちゃんがまだ生後1ヶ月の頃は昼夜逆転することも多く、赤ちゃんの生活リズムが整わないばかりか、ママの...

スポンサーリンク

8ヶ月の赤ちゃんは離乳食を手づかみで食べたがる?食べ方よりもリズムが大事

赤ちゃんが8ヶ月くらいになると、離乳食を1日2回にするご家庭が多いですよね。
食べる量も少しずつ増えてきて、食べ物にも興味を示します。

8ヶ月の赤ちゃんが、食べ物を手づかみしようとしても、無理に止めさせる必要はありません。
赤ちゃんが、その食べ物に興味津々な証拠ですから。

もし、8ヶ月の赤ちゃんが、離乳食を手づかみするようになったら、手に持てるものを1品用意するとよいでしょう。
やわらかく茹でたにんじんや大根などが丁度良いです。

固形のものを赤ちゃんに持たせて、スプーンを使うご飯の方は赤ちゃんから見えないところにおいて、ママがそっと口に入れてあげると良いでしょう。

この時期は、1日3回食への移行をスムーズに行なうための準備期間です。
そのため、大切なのは「リズムをつかむこと」になります。
リズムを掴むためには、毎日決まった時間に離乳食タイムをとりましょう。

また、食べえられる食材が増える時期です。
少しずつ新しい食材を試して、食事のバリエーションも増やしていきましょう。
食事の献立もバランスを考えたものにすると良いでしょう。

ただし、初めて食べさせる食材はアレルギーが出る可能性も捨てきれないので、もしそうなった時に対処できるように、小児科の開いている時間帯にチャレンジするようにしましょう。

8ヶ月の赤ちゃんの離乳食。手づかみで遊んじゃう悩み。食べる環境を整えよう!

8ヶ月の赤ちゃんが離乳食を手づかみするのは、それに興味を示しているからです。
ですが、食べるのではなく、遊びだしてしまうのは困ってしまいますよね。

遊び食べを減らすには、食事に集中してもらう必要があります。

離乳食を手づかみで食べる時には、食べる環境を見直してみよう

食事用の椅子は赤ちゃんにあっていますか?
足がぶらぶらしていませんか?
足場があると体勢も安定しますし、落ち着きも出てくるでしょう。
ハイチェアの場合は、足場を成長に合せて調節できるものがおすすめです。

次におすすめなのは声かけです。
しっかり噛んでから飲み込むことを、この段階で癖づけるのがおすすめです。
あまりかまずに丸呑みすることを覚えてしまうと、それを直すのは一苦労です。

赤ちゃんが離乳食を食べる時には、「あーん!」の掛け声に続けて「もぐもぐ」など噛む動作を促す掛け声をかけてあげましょう。
また、お手本を見せてあげるもの効果的です。

8ヶ月で離乳食を上手に食べられるようになったら、手づかみで食べられる『おやき』はいかが?

8ヶ月の赤ちゃんが、食べ物に興味を示したら、手づかみできる1品を用意してあげましょう。

はじめから、手づかみOKの品を用意することで、他のものをぐちゃぐちゃにされる事が減るので、ママのストレス軽減にも繋がるのではないでしょうか。

手づかみレシピの中でも、もっとも定番でバリエーション豊富なのが「おやき」ではないでしょうか?

「おやき」はゆでてつぶしたじゃがいもなど野菜と片栗粉をまとめて焼いたものです。

じゃがいもの変わりに、かぼちゃやサツマイモを使っても良いでしょう。
また、豆腐でも作る事ができます。

組み合わせ例を以下に紹介しますので、参考になさってください。

バリエーション豊富な「おやき」レシピ

  • じゃがいも+しらす+にんじん
  • かぼちゃ+小松菜+青海苔
  • さつまいも+白菜+ほうれん草
  • 豆腐+しらす+ひじき+小松菜

赤ちゃんの食べられる色々な食材で、試してみてくださいね。

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食を手づかみで食べたがって、汚れることがストレス!そんな時には?

8ヶ月の赤ちゃんが手づかみするのは、良いことだってわかっていても、周りが汚れるのはストレスですよね。

私は掃除が大嫌いなので、汚されるのは本当にストレスでした。
そんな私がしていたのは、以下の方法です。

離乳食を手づかみ食べで掃除が気になる!そんな時の対処法

  • 椅子の下には新聞紙を敷く。(食べた後は拭かずに捨てるだけ)
  • 子供の目の前には手づかみできるものだけを置く。(おかずは手づかみのものだけ)
  • 汁物など触られたくないものは、赤ちゃんが見えなくて触れない場所に置く。
    (見せるのはスプーンだけ)

これでかなりストレスが軽減されました。
固形のものの方が、こぼされても掃除が楽です。

あとは、替えのスプーンも数本用意していましたね。
奪い取られて「ポイッ!」とされてイライラする事が多かったのですが、替えのスプーンを用意してからはストレスも半減です。
「まだ、あるよー!」くらいの余裕を持てたからです。
だから、当時我が家には、安い小さなスプーンがたくさんありました。

たくさんのスプーンは練習の時にも便利でした。
うちの子は食べるのが好きだったので、せっせと自分で口に運んでいましたが、失敗も多々ありましたので、椅子の下の新聞紙は長いこと続けていました。

8ヶ月の子どもへ離乳食は手づかみで食べる練習をさせたほうがいいの?

赤ちゃんが手づかみで食べることは、赤ちゃんの脳の発達の重要な役割を果たしているそうです。

手づかみ食べをする事で、赤ちゃんは上手に物をつかめるようになります。

初めはうまく掴むことすら出来なかった赤ちゃんが、食材を掴んで潰してしまうようになります。
力加減を学習して、やわらかいものでも掴める様になります。
更に、指先で小さなものを摘めるようになるのです。

その過程があって、スプーンやフォークを使えるようになるそうです。
日本人はその後さらに、箸の練習が待っていますよね。

手づかみ食べは、手を使う全てのことに繋がってくるといえそうです。

たくさん汚されるとママにはストレスになりますが、子供の成長を考えるなら、手づかみ食べは通らざる得ない道と言えるでしょう。